後藤さんちのオープンガーデン その3

女房が何かの課題にぶち当たって、ひっくり返ったカメみたいになっている時に「〇〇さんだったらどうするか考えてみたら」と言うことがあります。



DSC04247

DSC04262

DSC04212



〇〇さんは三人いて、ぼくの女神様的な方と、ぼくらが尊敬してやまない菩薩様と、そしてこの庭で毎年感動させてくださる後藤さんの奥様です。



DSC04217

DSC04019

DSC04328



「〇〇さんならどう捉え、どう考え、どう判断して、どのような行動をとるだろう」というロジックはとても大事。人は窮地に立った途端に自分を見失って的確な判断ができなくなってしまいますから、自分が憧れ尊敬している人ならどうするだろうかという思考回路に切り替えるわけです。



DSC04261

DSC04277

DSC04363



賢者に倣えばそのフィールドに近づいていける。ピンチの時こそそのチャンス。



DSC04016

DSC04017

DSC03985



「学ぶ」の語源は「真似る」だと言いますし、何の分野であれ、修行はひたすら師匠のコピーをすることが基本ですから。



DSC04295

DSC04270

DSC04318



で、ぼくはどうしているかというと、その三人の女性を輝かせているそれぞれの旦那様ならどうするだろうかと考えるようにしています。



DSC04371

DSC04361

DSC04015



後藤さん、今年も感動をありがとうございました。



DSC04326

DSC04267

DSC04369



例年にも増して庭に力強さを感じ、存分にエナジーチャージさせていただき、これで一気に夏を駆け抜けることができます。



DSC04287

DSC03987

DSC04323



庭に元気付けられながら庭を思い描く日々に、いい具合に拍車がかかりました。



DSC04378

DSC04379

DSC04386



庭ですよ庭、花いっぱいの庭があれば人生は上々。





今日は「港南台店」にいます。



 

後藤さんちのオープンガーデン その2

後藤さんとお会いするたびに、とてもいい刺激を頂戴しています。



DSC04324

DSC04338

DSC04013

DSC04260

DSC04278

DSC04253

DSC04297

DSC04272

DSC04325

DSC04303

DSC04329

DSC04245

DSC04292



エネルギー値の高さ、好奇心と探究心の強さ、立ち止まることのない行動力。
それらをフルに使って、ひたすら「楽しさ」を実現させてゆく暮らしぶりに打たれます。



DSC04280

DSC03975

DSC03963

DSC04367

DSC04337

DSC04284

DSC04249

DSC04312

DSC04320

DSC04005

DSC04364

DSC04354



庭は人を映し出す。
さて、わが家の庭は・・・。







 

後藤さんちのオープンガーデン その1

今年も見事に咲きました。



DSC04222

DSC04334

DSC04230

DSC04336

DSC04221

DSC04237

DSC04307

DSC04239

DSC04339

DSC04340

DSC04298

DSC04304

DSC04300

DSC04269

DSC04218

DSC04289

DSC04346

DSC04258

DSC03986

DSC04355

DSC04362
DSC04276

DSC04362


DSC04332

DSC04311

DSC04282



シャッターを押すのが止まらず大量に撮影したので、明日も引き続き。

行ってみたい方は 045-834-3069(グレースランド)まで。





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

涼。

水辺が気持ちいい季節になりました。
忙中閑あり。仕事前に、カメラを抱えて近所のせせらぎコースをひと巡り。



DSC03559

DSC03607

DSC036272

DSC036242

DSC03638

DSC036542

DSC03572

DSC03563

アメンボウも活動開始。




 
今日は「港南台店」にいます。



 

庭のことだま

無為な時間に根が伸びる。

幼少期には無邪気にはしゃぎ駆け回る時間、少年少女になったら友だちとの他愛のない時間、思春期には考えすぎて頭がぼーっとしてしまう時間、青年になったら馬鹿みたいな夢に心躍らせる時間、社会人になったら非生産的な趣味に没頭する時間、中年になったら・・・、熟年になったら・・・、おじいさんおばあさんになったら・・・。
思い出の曲をBGMに、庭の夜風でめくれるページを押さえる瞬間に、ふらふらと遠回りしてきたことが大正解だったと思えるのです。
だから明日も、脇道、寄り道、回り道で。



バラに呼ばれる寄り道が止まりません。

DSC04055

人の行く、裏に道あり花の山。

DSC04064

大人たちの言葉に従って
教科書通りに歩んでいたとしたら、
バラの季節は
春から夏へと移り行く
ただの風景でしかなかったのではないかと。

DSC04178

すんなり進めないほど増して行く受信機能。

DSC04153

根の成長は、
世の中的には不器用と言われる者に顕著なもの。

DSC04172

間違いないのは、
この花にロマンを感じて交配を命じた者も、
その作業に命をかけた者たちも、
異端の者だったということ。

DSC040992

歴史上、
バランスのとれた優等生的変革者は
一人も存在していないのです。

DSC04070

もしもあなたがバラに感動するなら、
油断すると泣けてしまうなら、
チェ・ゲバラ。

DSC04151

あるいは膨大な実験的試みを積み重ねて、
ついにぼくらが音楽と呼ぶ世界を築き上げた
ヨハン・セバスチャンに匹敵する。



何れにしても
生きづらさの正体は生き甲斐の扉。

DSC04081

まっすぐに進めない
その性質を嘆くことなかれ。

DSC040612

異端の者たちよ、
大いに無為な時間を過ごそうではないか。





今日は「港南台店」にいます。





 

庭のことだま

あの手この手で。

ゴージャスな百花繚乱の中では、白を基調にすっきり上品にという戦略で。



バラの季節に
エレガントさで勝負しているエゴノキの花。

DSC03944

その様子が好きで、
これまで五百本以上をプランに入れてきました。

DSC03904

DSC03940

剪定せずにおいた方が花は盛大なので、
のびのびと成長できる位置に植えたい木です。

DSC03816

DSC03938

名前の由来は
実を口に入れるとエグい味がするからとのこと。

2_04egonoki

昆虫が野鳥から身を隠して蜜を吸えるように、
枝を横に広げて下向きに咲きます。

DSC03925

DSC03793





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

花を抜きにして幸せを築くことはむずかしい。

花いっぱいで不幸になることも。



通勤途中やどこに向かう時でも、
行けども行けどもバラが呼びかけくるので
ついつい足を止めてはカメラを取り出す。

DSC03712

DSC05780

DSC040232

スケジュールに余裕が必要な季節です。

DSC05511

DSC05364

DSC04027

街に年々花数が増えてゆく実感。 

DSC04009

DSC03678

DSC03667

みんさん順調に幸せを育んでいるようです。





 

H!nt de Pinto 121

合理主義者は庭と縁遠い。

庭は、芝生を茂らせては刈るような非合理的な営みの場。
手入れをしたくないから人工芝で、雑草取りをしたくないから庭をコンクリートで埋めてしまおうという発想だと、楽にはなりますが、楽しくはなりません。



まっすぐ歩くと通路だが、
曲って歩くと庭になる。

3714e0cd

91ac23ac

844eff39

b2dd1c01





人工芝はちょっと・・・と思いつつも、その進化はものすごいものがあります。
先日、出産を控えたの若いご夫婦が自分たちで敷いたという人工芝の庭があまりに美しく感じられ、しばし見とれてしまいました。風合いも本物っぽく耐久性も8年まで伸びているそうです。
8年もしたら、今は雑草取りなんかに時間を使いたくないと思っているお二人に、ガーデニングの楽しみが芽生えて、本物の芝生の魅力にとりつかれることでしょう。 
10年後の今頃の季節、分厚く育った芝生と野菜とバラの花が溢れている、幸せに満ちた庭風景が目に浮かびます。 




きみの扉へと続く長く曲がりくねった道・・・
今日はこの人で。



 
フランク・シナトラから
「次は彼の時代だ」と言われた男。
コパカバーナもいいけど、
スローな曲だと
ジェントル&ロマンチック。
ジェントルも、ロマンチックも、
非合理的な魅力。







 
 

庭のことだま

虫嫌いシンドローム

蚊ごときで庭の楽しみを棒にふるなんて 。



今年もそろそろ。

b2f81323
 


あきらめシンドローム

できない理由を並べていたら笑顔が消えてゆくばかり。



個性的な花に出会うと伝わって来る
植えた人のイキイキ。


DSC03392

アヤメ 


感動シンドローム

興味が尽きず、動きが止まらず、とても涙もろくなる。



花の数と幸せは比例する。
バラの場合は倍加する。 

DSC05502

ロンサール 



ガーデンシンドロームあれこれ。
何れにしても、庭は心に作用し人を映し出す。


 


今日は「港南台店」にいます。






 

H!nt de Pinto 120

一年草の植替え時期です。
作業をするときに、次の3つのことを意識してください。

1、空きスペース
それぞれが順調に育つことを想定して、間合いをはかって植えてください。




DSC02576



2、土壌改良
古い土に培養土や堆肥を鋤き込んで、栄養、微生物、空気、水はけを復活させてください。



DSC02684



3、適材適所
ペチュニアは日向に、インパチェンスは半日陰に、野菜は朝日が当たる場所に。




DSC02915



こうして並べてみると、植物と人の生育条件はとても似ていますね。
あっ、もうひとつありました。

4、思い描く
花いっぱいの数ヶ月後をイメージしてください。
イメージできればできたも同然。



49a104c1





今日は「港南台店」にいます。




 

家族の庭くり方 79

季節を先取りする

冬には春を、春には夏を、次の季節を心待ちにすることがガーデニングのコツ。



ユキヤナギ(春)

DSC02635


アジサイ(春〜夏)

DSC06849


ヒマワリ(夏)

DSC07920


コスモス(夏〜秋)

DSC09953



植えた花がいっぱいに咲くのは数ヶ月後。



ヒガンバナ(秋)

DSC09492


コウテイダリア(秋〜冬)

DSC01378


バラ(冬)

DSC01737


ビオラ(冬〜春)

DSC04318



庭を楽しむ人たちは、未来予想が習慣化するので幸せになりやすいのです。





今日は「港南台店」にいます。




記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 120
  • H!nt de Pinto 120
  • H!nt de Pinto 120
  • H!nt de Pinto 120
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ