庭のことだま

葵立つ。

雨にアジサイ、晴れ間にはタチアオイ。
両者とも梅雨明けまでのお楽しみ。
降ったり晴れたりの劇的な季節が始まりました。 



DSC047312

DSC05151

DSC05159
 
DSC05156

DSC051642





今日は「港南台店」にいます。





 

庭のことだま

Resilience しなやかな復元。

弾力、柔軟、楽観、ユーモア、穏やかさ、静寂、微笑み、願い、祈り。
上善如水。



アメンボキッズが奏でるセレナーデ。

DSC04707

DSC04714

DSC04719

DSC04710

DSC035682

足が痺れるまでしゃがんで見つめた散歩道。
レジリエンスにチューニング完了。





今日は娘の結婚式。
女房はやけに張り切って、自分が主人公かのように準備に余念なし。
ぼくは「考えても仕方のないことは考えない」という幸福セオリーに従い、意識的に思考から追いやり仕事に集中する日々でした。
さて本番の朝。今日は、しっかりと、考えます。



 



長いいち日になりそうです。





 
 

庭のことだま

口を閉じて、策を練るのだ。

600万年前のアフリカ大陸、地殻と気候の変動によってサンブルピテクスという猿の社会で分断が起こりました。食料豊富で安全な森から、サーベルタイガーがうろつく危険で過酷な草原へと追いやられた一派は後にヒトに進化し、森に安住を続けた者たちはチンパンジーになりました。どちらが幸運だったかは別として、苦難が進化を促進させたのは間違いのないことです。 
社会にしろ家庭にしろ職場にしろ、その苦境に生きがいを見出すことが進化を生み出します。 



チェリーセージは夫婦のよう。

DSC04701

DSC04690

きみ、とにかく結婚したまえ。良妻を得れば幸せになれるし、悪妻なら哲学者になれる。
ソクラテス

DSC04697

2021b4c5-s

結婚はお互いの魂磨き。
吉本由美

DSC04694

DSC04698

恋愛は大いなる誤解であり、結婚は惨憺たる理解である。
詠み人知らず

c47ca6db-s

DSC05868

理解深まる初夏の庭。




今話題のチバニアンは50万年前、人類が火を使い始めた頃のことです。サルがヒトになったのは600万年前。恐竜時代のジュラ紀は1億5000万年前。生物の種類が出揃ったのが5億年前のカンブリア紀。オスとメスというシステムが生まれたのは、さらに遡って20億年前。
夫婦とは、20億年続く悩み。
20億年存在し続ける課題なのですから、そこに大きな意味が秘められているのは間違いなさそうです。 





今日は「港南台店」にいます。




  

庭のことだま

穏やかに歩き出す。

お前が握りこぶしで始めたことは続いたためしがない。むかし、父によく言われた言葉です。
確かにそうで、なんとなく、さりげなく、ゆるりと始めたことだけが何年も継続できています。



横浜は静かな曇り空の梅雨入り宣言となりました。
今年こそは、昭和時代のような
しとしとと降り続く、
梅雨らしい梅雨となりますように。 

 
DSC04958

DSC04947

DSC04505

DSC04528

DSC04940





事を成すにはふたつの方法がある。
激しく突き進むか、静かに滴り続けるか。




マイルスのスペシャルなアルバム。
いつまでも止まない雨音のように
抑制された激情。

前のめりに加速しがちな時に聴いています。 




 

庭のことだま

やさしく手渡す術。

豪速球だと受け取れず、ゴロだと小石でコースがそれてしまう。両手を添えてやさしく手渡そうと心がけても、思いが高まるとついつい投げたり突き付けたり。
コミュニケーション術とは手渡し方のこと。投球フォームを磨くより、笑顔で近づいてゆくことが大事です。
子育ても、介護も、仕事も、夫婦も。



ヤマザクラのさくらんぼ。

DSC04782

10ミリに満たない直径は、
小鳥が丸呑みして
種を遠くまで運んでくれるように。

DSC04777

この手法は群生ではなく、
山谷に広く点在しようとする生存戦略です。

DSC04776





たいがいのお客様が、ぼくが投げる直球をパシッ!と捕ってくれるので、その勢いのままにとても気持ちよく庭が出来上がってゆきます。
でもそうばかりではないわけで、やはりもっとやさしく手渡す術も身につけなければなりません。
ひとりでも多くの人に、この思いを受け取っていただきたいので。





今日は「港南台店」にいます。







 

庭のことだま

年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず。

あなたが知らないご先祖様も、同じその花に見入って暮らしました。
猿が花に興味を持って人になってから、どれだけの花に心揺らしたエピソードによって今の自分が存在しているのかと思えば、ぼくらの代で庭をつまらない場所にして、カーテンを閉めて暮らすというのはあまりに悲しい結末。
庭を楽しむことは、仏壇に手を合わせるのと同じ意味も持っています。



キンシバイは夏の近さを知らせてくれる花。
江戸時代に大人気となり、日本中に広まりました。


DSC05052

DSC05049

DSC04702

キンシバイ

DSC05058
 
ちなみに草ではなくて木(灌木類)です。
とても丈夫ですから、
一株植えておくとあなたよりも長生きをして、
毎年梅雨入り前の庭を彩ってくれますよ。





今日は「港南台店」にいます。 


 



 

家族の庭くり方 80

収穫する

野菜や果樹を育てましょう。



2355c852

57120226

391afac6

aaf9a03e

6818b6cc



収穫は庭の大きなお楽しみ。



34875010

f364a2c7

73144281

86829c44

b45a5794



二千四百年前(弥生時代)から今日まで、日本人はそのよろこびを家族で分かち合いながら暮らしてきました。





今日は「金沢文庫店」にいます。





 

庭の法則 74

『庭の法則 74』
 
元気づければ元気になる。


疲れたり気が滅入っている時に自然は癒しを与えてくれますが、庭はそうとは限りません。疲れたあなたと同じく庭も疲れている可能性が大きいからです。
その場合は庭の方を先に元気づけてみてください。作業が終わるとあなたは元気になっています。



ハナミズキは春に、ヤマボウシは初夏に咲く。

DSC05014

DSC05009

DSC05031

DSC05034

DSC05022

DSC05043

夏に向かってパワー全開な姿に、
清々しくチャージされた朝。





今日は「レノンの庭」にいます。




  

ガーデンセラピー 140

『直視する』

よく「荒れた庭を見ると気が滅入るのでカーテンを開けなくなった」というケースがあります。



直視すれば、変貌する。

門馬邸 Before

門馬邸Before


After

門馬邸After



理想から逃げ続け、ついに逃げ切ることはできます。
それはさしてめずらしくもない人生模様。




赤澤邸 Before

赤澤邸Before


After


赤澤邸After



事態を打開するには問題から目を背けないこと。現状を見据えて、その条件下での最善を選んで行動しない限り、五年経っても十年経ってもカーテンは閉まったままです。



今福邸 Before

今福邸Before


After

今福邸After



課題から逃げ腰だと追われ続けるだけ。
まずは理想と現実の違いを直視することから始めましょう。





ぼくは夜の庭で、過去、現在、未来の三人の自分を直視することを習慣としています(もう六年と二ヶ月半)。過去は歪、現在は未熟、故に未来の自分には可能性だらけです。

思い起こせば、そのきっかけとなった文章がありました。


卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。

 

諸君らの研鑽の結果が、卒業の時を迎えた。その努力に、本校教職員を代表して心より祝意を述べる。
また、今日までの諸君らを支えてくれた多くの人々に、生徒諸君とともに感謝を申し上げる。

とりわけ、強く、大きく、本校の教育を支えてくれた保護者の皆さんに、祝意を申し上げるとともに、心からの御礼を申し上げたい。
未来に向かう晴れやかなこの時に、諸君に向かって小さなメッセージを残しておきたい。
このメッセージに、2週間前、「時に海を見よ」題し、配布予定の学校便りにも掲載した。その時私の脳裏に浮かんだ海は、真っ青な大海原であった。しかし、今、私の目に浮かぶのは、津波になって荒れ狂い、濁流と化し、数多の人命を奪い、憎んでも憎みきれない憎悪と嫌悪の海である。これから述べることは、あまりに甘く現実と離れた浪漫的まやかしに思えるかもしれない。私は躊躇した。しかし、私は今繰り広げられる悲惨な現実を前にして、どうしても以下のことを述べておきたいと思う。私はこのささやかなメッセージを続けることにした。
諸君らのほとんどは、大学に進学する。大学で学ぶとは、又、大学の場にあって、諸君がその時を得るということはいかなることか。大学に行くことは、他の道を行くことといかなる相違があるのか。大学での青春とは、如何なることなのか。
大学に行くことは学ぶためであるという。そうか。学ぶことは一生のことである。いかなる状況にあっても、学ぶことに終わりはない。一生涯辞書を引き続けろ。新たなる知識を常に学べ。知ることに終わりはなく、知識に不動なるものはない。
大学だけが学ぶところではない。日本では、大学進学率は極めて高い水準にあるかもしれない。しかし、地球全体の視野で考えるならば、大学に行くものはまだ少数である。大学は、学ぶために行くと広言することの背後には、学ぶことに特権意識を持つ者の驕りがあるといってもいい。
多くの友人を得るために、大学に行くと云う者がいる。そうか。友人を得るためなら、このまま社会人になることのほうが近道かもしれない。どの社会にあろうとも、よき友人はできる。大学で得る友人が、すぐれたものであるなどといった保証はどこにもない。そんな思い上がりは捨てるべきだ。
楽しむために大学に行くという者がいる。エンジョイするために大学に行くと高言する者がいる。これほど鼻持ちならない言葉もない。ふざけるな。今この現実の前に真摯であれ。
君らを待つ大学での時間とは、いかなる時間なのか。
学ぶことでも、友人を得ることでも、楽しむためでもないとしたら、何のために大学に行くのか。
誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。
大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。
言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。
中学・高校時代、君らに時間を制御する自由はなかった。遅刻・欠席は学校という名の下で管理された。又、それは保護者の下で管理されていた。諸君は管理されていたのだ。
大学を出て、就職したとしても、その構図は変わりない。無断欠席など、会社で許されるはずがない。高校時代も、又会社に勤めても時間を管理するのは、自分ではなく他者なのだ。それは、家庭を持っても変わらない。愛する人を持っても、それは変わらない。愛する人は、愛している人の時間を管理する。
大学という青春の時間は、時間を自分が管理できる煌めきの時なのだ。
池袋行きの電車に乗ったとしよう。諸君の脳裏に波の音が聞こえた時、君は途中下車して海に行けるのだ。高校時代、そんなことは許されていない。働いてもそんなことは出来ない。家庭を持ってもそんなことは出来ない。
「今日ひとりで海を見てきたよ。」
そんなことを私は妻や子供の前で言えない。大学での友人ならば、黙って頷いてくれるに違いない。
悲惨な現実を前にしても云おう。波の音は、さざ波のような調べでないかもしれない。荒れ狂う鉛色の波の音かもしれない。
時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか、海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。
いかなる困難に出会おうとも、自己を直視すること以外に道はない。
いかに悲しみの涙の淵に沈もうとも、それを直視することの他に我々にすべはない。
海を見つめ、大海に出よ。嵐にたけり狂っていても海に出よ。
真っ正直に生きよ。くそまじめな男になれ。一途な男になれ。貧しさを恐れるな。男たちよ、船出の時が来たのだ。思い出に沈殿するな。未来に向かえ。別れのカウントダウンが始まった。忘れようとしても忘れえぬであろう大震災の時のこの卒業の時を忘れるな。
鎮魂の黒き喪章を胸に、今は真っ白の帆を上げる時なのだ。愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。
教職員一同とともに、諸君等のために真理への船出に高らかに銅鑼を鳴らそう。
「真理はあなたたちを自由にする」(Η ΑΛΗΘΕΙΑ ΕΛΕΥΘΕΡΩΣΕΙ ΥΜΑΣ ヘー アレーテイア エレウテローセイ ヒュマース)・ヨハネによる福音書8:32

 

一言付言する。
歴史上かってない惨状が今も日本列島の多くの地域に存在する。あまりに痛ましい状況である。祝意を避けるべきではないかという意見もあろう。だが私は、今この時だからこそ、諸君を未来に送り出したいとも思う。惨状を目の当たりにして、私は思う。自然とは何か。自然との共存とは何か。文明の進歩とは何か。原子力発電所の事故には、科学の進歩とは何かを痛烈に思う。原子力発電所の危険が叫ばれたとき、私がいかなる行動をしたか、悔恨の思いも浮かぶ。救援隊も続々被災地に行っている。いち早く、中国・韓国の隣人がやってきた。アメリカ軍は三陸沖に空母を派遣し、ヘリポートの基地を提供し、ロシアは天然ガスの供給を提示した。窮状を抱えたニュージーランドからも支援が来た。世界の各国から多くの救援が来ている。地球人とはなにか。地球上に共に生きるということは何か。そのことを考える。
泥の海から、救い出された赤子を抱き、立ち尽くす母の姿があった。行方不明の母を呼び、泣き叫ぶ少女の姿がテレビに映る。家族のために生きようとしたと語る父の姿もテレビにあった。今この時こそ親子の絆とは何か、命とは何かを直視して問うべきなのだ。
今ここで高校を卒業できることの重みを深く共に考えよう。そして、被災地にあって、命そのものに対峙して、生きることに懸命の力を振り絞る友人たちのために、声を上げよう。共に共にいまここに私たちがいることを。
被災された多くの方々に心からの哀悼の意を表するととともに、この悲しみを胸に我々は新たなる旅立ちを誓っていきたい。
巣立ちゆく立教の若き健児よ。日本復興の先兵となれ。
本校校舎玄関前に、震災にあった人々へのための義捐金の箱を設けた。(3月31日10時からに予定されているチャペルでの卒業礼拝でも献金をお願いする)
被災者の人々への援助をお願いしたい。もとより、ささやかな一助足らんとするものであるが、悲しみを希望に変える今日という日を忘れぬためである。卒業生一同として、被災地に送らせていただきたい。
梅花春雨に涙す2011年弥生15日。

 

立教新座中学・高等学校

校長 渡辺憲司






今日は「金沢文庫店」にいます。

真っ正直に、くそまじめに、一途に、真っ白の帆を上げて。





 

H!nt de Pinto 122

賑やかに咲き急ぐ者たちの儚さよ。



じっくりと根を張り仲間を増やし、
踏まれても平気な強い茎を伸ばし、
葉を茂らせ存分に光合成をしてから、
お目当の虫だけが気づくように
最低限の花を咲かす。
雑草の静かな周到さたるや。

DSC01560



バテないコツは疲れる前に休むこと。



DSC05457



つまずかないコツは足元を見て進むこと。



DSC08117



速度を上げるコツはゲーム感覚で歩くこと。



DSC07764



道に迷わないコツは現在地と目的地を把握すること。




DSC04801



「何のために」という命題。
「いかにして」という難題。
「今日」という課題。
悪魔のように細心に、天使のように大胆に、雑草のようにしたたかに。





今日は「金沢文庫店」にいます。




 

庭のことだま

あらゆる生物が自然に即している

300万年前のルーシー(アファール猿人)からあなたに至るまで、自然に背を向けたままで幸せになった者はひとりもいませんでした。
高気密空調ボックス的な家で暮らす今、庭の意味は重大です。



初々しいアジサイに見入って
血圧が正常値まで下がった朝。

DSC04678

DSC04684

DSC04687

DSC04682

目からの刺激で
血流が整ってゆくということは
確かにある。





6月が始まりました。今年こそは、しとしとと梅雨らしい梅雨になりますように。

今日は「港南台店」にいます。



 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ