家族の庭のつくり方 32

立水栓を設置する

ガーデニングを楽しむために立水栓は欠かせません。



31e2ccfa

ffc3aa2c

97e61fe6

418a18f9



水やりをすると自分が潤う。



5e665d96

cc316698

6901dd78

396bd697



日常的に使うものなので、お気に入りの仕立てにすると庭仕事の楽しさが増しますよ。



高めの湿度に差し込む光にアジサイは良く映えます。
自分の季節に合わせた装いなんでしょうね。
降ってよし、晴れてよし、
夏枯れ前の色合いを存分に楽しみましょう。

DSC05036 2

DSC04603

DSC04962 2

DSC04721 2

今年の梅雨は今のところちょうどいいお湿りで、
気持ちがとても安らいでいます。
しとしとと降り、晴れても異様に暑くならず、
草花も調子が良さそうです。
天気予報では「今日はあいにくの雨模様で」と言いますが、
湿り気好きのぼくにはコンディションが整う恵みの雨。
設計の思考回路にも潤いが加わります。






今日は港南台店にいます。




 

オワコン世代の憂鬱

他人を批判してはいけないという批判、正直言って云々と語る人の嘘、あなたのためを思ってという自分本位の常套句。
批判してはいけない、は無難に暮らすために正しいんですよ。むやみに嘘をつかないことも、あなたのためも。ただ、これらの言葉はしばしば正しくない人によって使われますから、くれぐれも要注意なのであります。



早朝の志を得る初夏の風、野に咲く花は自然体なり。 
誰にほめられるでもなく、何を威張るでもなく、
無理することなく自然に咲いて、
嘆くことなく自然に消えてゆく。
もしもぼくが元気なら、また来年のこの時期に、
ペンギン村からおはこんばんちは
右向いて左向いてバイちゃバイちゃ。 

DSC03705



正しい人というのはきちっと批判ができて、上手に嘘がつけて、共存共栄の幸せを築ける能力を持っている人。言い換えれば野山の植物のような人。
自然の営みを観察していると、批判精神なき者は滅び、嘘をつけないものも滅び、自分勝手な者も滅びます。



DSC03926



思い起こせば、昨年は年配女性の狂気が浮き彫りにされました。今年は昭和親父のダメダメぶりが、忖度・偽証・暴言・不倫・セクハラ・パワハラ次々と。ああそれにしてもですね、頑なに謝らないまま、悔い改めるという選択肢を持たないまま退場させられてゆく脂ギッシュ親父たち、何でしょうね、あの変化できない深刻なまでの不器用さ。団塊団子レースで勝ち上がることに頑張りすぎた後遺症か、素行も思考も表情筋も動脈もガチガチに硬化しているような。紅顔の美少年もいつしか厚顔無恥なオワコン親父になりにかけり。いやはや、来し方に庭を楽しむ余裕があればあんなことには・・・。 
一昨日テレビで栄氏の謝罪会見をやっていたんですけどね、いやあ驚きました、ぼくと同い年ではありませんか。てっきり十歳は上だと思っていたのでショックを受けた次第です(まあ磯野波平より四つ上ですから当然といえば当然なのですが)。



DSC03928 2



霞が関と永田町とマスコミ総出で、さらにはレスリング、アメフトとスポーツ界まで巻き込み果てしなく続く昭和の膿出し作業の中、唯一和んだのは籠池夫婦の夫婦漫才でありました。

早朝の志を得る初夏の風。

お父さん、かっこいい!

ああ、仲良きことは美しきかな。by 武者小路実篤。



DSC04814



Old soldiers never die, they just fade away.

マッカーサー退官のスピーチで述べられたこの言葉を超意訳するとこうなります。

老兵は死ぬわけじゃない、ただこの場から消え去るだけだ。わたしはベストを尽くしてきた、あとは君たちに委ねることにする。女房と庭で紅茶を楽しみながら見守っているから、困ったことがあればいつでも遊びに来てくれ。頑張れ、応援している。



DSC03757



あらゆることに終わりはやって来ます。それは同時に始まりでもあるのです。昭和親父の皆様、オワコン扱いされた挙句に息の根を止められ退場させられることのなきように、コンテンツを充実させておこうじゃありませんか。今度は、家族と共に庭を楽しむ余裕を持ちながら。



DSC05031



だいたいやね、お爺さんの年齢になったら立派なお爺さんをやらなきゃ。フォーレバヤングのヤン爺スタイルもいいけれど、山へ柴刈りに行くお爺さんとか、竹取のお爺さんとか、ポチと暮らす花咲か爺さんとか、小太りなこぶ取り爺さんとか、昭和時代にはどの町内にも掃いて捨てるほどいた好々爺が見当たらなくて。高齢化は加速しているのに、世の中は深刻な老人不足なのであります。病で身動き取れなくなってから急にミイラ化するように老け込むようでは役を果たせませんぞ。
というわけで、ひで爺さんはカメラ担いで山へ柴刈りに出かけます。好々婆の皆様は川へ洗濯に。

ソモサンセッパ。好々爺、好々爺、好々爺は何処におわすか。おお、ここやここや。・・・爺さんギャク言う親父は退場!とレッド・カードでとほほのほ、シオシオのパー、なぬ?およびでない?こりゃまった失礼いたしましたーっとハラホロヒレハレ、レレレのレ。





今日は金沢文庫店にいます。by花咲か爺さん。






 

庭のつれづれ

幸福か、降伏か。

庭に幸福な未来を見いだし、ぼくの設計に希望を託してくださっている皆様の思いに背中を押され、鬼嫁には尻を叩かれ、前進前進また前進。前進に専心するあまり全身疲労に陥ることもしばしばなれど、降伏してなるものかと興奮しながら幸福な庭を思い描く日々。闘争か、逃走か。逃走してなるものか、とばかりにどっかと座り、目の前の仮想庭に取り組む一人幸福実現党なのであります。
現在、逗子のリゾートフルな住宅地に暮らすハートフルなご一家のトロピカルな庭を設計中。な、なんと驚くことに、この時期蛍が飛び交うそうな。そんな情景をイメージしつつ、BGMにTatsuro Yamashita流しつつ、全身を夏仕様に変身させて、真夏に向かって前進前進また前進。



文庫店から見える位置に生えているヤマモモの木に、
今年も盛大に実が付きました。

DSC04733

近所の子どもたちが木登りをして収穫し、
食べたり、果汁を絞って色水遊びに夢中です。

DSC04742

子どもの行動って可愛くて、見ていて元気が出ますよね。
ぼくも数個頂戴して味見。

DSC04872 2

うっ、グシュッと水っぽい食感。
そして見た目通りにトロピカルな酸味と甘み。

DSC04866

そういえば昨年も、一昨年も
同じことしていたなあと思い出しました。
すっかりおじさんになっても行動が子どもと変わらない。
どうやら脳の一部の成長が、五十年間止まっているようです。

 


 


だからリッキー・ティッキー・タビー、
その日まで、おやすみ。
って、つまり設計が上がるまで少々お時間を頂戴しますが、
楽しみにお待ちくださいね、とうことで。







庭のつれづれ

瞑想か、迷走か。

庭に出て、腰掛けて、毎夜毎夜の瞑想タイム。迷走を続ける混迷の世の中の混沌とした闇にあって、アマテラスのお出ましを信じて待つために、庭は欠かせない場所なのであります。
昨夜は梅雨らしく、しとしとと葉っぱを打つ雨音と湿った空気に癒されました。
ん〜んマンダム、いい感じいい感じ。
瞑想か、迷走か。Dreaming Girl、もしもあなたが迷走中なら夜の庭をお試しあれ。迷走とはすなわちラビリンス(高い垣根と塀で複雑に仕立てられた迷路の庭園)にいて、出口どころか方角も定かでなくなりながら闇雲に走り回っている状態。そこから脱するにはまずは立ち止まること。そして心静かに意識を夜空に飛ばして自分を俯瞰することです。
あなたは家庭のアマテラス。雨が上がったら、眩しく輝きますように。



雨天撮影の必需品、
大型透明ビニール傘を購入しました。
これでドラマティック・レインも、冷たい雨も、
みずいろの雨も、ショパンの調べも撮影できます。

DSC04977

DSC04957

DSC04956

DSC04962

DSC04968

DSC07080






君が跳んだ水たまりへと
街の翳が雪崩れてゆくよ
不意に笑う ただそれだけで
胸の棘が抜ける気がする

手のひらの上に太陽を乗せて
心の暗がり照らし出しておくれ

Dreaming Girl Dreaming Girl
雨上がりの少女
Dreaming Girl 君と
めぐり逢えた素敵な奇跡

孤独だった無数の夜が
白い朝に溶けて消えてく
そして今は隣りに君の
蜜のような息を感じる

どんなカメラにも写せない君の
生き生きとしてる眩しさが好きだよ

Dreaming Girl Dreaming Girl
陽だまりのまなざし
Dreaming Girl ぼくは
君をめぐる青い惑星

さりげない日々に沈んできらめく
真実のかけらそっと見せておくれ

Dreaming Girl Dreaming Girl
風にそよぐ髪に
Dreaming Girl Dreaming Girl
天使の輪が光る
Dreaming Girl Dreaming Girl
雨上がりの少女
Dreaming Girl 君と
めぐり逢えた素敵な奇跡
めぐり逢えた素敵な奇跡





 

庭のつれづれ

見えない世界が見えてくる。

万有引力がそうであるように、発見とは無意識領域の事柄を意識することなのだ。



ガウラ

DSC04932 2

道ゆく人がチラッと見るだけで通り過ぎるガウラの茂み。

DSC04922 2

しゃがんで目をこらすと、引力に抵抗しながら
一心に蜜を求めるハナアブの姿がありました。

DSC04895



一意専心。何の分野であれ一心に励み続けると、周囲の人には見えていない世界へ行けるものですね。ことに主婦の皆さんが行き着く、ぼくにとっては意識外の世界に敬服する日々なのであります。



夢中になってレンズで追っていたら
ぼくもホバーリングしているようで、
朝から気分が浮いてウキウキと。

DSC04885

傍目には変なおじさんに見えたかもしれませんが。

DSC04900 2

概ね正しい見解ではありますが。

DSC04929



いや、先日打ち合わせで伺ったお宅の奥様がですね、スーパーのレジの列に並んでいるとき、買い物かごをダンベルに見立てて上腕二頭筋と前腕筋群を鍛えているのだと、そのやり方を教えてくれました。周囲に気づかれないように片足だけ爪先立ちになって、ふくらはぎの引き締めもやっているとのこと。家事の合間に腹筋と腕立て伏せとストレッチも。スポーツジムに行く費用を節約して、その分を庭の花に費やしているのだそうです(花だらけの、よく手入れされた庭にため息しきり)。
見事な体型もさることながら、芸能人のように生き生きとした表情に脱帽でした。

奥様のお話には続きがありまして、庭に意識が行く前は節約して貯めたお金でインプラントとホワイトニングを決行したそうです。芸能人は歯が命、芸能人ばりの素敵な笑顔の訳がわかりました。その頃は庭はまだ無意識領域にあり、一切興味を持ったことがなかったそうな。今は草花に夢中で、早起きして手入れがしたくて早寝の習慣が身についたとのこと。
エネルギー値が高い女性は庭に行き着くんですよね。





今日は金沢文庫店にいます。



 

庭のことだま

いのち短し恋せよ男子。

惚れっぽさを焚きつけよ。冷めないうちに加熱せよ。飽きる間も無く発見せよ。見慣れて空気のようになった〇〇も、忘れかけていた〇〇も、嫌いになりそうな〇〇だって、じっと見つめれば惚れ直す。
仕事も結婚も恋とは違いますよね。恋愛の炎は容易に燃え上がりますが、仕事と結婚生活の継続には薪を焚べ続ける必要があるのです。よく言う例え、ブルック・シールズと結婚したって努力を怠れば1ヶ月で飽きる(フィービー・ケイツは2ヶ月、ラスベガス万歳でエルヴィスと共演したアン・マーグレットだと3ヶ月。例外的に、小悪魔ソフィー・マルソーならきっと一生飽きませんが)。



見つめるという魔法。

DSC04344 2

DSC04335

DSC04338

DSC00725




It's Magic



サックスの名手、本田雅人によるボッサでジャジーなアレンジと、
マリーン姉さんの小悪魔シャウトの妙。




今日は港南台店にいます。




 

家族の庭のつくり方 32

コンセントを設置する

庭の居場所にコンセントがあれば、音楽を流したり、ホットプレートを使ったり、パソコンやタブレットもつなげるし、イルミネーションも楽しめます。夜にはスタンドを出して本を読むことも。



8f49a249

db6de2c3

e1f036d9



庭を「外の部屋」にするには電源が必要。



a2789808

4b4b88f4

d615cc73



室内と同じように家電を使って、日常空間として過ごしてください。
ちなみにぼくは、読書は毎晩。振動式フットマッサージ機と足湯で露天風呂気分を味わうこともあります。



雨上がりの森でヤマグワの実を発見。

DSC04375

残念ながら手が届かず味見はできませんでしたが、
麦わら帽子いっぱいに収穫して帰り、
縁側で食べた夏の記憶が蘇りました。

DSC04378 2

ああ夏休み。
山に行っては木の実を食べ、川で魚を捕まえて焼いて食べ、
畑で野菜を盗み持参のアジシオを振って食べていました。
いつも腹が減っていたんですよね。

DSC04379

鳥たちの日常は食料が豊富。
一年中何かしらの食べ放題が用意されています。





 
 

王様は裸だ

数年来のブログの常連さんが立ち寄ってくださって、文庫店近くのマンマパスタで楽しいランチとなりました。いやはや実によく読んでくれていて、ぼくが知らないぼくの話をあれこれと聞かせていただいて(書き手としては次の話に頭が行っちゃうもんだから、翌日にはほぼ消えているんですよね)、はあ、なあるほど、そりゃあ面白い!面白すぎる!!と興味深く伺いまして、楽しく、そしてなんとも不思議な気持ちになるひと時でした。
その方を駅まで送り別れてから、会話の中のあるひと言が急に気になりだしたのです。それは「この頃少し大人しいですね。上品にまとまっているというか当たり障りのないものが多くなった気がして、何かあったのかと心配していました。あんなに過激だったのに」というもの。やさしいようで辛口な、直球ど真ん中のご指摘だったのであります。そうか、過激なところを楽しんでいたのか、意外ね、意外ねと、ポンと膝を打ったら力を入れすぎまして、イタタタ・・・、アタタタ・・・大当たり!さすがは常連さん、お察しの通り何かあったのであります。
まあみんな何かあるわけなので、行けども行けども何かあるわけなので、何もなくなったらつまらないわけなので、そんな普通のことをとやかくするのはやめにして、このご指摘の「おとなしい」について考えたいと思います。おとなしい→大人しい→大人らしい→穏やかに落ち着いていて従順なさま。ぼくの身に起こった出来事がぼくを大人にした、とも言えますが、実際には直面した狂気の沙汰に恐れおののき、大人しく怖気付いてしまったというのが正しいかもしれません。確かに少々腰が引けていました。
いけませんなあこんな事じゃあ、と反省しきり。怖気ちまっちゃあお終いよ。この親愛なるありがたきご指摘に感謝しつつ、以前の辛辣さ、旺盛な無礼さ、アドラー博士言うところの「嫌われる勇気」をマックスまで出力しながら、どうあがいても未熟な青いリンゴなんだから、こころ、こころを縛りあい、ふたり、ふたりで傷ついた、あれは、あれは恋の終わり、涙の初恋かと歌いつつ、未熟だからこそ見える世界を未熟者だからこそ言える言葉で綴って行こうと、ああ神様仏様、アーメンソーメン冷や素麺やっぱり揖保乃糸と悔い改めた次第です。
さあさあ何が飛び出しますやら乞うご期待。長らく息を潜めていた黒いわふちも、舞台袖にてわるーい顔して、うずうずと出番を待っております。
本音を伝えてくれた常連さいに心から感謝します。この歳になると誰もサティスファクションなサディスションもオブジェクションも言ってくれないですからね。あんたはエライ!感謝感激雨あられ、なかなかできるこっちゃおまへんで。

というわけで、ではさっそくいわふち劇場の始まり始まり〜。



王様は裸だ

そこなわらべ、大人たちは慌てふためいておるが、きみの見立て通り王様は裸だ。まだけ駆け引きを知らず、都合よく光をコントロールする偏光フィルターを装着していないその瞳を大切にするのだぞ。できるなら片目だけでもそのままで大人になってくれ。



ピークを過ぎたものの、
バラは相変わらず庭の首座に君臨しています。
花の王様であるバラがビオラやコスモスみたいに
普通に植えられるようになって、
春と夏の間に、サクラとヒマワリの間に、
新たに「バラの季節」が誕生し定着しました。
これは庭に希望を見出した庶民によって成された、
ささやかにして偉大な革命であると言えます。
家電の進化と同じで、
一旦享受した幸福感は二度と後戻りできないものなので、
今後も年々花数が増してゆき、
街中にバラの香りが漂うこととなるでしょう。
もう「バラは難しそうで・・・」
などと言っている場合ではありません。
入門品種としてはアンジェラ、ピエール、ボレロ、
ダ・ヴィンチ、モナリザ、アイスバーグなど。
いやあ名前を並べただけどウキウキしてきます。

DSC04305



老婆心ながら、いや老爺心ながらだがひとつ大切なことを伝えておこうと思う。実はきみも裸なのだ。きみだけじゃなくぼくも、そしてこれから出会う多くの人たち、恋人、先輩、仲間たち、全員が身なりよく整えたつもりのまま裸で歩いていると思った方がいいだろう。人が自覚している自分像というものはほとんど幻想と言えるほど実態とは合致せぬものだし、誰も好き好んでそれを指摘してはくれない。自己を客観視するのは滑稽なほど困難なことなのだ。
だからいつも鏡を見て欲しいのだが、それは左右が逆であり、しかも常に自意識によって表情を飾ってしまうものだから、自己認識に完璧とは言い難い。それでも見ないよりは見た方がいいので、左右を反転させる脳内画像処理と表情筋を弛緩させ素の顔で対峙する癖を身につけるように。



DSC04215



そうだいいことを教えよう。鏡以外の、きみの実像を投影する何かを観察すればいい。例えば勉強机。机の上に何がどのように置かれているかが他人が見ているきみの表面上の実像だ。そして引き出しの中がきみの内面を映し出している。
どうだろうか、もしかしたら散らかり放題の机にショックを受けたかもしれないが、安心して欲しい。もしも散らかっているならそれを整理整頓すればいいだけのことだから。そこを美しく整えることできみの実像も整うというシステムになっている。



DSC04210



大きくなって、結婚をして、幸運にも庭のある暮らしを手に入れることができたらこのシステムを思い出してくれ。今度は机ではなく庭がきみときみの愛する家族の実像を、ありのままに、余すところなく映し出す場所になる。もちろん庭を整えれば家族が整うということも、机の時と同じだ。



DSC04137



今は澄み切っているきみの瞳にも邪心のフィルターは否応なく装着されるだろう。それは仕方がない、というか、それが大人になるということであるし、狂人数多蠢く百鬼夜行の世界にあって家族を守り、自らは健全さを保ったまま生き抜く能力となる。
天真爛漫に笑い両親を和ませ励ます天使、物心つけば、数年前なら買い与えられたであろうおもちゃのスマホではなく、大人たちのスマホをおもちゃとして操る心やさし科学の子のきみが立派な大人に成長したとき、きみの庭が眩いばかりの幸福感に満ちていることを願って止まない。
もしも荒れ果てた庭をどう扱っていいか途方に暮れる事態に陥ったら、このブログのカテゴリ別アーカイブにある「家族の庭のつくり方」をクリックして欲しい。その時点でぼくはもう存在していないかもしれないが、この項目はスタッフか遺族によって何らか存続されるであろうから。それとこの先科学が進めば進むほど、庭の存在は重要になっているはずだから。



DSC04225



幸運を祈る。そして、まごうことなくすっかり大人になった少年少女たちの幸運と幸福も。
幸福に上限はない。ぼくが知る限り、生活上、庭ほど容易に運気を上昇させ幸福へと向かわせてくれる場所はないのだ。真摯な努力によって充分な収入を得、すてきなキッチン、リビング、車、携帯端末を手に入れてもギクシャクする家庭を、庭は物の見事に整えてくれる。すてきなキッチン、リビング、車、携帯端末がなくてもだ。
子育てを終え、ふと我に返れば「幸せって何だっけ」と自問するお年頃となったアトムの子どもたち、どうか改めて庭のことを意識してみてほしい。その場所に理想の自分を、理想の暮らしを色鮮やかに映し出してほしい。あなたと、あなたの家族と、生まれ来る未来の子どもたちが、仕立てのいい服を自然に着こなし、自分の人生に素晴らしき王として君臨するために。





おや、おやおや、おやおやおや、全く辛辣にならずにいい話になってしまった。まあいいか、黒いわふちよ今しばらく控えておれ。





今日は港南台店にいます。



 

庭のつれづれ

ふしぎ発見!

きっとあなたも花に語りかけられたり、見つめられているような不思議な感覚を持ったことがおありだと思います。
庭の草花は自分の健康および運命があなた次第であることを知っているので、日々成長を見せながら、あなたがくじけて庭への意欲を失わないように応援してくれているのです。植物とはそういうもので、昆虫には蜜を、鳥には実を、そして人には元気を生み出し癒しを提供しながら生きています。そしてあなたは花に見とれ、庭を楽しみ、元気に手入れをしながら今日を頑張れる、これが良好な相互依存関係。
供給してくれる相手に、惜しみなき供給を。



梅雨入りし、アジサイが語り出しました。

DSC04615

DSC05394

DSC05510

DSC06492

DSC06093

花の声?そんなの聞いたことないよ、
とおっしゃるあなた、一眼レフの購入をご検討ください。
不思議なもので、ファインダー越しなら彼女たちの囁きを
明瞭に聞き取ることができます。
お勧めは SONY α7Ⅱ 。
植物言語の自動翻訳機能付き。






今日は金沢文庫店にいます。
 




 

家族の庭のつくり方 31

椅子を置く

庭の楽しみは、腰掛けることから無限に広がってゆきます。



73b18935

bdc07546

bf4b75a6



座り心地のいい椅子は幸福の指定席。



c51a2899

acdb650c

a46689c7



ただ眺めるだけの庭を暮らしの場所へと進化させるには、まずはそこに椅子を置くことから。
庭を屋根のない部屋と捉えてください。



花は来てほしい昆虫の好みに合わせて、
座り心地のいい椅子を用意します。

DSC07684

cdfbc12d

DSC09303

DSC08948

46faf134

DSC00016

DSC07764

DSC09614

97fd6e95

驚くことにはちみつレストランはどこも食べ放題。
有り余る食事によって花と虫は共存しています。
これが自然のシステムのキーポイントで、
安定した営みは膨大な余剰の上に築かれます。
それに倣えば、家庭の安定は有り余る愛情から。
今日もせっせと蜜の供給を。





モグラ対策

庭に何本か木を植えて、ウッドデッキを設置して、一応バラも植えてみたけど庭があって楽しいと思ったことがない、庭があるから幸せだと感じたことがないというあなた、もしかしてカーテンが閉まっているのではないですか?あるいは庭への段差が大きいのでは?はたまた照明器具がないとか、椅子はあるけど座り心地が良くないとか。問題点を見つけ出してそれを改善することで、庭はあなたの理想の場所に変貌します。
でもぼくの経験上、最も深刻な問題であると思われるのは「幸せへの恐怖」なのであります。庭をなんとかしたいと思っている人の数%、あるいは十数%か、もしかしたら数割の人たちは、本当のところ庭をよくしたくないのです。そこがつまらない不満の場所である限り、庭づくりにチャレンジして失敗し、失望や後悔を感じずにすむし、文句を言っていれば自分の正当性が保持されますからね。これを共依存と言います。
よく例えとして「失恋したくないから恋をしない」ということが言われます。その人たちはいかに辛い失恋経験だったのかを、大概は相手がいかにひどい男だったかを繰り返し話します。それがさらに進んで「いい歳こいて恋するなんてどうかしている」と恋愛を否定し始めます。よその夫婦の揉め事と芸能人のスキャンダルが大好物で、「ほらね」が口癖、「ほらね、だから言ったじゃない」と。他には「そうじゃなくて」「でもね」「そうは言っても」「無理無理」「そりゃあ〇〇が〇〇なら」など、逃げ腰の否定形、つまり逃げ口上を並べることで朝から晩までの会話が成り立っています。本当は猛烈に恋したくて、すべてを捨てて身を焦がす、熱烈な恋に憧れているんでしょうに。なんて不器用な思考なんだろうと、なんで素直にならないんだろうかと、痛々しく思えることさえあります(こと庭に関してですが)。



ナデシコ
初夏の光に揺れていました。
撫子(撫でし子)。
花言葉は純愛、美女、貞節など女性的なものに加え、
才能、大胆、快活といった才気あふれるものも。

DSC04617 2



くれぐれも共依存の落とし穴にハマりませぬように。そのままでは庭どころか暮らしのあらゆる問題は解決されぬまま、眉間に深いしわを寄せて、笑うという表情も感情も失って、呼吸するたびにぶつくさ文句が口から垂れ流される老人になってしまいます。
依存はいいんですよ、人であれ事であれ、依存できる対象を持っていることは幸福の絶対条件ですから。ただし「共依存」ではなく「相互依存」じゃなければなりません。庭で言ったらあなたは庭に癒され、庭のない暮らしなど考えられないほど庭の恩恵を感じていて、庭はあなたが手入れを怠らず、そこに集った人たちにほめたたえられながらいつも美しく楽しく維持されている、これが相互依存です。自立できている者同士がお互いに相手のことを思い、愛情を注ぎつつ相手に助けられ感謝し合っている状態。
親子、夫婦、隣人、同僚、友人、人間関係で起こるトラブルは何が問題なのかをはっきりさせれば解決したようなもの。それをせずに問題から目を背けたまま非難を続けているのが共依存の症状。自らが批判する側に立てる問題の存在なしでは自分を保持できないことが問題なのです。そんなことしているのは時間がもったいないですから、早いとこ相互依存に切り替えましょう。



DSC04618



曰く蚊がいるから、日に当たりたくないから、日当たりが悪いから、狭いから、水はけが良くないから、主人が反対するから、お金をかけたくないから、忙しくて庭どころじゃないから、もう歳だから・・・。かれこれ20年以上も日常的に繰り返し聞いているこれらのクリシェに、ぼくはまだ的確な返答ができずにいます。何を言っても必ず次の否定的理由をたたみこまれ、まるで虚しいモグラ叩きゲームみたいになってしまって。

あのお・・・そのことに関してどう返答したら、ぼくは素敵なあなたを素敵なお庭へとお連れできるのでしょうか。

えっ?

あ、いや、ですからね、蚊がいるからって。

ええ。

そりゃあ蚊はいますよ庭なんですから。蚊取り線香を炊けばいいだけのことじゃないですか。蚊がいるから庭を楽しめなとおっしゃるなら、地球上の七割の人が庭を楽しめないことになります。

はあ。あ、でもね、私はとても蚊に弱くて刺されるとひどいことになるんですよ。それと植物アレルギーもあるからさわれないし、ネールしてるから土いじりと無理だし、日に当たるとシミができやすいから日よけも必要ね。

なるほど。それで、ええっと、庭をどうしたいっておっしゃいましたっけ。

だからね、もう雑草取りはうんざりなの、腰も痛いし。全面的に砂利を敷こうと思って。だけどそれじゃあつまらないからなんとかしたいってこと。でもね、主人は反対するんですよ、素敵な庭とか、庭にお金かけるなんてとんでもないって。私もそうかなあって思うのよね。毎日いろいろ忙しくて庭どころじゃないのよ。もっと若かったらBBQも楽しいと思うんだけど、先もそう長くないし、今さら庭をどうこうしようって思ってもね。

そうですか。先はまだ随分長いようにお見受けしますけど、ぼくと同じくらいでしょ、きっと。ぼくよりはるかに長く生息されるような感じが・・・まあいいや、ではどんな砂利がいいか考えましょう。

そうじゃなくって、あのね、私は砂利が、イ、ヤ、ナ、ノ。

あ、あ、そうでしたそうでした。ところでカーテンは空いているでしょうか。

なんで?閉まってるけどなにか?

いえ、なんでもないんです。ええっっっと、さあああてと、どう考えたらいいでしょうね。大丈夫ですよ、どんなふうにもでお望み通りにできますから。

そうねえ、どうしたらいいのかしら。あらやだ、それを聞きに来たのよ。どうしたらいいんですか?

んん・・・ぼくなら・・・で、いいですか。

ええもちろん。

ぼくなら手に負えないその広い庭付きの家を売って、みなとみらいのマンションに引っ越しますけど。蚊が飛んでこられない上階の、フーフバルコニー付きの部屋を買います。

やっぱりねえ、そうよねえ。よかった、これで結論が出たわ。あ、でもね、でもね、それも主人は反対なのよ。庭がないと嫌なんだって。うちのドン・ファンはいつもそう、私の言うことは何でもかんでも反対なの。もうわけわかんない。

ええ、わけわかんないですよね。よかった、素敵なあなた、やっと意見が合致しましたね。いやあよかったよかった。ねえ、ホントぼくもずっとわけわかんなくて。ハハ・・・

そうね、イミフ。アハハ・・・

ですよね、アハハハ・・・

だけどそういう方々って、(たぶん)不満が常態化した暮らしの中で庭に何らかの可能性の光を見つけたからうちに来られるわけなので、何とかしてあげたい気持ちが湧き上がってきて、ついついゲームにはまってしまうのです。とても疲れます。出口が見当たらないサークルゲームはささくれみたいな、いつまでも気になってしまう疲れが残るのです。だからすでに疲れているときには、ごめんなさい、モグラをやり過ごしてしまいます。モグラのいない庭の設計に集中したいので。



DSC04619



モグラ退治の有効にして唯一の方法をお教えします。決して鼻で笑ったりせずに重大に受け取ってください。それはですね、愛すること。愛情に基づいた思考なら問題点はたやすく見えてくるし、見えさえすれば解決はいとも簡単なことなのであります。
愛し合いましょう。おっとその前に、愛しましょう。見るもの聞くもの触れるものをしゃにむに仮想敵に仕立て上げて、敵に囲まれて戦っている自分にアイデンティティを得ることとの決別を。もしも庭のある暮らしを楽しみたいとお望みなら、ですけど。繰り返しますが時間がもったいないですから。ぼくではなくてあなたの。



DSC04622

2011年、なでしこジャパンを世界一に導いた監督
佐々木則夫さんは、問題解決の天才と称されました。
サッカーの技術や戦術に関することよりも、
女子選手特有の心の問題を。 



庭を意気消沈させたまま愚痴の種にしている方々へ、All You Need Is Love  あなたには愛が必要です。受け取りを要求する前に、まずは愛する人に向かって惜しむことなく与える愛情が。共依存を脱して相互依存の幸福へと向かうために。庭はそのきっかけになりますから、愚痴が垂れ流されているその口を閉じて、庭への不満を紙に書き出して、具体的な改善策を講じてくださいね(あるいはぼくにその紙をお渡しください)。
激闘の前半戦を終えた皆様、後半は勝利に向かって冷静に賢く試合を組み立ててください。もしもすでにロスタイムに入っていたとしてもまだホイッスルが鳴ったわけじゃない。終わりよければすべてよし、健闘を祈ります。
共依存を脱して相互依存へ。


 


記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • オワコン世代の憂鬱
  • オワコン世代の憂鬱
  • オワコン世代の憂鬱
  • オワコン世代の憂鬱
  • オワコン世代の憂鬱
  • オワコン世代の憂鬱
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 家族の庭のつくり方 32
  • 王様は裸だ
  • 王様は裸だ
  • 王様は裸だ
  • 王様は裸だ
  • 王様は裸だ
  • 王様は裸だ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • 家族の庭のつくり方 31
  • モグラ対策
  • モグラ対策
  • モグラ対策
  • モグラ対策
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • はちみつレストランの思惑
  • はちみつレストランの思惑
  • はちみつレストランの思惑
  • はちみつレストランの思惑
  • On the Garden
  • On the Garden
  • On the Garden
  • On the Garden
  • On the Garden
  • On the Garden
  • ガーデンセラピー 151
  • ガーデンセラピー 151
  • ガーデンセラピー 151
  • ガーデンセラピー 151
  • ガーデンセラピー 151
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 家族の庭のつくり方 30
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Input
  • Input
  • Input
  • Input
  • Input
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 家族の庭のつくり方 29
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • 家族の庭のつくり方 28
  • Healing
  • Healing
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ