LOHAS度Check!( 名古屋邸 3)

名古屋邸の庭です。

b95e273f.jpg


ae0978fa.jpg


846caae8.jpg


ce9adb2c.jpg


ded47971.jpg


0508239c.jpg


4edb93e9.jpg


dbac4d03.jpg




 名古屋さんちの“ オール電化住宅 ”から“ LOHAS ”のことを少し書きましたが、LOHASを理解するのに最適だと思う『あなたのLOHAS度Check!』というのを発見しましたので紹介します。以下、リビング・デザインセンター発行のLIVING design、2005年7月号からの転載です。


あなたの
LOHAS度Check!


あなたが同意する項目にチェックしてください。
10項目以上に同意したあなたは、すでにLOHASの一人であると言えます。
また、チェックした項目が多ければ多いほど、その度合いは高くなります。

あなたは、

□1、自然を愛し、自然破壊を深く憂慮している。

□2、人口過剰、発展途上国の人々に対する搾取といった
   地球上で起こっている問題を意識している。

□3、環境破壊や世界で起こっている問題に対処する方法をもっと知りたい。

□4、環境浄化や地球温暖化を止めるために役立つと知っていれば、
   税金を多く払ったり、価格がより高い商品を購入してもいい。

□5、外国の人々や場所が好きで、さまざまな文化や生活を体験することが好きだ。

□6、商品を購入する際には、できる限り環境に優しいものを選ぶようにしている。

□7、質素な生活を送りたいと思っている。

□8、人間関係を大切にし、それをより発展させていく重要性を感じている。

□9、何らかの宗教を信仰しているかは別にして、宗教的な神秘には関心がある。

□10、ヨガや習い事などの自己啓発に時間をかけたい。

□11、生活の中で創造的な時間を大切にしたい。

□12、ホメオパシーや漢方薬、アロマセラピーなどの代替医療に関心がある。

□13、地域社会がふたたび元気になってほしい。

□14、納得できる理由があれば、ボランティアに参加する。

□15、仕事において、女性は公平に扱われるべきだ。

□16、政治や行政には、子どもの教育や幸せをもっと重視して欲しい。

□17、現在の行政には不満があり、新しくよりよい生活づくりに関わりたいと思っている。

□18、現在の社会が重視する、成功や出世、稼いでは消費すること、
   富や豪華なものが、すべていいものだとは思わない。

□19、どちらかと言えば、自分たちの将来に対して楽観的だ。

ー 以上 ー



 あなたのLOHAS度はどうだったでしょうか?ちなみに私はほとんどチェックです。ンッ!この質問で10項目以下の人なんてちょっと考えづらいですよねえ。だとすれば、LOHASは社会的な共通認識・共通課題ということになります。LOHAS LIFE、常に心掛けたいことです。



5f1521dd.gif
走る

LOHAS( 名古屋邸 2)

 名古屋邸はオール電化住宅です。ご主人がそういった関係の企業にお勤めで、もちろん環境や健康的な生活にも造詣の深い“ LOHAS ”な方なのです。LOHAS(ロハス)/Lifestyles Of Health And Sustainability、人の健康と環境保護を優先させながら持続可能な社会システムを実現しようとする考え方です。“ エコ ”の進化形といいますか、都会人が、便利さや情報の渦の中にいるからこそ、心身の健康と環境の保全を優先的に意識した生活が快適さを生む、よりイイ感じに暮らすためにエコロジーとヘルシーを実践する、そんな感じでしょうか。
 では、LOHASなご主人の感性とこだわりがカタチになった名古屋邸の外構をご覧下さい。

133415bb.jpg

732be8bd.jpg

6d7b8833.jpg

039ee3f2.jpg

292f2742.jpg

d0a1fbda.jpg

d5e0b94d.jpg

4edbcbe0.jpg

1cbb68e7.jpg


 LOHAS!  明日は庭のプランと完成写真です。



f9467eea.gif
電球ブログ村にもロハスがいっぱいです。

フォーカシング( 名古屋邸 1)

 新築の家にどういう洋服を着せるか、家族のいろんな思いのこもった建物の最後の仕上げが外構です。デザイン、素材、機能と、悩みはじめると切りがないほど選択肢に幅がありますので、こちらが一応の提案をした上で、お客さまが漠然とイメージしている仕上がりの感じとのすり合わせ、フォーカシングをしていきます。Aプラン、Bプラン、C、Dと練り直すうちにピントが合ってきて、満足度の高い仕上がりになるのです。ただし、その作業は根気と言いますか、夢中で描き上げた画用紙をやぶり捨てて再度さらの画用紙に熱中するという“ 熱 ”が必要になります。一年中行っている作業ではありますが、コンディションによってはその熱が出てこないこともあって、そんなときが一番苦しいのです。でも今回の名古屋邸はご主人の家への思いの強さに押されるかたちでA~Dまで一気に練り上げることができました。ご主人の家への思いはイコール奥様、娘さんら家族への思いです。その強さが辛抱強いこだわりとなって次のプランを導き出す、そんな“ 思いのプロセス ”を楽しませていただいた、忘れられない現場となりました。


Plan A
145f6748.jpg
93380059.jpg



Plan B
0f85c547.jpg
43e27f4b.jpg



Plan C
2c3c8832.jpg
02600565.jpg



Plan D
4c65e3b1.jpg
74c98948.jpg



 Dプランをベースに、さらに細部を変更して出来上がった名古屋邸の外構、明日はその完成写真です。




79d0f543.gif
走る

プラスαに情熱を( 後藤邸 7)

 後藤邸の最終回です。
 ご主人が「うちの奥さんはほとんど庭に出っぱなしだから奥さんじゃなくて外さんだ」というほど庭に夢中な後藤さん。実は庭だけではなく、興味を持ったことにはとことんのめり込むのです。ガレージセールをやればお友達で大混雑の盛況ぶりですし、マーマレード作りや紅茶の知識はプロ級ですし、極めつけはクリスマス。毎年1ヶ月かけて室内から庭までをクリスマスバージョンに模様替えします。そんな暮らしぶりを拝見していて感じるのは“ カッコイイ! ”ということです。エネルギー値が高い人が生活上のプラスαなことに夢中になっている、カッコイイのです。見習いたいと思っていても、なかなかそういったプラスαなことに時間や費用や、それ以前に情熱を持つことはむづかしいものです。日々現実に追われるばかりで・・・。などと愚痴っていても生活は向上しないので、明日から意識して、生活を演出し、豊かに組み立てる能力、修行のつもりでそういったことのレベルアップを目指して、少しずつでも後藤さんに近付けるよう頑張ってみようと思っています。私の現在のプラスαは昆虫と料理と写真と奥さんと散歩とウインドサーフィンと・・・、こりゃいそがしいわ!多趣味はエネルギーが分散してしまいますね。まあいいか、とにかく片っ端から夢中で楽しみます。
 それでは“ 夢中力の庭 ”のバラ以外の草花をご覧下さい。

cf76fd99.jpg

827fcf2a.jpg

623df3cd.jpg

93a498cf.jpg

06feb891.jpg

a3469767.jpg

729b85aa.jpg

48a61af7.jpg

9fae9eaa.jpg


 最後に一点、後藤さんちの庭を魅力的にしている重要な要素をお教えします。それは風です。立地に恵まれていて、いつも心地いい風が吹き抜ける庭なのです。宅地を選ぶ時に日照や見晴し、庭好きの方なら土壌までは気にするでしょうが、なかなか風のことまでは考えないものです。でも実は、これが庭の快適さや植物の生育を大きく左右するポイントなのです。周りが建て込んでいてほとんど風が吹かない庭や、逆にいつも吹きさらしの庭もあります。一年中快適な風が通る庭、それが理想なのです。アフリカの人はいい風が吹く場所を探して家を建てるそうです。そんなふうに家や庭や家族のことを考えてみるのも大切なことだと思います。



f0d6a99e.gif
       走る

パワーの秘密( 後藤邸 6 )

090d9887.jpg

dd26da34.jpg

28987ed0.jpg

5b4575f2.jpg

7e4e3307.jpg

cfff4cbc.jpg

76f4604d.jpg

43fa9810.jpg

eca7ff69.jpg


 後藤さんに聞いたことがあります、「そのエネルギーはどこから出てくるんですか?」。答えは「私なんか全然たいしたことないわよ~」でした。聞くと、長年お付合いのあるお友達たちはもっとパワフルなのだそうです。超パワフルな人たちと付合うことで、自然とパワーのレベルが上がるということなのです。これまた勉強になりました。何か辛いことがあってそれに立ち向かうためにパワーを手に入れるとか、何らかのコンプレックスからあることにものすごいパワーを発揮するという例はよく見聞きするのですが、もっと自然体でパワフルに生きる方法として、この“ 超パワフルな人たちとお付合いする ”というやり方はすばらしい!今まで気が付きませんでした。
 後藤さんちのバラ、切りがないのでこれまでとしますが、バラ以外の花もたくさん咲いています。明日はそれらを紹介して後藤邸“ 夢中力の庭 ”の最終回にしようと思います。




5d09dd7e.gif
走る 走る 走る 走る 走る 走る 走る

今はバラに夢中!( 後藤邸 5)

 リフォーム前はカモミールの庭、春に庭一面が白い花で埋め尽くされるというシンプルでロマンティックな庭でした。その後アイビーゼラニュームに凝り、今度は鮮やかで心弾む庭になりました。そして昨年からバラの庭に移行し始めて、今は見事なローズガーデンです。「いったいバラ、何種類あるんですか」とうかがうと、丁寧に記録してあるノートをめくりながら1、2、3、・・・と数え始め、これがなかなか終わらない。ついに100を超えてしまいました。
 この集中力といいますか、夢中になって楽しむ力がとても強い後藤さんなのです。私はそれを“ 夢中力 ”と呼んで、スタッフや子どもたちに、そして自分自身に「見習いたいものだ」と生活の指針としています。子どもたちにも「いいか、まちがってもテスト前だからとかみんなもやっているからとかいって、嫌々勉強なんかするんじゃないぞ!興味があること、やってて楽しいことを夢中になってやることの方がずっと大切なんだ」と訓示をたれていたら、娘はほんとに勉強をしなくなり、初めての中間テストはさんたんたる結果で・・・。まあいいか、その分夢中で遊んでいるので、そのうち何かしら花開くときがくるでしょう。
 そんな、尊敬すべき後藤さんの夢中力によって花開いたバラをご覧下さい。


63609553.jpg

7fc36a3d.jpg

89f9e25e.jpg

a61c2898.jpg

fa361aca.jpg

65b08f5e.jpg

6c8191e7.jpg

c56c5fe4.jpg

ae628108.jpg


 何しろ百種類以上なのでアップしきれません。明日も引続きバラをご覧下さい。



0513794b.gif
走る

集いの庭( 後藤邸 4)

 後藤邸をご紹介するのは3度目です。過去『2/2(カテゴリ/ティータイム)後藤さんちのマーマレード』と『5/19(カテゴリ/オープンガーデン)後藤さんちのオープンガーデン』、そして今回の“ 夢中力の庭 ”です。3年前にガーデンリフォームのご依頼を受けてから、いつうかがっても自家製マーマレードと本格的な紅茶で歓待していただき、その度に新たな刺激や話題で楽しい時間を過ごさせてもらっています。このように、お客さまと工事完了後に親しいお付き合いが始まるということが、この仕事をしている最大のメリットでありよろこびです。後藤さんをはじめ、多くのお客さまと知り合えたことで、ずいぶんと我が夫婦の人生が楽しくなり、また多くのことを学べた気がします。

70e931ca.jpg

うかがう度に、時には仕事を忘れて数時間、こんな感じでくつろいでしまうのです。


ace6ff79.jpg

cf8a9da6.jpg

5a60ea63.jpg

566a8583.jpg

eda8219a.jpg

0662509a.jpg

f1debf54.jpg

fdbefdef.jpg


 庭だけではなくて、生活全般にわたってパワフルで、常に『Welcome』な後藤さんなので、お友達は増える一方のようです。特にオープンガーデンの告知はしていないのに、一年を通してしょっちゅう庭でティータイム、訪問者と笑い声が絶えない庭なのです。

 夢中力の庭、明日も続きます。




9cc7d5a1.gif
  走る

“夢中力”で3年経過( 後藤邸 3)

 “ 夢中力の庭 ”後藤邸、リフォームして3年目の様子です。

0ba402d0.jpg

b780b761.jpg

645a91d1.jpg

5e1e7781.jpg

95191d3a.jpg

7d6126e3.jpg

b28ee979.jpg

e1e8cdf6.jpg

2a4e1f5c.jpg


 この3年間、奥様が庭で過ごした膨大な時間と一度も落ちないテンションが私の理屈っぽいデザインを覆い隠してくれて、すごく自然で厚みのある庭になりました。
 明日も続きます。



895b4022.gif
   走る      走る        走る

後藤邸 リフォームプラン( 後藤邸 2)

 “ 夢中力の人 ”後藤さん(奥様)がグレースランドを訪ねて下さったのは3年前です。もともと庭好きで、ご主人と一緒に大量のまくら木やレンガや小物を買ってきては庭を手作りしていたのですが、いろいろやっていくうちに全体に雑然としてしまって・・・。それでこの際ガーデンリフォームをということでした。
 年期の入ったファニチャー(材質はチークで10年前に購入)からこれまで庭で繰り広げがれてきた楽しいシーンが連想され、春はカモミールが庭一面、アイビーゼラニュームの鉢が無数にあって、他にも花だらけの素晴らしい庭。それをさらにリフォームしたいというご要望を受け、そのイマジネーションの強さに圧倒されつつご希望にお応えすべく描いたプランがこれです。


09ff210e.jpg

c6cc7a84.jpg



 いろいろと設計意図やポイントもあるのですが、その後の後藤さんの“夢中力”に比べると完全に色あせてしまうので説明は省略します。設計力など二の次三の次、つくづく庭は育てるものだということを、時間が経過するほどに感じさせてくれる、そんな庭なのです。
 明日から紹介する写真はリフォーム完了から3年経った、今年のゴールデンウィーク以降に撮影したものです。




ccecf5ef.gif
走る 走る 走る

おくち直しにバラをどうぞ( 後藤邸 1)

 昨日はやや重めの話題で、写真もキッツイのが並んでしまいましたので、おくち直しにバラの写真からスタートします。

7d0332bd.jpg

c8de33ae.jpg

4f6d5e4e.jpg

41e9b1b5.jpg

4b3a1a87.jpg

b089d2db.jpg


 これらのバラは『後藤邸のマーマレード』と『オープンガーデン』でご紹介した後藤さんちで撮影したものです。こちらの後藤さん、以前にも書きましたが突出したエネルギーをお持ちの方でして、なんていうとものすごく激しい感じをイメージされるかもしれませんが、そうではなくて、何事も夢中で楽しむという能力に長けている方なのです。その“夢中力”が見事な花となって咲き誇り、ミツバチのようにそこに人が集う、それが後藤さんちのローズガーデンなのです。
 今日から7回の予定で『夢中力の庭・後藤邸』を紹介します。

 やっぱ東京の悲しい風景より花や笑顔の写真がいいですねえ。



29bbd9d8.gif
走る

風景・環境・人

 一昨日JAG(日本ガーデンデザイナーズ協会)の理事会に初出席、日本の庭業界のトップを走る方たちにお会いできることに心弾ませながら、会場がある世田谷区の大原に向かいました。いつものことでやたらと早く到着(癖なんです)、これもいつものことで時間まで界隈を散策しました。どこに行っても歩き回るという習慣がいつから、なぜ始まったのか全く覚えてませんが、そのつど必ず何かしら発見があったり、歩きながらの思考から仕事上、生活上の新たな課題や目標や、ギャグのネタが浮かんだりして、それが楽しくて習慣化しています。で、今回京王線代田橋付近の路地を歩き回るうち、何とも言えない暗い気分に襲われていることに気が付いて「これは何なのだろう」とあれこれ思考したことをつらつらと。

 東京から横浜の港南台に居を移して5年、すっかり生活感は横浜色です。毎日いい風を感じながら、健康でいい感じの人々との関わりで日々が過ぎて行きます。それが普通になっている“ 横浜マインド ”のままで第3京浜を経由して世田谷に入ったとたん、自分の中で混乱が生じます。東京に仕事に行くときはいつもこの混乱からのスタートです。どういう混乱かと言いますと、まずは横浜と東京の“環境”の違い、そしてそのことによって次々とよみがえってくる東京での嫌な思い出、それが襲いかかってくるのです。とは言っても東京暮らしが嫌な思い出ばかりだったと言うわけではありません。ですから東京時代の嫌な思い出と言うより、それも含めた過去の嫌な記憶や感触や空気感みたいなものをいっぺんに引っ張り出させる“負のスイッチ”みたいなもの、が東京の風景・環境にはある、そう言った方がいいかもしれません。そう感じるのが私だけではなく、妻も、都心に通うお客さまも同じ感じを持っているようなので、であれば、東京は負のマインド、負のエネルギーが渦巻き、路地に負の枯れ葉が吹きだまっている、そういう恐ろしい場所で、どんなに心身共に健康な人でもその渦に巻き込まれたら最後、体調は崩れ、精神的にも病んで行ってしまうという『魔の都市』という解釈も出来ます。恐ろしいのは、東京で暮らしているときは、そんなこと何も感じなかったということです。たまたま脱出して横浜で暮らしてみて、外から東京を見てそう感じることができるのです。今横浜にいて東京時代の自分や家族を振り返ると、それほど過酷で劣悪な環境で暮らしているのだと意識することなしに、負のハリケーンに耐え、翻弄され続けて生きていた、そんな感じがします。ニューヨーク市長だったジュリアーノさんが提唱して大きな成果を上げたという“ 破れ窓理論 ”、昨日のギャルサー最終回でカーボーイが渋谷を去る時にギャルたちに言った言葉(見てない方には?ですが)、そろそろ積極的に都市環境について考えるべき時期にきている、というかいい加減に何とかしないといけないのではと考えています。私は政治家や役人ではありませんが“風景職人”です。都市の風景や環境に付いて「うちはうまいこと横浜に脱出できたからいいや」で終わらせるべきではないということを自分に課すために、『風景・環境・人』というカテゴリーを増やしました。同業の風景職人諸氏、一緒に考えてみませんか。

 そんなことを考えながら歩き回っている時に撮った、京王線代田橋駅界隈の風景です。

ccfcc337.jpg

a9fb2e0d.jpg

d94169cd.jpg

7f3779fe.jpg

6e02b7e9.jpg

b5c45ef7.jpg

819822d0.jpg

5ea31630.jpg

a0994eb9.jpg



8bbfd296.gif
走る
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • Healing
  • Healing
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 家族の庭のつくり方 27
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • 家族の庭のつくり方 26
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • プリンシパル ⇄ プリンシプル
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 25
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 家族の庭のつくり方 24
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 風の丘 オープンガーデン
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • 4:6
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • ガーデンセラピー 150
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 家族の庭のつくり方 23
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 家族の庭のつくり方 22
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ