ジャパンガーデンデザイナーズ協会

f32138db.jpg

 昨日はパシフィコ横浜でJAG(ジャパンガーデンデザイナー協会)の展示ブースの設営をお手伝いしてきました。これは『プライベートガーデン・エキシビション2006』というイベントにJAGが参加したもので、今日発売になる本『人気ガーデンデザイナーとつくる 美しい庭』のPRのためのブース設営です。
 さすがに優秀なJAG会員が集結しているので、図面らしい図面もなしに、あっという間に、ライブパフォーマンス的に完成しました。会員の皆様が、普段現場でイキイキと仕事をされている感じが伝わってきて、楽しさとともにパワーをいただきました。

d4a882df.jpg



 これが本日発売の『人気ガーデンデザイナーとつくる 美しい庭 』と私の仕事が掲載されているページの一部です。

877d9ac5.jpg

9f8627f1.jpg

私のページはさておいて、全体としてすばらしいできばえの本です。最近ガーデニング本のレベルはとても上がってきましたが、これは出色、群を抜く仕上がりです。税込み3,800円と少し値が張りますが、充分にその価値ありです。ぜひ書店で手に取ってみてください。もちろんうちの店グレースランドでも販売しています。

 この本のことやJAGについてはまた後日アップしようと思っています。


e5fc88bd.gif
走る 元気な明日への入り口です。

ダイエットマグ

e57029a2.jpg


 先日の妻カオリちゃんの御生誕記念日に、娘シオリ(今年中坊になりました)からプレゼントされたのがこれ!ダイエットの心得が書かれたダイエットマグとうまい棒(納豆味ほか30本)とどら焼でした。さすがわが娘、ナイスなチョイスでございます。
 そのマグカップに書かれている“ダイエット二十二ヵ条”をご紹介します。


1、自分に合うダイエット方法を決める。

2、朝食は必ず摂る。

3、野菜や海藻きのこ類を多く摂る。

4、徒歩での通勤、買い物。

5、早食いはやめる。

6、体を動かし脂肪をへらす。

7、食べ物の好き嫌いをなくす。

8、和食中心の献立。

9、間食はしない。

10、強い意志が必要。

11、買い物は空腹時にしない。

12、清涼飲料水、アルコールは控えめに。

13、食卓にストレスを持ち込まない。

14、高い目標値を立てない。

15、肉料理を控える。

16、天ぷらフライも控えめに。

17、料理を皿に大盛りしない。

18、残り物を食べようとしない。

19、食事のカロリー計算を記録。

20、空腹時には気分転換。

21、特に夜食は食べ過ぎない。

22、睡眠は充分に取る。


この話題はあまり深入りしないほうがいいような気がするので、今日はこれまで。


194a319a.gif
ラーメン ごはん おでん おにぎり ・・・空腹時の気分転換にどうぞ。

ウッドデッキ&ガーデニング(小池邸 2)

cf0861c4.jpg


 美和明宏言うところの“正負の法則”の通り、人には良いことと悪いことが同量、平等に与えられる、これは絶対にそうだと思うのです。どのお客さまと話しても人生山あり谷ありのドラマティックなストーリーをお持ちですし、自分も妻カオリちゃんもそれぞれに、突然訪れた地獄のような日々を経験してきました。ふたりともどっちに転んでもこれ以上辛くならないというほどひどい状態で、たまたま出会えた。幸いお互いの“コンチクショウパワー”が相乗効果を生んで危機を乗り越えることができて、今は充実した幸多い日々を送れていますが、平静な日々→地獄の日々→幸多い日々、を経験したからこそ強く感じる“正負の法則”なのです。それに加えてもうひとつ思っていること、それが“負”の局面でさらなる負を呼び込んで負のスパイラルに陥ってしまう人と負をきっちりとはねのけてしまう人がいるということ。私たちのお客さまは100%後者で、予期せず負がやってきた時にその負をはねのけて、同時に負を寄せつけない強さを手に入れる人たちなのです。
 “負をはねのけて、負を寄せつけない強さ”にはいくつかの要素がありますが、その人たちのとてもわかりやすい共通点は次の4点です。


cea95098.jpg


1、朗らかで楽観的なこと・・・危機に際してはオロオロもするし、切ないときは弱音を吐いたり泣いたりしますが、根っこの部分が明るく楽観的、言い換えると腹が据わっている感じの人たちです。

2、自分のことが大好き・・・これは自己愛が過剰ということではなくて、自己肯定観がしっかりと形成されているということです。人生というドラマの主人公が常に自分で、ピンチに陥るほど、まるでどこかからカメラが自分を狙っているかのように自分をかっこ良く演じようとする。自分が好きな自分はこうあるべきだというストーリーを(客観的に)組み立てる能力があるということです。

3、精神が健康である・・・よく“精神力が強い”といいますが、それは根性があるとか、我慢強いということと同意語です。それとは少し違って、精神の腹筋が強いとか、精神の肺活量が大きいとか、精神の柔軟性があるとか、そういうことです。耐える力ではなくて精神の機能性が高いということです。

4、イマジネーションが豊か・・・問題解決のためには理論を組み立てる力と同量のイマジネーションが必要なようです。つまり右脳と左脳をバランス良く使っているということです。イマジネーションが豊かということは感受性と表現力が豊かということでもあります。お客さまで、陶芸やアートフラワーやトールペインティングの趣味をお持ちの方が多いのは、その現れだと思っています。生活の中に食欲と同じ感じで表現欲が存在する、そういう暮らしをしている方は総じて賢く愉快で、いろんな危機を上手に乗り切ってきた方々です。もちろん庭を楽しむこともそうです。


54ed181f.jpg


 この人生を転けない人たちのことを学校で教えるべきだと思うのですが・・・。まあ、それ以前に自分たちがこの技を身に付けたいと日々願っていますので、小池さんご一家のようないい感じの優秀なお客さまからの依頼が大好きです。まだまだ未熟な自分を、3要素そろったWonderful Worldへ引っ張りあげてもらえるような気がするからです。


678e254b.jpg

d101a7f1.jpg

712fdbc1.jpg



7932f847.gif
音符 Wonderful World の入り口かもしれませんよ音符

ウッドデッキ&ガーデニング(小池邸 1)

 大手企業の有能なビジネスマン(良質なビジネスマンオーラが出ています)のご主人と、明るい良妻賢母(良質な奥様オーラが出ています)の奥様と、元気いっぱいのお嬢ちゃん。小池さんちは幸福パワー全開で、うらやましさとともに“あやかりたい”、そんな気分での設計でした。

b8948b32.jpg

af34e6ed.jpg



 庭スペースはリビングの外と玄関脇に分かれていて、それぞれのテーマをハッキリさせて楽しみ方が違う場所にすることになり、「さてどうしますか」といろいろな庭をイメージしていただいた結果、リビング外はウッドデッキ、玄関脇がガーデニングスペースと決まりました。



Before
dc5d1b3e.jpg


After
6153934a.jpg




Before
0ea2a784.jpg


After
715b6b0a.jpg





9dedfb0f.gif
キラキラ ブログ村はオーラの泉なのです キラキラ

和~洋へ流れる庭(菊池邸のご紹介 2)

前庭の奥を曲がって裏庭へ


1ffb2f12.jpg

 御影石のピンコロとクロチクで前庭の和を引っ張りながら、逆に奥の洋のテラスからはまくら木が和に入り込んでくるという構成です。
 リュウノヒゲマットはワンちゃんの昼寝場所です。

4b665b63.jpg

3052412c.jpg

1d1b2566.jpg


 リフォームする前から、もともと庭が高く設定されていたので、リビングから階段をつくる必要が無くテラスを広くとれました。
 奥様が少し迷って決定したオレンジのテラコッタタイルが、こうして出来上がってみると、菊池さんご一家の元気で明るい感じにピッタリでした。


092f8f2f.gif
走る 走る走る   走る  走る             走る

和~洋へ流れる庭(菊池邸のご紹介 1)

f6d9f75a.jpg


 エントランスから庭へのアプローチを、しっかりとした和の前庭にしたいというご主人と、リビングの外の裏庭にファニチャーを置けるテラスが欲しいという奥様。おふたりがお持ちの和と洋の庭イメージを違和感なくつなげたい、ということが今回の設計のテーマでした。
 まずは和の前庭の BeforeーAfter をご覧下さい。




Before
f16f6b93.jpg

After
329bb233.jpg




Before
fb33703d.jpg

After
c15e809a.jpg




Before
2f0ee87b.jpg

After
c5adbdbb.jpg



 和の仕立ては職人さんの腕と感性が仕上がりに色濃く出ます。菊池邸の和エリアをお願いした石川さん(通称ゴリさん)は腕も感性も人柄も一流の頼りになる親方で、今回も見事にとても気持いい仕上がりを見せてくれました。石川さんのことは、酔っぱらったときのエピソードを含めて後日改めて紹介します。

 明日も引き続き菊池邸、洋の裏庭です。


f5b37aba.gif
クラッカー 今日は妻カオリちゃんの誕生日 乾杯

Seaside Slow Life.

eb88dd64.jpg


 春のガーデニングシーズンを前に、我が社の設計業務は大忙し。連日連夜、エンドレスな提案図の着色作業と見積りに疲れ果てていたカオリちゃんに「忙しいのは一年中だ、息抜きしようぜい!」と誘って、仕事を中断して三崎に魚を買いに出かけました。
 横浜横須賀道路をクレイジー・ケン・バンドを聴きながら、アッという間の30分で三崎口に到着。先日フィリピンの貨物船が映画のような激沈をした浦賀水道を眺めに三浦半島の突端まで行き、太平洋の超ワイルドなパワーを充電してから港の魚屋さんへ。久々の上等な魚介類を買い込んでの帰り道、油壺のヨットハーバーでその景色に遭遇!静かでのどかでロマンチックな夕景に思わずクルマから降りて撮影しました。そしてしばらくその景色の主人公となったふたり・・・。毎日この空気と景色の中で暮らしている人たちもいるのだなあと、疲れを溜め込みながらの我が日常を、悲しみとともに反省した次第です。
 周囲は三浦の野菜畑が広がり、歩いているのは農家のおばちゃんと漁師のおじさんとリゾートのヨットマン。三浦半島はシーサイド・スロー・ライフなのです。新鮮な魚と一緒にこの感じも持ち帰ったので、明日からまたしばらくがんばれそうです。


c10194de.gif
月 明日もいい日でありますように。

春日井邸のご紹介 2

ead820f0.jpg


0ec7a19d.jpg


 施工半年後に撮影したのですが、木や草花が元気で、ご家族が庭で楽しんでいらっしゃることが伝わってきました。
 プランから完成まで、打合せはご夫婦(若世帯)とおこないました。じつはこの春日井さんご夫妻のことが後日妻カオリちゃんとの晩酌の話題になりました。

〈カオリ〉春日井さんのご夫婦はいい感じだよねえ。うちらのお客さんってたいがい夫婦仲がいいけど、中でも特別というか、何か独特の“二人の世界”があるよね。

〈ヒデ〉ほんとにそうだね。お互いへの思いやりとか優しい感じがもろに出ているというか、そういう気持を言葉や行動で表現することになれている感じ。ある意味欧米的というか、それでいて牧歌的な昔の日本人のいい感じをただよわせている。皇室の方々みたいな雰囲気だよね。

〈カオリ〉ウチみたいにガシャガシャしてなくてうらやまし~!

〈ヒデ〉確かにウチとは対極にあるね。どうしたらあんなに心静かで愛情豊かに“夫婦”をやれるんだろうか。やっぱり育ちの問題かなあ。

〈カオリ〉正解!ウチらは両方とも町場で商売やってる家だからねえ。小さいときから常にまわりはガシャガシャしてたもんね、そこからいきなりお公家さんは出てこないよ。まあ似た者同士だから、これはこれでいいか。春日井さんちとは全然違うけど、ウチらの親みたいな夫婦も悪くないもんね。

〈ヒデ〉では、我々のガシャガシャは両方の親のせいだということにして・・・。それにしてもいい感じのご夫婦、世の中の幸福を引き寄せるオーラが出ているよ。将来は絶対チャーミーグリーンって感じだよね。

〈カオリ〉あら、ウチだってチャーミーグリーンって感じじゃない。手えつないで、スキップしながら歩こうよ!

〈ヒデ〉いや・・・それはちょっと・・・。・・・。・・・。


a716dc5c.gif
ドキドキ小ドキドキ大 いい夫婦を目指す人に効果のあるサプリメントです。

春日井邸のご紹介 1

 とてもほのぼのとしていて、あったかい雰囲気の春日井さんご一家。リビングの外の2m×9mをどんな庭に仕立てたら、仲良し家族がますます楽しく、元気に暮らしていけるのかということがテーマでした。

Plan A
dec253d5.jpg



Plan B
c12ad03d.jpg


 A,B2プランをご家族で検討していただき、Bプランをもとに施工することとなりました。
 Plan Bのポイントは以下の通りです。


 ◇ 道路からの視線をしっかりと目隠しできている。
 ◇ ウッドデッキがゆったりしている。
 ◇ 庭中央の落葉樹(エゴノキ)が広縁から見える。
 ◇ 木製アーチがガーデニングスペースに厚みを演出している。
 ◇ デッキにぬれ縁(渡り廊下)をつなげることでどの部屋から
   でもデッキに集まれる。

 特に最後のどの部屋からでもデッキに集まれるという点を気に入っていただきました。一番右の和室がおじいちゃんとおばあちゃんの部屋だそうで、こういうポイントを大切に考えるところが、春日井さんご一家のいい感じをあらわして、とても印象的でした。



Before
db641c86.jpg


Aftre
e1f171fc.jpg




Before
fcace031.jpg


Aftre
01f38381.jpg



次回引続き春日井邸のご紹介です。   つづく


d9b863b9.gif
ジョッキ 今日もブログで気分転換、仕事頭から家庭頭に切り替えです。

妻カオリの逆襲!

6c23ef35.jpg


一昨日の続きです。

<カオリ>
おいおい、これじゃあ私がすごいノンベエみたいじゃないの(プンプン!)。あなたはお酒が弱いから飲むと速攻でつぶれるから、仕方なくひとりでチビチビやりながら日本の来し方行く末に思いを至らせているんです。
それと、私はビールも枝豆もナイターも大好きです。『ALWAYS 三丁目の夕日』的な昭和の情感っていいじゃない。“枝豆ビール文化”を子どもたちにも伝えるべく、その義務感で晩酌をしているのだ~!
いちおう言っておくと一番好きなチームはヤクルトスワローズで、選手は古田選手。
横浜ベイスターズも好きなチームです。最近仕事が忙しいので、ナイターを見に行けてないのが残念ですが、「横浜スタジアムが私を呼んでいる」と思うことはたびたびです。

<ヒデ>
こりゃまた失礼。

ac98d9c5.jpg

<カオリ>
でも確かに、花見の話はそのとおりだよね。
いわゆる(東京で言う)お花見をしている姿を見たことがない。それと、桜がそれほど目立っているわけではなくて、このあたりは桜の印象が薄れてしまうほど美しい景色や花がいっぱいあるよね。

<ヒデ>
そうです。そうです。

5a2ff9b2.jpg

<カオリ>
港南台の春は桜が目立たないくらい花がいっぱいで、庭の打合せであちこち動き回りながらいつもいつも素晴らしいなと感動することしきりなのです。

ada1946a.jpg




7a76468d.gif
乾杯 今夜はブログをつまみにカンパ~イ!

港南台の春は花がいっぱい

fd89041c.jpg


 近いうちに横浜横須賀道路を通ることがあったら、ぜひ港南台インターで降りてみて下さい。そして住所でいうと港南台、洋光台、桂台、上郷町、庄戸、日野南、丸山台、舞岡、小山台、近郊の住宅地を散策してみて下さい。まさに花満開、息を飲むほどすばらしい景色が楽しめます。コブシ、モクレン、サクラ、モモ・・・そして新緑。ここ横浜港南台での春も6回目で“春はこういうものだ”というこの景色が普通に思える感じになりつつあるのですが、仕事柄東京都内や他の地域の住宅地に行くことも多いので、例えば新宿区で打合わせをした後にここに帰ってくると「やっぱりすごいわ!」と唸ってしまうのです。

8c417bec.jpg
 この花だらけの春も回を重ねるうち、このすごさが単に花木が多く植えられているということではない、ここならではの港南台独特の美しさがあるような気がしていて、その答えのヒントといいますか、東京から越してきた春からこの時期にいつもひっかかっていることがあるのです。それはこの辺では“お花見”をしている光景に出会ったことがないということです。お弁当を持って円海山の桜林にピクニックということはありますが、東京の上野公園や哲学堂や飛鳥山のような、ネクタイではちまきしてドンチャン騒ぎして、後には大量のゴミの山という、そういう花見を見たことがありません。それともう一点、さくら(ソメイヨシノ)よりも印象的な花木がたくさんあって、サクラが脇役的に感じられます。なぜこんなにサクラ以外の花木が多いのか、それはそれらの花木が庭木だからなのです。ソメイヨシノは日本人が最も好きな花木ですが、大きく葉張りが出る樹形なので庭木には向きません。そして庭木を選ぶときには必ず花がきれいな木ということになるので、いい感じの庭が多いこの地域はサクラ以外の花木がサクラ以上に咲き誇るということになっているのです。

797ae137.jpg

 東京の花見の名所は主に公園が街路樹というコモンスペースです。そこに人々が集まって宴会する、つまりお花見は公共的なイベント、祭りなわけです。それに対して庭木の花で構成された港南台の春景色、この花はそれぞれがその家、その家族のために存在するプライベートな花ということになります。そしてそのプライベートな花のパワーが街路樹や公園のサクラを凌駕するほどの勢いで風景を構成してます。もちろん港南台周辺にもサクラの名所は多いのですが、花が溢れるこの時期、この辺の住人はいそがしいのです。庭にホームセンターで買い込んだ春野菜や一年草の苗を植え、芝生といっしょに勢いづく雑草を取り、ウッドデッキのペンキ塗りをして、冬のあいだ我慢していたバーベキュー用品を引っぱり出して手入れしたり、はたまた春めいてきた湘南に解禁になったしらすを味わいに出かけたり、新緑の鎌倉を歩いたりと、家族でやることが山ほどあってお花見という感じにならないのです。つまり公園のサクラよりも家々の花木が勝っているこの景色と同じで、お花見よりわが家の庭、お祭りより家族の時間、そういう感じが圧倒的に強い。この“家族の幸せ”が街を満たしている港南台、ここに住んでいるとそんなこの街の空気に引っ張られて、まだまだ未熟なわが家も限りなく幸せになっていけるような気分になるのです。その点いかがでしょうかカオリちゃん。(今夜はけっこうワインがすすんでいるようですが・・・)

3b2597df.jpg


〈 カオリ 〉意義無~し!

〈 ヒデ 〉オイオイ、その全共闘風な返事はよしなさい。(カオリちゃんは酔いが回ると70年代にタイムスリップする癖があって、セクトだのブントだのオルグだのという、いまやノスタルジックな闘争言語が飛び出すのです)

〈 カオリ 〉いやほんとにこの辺の人たちって家族の時間を大事にするよね。お花見のこともその通りで、今思うと東京のお花見風景がまるで昭和の風景みたいに思える。家族のために、家族を顧みずに働く企業戦士が集ってのつかの間の“戦士の休息”か“ひとときの家族サービス”。そうそうお父さんが家族サービスするという感覚もここにはないよね。

〈 ヒデ 〉ないない。ご主人がサービスするんじゃなくて家族みんなで時間を共有する感じだよね。

〈 カオリ 〉だいたいさあ、今思うと無理があったんだよねえ昭和の企業戦士。残業しまくりで休日出勤あたりまえでさ、家族はほったらかしでさ。まあ時代がそうだったんだから仕方ないけど、今そのツケがいろんなとこに出てきてるよ。だいたいさあ変だったよね、日本中のおじさんがビール飲みながらナイター観てた感じでさ。そうどこもかしこも枝豆とビールとナイター。ねえ、へんだったよねえ、ねえ、ねえ、ねえ聞いてる?

〈 ヒデ 〉はいはい、今日はもう寝ようね。はいはい、ちゃんと着替えてね。じゃお休み。

 まあとにかく一度お越し下さい、港南台。たくさんの家族の幸せ感が、集合体として春の風景をつくっている、そんな感じの街なのです。


5ab71101.jpg



e479a9a4.gif
走る走る走るくらしのサプリメントです。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 来客招運
  • 来客招運
  • 来客招運
  • 来客招運
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 色
  • 色
  • 色
  • 色
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ