家康ダリア

早朝、現場へ向かう道すがら、農家みたいな風情の庭の木陰に隠れるようにしているのを見つけました。コウテイダリア、今年お初です。



DSC07171 2



動乱の嵐に巻かれて孤高の皇帝たちが次々倒れ行く中、したたかに、寄らば大樹で生き残り、ここぞとばかりに咲き誇る姿麗し。



DSC07168



家康的だなあ。
家康が有名な健康オタクだった訳は、五歳年上の秀吉よりも長生きすることに天下取りの目を見出していたからだと言われています。意識がその一点に向かっていたから戦仕事を無難にこなしつつ、織田が餅をつきは羽柴がこねている間、不条理な扱いにもカッカすることなく耐えてその時を待った。ついに秀吉がこの世を去るや一気呵成に関ヶ原で勝利し、大坂夏の陣・冬の陣で豊臣家の息の根を止め天下人に。さらにその後264年も続く天下泰平の基礎を築き上げてから人生を終えました。



DSC07170



人の一生は重き荷を背負いて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。しかしただ忍耐していたのではなく、狸親父とあだ名されたように大樹の影に身を置きつつも、時には人が変わったように先陣を切って見せ、かと思えばのらりくらりと時間を稼いだりと、その都度都度の虚心坦懐な分析力とポジショニングのうまさが光る人だったのであります。



DSC01383



そんなことを思いながら道路から見上げてパシャパシャ撮っていたら、パジャマ姿の家人が庭から声をかけてきました。一瞬、盗撮をとがめられるのかと思いきやさにあらず、奇跡のリンゴの木村秋則氏のような笑顔にほっと一安心。

あんたあ、なんだい花撮ってんのかい。

ええ、見事ですねえ。

何本も伸びてたんだけんど、こいつが一本だけ残ったんだ。ひどかったねえ今年の台風は。庭がめちゃめちゃだったよ。倒れた奴らは刻んで転がしといた、ほら、節から根が出るじゃんか。来年は全部に支柱して盛大に咲かすから見に来なよ。

ありがとうございます。楽しみにしています。

おーいばあさん、来てみなあ。この人花撮ってんだてさあ。

はいはいと遠くから聞こえたが出てはこない。きっと朝げの支度で話好きな亭主などかまっていられないのでしょう。

お茶でも飲んでくかい?

いやいや先を急ぎますので。

そうかい、忙しんだ。いつでも寄んなよ、こっちゃあ暇で暇で庭いじりばっかやってっからさ。野菜もやってるし、春んなったら菜の花だらけでそん次はバラだらけ。ばあさんが花が好きでね、よろこぶんだよ。

江戸っ子みたいな浜っ子じいさん。花きっかけで始まる会話は気分が上がります。いい感じいい感じ、ぼくも暇で暇でと言いながらせっせと庭に出る暮らしをしてみたいものです。さながら男版ターシャみたいに。
そのためには広大な庭が必要。それと庭の野菜で朝げの支度をしてくれるばあさんが。
・・・時を待つか。





 

闘争と逃走のエチカ

一昨日「忙しい時こそお散歩を」ということを書きました。それはバランス調整という意味で。
ところがだんだんお散歩だけでは仕事と反対側の分銅が足らなくなってきて、昨日、設計のお礼にとお客様から頂戴して大事に取ってあったクーポン券を使い、前々から欲しかった本を7冊まとめ買い。これははたして良いことなのか、あるいは現実逃避という、いけないルージュの魔法の誘惑に乗ってしまったことなのか。もしかしたら期末テストの前になると、勉強以前に無性に部屋の掃除をしたくなるアレかもしれません。いつも教科書まではたどり着かず、されど掃除をし終えた達成感と爽快感でけっこう上機嫌になってテストに向かう体たらく。まあ気分がよくなるんだから悪いことじゃないですよね。忙しい人ほど本を読むと申しますし、気分がいいこと以上にいいことはないわけですから。
とはいうものの、さて、読みたい誘惑で気が散りそうな・・・いやいや、読みたくてウズウズする本が手元にあることによるニンジン効果で設計がはかどるのです。とは・とはいうものの今にも天秤が本側に傾げそうで・・・。とは・とは・とはいうものの、夜の庭時間までグッとこらえて。



逃げろっ!

f6c628dc

9a4f5eae

912600d8

2891b88e

逃げ続けなければ生きていけない。
優しくなければ生きている資格がない。



ポールもウィングス時代からずっと「俺たちは逃げまくる」と歌い続けています、世界中のコンサートで毎回必ず。きっとそれがポールにとって欠かすことのできないエチカ(論理・哲学)なのでしょう。それは逃走ではなく熱き革命分子の闘争。変革は混迷の現状を打破することから、現在の殻を突き破って突っ走ることから始まるのです。
かつてインタビューで、ジョンは「生まれ変わったらエルヴィス・プレスリーになりたい」と言い、ポールは「バッハの左手になりたい」と言いました。左手と限定したのはサウスポーだったポールが音楽を学ぶ上で、ひどく不自由を感じていた時に聴いたバッハの概念に感動し、救われたから(やはりサウスポーの坂本龍一も、バッハとの出会いで同じ経験をしたそうです)。ピアノを筆頭に楽器の多くは右利き用にできていて、作曲のセオリーも同じく右利き、右手でメロディーを、左手で和音をというのが彼の周囲にある楽曲のスタンダードでごく当たり前の組み立て方でした。しかしJ・S・バッハだけは違った。左右に優劣をつけることでは成し得ない、右翼も左翼も総動員させた音の理想社会を奏でていたのです。これこそが、平均律の確立と並んでバッハが成し遂げた偉大な革命でした。





四方を壁に囲まれた牢獄に送り込まれて
気の遠くなる歳月が過ぎた
誰にも会うことができないってどんな気持か
想像できるだろうか
もう再び会えないのかもしれない
いとしい君にも ああ 母さんにもって思うことが

もしここを出ることができるなら
俺の持ってるものの何もかもを
慈善団体に寄付したっていいと思っている
俺には酒がたった一杯だけあればいいんだ
もしもここを抜け出せたらね

やっとの思いで牢獄から外に出たら
チッなんてこった
アマテラスは隠れて土砂降りになっちまった
でも先頭のヤツがびしょ濡れで次の仲間に言う
なあ、最高の気分だな!って

俺たちバンドは逃げる
俺たちバンドは逃げまわる
看守や船乗りのサムは
脱獄した俺たちを探しまわっているようだ
俺たちバンドは逃げる
俺たちバンドは逃げまくる

俺たちは指名手配中
葬儀屋は大きなため息だ
誰も来ねえし姿も見えねえって
村の広場ではけたたましく半鐘を鳴らして
俺たちうさぎの逃走劇を知らせている

俺たちバンドは逃げる
俺たちバンドは逃げまわる
看守や船乗りのサムは血相を変えて
脱獄した俺たちを探しまわっているぜ
俺たちバンドは逃げる
俺たちバンドは逃げまくる
 
俺たちバンドは逃走中
逃げおおせた頃には夜が更けた
街じゃあちこちを探しまわっているだろうが
俺たちは見つかりやしないぜ
俺たちバンドは逃げる
俺たちバンドは逃げおおすよ
俺たちを捕まえられずに
州の裁判官もさぞかしきやしがっているだろう
そしてきっと言うよ
やつらを必ず探し出せってね
俺たちバンドは逃げる
俺たちバンドは逃げまくる
俺たちバンドは逃走中
捕まってたまるもんか



ちなみに今回の闘争的逃走先は次の7箇所。
「戯れの魔王/篠原勝之」「天才/石原裕次郎」「わたしを離さないで/カズオ・イシグロ」「ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン 上・中・下」「ロング・グッドバイ/レイモンド・チャンドラー(訳:村上春樹)」。七つのアジトを転々としながら七つの顔を持つ男となって年を越す。
ふっ、カダフィーみたいなドジは踏まねえ。でもとうとうエントロピーの追っ手に捕まっちまった時のセリフは決めている。無粋にも、コーヒー色の美女たちとマリファナをやっている最中に押し入ってきた、親米バチスタ軍の兵士に取り囲まれたゲバラの辞世を、そのままパクるのだ。「俺だ俺だ、チェ・ゲバラだ。殺すな殺すな、殺したらもったいないぞ」と。そして真珠の涙を落とす美女の腕の中、虫の息でこう続ける。「さよならは別れの言葉じゃなくて、再び会うまでの遠い約束。それまで、ロング・グッバイ。右向いて左向いてバイちゃバイちゃ」ってね。





 
 

庭のつれづれ

今日から師走。師も走るくらいだから徒は全速力で突っ走る。



光が澄み渡る季節到来。

DSC07185

DSC07215 2

DSC07192

DSC00632

DSC03370



58回目の冬が美しい日々となりますように。20,548回目のいち日を澄んだ気持ちで過ごせますように。
ここ数日間、お客様が予想もしていないほどの、もしかしたらやや重めとも思える想いを込めて思い描いたまほろばの庭を花束にして、101回目のプロポーズの気概を胸に、いざ。いいんだなあ、この清々しい気合い。これもわが家の庭のに、ぼく以上にお忙しい女房殿が、寸暇を惜しんで次々と花を植えてくださるこ利益です。花の種類と色選びから彼女の心根の心音が奏でられるようで、こんなこと言うのもどうかと思いながら、やっぱええ女や、などと、朝に夕に眺めています。
北風吹き抜く寒い朝も、心ひとつで暖かくなる。
庭のご利益は、そこに込められた思いのご利益なのです。




 

庭のつれづれ

高速安定走行で。

いやはや今年もあとひと月、実働時間は20日あまり。早朝よりあくせくとアクセルを踏み込み仕事場へ。
年内にという予定のいくつかを果たせぬままになりそうです。誠に申し訳ありません。珍種は陳謝いたします。とにかく、兎に角、とやかく言わずにひとつずつを順番に、心を込めて設計いたします故どうかお許しくださいませ。



急ぐ時こそカメラ片手に
寄り道・脇道・回り道。

DSC07199 2

DSC07203

DSC07198

DSC07188

緩急自在で急がば回れ。
身体のエンジンオイル交換と、
心のホイールバランス調整を。 


あたふたと焦って暴れる気持ちをバックからスリーパーホールドして、ハンドルさばきは冷静かつ丁寧に、スローインクイックアウトを心がけながら力むことなくテケテケテケと、軽やかに駆け抜けるイメージで。
急いては事を仕損じると申します。あなた様も事故りませぬよう、除夜の鐘まで高速安定走行でまいりましょう。







 

まほろば

カメラを持つ手がかじかむ季節となりました。あの異様な猛暑も、異常な動きの台風も実感を失いはるか昔の物語。散歩の道すがら、澄んだ空気のひだまりに思うは白鳥になった男の言葉なり。
大和の国はまほろば。



ふた月前、天空の暴れん坊
スサノオの草薙剣によって倒されたコスモス、
しぶとく起き上がり、咲く。

DSC07002 2
 
アマテラスに見守られ、美しい往生際。 



ああ、なんということか。あんなにひどい目にあったのに、タケルさん、やるだけやったという清々しさがあの言葉になったのでしょうか。 「ま」は真に、「ほ」は素晴らしき、「ろ」は場所を表す接尾語で、「ば」は場所。



DSC07007



スサノオが封印していた三種の神器のひとつ、草薙の剣があなたに受け継がれたことは何を意味していたのか、などとつらつらと。



DSC07005



あなたは最後の最後に得た白い翼でどこに翔んで行ったのでしょう。今はどこの空を羽ばたいてるのでしょうか。もしかして、時々上空からぼくんちの庭を見下ろしているのでは?もしそうならうれしいなと都合よく妄想しつつ。



DSC07006



折りしも今日は藤沢の高台に新築を果たした、とっても素敵な若夫婦の庭を設計すべく現地を測量に行く予定なりせば、あなた様を祀っている御嶽大神に立ち寄りますので、もしよろしければ、しばしぼくの相も変わらぬ、愛も変わらぬ繰言にお付き合いいただければと。あといくつ生み出せるかは定かでないながら、往生際まで「まほろばの庭」を追い続ける決心もお伝えしておきたいので。
それとですね、ご報告。あなた、草薙剣を貴乃花に渡したでしょ。おかげで彼はクマソ征伐の頃のあなたのように鬼神の働きで大横綱となり、引退後は、帰郷してすぐさま苦難の遠征に追いやられたあなたと同じく辛い日々を過ごしました。でもどうやら、剣を捨てたようです。最後の戦に向かう時あなたが剣を姫に預け、丸腰で出かけて行ったよいうに。彼に長らくまとわりついていたやヤマタノオロチの怨念が解けたような、憑き物が落ちたような、小学生以来の屈託のない自然な笑顔を見ながら、白鳥に姿を変えて遥かに飛んで行ったあなたの心境を思っています。
ところでタケル様、あの剣、次は誰にお授けになるおつもりで?進次郎?海老蔵?イヤイヤ奴らにはもはや必要ないでしょう。できうれば才能に溺れて溺死しかけた者たちへ。清原、アスカ、・・・あるいは私めに。え、お前じゃダメだ。はは、そうですよね。でもまほろばの庭を世に広めるためなら「我に七難八苦を与え給え」と山中鹿介の気概です。先日、天孫降臨の地で起こったあの悲劇だって、もしもそこに庭が存在していたなら、日々夫婦で語らい、家族で集い、自然を感じ、アマテラスの祝福によって心身を健やかな自然体へと調整してくれる、そんな庭があったなら起こり得なかったと、ぼくはそう思っているのです。 
では後ほど、御嶽大神にて。  

 

 

家族の庭のつくり方 58

野菜を植える

弥生時代から昭和初期まで、日本人の9割が野菜を育てながら暮らしていました。スーパーで何でも手に入るようになった今でも都会を離れれば庭 ≒ 畑で、それは自然から糧を得ることで、自然とズレて酷い目にあわないために、日々自然に歩調を合わせるというお作法のようなものなのでしょう。



cc514eba

14ca6845

d3fc5fb8

78fb044f



野菜作りは暮らしの基本。



c45db99a

5094923d-s

945ce51b-s

6818b6cc



家庭菜園をやってみると獲れたての味に感動します。うちではこれまで、モロヘイヤ、オクラ、ミニトマト、レタス、ケールなどを収穫してきました。どれも簡単で、プランターでも栽培可能ですからベランダーの方もお試しください。
お客様から苗を頂戴して始めたケールの味は素晴らしいものでした。バナナなどとジューサーにかけたり、塩炒めにすればキャベツを濃厚にしたような味わいを楽しめますよ。





檸檬

桃栗三年柿八年。では、レモンは?

ひとつふたつ実ががぶら下がっている苗木を買って植えたが、何年経っても実がつかないという相談がありました。これ、よくあることで、苗木に実がぶら下がっているのは売るための農家のテクニックでありまして、来年から・・・とワクワクしながら庭に植えても実はつかず、木が背丈以上に育って成熟するまで収穫は無理なのです。だから実を楽しもうと思ったら3~5年待つか、最初から大きく成長したものを植えてください。




4ddf8999



背丈以上になっているのに実が生らない場合は日照不足(花が咲かない)、肥料のやり過ぎ(枝葉が伸びるばかりでいつまでも育ち盛り子供のままみたいな状態のため、子孫を残すマインドが始まらない)、こまめに枝を切りすぎ(花芽が切り飛ばされている)などが考えられます。



0559cf75



みかん農家はプロなので年間を通して上手に手入れをし何度か肥料をやり収量を上げますが、一般的にはあまり手をかけずに、収穫後に感謝を込めて、少しだけ果樹用に配合された遅効性肥料(お礼肥と言います)を埋めるだけであとは放置するのがいいようです。子育てと同じで、かまい過ぎ、いじくり過ぎは良い結果を生まないのです。



DSC00306



旦那育ても同じで、せっせと世話を焼いてパッチンパッチン剪定し過ぎると、せっかくの花芽を損ないますので要注意。それ咲けやれ咲け、もっと実をつけなさい!とばかりに尻を叩けば、せっかくついた実が太る前にポロポロ落ちてしまうし、ましてや「早く芽をだせ柿の種、出さぬとハサミでちょんぎるぞ」などと責め立てたら、夜中に足が生えてよその庭に逃げ出すかもしれませんぞおー。



36ab53b1



柑橘類全般、他にはカキ、カリン、クリ、アンズ、スモモなどの果樹は日当たりの良い場所に植え、収穫後にご褒美の肥料をあげて、あとは基本的に放置しとくのが得策かと。お知り合いを観察してみてください、うまくいってる夫婦って、だいたいこのパターンですから。




 

庭の法則

庭が整うと上向く。

庭が整うと、パアッと花が咲いたように気持ちが上向きます。気持ちが上向けば運気上昇間違いなし。


進化の都合で下向きに咲いているシクラメンは、
傍目には上向いているように見せている。
こういう姿勢も大事だなあ。

76d75191

609b829c

1fee88ff

3b2d631e



庭、どうなってます?そろそろ冬バージョンに衣替えを。





 

家族の庭のつくり方 57

ハーブを植える

ハーブ類は枯れ地や過酷な環境での生き残りのために、独自の味や香りやアルカロイド(植物が窮地を脱するために知恵を絞ってつくり出した毒物であるカフェイン、ニコチン、コカイン、カプサイシンなどのことで、なぜか人間にはしばしば快楽をもたらし薬用効果がある)を使ってその類稀なる個性を身につけたものが多い、言わばド根性で代をつないできた雑草なので、どれもほぼ放ったらかしで旺盛に育ちます。



アメジストセージ

アメジストセージ


タイム

タイム


ディル

ディル


スイートバジル

スイートバジル



草の力を暮らしに活かす。



ローズマリー

ローズマリー


パセリ

パセリ


スペアミント

スペアミント


シソ

シソ



食用、薬用、精神に働きかけるアロマセラピーなど、脱法ハーブではなく雑草ハーブを使ってロハスライフを。

昭和時代、ハーブはちょっとおしゃれなセレブリティーのものと思われていたものですがさにあらず、日本でも海外でもそれらの風変わりな雑草は、田舎暮らしには欠かせない植物として重宝されていたのです。ぼくと同じ田舎者の皆様、東京砂漠やコンクリートジャングルの都会暮らしに疲弊した時にはぜひご活用を。
例えば庭の手入れで切り詰めたラベンダーをカゴに入れ、リビングに置いておくだけでなんとゴージャスな空気になれることかを得られることか。


5e70d10a



乾燥してパリパリになったら洗濯ネットに移し湯船に浮かべれば、これまた癒し効果抜群。バリ島のウブドかプロヴァンスのリゾートホテルにいる気分を味わえますよ。


 

 

庭のことだま

好きこそ物の上手なれ。

子どもの頃「好き嫌いはいけません」って言われたけど、「好き」はいいんじゃないですかねえ。ぼくなんか好き勝手でいち日を塗りつぶすみたいにして暮らしているわけで、それでなんとかなってるし、逆に嫌いなことを強いられた時にピンチになったりして。いんじゃないかなあ、好きなことだけ本気でやってれば。

これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。

あるいは、目の前のことを本気で好きになれば。



円海山の瀬上池上流に
ほとんど塩害の形跡がない一帯を発見。

DSC02226

宝のありかを見つけた気分です。

DSC02273

これで今年も紅葉が写せます。

DSC01897

写真好き、散歩好き、葉っぱ好きの
効用にして高揚する紅葉。

DSC02219

冬が来る前に、もう一度あの人と、
いやいや何度も通うことになりそう。




 

庭のことだま

小さな感動を積み重ねよ。

幸せホルモン「セロトニン」の出し方は、1、毎日決まった時間に朝日を浴びる。2、腸にいい食事を心がける。3、歩く。そして4、小さな感動を繰り返す。
1〜3はすぐに実行できますよね。では4は・・・。これもクセづけと言いますか、例えば食事をするたびに「うまかったー!」と口に出す。ひと仕事終えたら「頑張ったー!」、花を見つけたら寄っていって「きっれー!」、女房の顔を見たら「〇〇ー!」と歓声あるいは驚愕の声をあげる。これをね、ぼく、実践してんですよ。会う人会う人にも感動の種を見つけようと思っていれば笑顔になって話が弾み、ブログネタも採取できるし、設計のヒントもそういう小さな感動の中から得てきたものです。
日照時間が短くなり、寒さで心身が縮こまりがちなこの時期、朝日、食事、運動、感動でセロトニンをドバドバ出して好調維持を。



小さな感動4種盛り。

DSC07128 2

カメラを持ち歩くと感動体質になりやすい。

DSC07015

露出と構図を決め、ピントを合わせて、
心が動いた瞬間に柔らかくシャッターを押す。

DSC02419

調子が落ちると枚数が減るので
 セロトニン量のチェックにもなります。

DSC07685

 

漠然と「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンにはどんな作用があるのかと申しますと、思考を前向きにし、集中力を高め、発想を豊かにする。ちなみに9割以上は小腸にあって消化を助けることが基本業務、脳に達して思考をポジティブにするのはたった2%だそうです。ということは、腸内環境が崩れると一気にマイナス志向になる可能性がありますから、くれぐれも食事に気をつけてくださいね。乳製品、赤身の魚と肉、発酵食品、食物繊維をバランスよく。あと、食後には「うまかったー!」と。





 
記事検索
ギャラリー
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • まほろば
  • まほろば
  • まほろば
  • まほろば
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 天蓋の空
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ