睡蓮に鬼笑う朝

ある朝庭に出た女房が「ひゃー、咲いたー!」と悲鳴のような歓声を上げました。見ると一輪の白い花が。



DSC08031

DSC08042



早朝に開花し昼前に最高に開いて午後はゆっくり閉じてゆき夕方にはご覧の通りつぼみに戻る。これを三日繰り返して花は水に沈んでゆきました。



DSC08037

DSC08056



年に三日の開花で、あとはメダカの住処とミーの水飲み場。水没した姿が少し寂しいような、でもだからこそ、鬼女房の、とんと聞いていない無邪気な歓声を聞くことができたと思えば、こいつも愛おしいわが家の家族です。



DSC08052

DSC08040



小さな睡蓮鉢ひとつで展開した一瞬の情景が、幸福な記憶としてまたひとつ。え、女房の歓声がそんなにうれしいのかって?そりゃあもう、それ以上のうれしさってないですよ。普段どんだけ鬼かってことですけどね。



 

その通路は庭になる

部屋に観葉植物を置きたいんですけど、丈夫できれいなものって何がありますか?という若いご夫婦。リゾートっぽいのがお好みということで、ストレチア、ケンチャヤシ、アレカヤシ、モンステラなど代表的なものをご紹介しながら、しばし楽しい植物談議が続いてからのやりとりです。

ところで庭はどうなってます?

庭、庭・・・うちは庭はないんですよ、家の周りに通路みたいなのがあるだけで。

その通路の出幅はどのくらいでしょうか。狭くてもそこに適度な目隠しをすることでカーテンを開けて、外を感じながら暮らせるようになりますよ。

出幅、出幅・・・2メートルくらいかな。

えっ、それって通路じゃなくて庭スペースですけど。眺める庭でも過ごす庭でも、どんな庭でも作れる広さです。

そ、そ、そうなんですかあ。

実際に施工した2メートル前後の庭の写真をご覧いただきつつ話を進めたら、みるみる表情に新鮮な輝きが増し、イマジネーションが室内の観葉植物から庭の草花に移行して行くのがわかりました。さらに休日のブランチや、友人たちとのバーベキューや、最大のお楽しみである静寂の夜風を味わうことにまで。
観葉植物を何にしようかあれこれ検索したり、現物を見ようと夫婦で探し歩くって、なんだか眩しい感じで、いいもんですよね、ふたりの暮らしをふたりで組み立てて行く季節。そこに庭空間が加わることを想像しながら、「また来ますね、次は図面を持って」という言葉を楽しみに受け取りました。



出幅 2メートル

出幅2メートル


Before

ecbea0be


After

bd0c5c1a


Before

ecb5604e


After

12715f3a


61ad371a

6d0f9a91

3e89c432



そうかあ、通路だと思っていたのかあ。2メートルくらいだとそこを庭とは認識しないんだあとこりゃあ自分の認識を新たにして、狭めの庭スペースをお持ちの方々にメッセージしなければと思った次第です。ぼくとしては一番得意な広さなもんですから、虚を衝かれた感じと申しましょうか、とてもいい刺激を頂戴いたしました。



出幅 1メートル80センチ

出幅1.8メートル


Before

9c476618


After

4d88124e


Before

1c8c9648


After

8fdd2002


d5d63374

bd4dfb0b

59f2c627


捉え方ひとつで、盆栽にだって宇宙の広さを感じられるのが日本人。外構は前庭に、玄関先はアプローチガーデンに、家の脇は畑やハーブ園に、リビングの外は生活空間を外へ広げるリビングガーデンにして暮らしを楽しむ人がひとりでも増えるように、伝わる言葉を探し、見せ方を工夫して精進いたします。



出幅 1メートル50センチ

出幅1.5メートル


Before

7ac737e9


After

0400b0de


Before

93c5ba86


After

7ef477b4


69e2dfd0

f3c64d4b

575c1607



 
 
朝のコロナと水害の報道に一瞬呆然としながら、いかんいかん、今日も設計に集中せねばと気を取り直して店に来ました。
どんなに狭くても、鉢植えひとつであっても、そこに庭を創造する想像力があれば暮らしは豊かに潤います。いろいろと大変な時代になりましたが、皆様どうかお幸せに。

というわけで今日の設計BGMは、
艱難辛苦の人生を駆け抜けながら、心はいつも、
像が踏んでも壊れない幸福を目指したこの人のリズムで。

 





庭のことだま

天気に合わせてスイッチを入れる。

今日は予報通りに盛大な雨で、雨音を楽しみつつ設計に没頭できそうです。晴れたら晴れたで気分が上がるし、曇っていればゆったりと落ち着いて、そして雨降りにはマインドフルネスメディテーション。多くの女性がそうであるように、女房は昔から文句言いでして、暑いの寒いの湿気があるのと常にアマテラスに不満を言うのが朝の日課。大損してると思うんだけどなあ。



大きな傘さし長靴はいて、カメラ構える姿は異様かも。
でもね、楽しいんですよこれが。
だいたい長靴を履くだけてウキウキしますよね。しませんか?しますよね。

DSC03972

DSC07196

DSC07205
 


庭の書斎にいても、店にいる時も、雨音は最高のBGM。
試しにこれを流しっぱなしで家事とかやってみてください。
5分ほどすると脳内に静寂が広がりますよ。 

 




 

夏色のナンシー関

消しゴム版画作家にして独特の毒を含んだひと言で人気だったナンシー関。園芸に関するこんな言葉を残しています。

そんなにハーブってやつを育てて、みんなどうしてるのだろうか。そんなにハーブを食っているのか?

当時は空前のガーデニングブームで、ファッション的にイングリッシュガーデンがもてはやされていました。しかしブームとはそうしたもので、イングリッシュガーデンの本質など誰も探究することはなく、とにかくハーブを植えなきゃ流行に乗り遅れるみたいな風潮をチクリとやったのでした。



カシワバアジサイが夏色に変化しました。

DSC03999

270b4c09

DSC03998

9ea815d0



そのナンシー関は実のところ庭好きで高校時代は園芸部に所属していたとのこと。もう少し長生きしていたら、もしかしてガーデンデザインをやっていたかもしれません。あるいはバラとハーブの庭で消しゴム版画に熱中しながら、混乱が続く世相のトンチンカンを見つけてはチクチクやっていたことでしょう。


今日の設計BGMはナンシー関さんがお元気だった頃の、
日本も最高に元気だった頃のJ-AORで。

 





 

庭のことだま

次の季節に思いを馳せる。

分け入っても分け入っても青い山(道なき道を分け入って、進んでも進んでも青い山が続いている)
俳人種田山頭火が廃人ギリギリまで追い込まれながら、新天地を目指して進んだ山道で詠んだ句。それでも生きるのだ、生きるしかないじゃないか、という諦観とも希望ともつかない思いが伝わってきます。
相も変わらず先が見えない状況ながら、日々思うことは、この世相の中で庭好きたちのなんと元気なことかと。



夏来りなば秋を思う。
ライム色の銀杏が実っています。

DSC04034

DSC04031



庭好きの人が元気でいられる理由、わかります?それはですね、自然を感じ取ることで心身の自然体を維持しているから。そしてもうひとつ、これが大事、花や野菜の苗を植えて育てているからです。人は苗を植えるときに必ず数ヶ月後の花いっぱいの風景や、歓喜の収穫をイメージするもの。自転車でもサーフィンでも、進行方向に顔を向けることでそっちへ向かう態勢が整うことに似て、ガーデニングを楽しむことは、とりも直さず幸福な未来をイメージしながら進む行為なのであります。



木の根本には色の抜け始めたアジサイが。

DSC04024

DSC04025



今はこんなに悲しくて、涙もかれ果てて、もう二度と笑顔にはなれそうもないとしてもですよ、まわるまわるよ時代はまわる、喜び悲しみくり返し、今日は別れた恋人たちも生まれ変わってめぐりあうよと信じて花を植えましょう。


今日の設計BGMはミルト・ジャクソンのビブラフォンで。
ライムグリーンの風が吹きます。 

 





家族の庭のつくり方 94

夢中で遊ぶ

庭で子どもを遊ばせたい、犬を遊ばせたい、というご要望がよくありますが、子どもは大人が、犬は人が庭にいなければそこで遊んではくれません。



庭好きなワンちゃんたち。

92dd3122

f57931ab

f43bf6b1

945563e4

66fb8c7f

e6371aec



あなたが庭で、夢中になって遊んでください。



03cf2e46

6bcac6fe

060b173a

ce35fdf5

abf68087

4b861fe6



庭を遊び場と捉えたことがない人も大勢いると思いますけど、遊び?砂遊びやプール遊びは子供がやることでしょ、などとおっしゃることなかれ。読書、昼寝、運動、日曜大工、プラモデルの塗装、ガーデニング、バーベキュー、お茶会、犬の訓練、日光浴、フラ・ヨガ・ピラティス、燻製づくり、メダカ・昆虫・亀・烏骨鶏・山羊の飼育・・・これらは実際に遭遇した庭遊びの数々で、他にも庭ならではの、庭だからこその楽しみはいくらでもあるのです。
ぼくの場合は休日の手入れ作業と朝晩の庭時間、特に夜風を浴びながらページをめくるのが最高の遊び時間。



今日の設計 BGM はアイリッシュ・ヒーリングで。








トパーズ色の風に帆を張って

明け方に雨が止み、数日ぶりの晴天に。



梅雨のあとさきのトパーズ色の風は、遠ざかる君のあとをかけぬける。

DSC03992



早めに家を出て散歩路をひと廻り。



DSC03996



今日も設計に熱中できるありがたさよ。



DSC04006



娘との思い出の料亭がコロナに耐えきれず閉店との知らせあり。青年店主よ、なにも力になれないが、頑張れ頑張れ次に向かって。



DSC04010



大丈夫、来年の今頃は笑顔いっぱい、やる気満々の季節がやってくるから。その時まで、あまりいろいろ考えずに、いち日いち日丁寧に、静かに帆を張り歩を進めるのみだ。



DSC04001



悔しいだろう、悲しいだろう、残念で無念で倒れそうだろうと思う。でもしゃあないやん、ナイスファイトだった。これは終わりじゃなくて、卒業だ。



DSC04008



ナイスファイト、ぼくのこのジャッジが間違っていないことは、これから君たちに起こる奇跡に次ぐ奇跡が証明してくれる。自然界がそうであるように、庭世界がそうであるように、正しく頑張った者には辻褄が合うようになっているのだよ。










 

アマテラスの思し召し

昨夜はジメジメした強風で雨が吹き込み庭の書斎タイムは断念。部屋に入ってさてさて締め切ってエアコンのドライ機能を使うか、風を通して湿気を楽しむか。



たまの晴れ間を楽しむべく、犬たちと散歩に出かけました。

DSC07929



ミーがこの頃猫喘息っぽくてゲホゲホしているもので、自然の空気が良かろうと風を通すことに。



DSC07933



猫喘息の原因は確定できないものの、もしや蚊取り線香の使いすぎかもと思い、化学物質を使わない除虫菊タイプにして、それも最低限の使用量を続けていたら症状が和らいできました。



DSC00892



エアゾール系も禁物とのことで、猫ってのは自然に近い環境が大事なんだなあと、人も本来はそうなんだろうなあと、少し暮らし方をナチュラル方向に軌道修正しつつミーの回復を待つことに。



DSC07931



今年は梅雨らしい梅雨で癒されますね。このまま豪雨被害が出ることなく明けてくれたらアマテラスに大感謝です。



DSC00926



雨が降ったら降ったでよろしく候。雨の日は雨のようにしとしとと、曇りの日は雲のようにぷかぷかと。夏が来る、影が立つ、あなたに会いたい。見つけたのは一番星、明日も晴れるかな。パプリカ花が咲いたら、晴れた空に種を蒔こう。ハレルヤ夢を描いたなら、心遊ばせあなたにとどけ。



DSC07934



降っても晴れても、自然と歩調を合わせていれば大丈夫。




 

ワイキキに勝るハマの夜風

毎夜毎夜の庭タイム、自称ガーデンデザイナーが自称庭の書斎にて過ごすタイムが、いかに素晴らしき時間であることかをお伝えしたく思いつつ、毎晩のことなのでしつこくなっては嫌がられるし、言葉にするなら「最高でっせ!ぜひあなたも」しかないわけで、いつの頃からか書斎に出たらブログを開かず独りの時間を過ごす習慣となっています。常連さんには説明不要ながら、一見さんは「おいおい、おぬしはいったい庭で何を楽しんでおるのだ」と思うかもしれませんので説明を。
帰宅します。着替えます。洗濯やら犬猫のトイレ掃除やらをしてから翌日の弁当作りをしながらビールを一杯。自称ベテラン主夫なので、radikoタイムフリーでピストン西沢か山下達郎か大竹まことを聴きながらの楽しい家事時間。それが済んだらパソコンと本とリカーを持って庭へ。わが家の庭は見晴らしが良く、遠くの山陰に江ノ島灯台の灯りが10秒に1度きらめく、貧乏なのにリッチな気分になれる好立地。春夏秋冬、雨でも晴れでも曇りでも吹雪でも(屋根があるので)湘南乃風を浴びながら読書をし、物思い、物思わずにボーッとしてはチコちゃに叱られ放題という、そういう時間がどれほど幸福であることか。
さて、今夜も江ノ島方向からこの上なく心地いい風が入って来ます。手元にはこのパソコン、脇に村上春樹訳のチャンドラー、リカーはメイカーズマークをロックで。次のルーティンはYouTubeでBGM探し。



DSC08028



しばしカタカタと探していたら、ミーツケターミーツケター。今夜はこれから始めてナイアガラ三昧ということで。




もし彼女に会ったら、伝えてくれないか

俺は朝日とともに行くつもりだ

遊びは終わった、そのほうがいいんだ

でもどうしたら君を忘れられるだろう

彼女に伝えてくれ、俺は心配している、ここにいる

俺は次の潮時に行ってしまう

だけど君にはここにいて欲しい

俺の空いた両腕が埋まるまで


アメリカ行きの貨物船が入り江の桟橋で待っている

リヴィエラの夏の夜

静かな海と銀色の海岸

レースのカーテンに吹く冷たい微風

二つの空のグラスとワインのボトル

泣かなくていい、ため息つかなくていい

目を閉じて夢見てごらん

こんな夏の夜に

俺たちは互いの腕の中で幸せだった

俺には海の音と君の胸の鼓動しか聞こえなかった


彼女に伝えてくれ、俺は本当に心配している

俺は海に出て行く

だけど君にはここにいて欲しい

俺の空いた両腕を満たすために



これはぼくんちの庭自慢じゃなくてですね、あなたのお宅の庭、あるいはベランダ、あるいは窓を開けて吹き込む風は、今ぼくを酔わせている風と同じく地球の隅々までを何万周もしてきた空気の流れなのだということなのです。マジ、最高ですよ!この空気の動きを感じたくて庭の書斎ではできるだけ、極限まで肌の露出を多くしているのです。え、どんな格好をしているのかって?ふふふのふ、わが家の庭は見晴らしを確保しつつ目隠しは万全ですから、とてもじゃないけどご説明できない格好で過ごしています。
ああ、、、初夏の夜風吹く横浜はワイキキのベランダに勝る。


 

浪漫主義→→→印象派

青葉区もえぎ野、10年ぶりのガーデンリフォーム。設計を始めて程なく手が止まって、頭は時空のワープを始めました。10年前のこの庭にまつわる出来事と、花いっぱいな現状から見て取れる10年分の物語が、お盆の時なんかに出す(なんて言うんでしたっけ、影絵がクルクル回る提灯)あれみたいになっちゃって。



再びもえぎ野公園へ。
スイレンの葉を散歩する野鳥に遭遇。ん、こやつはバンではないか。
 伴宙太(巨人の星)、番場蛮(侍ジャイアンツ)、
ババンババンバンバン(ハビバノンノン)、
以前港南区の公園で見かけて検索し、変な名前なので記憶していました。 
頭が赤いのが成鳥(雌雄同色)で赤くないのが若鳥です。
ピントを合わせながらしつこく追いかけていたら、茂みにうぶ毛の生えた幼鳥を発見。
この公園は、言わばモネの庭付きの広大な住居ですね。
鳥でも人でも、家族の情景というのはほのぼのしますなあ。 

DSC03863

DSC03875

DSC03904

DSC03916



いわふちさんは超ロマンチストですよね。でも今回はロマンが溢れて手に負えなくなってきたから、一度スッキリと整理整頓がしたいんですよ。だからロマンチックじゃない設計をお願いします。

なるほど、ではそのようにいたします。ロマンチックが止まらない性格をグッと抑えて、この庭に新たなロマンを描くための真っ新なカンヴァスをご用意すればよろしいのですね。

ほらほら、それがロマンチストだっていうの(笑)

そ、そうですかね。



DSC03903

DSC03935

DSC03927

DSC03894



10年間の濃密な泣き笑い、つまりは幸せが積み重なった庭を仕立て直して、舞台は次の幕が上がります。
かの画家にして造園家クロード・モネも、情熱的にそれを、泣き笑いを繰り返しながら、人生の楽園を仕立て上げたのでありました。






 

庭のことだま

楽しみで眠れなかった。

雨で延び延びになっていた現場の着工の朝、ご婦人が「楽しみで楽しみで、昨夜は眠れませんでしたよ」と。工事内容は、アジサイと野草と野菜が混然と生い茂るナチュラルな庭に、白い椅子・テーブルを置く石張りのテラスをつくるというもの。店に1枚の広告写真をお持ちになって「うちの庭にこの風景を加えたい」というご依頼。



DSC07936

DSC07940

DSC07956

DSC07945

DSC07965



ご婦人は80代、何十年も庭の草花と会話しながら暮らしてこられた方です。いやあそれにしても、楽しみで眠れなかったって、見事な心のありようですよね。自分の記憶を辿ると北アルプスに出かける前の晩は興奮して眠れませんでした。40年も前のことです。



DSC07961

DSC07966

DSC07954

DSC07950

DSC07960



眠れない夜と雨の日には、忘れかけてた記憶がよみがえる。この頃では不安で眠れなくなるのを回避するため、庭で軽く飲みながらの読書タイムで入眠導入しています。いかんなあ、遺憾でございますなあ、ワクワクして眠れないあの感じを取り戻さなければ。



未知の世界へと足を踏み入れるときに起こるのがワクワク。
Begin the Beguine の  Beguine とは、
フランス領マルティニーク島に伝わるダンスミュージック。
踊りましょう、ワックワクで。
ぼくは次なる仮想庭の広い芝生でダンシング。
 






 
記事検索
ギャラリー
  • 睡蓮に鬼笑う朝
  • 睡蓮に鬼笑う朝
  • 睡蓮に鬼笑う朝
  • 睡蓮に鬼笑う朝
  • 睡蓮に鬼笑う朝
  • 睡蓮に鬼笑う朝
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • その通路は庭になる
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 夏色のナンシー関
  • 夏色のナンシー関
  • 夏色のナンシー関
  • 夏色のナンシー関
  • 夏色のナンシー関
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • 家族の庭のつくり方 94
  • トパーズ色の風に帆を張って
  • トパーズ色の風に帆を張って
  • トパーズ色の風に帆を張って
  • トパーズ色の風に帆を張って
  • トパーズ色の風に帆を張って
  • トパーズ色の風に帆を張って
  • トパーズ色の風に帆を張って
  • アマテラスの思し召し
  • アマテラスの思し召し
  • アマテラスの思し召し
  • アマテラスの思し召し
  • アマテラスの思し召し
  • アマテラスの思し召し
  • ワイキキに勝るハマの夜風
  • ワイキキに勝るハマの夜風
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 浪漫主義→→→印象派
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭からのラブコール
  • 庭からのラブコール
  • 庭からのラブコール
  • 庭からのラブコール
  • 庭からのラブコール
  • 庭からのラブコール
  • 庭からのラブコール
  • 熱中症タイプ
  • 熱中症タイプ
  • 熱中症タイプ
  • 熱中症タイプ
  • 雨に微笑みを
  • 雨に微笑みを
  • 雨に微笑みを
  • 雨に微笑みを
  • 雨に微笑みを
  • 雨に微笑みを
  • 雨に微笑みを
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 不要不急なり しとやかな朝
  • 不要不急なり しとやかな朝
  • 不要不急なり しとやかな朝
  • 不要不急なり しとやかな朝
  • 不要不急なり しとやかな朝
  • ストケシア
  • ストケシア
  • ストケシア
  • ストケシア
  • ストケシア
  • スローライフガーデン
  • スローライフガーデン
  • スローライフガーデン
  • スローライフガーデン
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • チェインジ
  • チェインジ
  • チェインジ
  • チェインジ
  • チェインジ
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • ステイホーム→エンジョイホーム
  • 月に雁
  • 月に雁
  • 月に雁
  • 月に雁
  • 月に雁
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • Raindrops
  • Raindrops
  • Raindrops
  • Raindrops
  • Raindrops
  • Raindrops
  • Raindrops
  • Raindrops
  • 庭の日常
  • 庭の日常
  • 庭の日常
  • 庭の日常
  • 庭の日常
  • 庭の日常
  • 庭の日常
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • もえぎ野公園・モネのこと
  • もえぎ野公園・モネのこと
  • もえぎ野公園・モネのこと
  • もえぎ野公園・モネのこと
  • もえぎ野公園・モネのこと
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 夏の合図
  • 夏の合図
  • 夏の合図
  • 夏の合図
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ