庄戸のブランコ

 連日こうしてブログをアップしていると、つくづく“ ありがたい仕事だなあ ”と感じます。年配のご夫婦からは人生を豊かにする知恵や賢さをいただき、何かの問題と対峙している方からはそのパワーを頂戴し、若いご夫婦からは夢や希望やこれから家族をつくっていくんだという初心のエネルギーを分けてもらっています。
 この恵まれた環境での仕事に熱中しながら、一方でとても気になっていることがあります。それは毎日、次から次へと起こり続ける子どもたちが犠牲になる事件です。若者が子どもを、親が子どもを、子どもが親を、そして子どもが子どもを・・・。こうした事件があまりにも続発するせいか、どれも踏み込んだ原因が解明されないままに次の事件に話題が移ってしまいます。加害者の生育環境や心理的な要因、精神的な問題点どについての突っ込んだ分析がないままに、次々と新たな事件が起こっていきます。そして犠牲になるのはいつも子どもたちなのです。
 最近やっと専門家の見解としていわれてきたのは、加害者の多くに何らかの人格障害や発達障害があるということです。つまり犯罪の遠因に幼少期の家庭環境や生育環境があるということになります。わが家はどうかといえば、とてもではないけれど胸を張って健全家庭ですとは言えません。だからといってどうすればいいのかわかりません。
 ということで自分のことは棚に上げたうえで、もういいかげんに問題の原因に向き合わなければいけないのではないかという気がします。乱暴に言えば、加害者やその家族の人権が侵害されたとしても仕方がないと言い切ってしまいたいのです。そのことと不条理に奪われていく子どもたちの命、そしてその家族が受ける一生消えることのない痛みとどちらが重いのか、誰もが気付いているのに誰もハッキリと言わない、そんなもどかしさが日を追って募っていくのです。

 こんなことを思いながら、繰り返される嫌な事件を「しかたないことなのかなあ」とため息をつきながら朝の“みのさん”を観て、さあっ!と気分を変えて現場に向かう途中で、すごい景色に遭遇したのです。それがこれです。

8fa52bf8.jpg

 栄区庄戸にある児童公園のブランコです。ごらんのように花咲き乱れる中にブランコがあるのです。思わずクルマを止めて撮影しました。

5d3d72fa.jpg

 散歩中の人に話しかけると、地域の人たちがボランティアで毎年種から育てているのだそうです。感動しました。感動しながら、あたりに人がいなくなったのを見はからってブランコに乗ってみました。数十年ぶりです。最初は座ってゆっくりと、徐々に大きくハイジのように、最後は立ちこぎからジャンプで着地!に失敗してスッ転んでしまいました。なんだかほんとに素晴らしくて、この花咲くブランコは、札幌にあるイサム・ノグチの滑り台に匹敵すると、ひとり無人で揺れるブランコをしばし眺めていました。

baebf3da.jpg

 朝のニュースの件で重かった気持ちに光が差した感じがしました。都会もいなかも機能不全を起こしているけれど、ここには新たな地域文化が生まれているのかもしれない。それを予感させる花咲くブランコ。

73e9d5f8.jpg

4fcce763.jpg

af08adb7.jpg

abc46187.jpg

bb028720.jpg


 この景色が日本中のあちらこちらに芽生えたら・・・。犯罪者を生む幼少期の生育環境の不備とそのことによる発達障害の責任は親と地域にあります。もちろん法的には本人にあるのですが、子どもが一人前になるまで守り育てることの責任は社会を構成している全ての大人にあるという、いなか的、あるいは昭和的モラルを肯定するならば、この不条理で悲劇的な現状を脱する出口は・・・。
 この庄戸の児童公園にその出口の光が見える気がするのです。



0a64d9fe.gif

笑顔の大黒柱( 深井邸2 )

 引き続き深井邸のご紹介です。

cfccde39.jpg

32bc9e36.jpg

c74fc97e.jpg

b8beff80.jpg

7b216dd4.jpg

a7318b48.jpg

35246e65.jpg

9bb11262.jpg


 深井様ご夫妻がお嬢ちゃんを連れて来店された時、わたしは店のパソコンに向かって設計中でした。実はその時抱えていた物件がなかなか気に入ったように設計できずに、ウンウンうなっている状態で、その日の空模様のように雨まじりの曇り空な気分だったのです。そこへ「庭のことをちょっと」とやってこられたご主人の笑顔の素晴らしいこと!いい感じの方だなあと思いながら庭のことをひとしきりあれこれ話して、そして帰られました。
 わたしは再び設計作業に、するとあれほどうなっていたのがウソのように、スイスイと設計が完了したのです。突然レノンが降りてきた(1/19『レノン降臨』参照)感じで、これはご主人のあの笑顔のおかげだと、そのご利益に感謝しました。
 その後正式にご依頼頂いて、打合せ、設計、施工となりましたが、一貫してご主人の笑顔は素晴らしいままでした。“ このご家族はご主人の笑顔に包まれ、守られているんだなあ ”そんなふうに思い、それとは正反対の我がことを反省しました。一家の大黒柱が朗らかな笑顔の人、そうあるべきだなあ・・・んっ!我が家の大黒柱はわたしなのか?いやそれはちがうな、我が家の大黒柱はカオリちゃんだ。なあんだ、なら我が家も大丈夫だ。妻カオリちゃんは毎日、朝から晩までケラケラニタニタ、じゃなくてニコニコ朗らかなひとですから。



3af7ed47.gif
にっこり 笑顔のネタを探してみませんか。

休日は庭仕事( 深井邸1 )

64cffafc.jpg


 ウッドデッキ+目隠しフェンスとテラスと芝生、シンプルで明るい、みんなで遊び回れる庭です。ご主人は芝生の手入れが気分転換、ストレス解消になるという自然派の方です。


Before
3557e557.jpg

After
7816d6db.jpg



Before
485d6dca.jpg

After
38ddfd52.jpg



Before
5484907b.jpg

After
f166f750.jpg


 芝生の手入れをいやがる方が多いのに、最初から明確に芝生を希望されたご主人、その外好きは出身地の大和市で過ごした幼少時代にあるようです。今でもそうですが大和市はとてものどかで、田んぼや畑だらけの、男の子には最高の場所です。ご主人もそこの里山や小川で遊びまくって育ったそうです。そして今はパイロット、非常に高度な技術と知能と体力と精神力が要求されるお仕事です。だからこそ休日は庭仕事ということなのでしょう。

 明日も引き続き深井邸のご紹介です。   つづく



 d6e0a909.gif
音符音符音符 こちらも気分転換に最適です。

1年後、3年後、10年後( 吉原邸 )

 まだお若いご夫婦、吉原さんのガーデンリフォームです。
 ビフォーは芝生だけ。さあこの庭で何ができるか、何をやったら楽しいか、それをイメージしていただいてご要望をうかがい、さらにそれをパーゴラやアーチや樹木で演出したPlan Aをご提案しました。

Plan A
00dfc9cf.jpg


 とても気に入っていただけたのですが、施工はテラスと通路だけにしてあとはお二人で徐々につくっていくということになりました。その方針でさらに打合せを行い、細部を調整して出来上がったのがPlan Bです。

Plan B
c03356ef.jpg


 打合せを重ねるうち施工はさらにシンプルになりました。おもしろいものでその分今後の展開の可能性が膨らんで、花を生ける前の花器のような魅力を感じました。


Before
f76ac986.jpg

After
8b159d71.jpg

f450c735.jpg

f290a466.jpg

e3e70b44.jpg


 奥様が庭木や草花、植物をどう構成していくかについてとても豊かな感性をお持ちなので、1年後、3年後、10年後にこの器にどんな花が咲くのかが楽しみです。強い創造力を持った奥様とまじめでやさしいご主人、庭も夫婦も、イマジネーションと日々の手入れが大事です。それと、何よりも楽しむこと。この若いお2人が庭とともにいろんな花を咲かせ、果実を実らせていかれることを願っています。1年後、3年後、10年後、このリビングからの眺めがどう変化していくのかをぜひとも撮影させていただきたい、そんな気持になる仕事でした。
 ところで、あなたならこの庭のどこに何を植えますか?スラスラと3つ以上の植栽プランができる方はグリーンコーディネーターになれます。履歴書持参で我が社に面接においで下さい。


78d43f4b.gif
ロケット 明日も元気いっぱいでロケットスタートできるように、ブログでエネルギーを補給しましょう!

オープンガーデンのお知らせ

 瀧本邸のオープンガーデンの開催日が決まりました。来週の水曜日5月17日です。どなたでも“ Welcome ”なので参加希望の方はご連絡下さい。

 グレースランド いわふち ひでとし
TEL 045-834-3069 携帯 090-3570-3455

ce1fd10e.jpg

74aba6be.jpg

a881df32.jpg

7f8469f2.jpg


 写真は昨日の咲き具合です。あと一週間、開催日には満開!みごとですよ~!大勢の皆様の参加をお待ちしてます。近所の後藤さんちも拝見できると思いますし、春の庄戸は新緑と庭の花でそれはそれは素晴らしいので、お越しの際は(静かに)散策してみてはいかがでしょうか。

魔法の種明かし(宮原邸 3)

 宮原邸の3回目です。
 ファインダーをのぞいて、あらためて庭は家族を映すものだと感じました。実に宮原さんらしい庭なのです。

62062584.jpg

db49e630.jpg

d7e5d9e4.jpg

ab78c8bf.jpg

e3d025a0.jpg

d63d52c0.jpg

561199fe.jpg

5768b81a.jpg


 ウグイス、ヒグラシ、マツムシ、自然の音を聞きながら、静かに、穏やかに、キチッと暮らすすてきなご夫婦。住まいを考えた時にこの環境を選ばれたことも含めて、実に見事な人生の組み立て方だなあと感じました。この仕事をしていてよく思うことなのですが、宮原さんご夫妻のような“人生の達人”と知り合って実際にその生活ぶりや庭の様子を拝見できることが、まだまだ未熟な我が夫婦にとって、目標として、指針として、この上なくありがたくとてもしあわせなことなのです。
 例えば家族の悩み事が発生した時にお客さまに人生相談したことはありませんけど、深刻になってあれこれと悩み考えるよりも「宮原さんならこういう時にどうするだろう、後藤さんなら、金子さんなら、亀田さんなら・・・」、そう考えるだけでたいがいのことは解決します。継続する問題なら進むべき方向がしっかりと見えてくるのです。もしこの仕事じゃなかったら、お客さまとの出会いがなかったら、はたして今のように仲良く元気でやっていられたかどうか。
 本来ガーデンデザインを通してお客様に幸せを提供するのが仕事なのに、幸せなお客さまに助けられている我々なのですが、日々こうしてお客さまから受ける“幸福のオーラ”があるからこそ、それを設計に込めることができるのです。『 家族が幸せになる魔法の庭 』、魔法の種明かしは「お客さまの“ 幸福のオーラ ”をエネルギーにしてデザインしている」ということなのです。
 「ねっ!カオリちゃん」
 「いやまったくそのとおり、ホントにすばらしい人たちばかりで感謝してます。あやかりたいです~」


4acc7360.gif
乾杯 ブログ村をつまみに夫婦で乾杯!

穏やかで豊かな日常(宮原邸 2)

77f533bb.jpg

 宮原邸の2回目です。
 おそらく団塊世代のご主人は大手企業にお勤めで、妻カオリちゃんいわく「すごくダンディーで部下に慕われる理想の上司タイプだね。穏やかに、静かに、でも芯は熱く燃えながら部下の能力を最大限引き出す感じ、あなたとは正反対」だそうで・・・、たしかにカッコイイのです。奥様もまたすてきな方でして、仲のいい夫婦は似てくるといいますが、ご主人と同じオーラを出しながら、豊かに、穏やかに、庭のある生活を楽しんでいらっしゃいます。

f3bc6349.jpg

 この表札文字は、もう15年以上のお付き合いになる岐阜の表札デザイナー、杉山さんに原稿を依頼して、それをわたしが奥様と打ち合わせしながら微調整したものです。個性的で柔らかい感じで来訪者がちょっと悩む程度の読み辛さ、そんなことをイメージしながら何度か原稿をやり取りして作成しました。結果、とても宮原さんらしい表札になったと思います。


b0a6c3bb.jpg

9cccd0fa.jpg

4e8584f3.jpg

cd08b9fd.jpg

3ded6af7.jpg

920fc2ba.jpg

bbdace09.jpg

 ディズニーランドレベルに、見事に手入れされた芝生から、ご夫婦が庭に出ている時間の長さとキチッとした暮らしぶりが感じられます。穏やかな雰囲気とともにこの“キチッとした”というところが宮原さんの上質な豊かさを実現させているキーワードかもしれません。
 「ねっ!カオリちゃん」
 「そうね、うちはキチッとしてないからね~」

 明日は草花とオーナメントです。   つづく


314e29a1.gif
電球 個性的な住い方のヒントが満載です。

コンクリート→レンガ(宮原邸 1)

dbe73064.jpg


 門塀・アプローチ・駐車場をコンクリートからレンガにするリフォームです。庭部分は花壇を同じレンガで、あとは樹木のアレンジで再整備しました。


Before
20582891.jpg

After
430d67b4.jpg


Before
8f015ab4.jpg

After
78a84325.jpg


 いい感じの住宅地が多い栄区の中でもわたしが最も気に入っている“庄戸”。その庄戸の奥の方で自然保護区の山際、春はウグイス、夏はヒグラシが声を競うという何ともうらやましい場所に建つ宮原邸です。
 先日ふらっと遊びにきてくれた京都のガーデンデザイナー上村匡司氏に、横浜らしい庭を紹介しようと最初に案内したのがここ宮原さんのお宅でした。連絡もせずに訪問したところご夫婦で庭の手入れの真っ最中、快く庭を見せていただき、その庭の出来映えとご夫婦で庭を楽しんでいる様子に上村氏は感激しきりでした。「宮原さんありがとうございました」

 明日も引き続き宮原邸のご紹介です。   つづく



 57ca6e3a.gif
走る走る走る 走る くらしのサプリメントです。

入魂のレンガ工事(荒井邸2)

 葉山チックな設計、荒井邸の続きです。

829af601.jpg

1581e1ec.jpg

c2c3df2c.jpg

14ad2d97.jpg

3946f9b4.jpg

e5ef7e2b.jpg

4467721e.jpg

de0955d5.jpg

4e10f3fe.jpg


 設計の評価は・・・、生来の自画自賛気質なもので自己評価は置いといて。お客さまの高い評価をいただけたことは鼻高々でご報告します。

 それとは別に、今回の仕事でひとりジンワリと感動したことがあります。それはレンガの施工がすばらしかったことです。以前はわたしも現場の全てを自分で施工していましたし、新潟時代から通算で25年間を施工と施工管理で現場にいましたので“ 現場は職人さんの腕と熱意で決まる!”ということを痛感しています。だからでしょうか、このレンガの全体から伝わってくる気力の充実と、細部にわたる熱心な繊細さが胸にグッときました。
 これを施工してくれたのは有限会社住宅総合営繕協会のカズ君です。
 10代で弟のシュン君とふたりで上京しておじさんの会社(住宅総合)に勤め、10数年現場一筋の一流の職人です。うちの現場をやってもらうようになって5年目ですが、いつもわたしのやっかいな設計を見事にカタチにしてくれます。感謝です。(こっぱずかしいので本人には絶対言いませんけど)

 先日のJAG(ジャパンガーデンデザイナーズ協会)のイベントで知り合ったデザイナーの江口勝康さん(1級建築士)からうかがった話なのですが、耐震偽造問題の件、建築基準法は相当の安全値を含んでいるので、うっかりミスや多少の手抜き、施工者の力量不足程度なら全く問題なく安全な強度を得られるように設定してあるのだそうです。ではなぜ地震でビルが倒壊するのか。そこに“不誠実”や“ウソ”や“ダマシ”があるからです。誠実な人が少々体調が悪かったり、何か悩み事があって仕事に熱中できなかったりというようなことではなくて、誠実ではない人、詐欺師が介在するからビルが倒れるのです。
 家も庭も人がつくり上げるものです。職人さんの当たり外れは大きい。詐欺師がつくった地震で倒れる家など論外ですが、叶うならば職人さんの魂が込められた家に住みたいものです。これから家を建てる方は住宅メーカーの営業さんや監督さんだけではなくて、職人さんの善し悪しも充分に見極めてください。ちなみに我がチームはカズ君だけではなく、各分野の一流どころを揃えていますので(基準はわたしより腕がいいということです)安心してお任せ下さい。


b8f140b1.gif
力こぶ ここにも一流の職人さんが大勢います。

葉山チックな外構設計(荒井邸1)

2f09b58a.jpg


 荒井様は新築の2年ほど前、古いお宅の頃に外構のリフォームを受注したお客さまです。
 今回めでたく新築されて、外構の設計施工をご依頼頂きました。
 ポイントは以下の4点です。

1、前回使用したまくら木を転用する。
2、オープンスタイルで駐車スペースは自家用1台+来客用1台。
3、駐車場ではなく前庭にクルマを止める感じ。
4、表札とポストを印象的に。

 2年ぶりのご来店でまたご指名頂けるといううれしさは格別です。で、どんなデザインにしようかと考えたときに、古い家での印象的だったことを思い出しました。それは“葉山な感じ”。場所は横浜市港南区笹下というところで、下町のような庶民的な感じはありますが“葉山な感じ”は一切無いところです。それなのに暮らしの雰囲気と言いますかご夫婦のかもし出すいい感じが、シンプルで、スローライフで、誠実で、静かで、和やかで、豊かで・・・、とても“葉山な感じ”がしたのです。海っぽさやリゾートな感じとは違うのですが、でも“葉山な感じ”なのです。
 全体的にそんな感じをただよわせたいと思いながら設計しました。


Before
6ff2b48a.jpg

After
6e0f6e61.jpg



Before
ab673b9b.jpg

After
1a897779.jpg


明日も引き続き荒井邸です。   つづく


acb161bc.gif
走る走る走る GWもあと2日、思いきり楽しみましょう!

暮らしの鮮度を上げる(石川邸 2)

e0370176.jpg


 夫婦も家も家族も、時間とともに鮮度が落ちます。いろんな家族と庭を拝見していてつくづく思うのは、この落ちていく鮮度をどう感じ、そのことにどう向き合うかのよって築10年、あるいは結婚10年目の幸福度に大きな差ができるということ。
 鮮度は、例えば何か大切なものを、しまい込むようにして守っていても保つことはできません。常に新鮮な空気を入れながら新しい細胞を生み出していかない限り、どんなに輝く物や時間や関係性もくすんでしまうものです。それは庭も同じで、植物が成長したときのことをイメージしながら種をまき、苗を植えて日々手をかけている庭は何年たっても鮮度が落ちるどころか輝きと風合いを増していきます。以前にも書きましたが“家族と庭のいい感じは比例する”のです。そうは思っていても、知らず知らずのうちに庭(家庭)が色あせてきてしまった場合、その色あせた庭を眺めて、それから目をつむってイメージしてみてください。「輝いていたあの頃は・・・」「こんな場面が展開したらきっと・・・」「本当はこういう感じで・・・」。イメージできたら出来たも同然、さあ庭の改造を始めましょう!
 ガーデンリフォームは家族の鮮度を上げるための有効な手段なのです。



0732234c.gif
鐘 住まいの専門家が興味深い話題を展開しています。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ