アフリカの月

 アフリカの月という曲を御存じでしょうか。古い古いフォークの名曲です。作詞/KURO(西岡恭蔵の奥様)、作曲/西岡恭蔵で、知らなかったのですがお二人とももう他界されているとのこと。特に西岡ファンということではないのですが、年に何度かふいに口ずさんでいる曲です。最近では高田渡のDVD(結果的に追悼アルバムになってしまいました)で俳優の江本あきらが歌っています。なかなかいい感じです、機会があったらぜひお聞き下さい。


アフリカの月
作詞:KURO 作曲:西岡恭蔵

古い港町流れる夕暮れの口笛
海の匂いに恋したあれは遠い日の少年

酒場じゃ海で片足無くした老いぼれ
安酒に酔って唄う遠い想い出
俺が旅した若い頃はよく聞け若いの
酒と女と浪漫を求めて七つの海を旅したものさ

母さんは言うけど
船乗りは宿ぐれ海に抱かれて年取り
あとは寂しく死ぬだけ

僕は夢見る波の彼方の黒い大陸
椰子の葉影におどる星屑

d9f14114.jpg


 このアフリカの月を口ずさむ時に必ず浮ぶ笑顔があります。それはお客さまの清水孝さんです。
 奥様から「実は清水が亡くなりまして」と電話をいただいたときにはもう葬儀もいろんな整理も終わっていて、奥様もいくらか平静を取り戻していらっしゃったのですが、こちらは突然の訃報に電話口で涙が止まりませんでした。

 清水さんとの出合いは5年前、うちが横浜に出店したばかりのころで、庭に池をつくりたいというご依頼でした。その後もおつき合いが続いて、ガーデンパーティーにお招きいただいたり、何度か店に立ち寄ってくださったりしました。
 ご主人はアフリカに中古車を輸出して販売する会社をやっていて、いつもアフリカの話を興味津々で聞かせてもらい、必ず一度アフリカに遊びに行きますと約束していたのですが・・・。
 清水さんのご主人は新潟の長岡出身で奥様は兵庫県の神戸出身です。うちは私が新潟の魚沼市、妻が兵庫の姫路なので組み合わせが同じということもあって、最初から何となく近しい感じでおつきあいさせていただき、親戚みたいな感覚になっていました。またご夫婦の人柄、ご主人の独特の人を引き付ける魅力がそうさせたのかもしれません。ご主人の独特の魅力、その一端を書きます。
 清水孝さんは走るのが好きです。最初は50才を過ぎてから医者に「少し歩きなさい」と言われて始めたウォーキング、その距離とスピードが徐々に伸びて、ついに江ノ島まで(横浜市栄区桂台から)ジョギングするようになって、さらに茅ヶ崎方面に距離を延していました。その行程をクルマで走ってみると、とてもじゃないけど走ろうなんて考えられる距離ではないのです。絶対に楽なはずないのにニコニコしながら「たいしかことないよ」と涼しい顏をしています。そして食事はものすごく質素で、肉はほとんど食べないで、毎日必ず豆腐を2丁、少しのお酒、あとは長岡の弟さんが作っている特大のアサツキをボリボリと、そして何にでも世界一辛いと言うとうがらし(タバスコにタカの爪の種と果肉が入っているようなものです)をかけて食べるという食事です。そしていつも豪快に笑っている、そんな人です。私に会うと必ず「あなたは天才だよ、すばらしい才能だ。いつか投資するから大きい会社にしなさい」と持ち上げてくれます。それから、アフリカでのいろんなエピソードは嘘のようなほんとの話の連続で、いつも爆笑と共に聞き入ってしまいます。“ 風の街港南台 ”で紹介した「アフリカではいい風が吹くところを捜して家を建てる」というのも清水さんから聞いたネタです。他に、現地の従業員とのトラブル話やアフリカの裁判で勝つには袖の下が必要とか、キリマンジャロに登った話、アフリカでは400坪のプール付きの家で、お手伝いさんが5人いるとか、現地の子供達に柔道を教えていることなど、ネタの宝庫なのです。
 常に限界まで何かに挑戦しながら、でもいつも笑っている。ご自身が光り輝きながら先頭切って走り続ける、そんな清水孝さんです。
 今日から数日を使ってこの清水さんを偲び、その生きざまを紹介することにします。しばらく“ 庭 ”はお休みになりますが、これをお読みいただくと、きっとあなたの心にすてきな“ アフリカの月 ”が見えてくると思います。


be46eefe.jpg

〈 この山は氷ではなくて、塩で白くなっているのだそうです〉




752d9be3.gif
 走る

自然は生活の分母なのです

645f3f78.jpg


 いつものように円海山から瀬上池に降りるコースを散歩中にこんなチラシを見つけました。以下転記します。


『横浜市域再大規模のホタルの里 瀬上の森に進む開発計画』

 横浜の南の森、円海山緑地。鎌倉から逗子へ、そして三浦半島へとつながる首都圏の大きな緑の回廊。その入口に位置する瀬上の森。横浜の原風景である大きな谷戸。横浜市域再大規模のホタルが流域約3キロにわたって自生するいたち川支流。昔の人々の治水の苦労を偲ぶ灌漑遺跡や世界的な学術教育価値を持つ貝化石の露頭。そしてホタルに代表される豊かな生態系との触れあいや憩いを求めるたくさんの市民。この市民の貴重な共有財産でもある瀬上の森に、横浜スタジアム8個分にも相当する21haの大規模開発が計画されています。港南台から上郷へと下る舞岡上郷線の両側の山を削り谷を埋めて、ショッピングセンター、宅地、高層マンションを建設しようとするものです。横浜市の環境部局は、この緑地には優先的に保全すべき高い価値があると認めながら、事業者の開発意欲を理由に保全のための十分な施策を行ってきていません。
 現在、横浜市は(1)事業者が所有する緑地の半分を寄付させて市有地とする。(2)舞岡上郷線の4車線化の拡幅を事業者の負担で行う。(3)ホタルの生息環境の保護をする。という3点を「開発を認める最低限の条件」と説明し、「これが実現しなければ開発の許可は出ない」と言っていますが、(1)(2)から見えるのは、道路を事業者負担で拡張する代償として、大規模な緑地と生きものの生息環境の破壊を容認する手続きに入ろうとする開発部局の姿勢です。これだけの規模の開発を、開発抑制の市街化調整区域から開発促進の市街化区域に変更してまで行おうとするのは横浜では最近は例のないことですし、開発計画地には、一昨年、栄区民の参画で決定された「栄区街づくり方針(都市計画マスタープラン)」で「緑と水の拠点」にすると明記された舞岡上郷線東側を含んでいるという都市計画上の大きな不整合もあります。またホタルの生息環境の保護をするという(3)の条件は、現存の川を工事中は埋め立て、商業施設の明かりもコントロールできない計画では流域全体のホタルを守れる根拠がありません。専門家の方々は、現在の計画では光の影響などでいたち川支流流域のホタルには大きな影響があり得ると指摘しています。
 このような状況の中で、今年の2月から、市民・自然保護団体・学識経験者などの強い訴えに応える形で、計画の環境への影響を審査する環境アセスメントのプロセスが始まりました。アセスの進め方(方法書)に対して意見書を出した市民は、横浜の過去のアセス条例でも一、二を争う400人を越える規模となり関心の高さを物語っています。私たちは、これから本格的な審査が始まるこの手続きの透明性と審査の合理性をしっかりフォローしながら、適切な環境保全措置が施された計画への見直しを求めていきたいと考えています。
 瀬上の森やそれにつながる円海山緑地を保全し、多様な生きものや文化財を次の世代に残していくにはどうしたらよいのか、一緒に考えてみませんか。私たちは、横浜そして瀬上の自然や生きもの、あるいは文化財に関心を持たれる広範な方々と開発計画についての情報を共有し、現地での観察会や勉強会・講演会を通じて考え、行政や事業者との対話も進めています。
 また運営にあたっては、この活動が特定の政治団体や思想に偏ることのないように努めています。是非、下記のホームページをご覧いただき、また毎月定例で行っている視察観察会にもご参加ください。

「瀬上の森パートナーシップ(SMP)」
  <連絡先>
 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2ム24ム2
 神奈川県民活動サポートセンター
 レターケースNo.420 瀬上の森パートナーシップ(SMP)宛
E-mail:segami-ps@hotmail.co.jp
ホームページのURL:http://ameblo.jp/segami-ps/

<視察観察会>
8月19日(土) 俳句でハイク
9月16日(土) 秋の虫をさがそう
10月7日(土) 瀬上の秋の野草たち
11月18日(土) 冬の生きものさがし
 集合は当日10時に県立上郷高校の正門前。小雨決行。解散は12時頃。付近に手洗いはありません。当日受付も行いますが、事前にSMPまで、葉書かE-mailで参加の連絡がいただけると幸いです。

- 以上 -



e7307d56.jpg

dd3cd4f1.jpg

7cf9b731.jpg


 瀬上の森とその周辺の自然を満喫している私にとっては直接的に心配な問題です。何とか環境を保全する方向での解決を願っています。

1c954e49.jpg

c5a5d296.jpg

2be1a73d.jpg


 ある冒険家が「自然は生活の分母だ」と言っていました。全く同感です。豊かな自然がベースにあればこそ、豊かな生活が実現し、その分母が小さくなればどう取り繕っても豊かな生活は望めなくなる、そう思うのです。だいいち、この先急激に人口が減ってゆくことが予測できているのに、なぜ今、自然を壊してまで生活の場を確保しなければならないのか。10年後には日本中のマンションは空室だらけになり、20年後には渋滞や通勤ラッシュなど遠い昔のお話になるのです。それなのになぜ?答えはいつもの通りで“ 経済活動優先 ”ということなのでしょう。目先の金のために環境を破壊することの愚かさにまだ気が付かないということなのでしょうか。あるいはそんなことは給料が上がることに比べたら、たいしたことではないと考えているのかもしれません。だとしたらこれまた愚かとしか言いようがありません。連日起きている悲惨な事件、親が子供を、子供が親を、子供が子供をという悲劇の原因をたどってさかのぼると、多くの事件の種は高度経済成長期からバブル期までに、日本人が経済と引き換えに(自然だけではなく)いろんなことを破壊してきたことにある、そんな気がしています。「諸悪の根源は昭和時代、会社帰りに毎日ビールと枝豆でジャイアンツ戦を観ていた親父たちあるのだ!」という暴言を妻にたしなめられながら、でもやっぱり、あの頃の大人たちにもう少し日本の将来へのビジョンがあったら、そして途上国の貧困や戦争のこと、地球の健康状態にまで思いを至らせるセンスがあったら、今はもう少し豊かだったはず。少なくてもこんな事件が連日報道されるような国にはなっていなかったと思うのです。と、愚痴っていてもしょうがないので、今の大人である私たちはどう考え、どう行動するべきなのか。30年後の大人たちに愚痴られないように、『経済と環境』、真剣に取り組むべき問題なのです。

51e2338b.jpg

142d0778.jpg


 「自然は生活の分母だ」。もう待った無しの状況です。分母を食い潰すのではなくて、大きく豊かに育てていきましょう。そのために日々何をすればいいのか、理念を忘れずにそれを模索する、そういう生活でいいのだと思います。それが、エコロジーやロハスな生活ということです。



d51425fd.gif
 走る 環境ブログの現在1位『晴れの日、オーガニック日和』おすすめします。わたし、好きですこういうおじさん。

ヒーリングガーデン( 宮川邸 4)

3d623bad.jpg

c0e16973.jpg

8f58ddb2.jpg

4aca5c7c.jpg

372282de.jpg

a066eabe.jpg

5ee3abec.jpg

ddab2fa2.jpg

2a598a76.jpg


 この小物たちからも、日頃から庭を楽しんでいただいている様子が伝わってきます。お医者さんという仕事は強いストレスを受ける仕事で、同時にそういったことの専門家でもあるわけで、この庭の楽しみ方こそがヒーリングガーデンのモデルケースなのかもしれません。
 この積極的に庭のある暮らしを組み立てている様子、その力に敬服しました。「こういうすてきな先生とご家族だからこそ、地元で3代続くという信頼が築けているんだろうなあ」これは撮影の帰り道で妻カオリちゃんが言ったひとことです。同感!その感じを見習ってうちらもがんばらなくては。



235481b1.gif
 走る

こちらこそ、感謝です( 宮川邸 3)

 お医者さんがガーデニングを楽しむ庭です。日頃は圧倒的にデッキやテラスがメインのリビングガーデンの設計が多いので、最初は頭の切り替えが必要でしたが、途中からはスイスイと楽しく夢中で仕上げました。設計しながらこのガーデンリフォームが宮川さんご一家にとって意義あるものになるようにとデザイン的な策略をちりばめた庭です。最も危惧したことは日常の生活導線から庭が離れているということです。意識しなければ庭に出ないまま過ぎてしまう。こうして2年後を拝見すると設計時の願い以上に楽しんでいただいていると感じて、とてもうれしく、ありがたく思いました。

d9fad706.jpg

187d527d.jpg

f8f60938.jpg

9b5ad897.jpg

9a33c9a7.jpg

9fd8047a.jpg

81a302b4.jpg

4182d631.jpg

eabd8536.jpg


 撮影した写真をお送りしたところ、とてもていねいなお礼状をいただき、恐縮してしまいました。「こちらこそ、ほんとうにありがとうございました」

 庭のあちこちにおもしろい小物が配してありましたので、明日はそれをご覧下さい。



191322c1.gif
 走る

時間が線を馴染ませてくれる( 宮川邸 2)

Before
f3af1dd4.jpg

After
5f728f90.jpg



Before
4810408f.jpg

After
bad18269.jpg



Before
6f9992d5.jpg

After
0251f43c.jpg


 完成直後は空き地に大きなコンパスで線を描いたような感じだったのですが、時間がそれをなじませてくれました。レンガも風合いを増していて。2年がかりで安堵したのです。



341c101b.gif
 走る汗           走る走る走る走る走る走る

あえて図形チックにしました( 宮川邸 1)

 今日から4回でご紹介するのは京急沿線の駅近くで3代続く医院のお庭です。一般的なリビング外の庭と違っていて、普通の生活導線から離れた場所に休遊地があるという感じで、だからでしょうか、あまり有効に使われていない場所でした。庭の裏手はすぐに川が流れていて心地よい風が吹きそうです。最初にご提案したのはご家族で川風を楽しみながらバーベキューや食事ができる場所というイメージだったのですが、リビングから離れていることから、そうではなくてガーデニングを楽しめるようにしたいというご要望、ならばこんな感じでどうでしょうとお出ししたのがこのプランです。

736f985c.jpg


 三角形の土地に円を組み合わせながら、ゾーン分けと敷地いっぱいの導線、まくら木のパーティションとアーチ、ウッドパネルと円形花壇などで厚みとフォーカルポイントをつくりました。かなり図形チックですが、時間が経ち、植物が育ってそれを薄めてくれることを期待しつつ、あえてそうしました。それは、今まで活用されなかった土地で、(必然的に)生活パターンを変えてまで「これからガーデニングを楽しむのだ」という挑戦のためのベースとして、線や形で場を和ませたり活気づけた方がいいと考えたからです。遊園地みたいに構成された空間がガーデニングへの意欲やモチベーションになれば、そう考えたわけです。機能性だけの構成ではなくて形や仕切りや質感で何かを仕掛けていく、ガーデンデザインのひとつの勝負どころです。でもこれをやり過ぎたり、方法を誤ると庭が台無しになってしまうので、設計は行きつ戻りつしながらの丹念な作業になり、描き上がる頃にはすっかり自分が図面の縮尺になって、この庭を歩き、腰掛けてお茶を楽しみ、しゃがんで植物の手入れをしていました。そんなときはまずOK!なのです。たいがいイメージ通りの庭ができあがります。

 明日はビフォー・アフターです。アフターは完成から2年後、期待通りに植物が図形を薄めてくれました。



33e1ef33.gif
 走る 走る 走る     走る 走る 

Hotate's Birthday

 JAG(日本ガーデンデザイナーズ協会)のメンバー保立さんからBirthday Partyにご招待いただきました。子どもの誕生会ではなくて大人のBirthday Party、『SUMMER NIGHT PARTY/おいしい酒と料理を味わいながらJAZZを楽しみませんか? ☆星がテーマのパーティーです☆』という招待状でした。こういうのは芸能人しかやらないと思っていたのでビックリ。妻カオリちゃんと一緒に「場違いだったらどうしよう」とドキドキしながらおじゃましました。会場は八王子にある保立さんの自宅、マンションのペントハウスでこれまたビックリです。さすがに感性の巨人帆立さん、玄関からリビング、キッチン、ベランダ、隅々まで美しい生活です。集まった方たちは、デザインと音楽に関係する経歴や職業の方たちでした。ものすごく気さくな人ばかりでジャズと料理と楽しい会話で招待状通りの夢のようなひとときでした。

dd6e1e65.jpg

1c904149.jpg

8d6ee1be.jpg

8c548fc1.jpg

66cfda1f.jpg

25550833.jpg


 すばらしいフルートを聞かせてくれた華岡昌生さん(ご覧のようにものすごくカッコイイひとです)が私と同じ歳と聞いた妻から「あなたももっとしっかりしなさいよ!」と言われ、言われるまでもなく激しく自己嫌悪に陥りました、が、それ以上に上質で楽しい時間は私の日常には存在しない陶酔の異空間で、実に貴重な経験でした。帆立さん、華岡さん、他の皆さんも、ほんとにありがとうございました。またこんな機会にはぜひ声をかけて下さいね。お礼に、いつか横浜流のガーデンパーティーにご招待します。いつになるかわかりませんが必ず。

おじさんはショックだったのです( 石綿邸 3)

f86e62be.jpg

60b88be9.jpg

c2a2e0cf.jpg

1bc85fa1.jpg

84299e07.jpg

c6c6a9da.jpg

850fed4d.jpg

8f2d325d.jpg

7dd06371.jpg


 最初、打合せにうかがったときに、このお嬢ちゃんに大泣きされてしまいました。人見知り真っ盛りということでしたが、一緒に行った妻カオリちゃんに「昔はこんなことなかったのにねえ、いつのまにかおじさんになってるんだよ」と言われて大ショック。子どもは得意なはずだったのに、ここのところ女の子には連戦連敗なのです。あちこちで泣かれたり逃げられたりしていてそれを気にしているときのこの一言。いつのまにかおじさんに・・・。ショックだったのです。
 でも工事が終わる頃にはすっかり馴染んでくれてこの笑顔、ホッとして帰ってきました。



545d103d.gif
 走る カテゴリ/ダイエットの『1ヶ月で8キロ以上!俺流の成功ダイエット体験記&日記』 3ヶ月で23kgダウン、ビフォー・アフターがすごいです。おじさん化をストップするために私もダイエット始めようかなあ。白状すると現在84kgもあるのです。身長ですか?約2メートルです。

庭というよりリビング( 石綿邸 2)

 テーマは狭小地をどう活用するか、石綿邸のビフォーアフターです。

Before
e5718089.jpg

After
a9ceaed3.jpg



Before
1c8888da.jpg

After
a4baa3ce.jpg



Before
30d37ed5.jpg

After
14482d4a.jpg



もともと土間コンクリートの物置き場になってしまっていた場所が、ウッドデッキによって過ごせる場所、特等席になりました。庭というよりリビングが外に広がった感じです。それとしっかりと閉じた目隠しで、閉まりっぱなしだったリビングのカーテンは開けっ放しになりました。
 明日も石綿邸の完成写真です。




ba95c8db.gif
 走る 現在住まいブログ5位の『家を建てる前に読んで!』はなかなかです。推薦します。

狭くても大丈夫っです( 石綿邸 1)

 毎日庭の相談を受けていてよく聞く言葉に「広い庭があれば何でもできるわよねえ、うちわ狭いから無理」というのがあります。でも狭い庭をあきらめてはいけません。
 ガーデンデザイナーの仕事をシンプルに考えると“ 与えられた条件で、お客さまが実現したいイメージや可能性を追求して具現化する ”ということを生業とする空間職人です。こうしてブログで紹介するとなるとどうしても大きい庭が多くなってしまうのですが、実は限られた場所をどう有効に構成するかということを日常的に考えています。それが癖になって、広い庭でも隅から隅まできっちり活用したやや息苦しい提案になってしまうこともあって、これも常に気をつけている点です。

 今日ご紹介する石綿邸は、狭めなリビングの外の土間スペースをどうしたら家族で楽しむ場所として有効活用できるかということがテーマでした。それと同時に周りから丸見えでリビングのカーテンを開けられないということも解消できればというご希望です。
 Plan Aはウッドデッキ、リビングの外が狭めなときにはこのようにリビングと段差をつけないで敷地いっぱいまで広げるのが最も有効です。それと既存のフェンスに結束するという簡単施工で市販のルーバーフェンス(耐久性に難ありですが、価格が低いので壊れたら取り替えればいいという選択です)で目隠しというプランです。
 Plan Bは足元を気にしないで出られる必要最低限の階段とレンガのテラス、一段降りる形でジュラストーン(現在はコンクリートなので、石を張ることで庭スペースという認識になって広く感じるようになります。


Plan A
957d85f2.jpg



Plan B
7bdfe3be.jpg



 ご夫婦で検討の結果ウッドデッキに決定!明日はそのビフォー・アフターです。



PS. 音量 ビッグサム港南台店(うちの店『グレースランド』が入っているホームセンターです)の夏企画『カブト虫釣り大会』が開催されます。クラッカー

af34e4cb.jpg


 もうすぐ夏休みですねえ。「よいか、子どもたちよ!夏休みの思い出は一生の宝物になるのだ。宿題なんか放っといて、いや訂正、さっさと終わらせて、思いっきり遊びまくるのだぞ!」



a4945734.gif
 走る ブログ村のカテゴリー一覧を見ると、ペットと子育てとダイエットに人気が集中しています。わかるな~。

マンディブラリスフタマタクワガタ

 連日の真夏日で港南台特有のイイ風は未だ吹かず、大人はみんなヘロヘロにばてていますが子どもたちはすっかり夏モードです。連休ということで来店される方も家族連れが多く、中でも小学生の男の子たちとはムシ話が弾みます。今日もこのブログでご紹介した亀田さんご一家がいらっしゃって「カブトが羽化したんだよ」とうれしそうでした。そこで今日はそんな子どもたちに私のムシ自慢です。
 先日東京のむし社で買ってきたマンディブラリスフタマタクワガタをお見せします。このマンディブラリス、以前から欲しかったのです。姿がイイ。一般的にムシマニアはオオクワやヒラタの大型化に血道を上げるものですが、私はフタマタ、ノコギリ、ツヤ、ホソアカ系にときめくのです。ご覧下さいこの大顎のフォルム、美しい!のです。それから、購入してビックリ、評判通りに凶暴です。目の前の動くものには躊躇せず攻撃を始めます。スマトラヒラタも攻撃的ですが、スマトラがスタン・ハンセンだとするとマンディブラリスはダイナマイト・キッドです。(この例え、古い話なので、子どもたちはお父さんに聞いてね)そのあまりの激しさにペアリングが心配だったのですが、なんとか無事にいきました。興奮状態でお見合いさせるといきなりメスの首をちょん切ることもあるのです。でも大丈夫でした。こんなに攻撃的な性格なのに、メスには触覚を振動させながら(これをアモーレ状態と呼んでいます)そーっと近付いて、ゆっくり時間をかけながらコミュニケーションを図っていました。ほんとにうまくできているものだと感心します。それで、交尾が終わるとこれまたおもしろい。おたがいに、まるで相手がそこに存在しないかのように完全無視です。争うこともすり寄ることもしない。まるで人間夫婦の10年間が1週間に凝縮されたようなムシの行動なのです。そして後尾前後の様子はムシの種類によってすごく違って、これがまた興味深い。DV家庭(ニジイロク)、仮面夫婦(ギラファノコギリ)、成田離婚(パラワンヒラタ)一生ラブラブ(インターメディアオニツヤ)などと様々なのです。
 子どもたちに自慢しようと思って書き始めたのに、ついつい大人向けの話になってしまいました。こどもたち、わかんないところはお母さんに聞いてね。


363bb2bf.jpg

34e60f38.jpg

226ada4a.jpg


マンディブラリスフタマタクワガタ

スマトラ島 ジャンビ産
♂70ミリペア 野外品


 うまく育てると100ミリを超えるというフタマタでは最大の種類だそうです。大型を目指してブリード開始、一年後が楽しみです。




e19c9bd3.gif
 ダンス 暑さに負けないで、大汗かいてがんばりましょう。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • Healing
  • Healing
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ