庭の言霊 226

空気は潤っているか。

乾燥の季節、家庭の空気までカサカサにならぬよう心がけたいものです。
ただし結露でカビが生えないように、常に循環させることが必要。
時々は窓を開け放って風を取り込みつつ、ぬくぬくと過ごしましょう。 



明け方の霧、
急いで四季の森公園へと向かうと、
予想通りに皇帝ダリアが
朝シャンを楽しんでいました。


DSC01499

DSC01500

DSC01512

DSC01508

DSC01504




わが家の乾燥対策は、デロンギのオイルヒーターと床暖。
湿気が多い山奥育ちなので、エアコンを使うととたんにあちこちがチクチクしてくるのです。

あ、それと鍋料理の湯気。





今日は「金沢文庫店」にいます。





 

庭の言霊 225

四六時中も恋せよ乙女。

男にとって、恋心を忘れてしまった女性ほどキツいものはありません。
それが同居人であった場合には、目をつむり、耳を塞いで地球の外まで逃げ出したくなるのです。
まあ、お互い様なんでしょうけど。



12月5日午後1時、
陽だまりでは
まだまだ元気に飛び回っていました。

DSC00108

枯れる季節の相思相愛、
いいものですね。

DSC00101

どうかこのまま穏やかに。

DSC00172

北国はすでに銀世界なのに、
横浜は暖かい日が続いています。




P.S
男は仕事に恋をせよ。
花が終わり葉が落ちても、情熱の炎を消さぬために。





今日は「レノンの庭」にいます。




 

H!nt de Pinto 108

夜の庭でパソコン画面にこんな記事を発見し、大きく頷きました。

『 すれ違う男女 』

女性にとって会話は心のやりとりだが、男性にはとって会話は情報のやりとり。

女性は考えがまとまらないから話し、男性は考えがまとまったら話す。

女性はすべて聞きたいと思うが、男性はすべて話す必要はないと思う。

女性は悩みを聞いて欲しいだけなのに、男性は悩みを解決しようとする。

女性は言わなくてもわかって欲しいのに、男性は何も言わなければ大丈夫だと思う。

だからいつまでも男女はすれ違う。



生物学者は植物に感情はないのだと言います。
しかしそれは、
たかだか理系学者の見解でしかありません。
命が幸福のためにあるのだとするなら、
より幸福な者の言葉が真実。
ぼくは文学者の説を支持します。

DSC01462 のコピー





息子は分子生物学の基礎研究者となるべく大学院へ行きたいそうで。

「基礎研究は大事なことだが、その成果が実用化されない限り誰にもよろこんでもらえないよね。庭はいいぞ、みんなとてもよろこんでくれる」

「だよね。お父さんの仕事ぶりを見ていると『プロフェッショナル 仕事の流儀』みたいで、それに関わりたい気もするけど今は研究が面白くて」

「そうか、残念ではあるが・・・・早いとこ挫折して仕事を手伝え」

「まあそうなったらなったで楽しいだろうね」

「ところで、行きたい気持ちはわかるが入れる大学院はあるのか」

「ふっ、ああ、今のところ東京大学が決まってるんだけど、まだどの学部にしようか迷ってるんだよね」

「・・・・」

「たいしてお金もかからないみたいだし」

「・・・・」

「東大のリケジョってきれいな子が多くてさあ」

「・・・・そうか東大かあ、まあ悪くないか。基礎研究は非常に重要なことである。それが日の目を見るかどうかなど気にすることなく、男はやりたいことにまい進すべきである」

「そう言うと思ったよ」


『 すれ違う男女 』は基礎研究の領域なので、それに頷いていても何の役にも立たないわけです。
これを踏まえて、応用し、どのようにしてすれ違いをなくしてゆくかが臨床研究。
人類にとって、分子生物学よりもはるかに重要な研究課題である。






今日は「金沢文庫店」で臨床研究。
夫婦のすれ違いをなくすための庭を思い描きます。








庭の言霊 224

出会いはヒット&ランで。

ぼくは本でも音楽でもたまたま出会った人でも、心にヒットしてグッときたら、すかさず駆け寄って(迷惑がられても)ハグして、そのテイストを味わい尽くすようにしています。
そうすることでどれほど人生が楽しく展開してきたことか。
出会いはヒット&ランで。
言い換えるなら「惚れっぽさ」。



出逢いはスローモーション
軽いめまい 誘うほどに

DSC05843

DSC05817

DSC05822





思えば女房も、最初は迷惑そうな顔をしていました。
今は慣れたのか、それほどでもありません。





今日は「港南台店」にいます。
うかつに近づくとハグします。





 

庭の言霊 223

朽ちると腐るは違うのだ。

朽ちた命は形を変えて、千の風になって生命エネルギーを次代へと供給するが、腐ってしまうと周囲に悪影響を及ぼし生命力を奪ってしまう。



燃え落ちてゆく。

DSC01467

DSC03022

DSC02901

DSC01459
 




自家製堆肥を作るために台所の生ゴミをそのまま土に埋めると、腐敗して悪臭を放ち、周辺の草花の根を腐らせてしまいます。
庭仕事で出た雑草や落ち葉と市販の堆肥に混ぜて埋めれば、雨と太陽と堆肥の中にいる微生物の営みによって、これ以上ないというほどの有機肥料の出来上がり(自然の力で発酵が進むと、その場所に合った窒素・リン酸・カリのバランスに仕上がります)。 

せっかく真っ当な気持ちで歩んできたのに、夢を追って頑張ってきたのに、腐れ縁を断ち切れずに腐敗してゆく者たちの悲しさよ。
いつも自然を浴び、良質な堆肥に囲まれて、自分のゴミを発酵させよ。
腐敗に敏感な臭覚と、それを遠ざけ断ち切る胆力を失うことなかれ。
熱く激しく、美しく燃えるのだ。





今日は「レノンの庭」にいます。


夜は久しぶりの歌舞伎町で、
アーロン成清とエルヴィス三昧。

  
これは大事にしたい腐れ縁です。 





 

家族の庭のつくり方 55

宿根草を植える


 ギボウシ、メドーセージ、ツルニチニチソウなど、シーズンが終わって枯れても根が生きていて、毎年芽吹いてくるのが宿根草です。



メドーセージは最も好きな宿根草。
そろそろ庭から消え、
来年4月にまた新芽が出てきて、
5月から11月いっぱい咲き続けてくれます。


DSC01605

DSC02312

804a3dc4-s

DSC08490
 


今年も出てきた!という再会のよろこび。



この花の蜜はそうとうに魅惑的なようで、
レンズを近づけても
虫たちは逃げようとしません。

18c9991f

c5936f5d

26807de7

20e3befe



休眠期に根が成長しますから施肥をお忘れなく。
年々根株が大きくなり盛大に芽吹く様子は、子どもの成長を見るようでうれしいものです。





今日は「港南台店」にいます。



 

庭の言霊 222

エコエコアザラク エコエコザメラク
アーメンソーメンナンマンダブ
アノクタラサンミャクサンボダイ

誰にでも平等に授けられている魔法があります。
人生はセルフイメージの設定しだい。



四季の森公園に住み着いた
流れ者夫婦。

DSC08204

漂流の果てに横浜に流れ着いた時の
ぼくらとダブって、胸が苦しくなるのです。

DSC08205

ふたり寄り添って、
何とか無事に冬を乗り切るのだぞ。

DSC08206

今度来る時には
気絶するほどとびきりのご馳走を。

DSC08209

人社会では非難される行為だが、
懸命ならば奇跡は起こるのだと
信じてほしいのだ。

DSC08214

ぼくらもそれで元気が出て、
何とか生き延びてこれたのだよ。

DSC08216

今は人相が険しいこのふたりに
神のご加護がありますように。



Since you are precious and honored in my sight.
And I have loved you.

わたしの目に、あなたはとても価値があって尊い存在に映っている。
わたしはあなたを愛している。

イザヤ書43章4節より





今日はパシフィコ横浜で行われる「第39回 日本分子生物学会年会」へ。
息子が論文発表するそうでして。
内気な虫好き少年が、気がつけば学者の仲間入り。
面白いものです。





 

庭の言霊 221

共鳴。



晩秋の四季の森公園は、
天高い葉っぱと花のコラボレーション。

DSC01514

DSC01474

DSC01290

DSC01520



ぼくが提案する「カーテンを開けて暮らす」「眺める庭から過ごす庭へ」「夜の庭を楽しむ」などの話に最初はやや戸惑い顔だった人が、出来上がったプランを見てイマジネーションの扉が開くと、今度は次から次に広がった世界のことをぼくに伝えてくれます。
ぼくはその夢の言葉のひとつひとつを左脳で解析しつつ、丁寧に、丹念に、右脳の筆で仮想の庭空間に描き込んでいきます。
変更設計の練り上げ作業に没頭しながら、脳内に響き渡るお客様とのコラボの共鳴は、ラ・カンパネラ。







この快感はぼくの特権。
やめられまへん。





今日は「港南台店」で鳴ってます。




 

家族の庭のつくり方 54

一年草を植える

ノースポール、ペチュニア、コスモス、ビオラなどの一年草は鮮やかに咲いて、季節ごとの主役になります。



「レノンの庭」のビオラ。

DSC00472

DSC00476

DSC00496

園芸スタッフのスーさんが
いそがしい現場の合間に植えてくれました。



この季節に、何としてもと咲く姿。


雪に当たっても
まったくヘタることなし。

DSC00505

DSC00503

DSC02642

これからゴールデンウィーク前まで
存分に楽しませていただきます。




春と秋に模様替えをするように植え替えするのが、庭仕事の大きなお楽しみ。





ぼくらは多年草のようなものなので、「慌てなくてもそのうち咲くだろう」的な、ついつい先延ばしみたいな気分になりがちなもの。
庭に咲く一年草の「何としても今咲くのだ」という決心に、毎年繰り返し刺激されています。

いつ咲くか。
今でしょ。





今日は「レノンの庭」で咲いてます。





 

H!nt de Pinto 107

不思議な10年があった。

次は夢見る10年だった。

悩める10年があり、さまよう10年を経て、追いかける10年を過ごした。



空は秋から冬へと変化しています。
薄ぼんやりとして深く。
そして次、
真冬になればカラッと清しく透明に。
回り舞台は飽きることがありません。

DSC04155



今は夢中の10年の、中程にいる。



DSC04333



次がどんななのかは行ってみなけりゃわからないが、これまで通りに我がままに。
いやいやこれまで以上に我がままに。




DSC03983



我は我のまま。
せっかくこのような性質に産み育ててくれた恩に報いるために。




DSC06667



ふっ、けっこうエキサイティングな局面に来ているようだ。


孤高のジャズピアニストが奏でる
心地よいノリノリ感と、
少々の焦りと、
勝ったも同然と危うさが入り混じるような。
タイトロープをあと数歩で、みたいな。
今のエキサイティングは
この曲の感じ。

疾走を終えて静かに笑う、
ハードボイルドな終わり方に痺れます。




あなたはどんな10年をお過ごしでしょうか。
では、Good luck!





今日は「金沢文庫店」にいます。





庭の言霊 220

時には敬して遠ざかるべし。

浜の真砂は尽きるとも、否定お化け、批判怪獣、卑下妖怪、悲観幽霊、愚痴魔王、悪徳教祖、魔性の天使、世に魑魅魍魎は尽きることなし。
ご用心ご用心。
いつもひとりでスッと立って、自分の足で、自分の道を行きましょう。



花は個性を輝かせながら、
協調すれども交わらず。
だからお互いを引き立て合えるのです。
 
DSC01441

DSC02837

DSC02192


 


野生の世界では間合いを計れないと命取り。
すごく近しい人であっても、その存在によって気が滅入ったり迷惑を被る場合には、にこやかに手を振りながらムーンウィーク。





15000124_1142607425794162_8141524769239661746_o

Yokohama MOON Walker vol.82


11/28(月) 横浜市技能文化会館 B1トレーニングルーム

19:00~21:00

参加費 2,000円

講師:宮本英喜(LIBLANCE)


◆動きやすい服装でご参加ください。

◆床でのストレッチも行います。

ヨガマットなどお持ちの方は、ご自由にご持参ください。

◆室内履き(スニーカーなど)をご持参ください。


横浜市技能文化会館

横浜市中区万代町2丁目4番地7

http://gibun.jp/access.html 


JR根岸線 [関内駅]南口から徒歩5分

横浜市営地下鉄ブルーライン [伊勢佐木長者町駅]出口2から徒歩3分

--------------------



運動不足の方、運動が苦手な方、ダンスなんてとてもとてもという方は集合してください。
入念なストレッチとリハビリ的ダンスレッスンで、全身がスッキリと活性化しますよ。






今日は「金沢文庫店」にいます。





記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭の言霊 226
  • 庭の言霊 226
  • 庭の言霊 226
  • 庭の言霊 226
  • 庭の言霊 226
  • 庭の言霊 225
  • 庭の言霊 225
  • 庭の言霊 225
  • H!nt de Pinto 108
  • 庭の言霊 224
  • 庭の言霊 224
  • 庭の言霊 224
  • 庭の言霊 223
  • 庭の言霊 223
  • 庭の言霊 223
  • 庭の言霊 223
  • 庭の言霊 223
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 庭の言霊 222
  • 庭の言霊 222
  • 庭の言霊 222
  • 庭の言霊 222
  • 庭の言霊 222
  • 庭の言霊 222
  • 庭の言霊 221
  • 庭の言霊 221
  • 庭の言霊 221
  • 庭の言霊 221
  • 庭の言霊 221
  • 家族の庭のつくり方 54
  • 家族の庭のつくり方 54
  • 家族の庭のつくり方 54
  • 家族の庭のつくり方 54
  • 家族の庭のつくり方 54
  • 家族の庭のつくり方 54
  • H!nt de Pinto 107
  • H!nt de Pinto 107
  • H!nt de Pinto 107
  • H!nt de Pinto 107
  • H!nt de Pinto 107
  • 庭の言霊 220
  • 庭の言霊 220
  • 庭の言霊 220
  • 庭の言霊 220
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 危惧は杞憂に終わるのだ
  • 庭の言霊 219
  • 庭の言霊 219
  • 庭の言霊 219
  • 庭の言霊 219
  • 庭の言霊 218
  • 庭の言霊 218
  • 庭の言霊 218
  • 庭の言霊 218
  • 庭の言霊 218
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の法則 64
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 庭の言霊 217
  • 家族の庭のつくり方 53
  • 家族の庭のつくり方 53
  • 家族の庭のつくり方 53
  • 家族の庭のつくり方 53
  • 家族の庭のつくり方 53
  • 家族の庭のつくり方 53
  • 庭の言霊 216
  • 庭の言霊 216
  • 庭の言霊 215
  • 庭の言霊 215
  • 庭の言霊 215
  • 庭の言霊 215
  • 庭の言霊 215
  • 庭の言霊 215
  • 庭の言霊 215
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 皇帝ダリア
  • 家族の庭のつくり方 52
  • 家族の庭のつくり方 52
  • 家族の庭のつくり方 52
  • 家族の庭のつくり方 52
  • 家族の庭のつくり方 52
  • 家族の庭のつくり方 52
  • 庭の言霊 214
  • 庭の言霊 214
  • 庭の言霊 214
  • ガーデンセラピー 133
  • ガーデンセラピー 133
  • ガーデンセラピー 133
  • ガーデンセラピー 133
  • ガーデンセラピー 133
  • 庭の言霊 213
  • 庭の言霊 213
  • 庭の言霊 213
  • 庭の言霊 213
  • 庭の言霊 212
  • 庭の言霊 212
  • 庭の言霊 212
  • 庭の言霊 212
  • 庭の言霊 212
  • 本日は晴天なり
  • 本日は晴天なり
  • 本日は晴天なり
  • 本日は晴天なり
  • 本日は晴天なり
  • 本日は晴天なり
  • 本日は晴天なり
  • 庭の言霊 211
  • 庭の言霊 211
  • 庭の言霊 211
  • 庭の言霊 211
  • 庭の言霊 211
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 穏やかな非日常
  • 家族の庭のつくり方 51
  • 家族の庭のつくり方 51
  • 家族の庭のつくり方 51
  • 家族の庭のつくり方 51
  • 家族の庭のつくり方 51
  • 家族の庭のつくり方 51
  • 庭の言霊 210
  • 庭の言霊 210
  • 庭の言霊 210
  • 庭の言霊 210
  • 庭の言霊 210
  • 庭の言霊 210
  • 庭の言霊 209
  • 庭の言霊 209
  • 庭の言霊 209
  • 庭の言霊 209
  • 庭の言霊 209
  • 庭の言霊 209
  • 庭の言霊 209
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 家族の庭のつくり方 50
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ