Flower Children

その昔、ベトナム戦争が泥沼化していった頃のこと、アメリカに「フラワー・チルドレン」と呼ばれる若者たちが出現しました。「武器よりも花を」というメッセージがたちまち広がり、彼らは花柄のサイケプリントを身にまとい、マリファナを吸って穏やかに笑い、叫ぶのではなく歌い、スイングジャズに鼓舞されながら戦場へと向かう兵士たちに LOVE & PEACE を体現して見せたのです。



フヨウの花。
室町時代から庭で楽しまれてきたそうです。


DSC08004



金さんちが6回目の核実験をやったと顔をしかめる大国は、かつて1032回の核実験を行い7000発の核弾頭を持ち、実際にその武器を使用した唯一の国。・・・さてぼくたちは、お隣さんのボクちゃんが騒がしくても、ご近所トラブルが賑やかになっても、自分の庭を花いっぱいにしておくことが最優先。幸せとは腕力や駆け引きで勝ち取るものではなくそばにいる人を笑顔にすること、そのために花を植えて育てること。



人が繰り広げる幾多の戦さを目撃しつつ、
それが何か?と
眉一つ動かさずに咲いてきた花。


DSC08005



幸いにして今のところ眼中にはなさそうな日本が花の列島となり、そのムーブメントが半島へと伝わる、というシナリオはいかがでしょう。



平和を維持するための最良にして唯一の方法は、
自分が平和でいること。


DSC07466



フラワー・チルドレンだった人たちは現在60代。かろうじてその頃の空気を知っている、ぼくら50代に出番が回ってきたような気もします。とは言っても、ただ庭に花を植えて、不幸を寄せ付けない分厚い幸せを実現してみせる、というだけのことですが。



1965年10月21日、
ペンタゴンの前で徴兵カードを焼く騒ぎがあり、
鎮圧に出てきた兵士から向けられた銃口に
若者が無言で花を差し込んでいきました。
「フラワー・パワー」と名付けられたこの写真によって、
彼らは「フラワー・チルドレン」と呼ばれるようになりました。

 
flowerpower-600x400




 

サンフランシスコに行くなら
髪に花を飾っていこう
サンフランシスコに行けば
平和を愛する人たちに出会えるはず

 
 横浜に行くなら
髪に花を飾っていこう
横浜に行けば
平和を愛する人たちに出会えるはず






今日は「金沢文庫店」にいます。





H!nt de Pinto 133

庭と人、相対関係の相乗性。


夏とも秋とも違う、
この光のトーンは期間限定。


DSC08473 (1)



よく働く人の庭に花が咲く。
花咲く庭は人を働き者にする。




DSC08452 (1)



元気な人の庭に花が咲く。
花咲く庭は人を元気にする。




DSC08476 (1)



幸せな人の庭に花が咲く。
花咲く庭が人を幸せにする。




DSC09303



花いっぱいの庭があれば人生は上々。
庭は人なり、人は庭なり。





本日の出囃子は景気良くこれで。




・・・35億。





今日は「金沢文庫店」にいます。
 




 

庭のつれづれ

え、もう終わり?
夏バテすることもないまま長袖に衣替え。


今年はヤブ蚊が極端に少ない気がします。
灼熱だと飛べず、低温だと動きが鈍くなるか弱い虫。秋晴れには勢いを復活させよとエールを送りつつ、蚊取り線香に点火する朝の庭。
名残を惜しむ間もなく、落ちるように、夏は終わってしまったのだろうか。



冷たい雨を受けながら
「まだ夏です」と主張するサルスベリ。

DSC06711

来週は数日の夏日もありそうな予報。

DSC07112

行きつ戻りつ秋へと向かう。 



昨日はそんな朝だったのに、昼には雨が上がり晴天に。
早めに仕事が一段落したので早朝に歩いた散歩道へ行くと、サルスベリの表情は一変してご機嫌な様子でした。



DSC078812

DSC06600



ぼくの思考も180度変わっていて、「暑くも寒くもなく、陽射しは柔らかだし、こりゃあ最高の季節だわい」と。あまりの心地よさに、少々汗をかきたくなって早足で歩いたりして。
植物も人も心情は天気次第。悲観と楽観などというものは、けっこういい加減なものだなあと思いました。
このいい加減さを利用しない手はないですよね。





今日は「金沢文庫店」にいます。





 

庭のつれづれ

秋の入り口は暖かくして過ごしましょう。

お腹を暖めると腸内のお花畑(腸内フローラ)が活気付き、軽く汗をかくくらいの格好で過ごせば血行が良くなり全身の代謝が上がるそうな。
だから季節を先回りする感じで、ホッカホカで。
夜の庭ではホットワインを。 



散歩道のハスは盛んにつぼみを上げて
まだまだ咲く気満々。
秋を駆け抜ける勢いです。


DSC078742

DSC078282

DSC078322

DSC07823

DSC07836

DSC07835

DSC07831

DSC07993





ホットワインは鉛筆の芯の味がするような渋めのカベルネがオススメです。
読みかけのハードボイルドを一気にエンディングまで行きたい場合はお湯割りで、短編を深く味わいたいなら割らずにレンジでチンして。
どちらの場合もバケットの薄切りをゆっくりと噛み締めながら。





今日は「金沢文庫店」にいます。




庭のことだま

季節と並走するのだ。

秋になったら秋の暮らしを。
読書の秋、実りの秋、スポーツの秋、芸術の秋、行楽の秋、そして食欲の秋。
充実の季節の始まり始まり。



今日から9月。
里山の栗が弾けました。 

DSC077302

DSC07721

DSC07726

DSC07711

DSC077222



栗泥棒に間違われないように、「ぼくはただ写真を撮っているのです」という雰囲気を醸し出しながらうろうろしていたら、畑仕事をしていた地主のおじさんが「早くしないと虫に食われちまうから遠慮なく拾ってけよ」とうれしいお声がけ。それではと、イガを靴で踏んづけながら30個ほど頂戴してきました。
子どもの頃から拾うのはワックワクなんですが皮をむくのが苦手なもので、その足で近くにお住いのお客様に差し上げたら大喜び。庭でコーヒーをご馳走になり、お返しにと缶ビールを6本も。とても田舎チックな、わらしべな展開でした。





今日は「金沢文庫店」にいます。 



 

Graceland Style

理想を思い描くことから。

思考からあらゆる制約をなくして、理想の庭世界を思い描いてください。
イメージできたらできたも同然です。 




石井邸

d276a89f


Before

17163810


After

72a03eac

2e6a9734

5cce7e4a

9a4b8d29





散歩道の紫木蓮にはもう花芽が。
理想の開花をするために
8ヶ月も前からスタンバイしているのには驚きです。

DSC07839

DSC07845

DSC07842

じっくりパワーを蓄えながら冬を越して、
4月になればこのように。

DSC04009

DSC04013

DSC03416

目標を設定して
まっすぐにその日へ向かって行く姿、
見事なものです。





今日は「港南台店」にいます。
 



 

庭のことだま

poko a poko rit.

夏も下り坂に入ったようなので、素麺がたまらないご馳走に思えるような、縁側で夕涼みを楽しむような、昭和チックなテンポに調整中です。
灼熱モードの心身を、ここで上手にスローダウン。



八景島で出くわした見事なパンパスグラス。
ということは、もうすぐ曼珠沙華。
人にお構いなしで行く季節に
置き去られないようにしなければ。

DSC077572

DSC077642

DSC077552

DSC09276





晩夏にはエレジーが似合います。




モデラート(中くらいの・穏やかな・程よい速さ)の
グッと惹き込まれる小品。


モデラートといえば高中の「渚・モデラート」。
ラフマニノフと並べるのもいかがなものかと思いつつ、
今夜の風には遜色なし。




はしゃぎまくった季節と、
深く潜行する次の季節をジョイントする
夏の終わりに、
ごく当たり前な中庸さが胸にきます。



元来、加速は得意でも減速が苦手な性分なもので、「ちょっとやり過ぎかな」と思うとポコ・ア・ポコ・リット(わずかずつ遅くする)を呪文のように唱えてきました。
ポコ・ア・ポコ・リット、ポコ・ア・ポコ・リット、ポコ・ア・ポコ・リット・・・・





今日は「金沢文庫店」にいます。





 

Graceland Style

庭を生活空間に。

庭は暮らしの外にある風景や畑ではなく、人が暮らす場所。
寝室、リビング、キッチンと同等に、庭空間を活用しましょう。 



後藤邸

後藤邸


飯高邸

飯高邸


天野邸

天野邸


中川邸

中川邸





横浜では昨日から風が変わりました。

DSC079182

暑さを耐えていた蝶たちは一斉に活気着き、
夏バテ解消には食事が一番とばかりに夢中です。

DSC09906

レンズを近づけても全く逃げることがありません。

DSC00182

この時期にしっかり体調を整えれば
晩秋まで飛び回ることができ、
何パーセントかは冬も越します。

DSC09938

わが家の庭では幕が開いたように
マツムシの合唱が始まりました。





今日は「港南台店」にいます。

 


 

Graceland Style

眺める庭から過ごす庭へ。

庭をゆく風は地球を隅々まで何周もしてきた空気の流れ、見上げる空は紛れもなく宇宙空間です。
それを浴びながら時を過ごせば、心身が自然の営みと同期し自然体へと整えられてゆきます。 

 荒武邸

046b4613


畑邸

11fd8451


森邸

38c4e067


後藤邸 

38896b12





庭で過ごしていると、
とても些細なことに心が動く
感動体質になってゆきます。
光の揺らぎ、昆虫の羽ばたき、花びらの雨粒などにも。


DSC06858

風物詩となった24時間テレビを
オープニングからフィナーレまで
飛び飛びで10回ほど観て、
10回泣けました。

DSC06914

なんと、宮迫の「また会う日まで」にまで、
という有様。
ここまでくると感動体質というより・・・ヤバいですよね。

DSC07096


愛は地球を救う、のかどうかがそもそもの疑問なわけですが、
そもそも地球を救うより人類をと、
混迷を続ける日本の庭事情をと、
小保方晴子と乙武洋匡とベッキーの救済をと、
いやいやそれ以前に自分を救わなければと思ったりする57歳の夏。
毎年繰り返すそんなウダウダも
サライの空に跡形もなく消えてゆくのでした。
どこか昭和っぽいこの感じを大切にしながら、
孫の代まで続いてほしいイベントです。
頑張る、負けない、素直、
受け入れ立ち上がる、
そして人を愛すること。
いくぶん汚れっちまったぼくは、
今年もひれ伏すように感動しました。





今日は「金沢文庫店」にいます。
 




庭のつれづれ

猿は赤道に近いほど生息数が多い。
しかるに暑い季節は、人が猿へと先祖返りしやすいのです。


音楽のルーツは波の音や風の音、風にそよぐ葉っぱの音、リズムと音階を奏でる鳥や虫の声、情感豊かな狼の遠吠え、命の証しである体内の鼓動などの自然音でした。
かつて安住の森から北の草原へと追いやられた猿の一群が苦難の暮らしを送る中で自然の音に聞き入り、安らぎやインスピレーションを得、その再現に興奮し踊る音楽というジャンルの獲得が人への進化のきっかけとなったの明らかなので、だから夜の庭で耳をすますことが癒しとなって人間性の回復につながるというのは当然であると言えます。
ピークを越えたとはいえ、風が止んだ時の蒸したような空気はキツいですよね。
暑さのあまり猿化しつつある人を見つけたら庭へといざなって、風の音をBGMに、よく冷えたビールと冷製パスタとシンプルなドレッシングを振りかけたサラダで、クールダウンしつつ存分に胃袋を満たしてから、次のように諭してください。

あなたは人間です。そんなにキーキー騒ぎ立てたり、むやみにはしゃぎまわってストレスを放出するのではなく、肥大化した脳の前の部分、眉毛から上3センチほどのところに意識を集中して、シナプスネットワークを駆使して、その領域の奥深くのどこかに眠っている秘宝、『素直な言葉』を探し出してください。
それは例えばこんなワードだったりします。「ごめんなさい」「ありがとう」「さびしい」「すきです」。
発声しなくてもいいので、その見つけた言葉を口の中で繰り返してください。

「ごめんなさい」

「ありがとう」

「さびしい」

「すきです」

そう、そうです。次は側坐核(感動中枢)に反響させながら。

「ごめんなさい」

「ありがとう」

「さびしい」

「すきです」

もしかしたら涙が出てくるかもしれませんけど、構わず続けてください。

「ごめんなさい」

「ありがとう」

「さびしい」

「すきです」

その調子その調子。ゆっくりと、ゆっくりと、何度も何度も。

「ごめんなさい」

「ありがとう」

「さびしい」

「すきです」

素直というお宝が脳内にいっぱいになり、扁桃体(怒りや攻撃性を発症させるいわゆる爬虫類脳)にまで溢れ出てそこを満たしてしまえば、もう猿化によって周囲と摩擦を起こすことも、自分で自分を扱いかねることも、頑張っているのにうまくいかないという、出口のないトンネルに迷い込んでしまったような恐怖も消えてなくなります。



ト音記号( 🎼 )をヴァイオリン記号とも言いますが、
ぼくはその出自を
ヴァイオリンやチェロやコントラバスのシルエットではなく、
キュウリかなんかのツルなのではないかと。

DSC06342

音符が発明された当時、
人と植物の関係は今よりもずっと濃密でしたからね。




猿化に傾きかけていたその人の眉間から力が抜けて、ほんの少しでも口角が上向いたら、さりげなくBGMを風の音からジャズかクラシックにシフトさせて、あとはメラトニンが吹き出し心地よく目を閉じたくなるまで、心と心が響き合う人間同士の会話をお楽しみください。飲み物はスッキリと饒舌に、同時に聞き上手になれるよう、バーボンを炭酸割りにして。
人生は一夜の夢。人が人として夢見ることができたら、その夢を語れる人がそばいたら、きっと夢の終わりの一瞬にはこの上なく美しいお花畑に立てることでしょう。
というのはあくまで想像ですが、語り継がれてきた神話、民話、おとぎ話に照らして考えれば、きっとそうに違いないと思われます。

PS. 自分が猿化しそうな時も、庭へ。





猿が人になった大地ではどんな音が楽しまれているのかと思い立ち、
「アフロジャズ」と検索したところ、
出会い頭にエスペランサ・スポルディングの
Wild Is The Wind。



狙った的(アフリカ)から地球半周外して
アメリカ大陸のベーシストにヒットさせてくれた、
You Tube の見当違いに感謝しました。
毎晩庭でカチャカチャ検索しているうちに
You Tube が My Tube に縫合連結されて、
阿吽の呼吸が出来てきたような。
人を猿化することで市場拡大を目論む
弱電世界の AI 化戦略に、
心地よく、まんまとハマる夜の庭。





今日は昼から夕方まで「金沢文庫店」にいます。

今日も風を感じながら、もしも無風だったら風を巻き起こしながら、Wild かつ Humanly に、つまりは自分らしく駆け抜けましょう。
 




 

Graceland Style

カーテンを開けて暮らす。



仲野邸

ed374488


門馬邸

27896136


大原邸

ccbbc4de



いつも庭を視界に入れて、季節や天候や太陽の動きを感じながら暮らしましょう。
そのために必要な目隠しを施すことから、庭のある暮らしの楽しみが始まります。





天気予報によれば、どうやら昨日がこの夏の暑さのピークだったようです。
ここからしばらくは夏の疲れをケアしつつ、行く夏を惜しみつつ、近づいてくる秋を感じつつ、天高くなるにつれ強まる食欲を抑えつつ。



DSC07336

DSC06981

DSC06989

DSC07685

精一杯咲いた花たちに、
精一杯飛び回った虫たちに、
灼熱に燃えた者たちと、
わが夏の日々にも思いを馳せながら。






今日は「港南台店」にいます。



 
 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Flower Children
  • Flower Children
  • Flower Children
  • Flower Children
  • Flower Children
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ