H!nt de Pinto 116

壁にぶち当たったら迂回せよ。

失敗したら別の手を使え。 

追い詰められたら寝てしまえ。

どん底まで落ちたら掘れ。

ハードルが高かったらくぐれ。

乗り気がしなかったら逃げろ。

八方塞がりになったら九方目を探せ。

家族が揉めたら花を植えよ。

疲れ果ててしまったら、ビールとポテチと本を持って庭に出よ。

危機には軽やかに立ち向かうべし。いくら悩んだところで、行動を変えなければ状況は変わらないのです。



If it gets stuck, go to "Four Seasons Forest Park".

DSC02423

ことに雨上がりの朝には。

DSC02442

誰もいない道をとぼとぼ歩き出しても、
いつの間にか歩速が上がって、
息が弾んで、
気がつけば顔も上がって次の被写体を探しています。

DSC02456

ほんのひと時、
ほんの少しの自然に触れるだけで、
引っ張り上げられてゆくことの不思議。

DSC02492

自然と歩調を合わせれば
思考から不自然さが消えてゆき、
ステップは軽やかに。

DSC02438

I feel tired after walking.
But better than tired mind.









起き抜けに寝室の液晶パネルから、「昨日までの寒さが嘘のように暖かくなるでしょう」という予言あり。さっ、歩き出しましょう。

今日は「港南台店」にいます。



 

 

庭のことだま

慣性の法則(外力が働かない限り、物体は静止または等速運動を永久に続ける)は、思考にも当てはまる。

良好な慣性軌道に乗るために、本を読み、音楽を聴き、人に会い、庭に出続けて、外力を浴びているのです。



ただほっつき歩いているだけで、
脳内が春色に染まる季節。
これも地球の慣性軌道のおかげさま。
  
DSC03863

887049dc

99af9a02

c62dd1e4

15608d5b

DSC04217

 DSC04484

11a5e2cc






ここ数日、夜の庭のBGMは、
お気に入りのバーボンを舐めながら、
この人。

 

チェット・ベイカーに匹敵するのです。
っていうか、
誰とも比較できない領域に住み着いた人なのです。
ぼくもまた、かくありたいものだと。





今日は「港南台店」にいます。





  

庭のことだま

夢を追う者追わぬ者、夢見ることなく眠る者。

Ah, bowakawa pousse, pousse
Ah, bowakawa pousse, pousse 
Ah, bowakawa pousse, pousse 
・・・・


ずいぶん前のことだけど
あれは夢だったのかな?
いやそうじゃない
とてもリアルに感じたんだ
音が川になって
鏡を抜けて輪を描いていた
音楽がぼくの魂に触れて
何かこう暖かくなっては
すぐに冷たくなるような
魂のダンスが広がっていったんだ

DSC02575

DSC025802

DSC02577

DSC025782









今日は「レノンの庭」にいます。




 

庭のことだま

現世は霊性の世界とデュアルに存在している。
だから片足をスピリチュアルに置くと姿勢が安定するのだ。


聖地巡礼やパワーストーンや占いが好きなあなた、庭を花だらけにする運気上昇法もお試しあれ。
先ほどリビングの液晶から「今日の魚座のラッキーアイテムはピンクのスイーツ」とお告げがありました。
さて・・・・。 



港南台店の植物が勢いづいてきました。
多肉たちも無事冬を越し、
ホッとしたように色艶が良くなって。
開花宣言もされたし、
さあ、
ガーデニングシーズンの開幕です。

DSC02251

3ab00ef9

747ccdc9

f14b63fa

d051b8b4

d5c5523e





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

根は下へ、茎は上へと伸びてゆく。
この当たり前のことが自然な姿なのだ。

つくしのように地に足つけて、背筋を伸ばして暮らしましょう。



つくし(スギナ)は
酸性の土(栄養分が少なく弱った土)に生えます。

DSC02568

根が深く、おまけに関節からちぎれやすいので、
抜いても抜いても
残った根(地下茎)から生えてきます。

DSC02564

駆除には石灰をすき込むなどして(酸性を中和)
土壌を改良してください。

DSC02570

農家にとったら憎たらしい最強の雑草。

892aaa44-s

でもぼくは農民ではないので、
庭の一角にいてほしい植物です。

f227e405

ニョロニョロみたいな姿が愛らしく、
見つめていると、
幼い日の記憶も次々と。 





教育勅語もいいけど、
男の子には
「アンパンマン」と「ムーミン」が必須。
そして青年になったら「かもめのジョナサン」を。
あとはほっといても
たくましい男になってゆくことでしょう。



生き物にとって、自然に振る舞うというのはとっても大事なことなんだ。
スナフキン 





今日は「レノンの庭」にいます。






H!nt de Pinto 115

人は感情的になると、ついつい白黒はっきりさせたくなるものですが、賢い判断の大半は白でも黒でもないものです。

賛成か反対か、あるいは先送りか。

行くか戻るか、あるいは横移動してみるか。

続けるか止めるか、あるいはとりあえず休むか。 

時には曖昧なまま中腰で耐えることも必要。第三の道を失うと、ギスギスしたり追い詰められてしまったりするものです。
女房の「あなたはどっちがいいと思う?」という問いには、決して本音を即答することなかれ。
慎重に、慎重に、できるだけ曖昧に。



四季の森公園ではミツマタが満開です。

DSC03952

DSC026122

DSC03955

名前の由来は枝が三叉路で伸びるから。

DSC02619

1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89・・・・
自然界を支配しているフィボナッチ数列の中でも、
3は特別な意味を持っています。
早起きは三文の徳。
仏の顔も三度まで。
石の上にも三年。
三種の神器。
三顧の礼。
三度目の正直。
三つ子の魂百まで。
三人寄れば文殊の知恵。
三倍目にはそっと出し。




三拍子の名曲







今日は「港南台店」にいます。





 

庭のことだま

三寒四温で春は行く。

交互にやってくる喜びと悲しみ。楽しさと辛さもまた。喜びが大きいほど悲しみも大きく、楽しさが大きいほど辛さも大きく。
さて、どうしましょ。
そん時には思いっきり泣くぞと腹くくる。 



ユキヤナギ に心洗われる朝。

DSC02552

まっさらになって、
設計に取りかかれるうれしさよ。


DSC02555

レノンの思し召しか。

DSC02637

はたまたアマテラスの祝福か。

DSC02645

確かに見守られている。





今日は「港南台店」にいます。
 




 

庭のことだま

生まれくる命のために、たったひとつのことを大切に。

出産を控えたご夫婦と打ち合わせをしていると、オートマチックに口は庭を語り、手は仮装庭をスケッチしてゆきますが、内心はそこにあらず。「いい夫婦でいてくださいね」と、願うような、祈るような気持ちになっています。
いい夫婦でいること、一人前の親に成長することがいかに重要でありかつ困難であるか、子育てを終えて、胸に焦げ跡のようにこびりついている思いです。



暖かかった連休の空気で、
円海山のアジサイが一斉に芽吹きました。
3ヶ月後が楽しみ楽しみ。

DSC02560

DSC02561

DSC02563

そして6ヶ月後には、
ぼくはおじいさんになるそうな。






今日は「レノンの庭」にいます。




 

庭の法則 70

『庭の法則 70』

共存すれば共栄する。

あらゆる植物は、とても慎重に周囲を気遣いながら暮らしていて、自分だけが栄えればいいという態度の者は見当たりません。
地中では根の張り具合の間合いをはかり、地上では太陽光の受け方を調整しあっています。
時々は傍若無人に勢力を拡大しようとする乱暴者が出てきますが、興味深いことに、必ず何かしらの作用が働いて滅んでしまいます。
その様子は例外を許さない絶対的なもので、きっと神の差配なのでしょう。





3億5千万年前、地上が裸子植物(スギ、イチョウ、ソテツ、ヒノキなど)の森だった頃のことです。恐竜たちはその木々を片っぱしから食べ尽くしながら繁殖し、亜種を増やし、鎧をまとったり首が長かったり、翼を持つ者まで出現する多様な繁栄をしていき、地球は恐竜の星となりました。
食い荒らされて危機に瀕した植物は堪りかねて革命を起こしました。花を咲かせる被子植物へと変化することで受粉のサイクルを早めるとともに小型化し、森を草原化させて、ただただ貪り食われるだけの恐竜との縁を断ち切ったのです。
革命に勝利した植物たちは、受粉を手助けしてくれる昆虫(最初は花粉が好物のコガネムシ)との幸せな互助関係を築き、その蜜月は今も続いています。
一方、縁を切られた恐竜たちは、巨木の森が減るにつれ飢えて滅んでゆきました。細々と生き残った数種類は針葉樹の森が残る北方へと追いやられました。
そんな時期に、弱り目にたたり目。かつて繁栄にあぐらをかいた「恐竜ファースト」が過ぎたことへの天罰だったのか、直径10kmの隕石が、ドカーンと。衝撃で舞い上がった粉塵が空を覆い尽くして太陽光が遮断され、地上は氷河期のように凍てついて、1億6千万年続いた恐竜たちの歴史は幕を閉じたのでした。



今から4億年前、水の星に陸地が出現すると、
海中の藻は海岸に打ち上げられて
次第に陸地へと生息域を拡大してゆきます(シダ類)。

1c2b23d2

 
その後5千万年をかけて、シダは内陸へ進出するために、
胞子を水に乗せて運ぶのでははなく
風に舞わせる方法(風媒)をあみ出し、
やがて陸地は木々で覆われました。
裸子植物(ソテツやマツなど)の森です。

5cd7bf8e


裸子植物は受粉に半年から1年もかかります。
裸子植物は恐竜たちに食い荒らされたこともあり、
もっと早く受粉する手段として
「花」を咲かせるという革命的な進化を遂げました。
それが被子植物です(数分から数時間で受粉します)。

2b20fb1c


花に集まる昆虫に食事を振舞って花粉を運んでもらう
そのシステムから、
動植物の世界に「互助」という概念が生まれました。
そしてその幸せな営みが知恵を育んでゆき、
姿形や性質が多様化しゆきました。
そして「他者の役に立つ者は生存を許される」
という自然界の絶対的な掟が生まれたのです。

3e5581d6


ありとあらゆる生物がその掟に従い、
持ち場持ち場で懸命に働きながら進化を続けて、
この豊かで美しい生態系が出来上がりました。

8c280e85

 

被子植物はコガネムシとの幸せな関係を謳歌しながら、もっとたくさんの虫を集めるために花の色や形を工夫し、さらに蜜によって鉢や蝶を呼び寄せ始めます。恐竜が滅んだ後に、こうして地球は草花と昆虫の楽園になりました。

自分を変化させることのよろこびを知った植物は、次に種子の周りに甘い果肉を添えて、それを食べた動物に遠くまで運んでもらうという戦略を立て、昆虫以外の新たなパートナーとして小さな哺乳類を指名しました。
その果物好きなネズミザルが、ぼくらの祖先というわけです。


花はギブ&テイクで成り立つ生態系の象徴であり、人間は植物の繁栄のために選ばれたことで生存を許された生物なのだ。


ぼくらが花に魅せられ特別な感情を抱くのは、花たちから昆虫と同じ役割を与えられた日から引き継がれてきたDNA内の記憶によるもの。だからぼくらが蜂や蝶と同じような暮らしをしているのもしごく当然のことなわけです。
春分の日。では張り切って、蜜を求めて巣を飛び立ちましょう。




今日は「港南台店」にいます。





 

庭のことだま

人生にはたくさんのどうでもいいことと、数少ない大切なことがある(青木仁志)。
どうでもいいことはどうでもいいのだが、大切なことをないがしろにすると、そのどうでもいいことに思い煩わされる日々となってしまうのだ。

数少ない大切なことに関しては絶対に妥協しないこと。一歩たりとも引かずに守り通すこと。その基本が失われた所に、どうでもいいことの集中砲火が始まります。
負のトルネードは信念なき者を一掃するエネルギー。くれぐれも、ご用心ご用心。 



裸子植物(風媒)から
被子植物(虫媒)への変化、
それは恐竜たちから
食われるだけの存在だった植物の、
生存をかけた革命でした。

DSC02539

コブシは数千万年咲き続けて、
ついに恐竜を絶滅へと追いやった革命戦士。

DSC025402

今日まで一億年受け継がれてきた
咲くという信念。

DSC025492

信念とはそういうもので、
自分勝手な主義主張ではなく、
DNAに書き込まれている種の掟、
「命の在り方」なのです。

DSC025462

人もまた、
「人としての在り方」が、
数少ない大切なこと。




私は困難を承知で、信念は貫かなければならないものだと信じている。
そうじゃなかったら、行動が意味を失ってしまうのだ。何のために、誰のために、そういう意味を持たない人生になってしまうのだ。

ドナルド・トランプ

赤ネクタイのティラノサウルスにも信念あり。はたして、行く末やいかに。 





今日は「レノンの庭」にいます。





 
 

庭のことだま

視点を下げれば世界が広がる。

花を撮るコツは、花たちの世界まで身を低くすること。子供の視点になると花の仲間入りができます。
庭に出たらしゃがんでみてください。



DSC01441

DSC02131

5d201b4d

DSC00404

9785a4a6

ナズナ(ぺんぺん草)とホトケノザ。
春。





今日は「港南台店」にいます。





 
 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • H!nt de Pinto 116
  • H!nt de Pinto 116
  • H!nt de Pinto 116
  • H!nt de Pinto 116
  • H!nt de Pinto 116
  • H!nt de Pinto 116
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 115
  • H!nt de Pinto 115
  • H!nt de Pinto 115
  • H!nt de Pinto 115
  • H!nt de Pinto 115
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 70
  • 庭の法則 70
  • 庭の法則 70
  • 庭の法則 70
  • 庭の法則 70
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 114
  • H!nt de Pinto 114
  • H!nt de Pinto 114
  • H!nt de Pinto 114
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 70
  • 家族の庭くり方 70
  • 家族の庭くり方 70
  • 家族の庭くり方 70
  • 家族の庭くり方 70
  • 家族の庭くり方 70
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ノアの生きがい
  • ノアの生きがい
  • ノアの生きがい
  • ノアの生きがい
  • ノアの生きがい
  • ノアの生きがい
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 113
  • H!nt de Pinto 113
  • H!nt de Pinto 113
  • H!nt de Pinto 113
  • H!nt de Pinto 113
  • H!nt de Pinto 113
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 69
  • 家族の庭のつくり方 69
  • 家族の庭のつくり方 69
  • 家族の庭のつくり方 69
  • 家族の庭のつくり方 69
  • 家族の庭のつくり方 69
  • 家族の庭のつくり方 69
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 68
  • 家族の庭のつくり方 68
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 67
  • 家族の庭のつくり方 67
  • 家族の庭のつくり方 67
  • 家族の庭のつくり方 67
  • 家族の庭のつくり方 67
  • 庭の言霊 276
  • 庭の言霊 276
  • 庭の言霊 276
  • 庭の言霊 276
  • 庭の言霊 275
  • 庭の言霊 275
  • 庭の言霊 275
  • 庭の言霊 275
  • 庭の言霊 275
  • 庭の言霊 275
  • 庭の言霊 275
  • H!nt de Pinto 112
  • H!nt de Pinto 112
  • H!nt de Pinto 112
  • H!nt de Pinto 112
  • 庭の言霊 274
  • 庭の言霊 274
  • 庭の言霊 274
  • 庭の言霊 274
  • 庭の言霊 273
  • 庭の言霊 273
  • 庭の言霊 273
  • 家族の庭のつくり方 66
  • 家族の庭のつくり方 66
  • 家族の庭のつくり方 66
  • 家族の庭のつくり方 66
  • 家族の庭のつくり方 66
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の言霊 272
  • 庭の法則 69
  • 庭の法則 69
  • 庭の法則 69
  • 庭の法則 69
  • 庭の言霊 271
  • 庭の言霊 271
  • 庭の言霊 271
  • 庭の言霊 271
  • 庭の言霊 270
  • 庭の言霊 270
  • 庭の言霊 270
  • 庭の言霊 270
  • 庭の言霊 269
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ