庭のつれづれ

虫の知らせ。

哺乳類は6千種、鳥類は9千種、爬虫類は8千種、両生類は6千種、魚類は3万種であるのに対して、昆虫は驚くことに95万種もいるそうな。つまり太陽系第三惑星は植物と昆虫の星でありまして、地上で最も繁栄し、生態系のバランス保持を司っている彼らの営みを、ぼくらは見つめ、そこにある知恵やお作法や示唆を読み解くことが大事だと思うのです。
虫を親の仇みたいに、その昔酷い目に合わされた元彼みたいに毛嫌いするお母様方、それにはきっと何かそれなりの理由があったのでしょうが、昆虫に興味津々なお子さんの好奇心は大切に育ててあげてくださいね(カブトムシの幼虫いりませんか?ご連絡いただければ、良質マットを詰めたケースに10匹入れたのをお届けしますけど)




神に選ばれし種の一群は特徴的に無邪気で、
一心で、清廉で、迷いも悩みも、
その概念すら持ち合わせていないようだ。

DSC06909

DSC06547

DSC06020 2

DSC06324

DSC04926

DSC06628 2

DSC05401

悩み多き年頃のご同輩 、
血圧高めであろうと、
女房殿の機嫌がどうであろうと、
ハズキルーペを手放せずとも、
無邪気に、一心に、清廉に、
ここからが正念場にして少年場。
男子の本懐遂げるため、
意識を昆虫採集した頃にワープさせて
本領発揮とまいりましょう。 



ちなみに霊長類は220種。その中の大型類人猿はオランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ、ヒトの5種類で、どれも絶滅が危惧されています。
何千年か後(数百年かもしれません)、生き残った猿に、「やつらは哀れだった。二足歩行を始めてから脳が異様にでかくなっちまったもんだからノイローゼになって、傍若無人に自然を踏み荒らし、獲物を食い散らかし、仲間同士で争い、とうとう第三次世界大戦をおっぱじめて絶滅したんだぜ。生物学者の研究によれば、絶滅回避のラストチャンスは平成時代の終わり頃にあったらしい。多くが気を病んで、カーテンを閉め切り自然を遮断した部屋で暮らすことに、何の抵抗感も持たなくなっていたその頃に、「庭に出て過ごしましょう」と啓蒙を続けた猿がいたそうな。だがね、歴史とはいつもそうなのだが、つまり、滅びることは止められないわけだが、残念ながらその微かなチャンスは人々に見過ごされちまったというわけさ」などと言われるかも。
みんさん、庭に出て過ごしましょう。滅びの時期をいくらかでも遅らせるために。せめてカーテンを開けて、太陽の動きと季節の変化を感じ取りながら暮らしましょう。無自覚のうちに気を病まないためにも。





終わらない悲しみ 冬の訪れ 心には深い恐れ
夢は遠ざかり望みは消えてゆく
人は悩みながら問う どこから来たのか どこへ行くのかと
 そんな時には見つめて欲しい
子どもたちの笑顔と庭に咲く花の健気さを

庭は僕の兄弟みたいなもの
揺れる草花と駆けまわる子どもの姿で いつも気が晴れる
木々は歌い 空に虹が描かれ 今日も上出来な日だ

街が崩れて 光を失い 寒い季節になったとしても
庭はそこにある
清らかな心を慰め励ましながら 愛と平和への道を指し示す

揺れる草花と駆けまわる子どもの姿で気が晴れるんだ
木々は歌い 空に虹が描かれ 今日も上出来な日になるよ

 



Graceland Style

夢を語る。

庭は人を饒舌にします。楽しく懐かしい日々を振り返ったり、幸せな近況を伝え合ったりして、やがて未来のことを話し出します。ぼんやりと思っていた夢、すっかり忘れていた夢、かつてあきらめてしまった夢、
どんな夢も言葉にした瞬間から目標になり、希望が湧いてくるものです。ですから夫婦で、家族で、友人を招いて、大いに語り合ってください。



5de4f2d0

c3034eb3

73b63a0a

ec29466c

あるいはひとりでお酒でもやりながら、
キャンドルの灯りを見つめて、
自分と。

84ee2b8b



 

 

庭の法則

多忙な人が花咲かす。

「忙しい人ほど本を読む」と言われる通りで、忙中閑あり、壺中天あり、時間に追われるか、時間を使うかの違いが暮らしの Quality & Quantity を左右します。



花の少ない時期なので、
見つけるとつい立ち止まって、
レンズを向けてパシャパシャと。

DSC06694

DSC02028

DSC02344

光の方向、背景、構図、ピント、タイミング、
夢中で撮っていると、
早朝の庭で吹き出したセロトニンが効いてきて、
脳内がポジポジになるのです。

DSC02124

DSC02036

DSC02023

花を見つめて調子が上がるこの感じ、
あなたもお試しあれ。





 

庭のことだま

阿吽の地球。

お肌カサカサの季節到来、やって!TRY 早朝散歩。
夜明けの森へ行けば、そこには有り余るモイスチャーが液体化して葉っぱにくっつき光っています。



DSC04334

DSC00248

DSC04332 2

DSC04665



カメラ片手に、アングル低くあぐらをかいた路傍の石となってピントを合わせれば、絶え間なく変化しながら乾けば即座に潤す阿吽の地球に呼吸が合ってきて、今日は「庭がストレスで」というカサカサとなってしまった暮らしに水分補給をする庭を思い描くのだと、わが創造欲は泉の如しとなりにけり。いやはや庭がストレスって・・・大丈夫、両手をあわせたかたわらで揺れてるれんげ草、あなたの大事な庭を僕に任せてください。トレビの泉のようにトレビア〜ンなプランを仕上げますので楽しみにお待ちくださいませませ。
いやあこれぞまさしくシズル感。百聞は一見に如かずして、水分は一見で心潤すのでございます。



道端にしゃがむことはあっても
アスファルトや草むらに座ることってないですよね。
ないですよね、って言いながら白状すれば、
ぼくは時々、道路にどっかと座ります。
 それはローアングルで撮影をする際の
理想的な体制。
オン・ザ・ロードはジャック・ケルアック、
道程は高村光太郎、
ザ・ロードアウト /ステイはジャクソン・ブラウン、
マイ・ロードは名高達男と武田鉄矢のロード・ムービー、
マイ・スウィート・ロードはジョージ・ハリスン。
道路に座ると自分の来し方が映画のような、
行く末が小説のような。
あなたも久しぶりに地面に座ってみませんか、
ベンチではなく、芝生やアスファルトや砂利道に。
あるいは土の上にコンビニレジ袋でも敷いて。
木から降りた猿〜ぼくらの親世代まで、
路傍の石となることは自然な行為だったのですから。

というわけで本日の出囃子は、しっとりとして冷たい、
冷たいけれど柔らかいぬくもりも感じる秋風、
ジャクソン・ブラウンの歌声で。



People, stay just a little bit longer
We wanna play just a little bit longer
Now the promoter don't mind
And the union don't mind
If we take a little time and we leave it all behind
And sing one more song...
 

 


 

庭のことだま

石橋をまたいで渡る。

志高くあれ。さすればスケールがでかくなり、危ない橋もまたいでしまう。
ハイリハイリフレハイリホ~、大きくなれよ。

 
 

いよいよ紅葉が始まった、と思いきや、
塩害で傷んだ葉っぱを落とした枝が
季節を悠々とひとまたぎして、
春の芽吹きを始めていたのでありました。

DSC06967

秋にはかくあるべしなど知ったことか、
とにかく生き延びるのだと
なりふり構わぬ復元活動。

DSC06963

狂い咲きとか、
植物が時たま見せるこの姿勢に魅せられます。

DSC06971 2

それは志を全うしようと全力でジタバタする美しさ。

DSC06962

ではこの季節とズレた葉っぱはどうなるのか、
などとはいらぬ心配。
「負けへんで!」という意思表示を
神様は見逃すことはないのです。
そして来年は燃えるような紅葉、
タイガー・ウッズのごとき
感動の復活劇となるでしょう。



叩きのめされた時には余計はなものをそぎ落とし、最後の最後に残った理念に従って、根性根性ど根性。平面ガエルのピョン吉さまは、泣いて笑って喧嘩して、食べて眠っておねしょして、地団駄踏んで噛み付いて、それでも生きているシャツの中。



おやおやこちらはサルスベリ。

DSC06979 2

やはり春の勢いで葉を茂らせていました。



男たちよ、ピンチを潜り抜けるばかりではそのうち潰されてしまう。意識を変えてデカくなり、潜るのではなく悠然とまたいで通る、進撃の巨人を目指すのだ。

あ、女性の皆さまにおかれましては絶対にそんなこと考えたらいけません。うちにひとりいるんですけど、シン・ゴジラみたいな巨人が。歩いた跡が片っ端から死屍累々の廃墟と化しちゃうもんだから、後片付けが大変で大変で(まあその豪快さに惚れたんだから文句は言えませんが)。男は男らしく、女は女らしくあれ(これ、シン・ゴジラが大嫌いな言葉なので、またひと暴れされそうですが)。





家族の庭のつくり方 54

一年草を植える

ノースポール、ペチュニア、コスモス、ビオラなどの一年草は鮮やかに咲いて、季節ごとの主役になります。



早春の主役、ビオラ。

b8c016a8

fdd3b348

cd844f9f


春は秋に、秋は春の庭風景を思い描きながら。



970c7cff

96d2b372

358310ef



年に2回、衣替えをするように植え替え作業をすることが庭の大きなお楽しみ。
未来はあなたがイメージした通りに花開きます。


 


 

庭のつれづれ

Caution!

赤は注意喚起の色。子どもの頃、野山を駆け回りながら、ガキ大将から「ヒデ、赤い蛇(マムシ)と赤い葉っぱ(ウルシ)に気をつけろ」と言われたものでした。
冬を控えた森には赤い実が点在していて、こちらは集客のための色。さながら野鳥に食べ放題イベントの開催を告げているようです。 



注文の多い料理店連合会主催、
秋のバイキングフェア。 

DSC06883

61432d96

DSC06899 2

DSC06816

620042da

DSC06079


オーナーたちは店の存続に懸命です。 


 


 

置手紙

夕暮れ時に帰宅し玄関に入ると、室内に人の気配がない。人どころか犬たちの気配もなく、ミーが玄関まで駆けてきて、普段のクールさと違い、やけに猫なで声でなついてくる。
男の人生には何度かこういう場面があるものだ。嫌な予感をできるだけ排除しながら入ってゆくと、予感通りにテーブルに置手紙が。こういう場合、そこに書いている事柄は楽しい内容のはずはない。目を背け素通りして台所へ。冷蔵庫からビールを取り出し、理想的な泡になるよう丁寧にグラスに注いでからゆっくり味わって、思考領域に隙間をこしらえてから手紙を読んだ。

実家に帰ります。ついては次の事を実行しといてください。

1、朝メダカに餌をやること。
2、仕事の段取りはつけてあるので別紙のとおりに行動すること。
3、カブトムシのマットを交換をお願いします、そろそろウンチだからけなので。その際幼虫が何匹いるか確認すること。

やっぱり。女房はいつも突然書き置きをして消える。託宣を授けて役目を果たした大天使のように、悠然と翼を羽ばたかせて、遥か何処かへ飛んでゆくのだ。実家に帰るというのは地元の盛大な祭りを楽しんでくるということなのだろうが、その行動スケジュールを事前には告げない。ぼくには考えられないし理由もわからないが、気ままで、おまけに地球は自分を軸に回転していると信じて疑わない特異な種族、B型の特性なのであろう。

1と2は大したことではない。問題は3だ。
以前は昆虫好きなぼくがカブトムシや外国産クワガタを大量にブリードしているのを、文句を言いながら嫌々手伝ってくれたものだが、この夏はぼくの知らぬ間に数組のツガイを入手してきて、大型の飼育箱でじっくりと産卵させていた。口出しをすると世話を押し付けられるので、静観、というかできるだけ視界に入れないようにひと夏を過ごしたのだ、が、ついに、きたわけだ。
まだ幼虫が太る時期なので、栄養満点な昆虫マットを買ってきて庭で入換作業開始。発掘してみるとスイカの種みたいな排泄物がケースの7割ほどになっていた。それを1時間かけて取り除き、新しいマットを加えて準備完了。そこに取り出しておいた幼虫を並べたら、先を競って潜ってゆく。可愛い。全員とても元気だ。



DSC09619

DSC09631

DSC09624

DSC09626



数えた52匹。さて、これを羽化させるためには2ヶ月後に同じケースが最低でもあと4個、理想的には8個必要となる(狭いと蛹室が崩れて死んでしまう)。一体どうするつもりなのだろう。
また突然の置き手紙で指示が来ないことを祈っている。



まだ半分少年だった頃は、
四畳半の自室でギターをつま弾きながら
こんな曲を歌ったものだが、
40年後にまったく逆の立場になろうとは・・・
 


おとこのこ、とほほのほ。




 

ガーデンセラピー

季節を知る

庭は季節を感じ取るための場所です。



散歩道のジュウガツザクラ。
例年はポツポツと少ない花が長期間咲くのに、
今年は一斉に開きました。
やたら厳しかった気候にコンチクショウと、
負けてたまるか!と叫んでいるのか、
あるいはようやくの
おだやかな晴天続きがうれしくて、
春爛漫の頃にまで思いを馳せているのか。 

DSC06948



四季のある国では、季節に歩調を合わせることが健康の基本。 



DSC06955



移ろいに遅れを取らないためには先回りを心がけること。



DSC06954

花言葉は「寛容」と「神秘的な心」。



秋来りなば冬思い、さらにその先のサクラの季節まで気持ちを広げておけば、余裕を持って秋冬の庭を楽しめますよ。





 

庭の法則

個性は危機によって磨かれる。

進化はしばしば苦難を乗り越えようとする時に起こります。現状が危機であれば、これまでと違うこと、周囲と違うこと、自分にしかできないことで闘い生き残るしか道はなし。各々のその積み重ねが多種多様な生物による調和、生物多様性を生みました。


台風で傷んだ葉っぱを素早く振るい落として
実を存続させたハナミズキ。

DSC09654

近所を観察してみてください、
判断が遅れて枯葉をぶら下げている木には
ほとんど実が残っていないのです。

DSC09659 2

危機に有っては早急に身軽になることが肝要なり。

DSC06824

余計なものを捨てるほどに、
個性が色鮮やかになるますよ。



太古より、微生物から動植物まであらゆる生物に絶え間なく苦難は訪れ、ジタバタと必死になって活路を見いだした者だけが、奇跡のような進化を遂げて現在に至っているのです。つまりは苦難とは食事と同じく生存のための糧。そう思えば、頑張れますよね。
介護中の方、介護を受けている方、何らかの課題にギブアップ寸前で踏ん張っている方、ジタバタしながら頑張りましょう。
 

押さえ込まれたら、もうダメだと思う前に体の動く部分を探す。指一本なら動く。そこに意識を集中して動かしているうちに手首が動き、肘が動き、肩が動くようになり、すると腰が動いて技を抜けられる。

アントニオ猪木





家族の庭のつくり方 53

物置を置く

乱雑さに目が慣れてしまうことから庭は荒れてゆきます。ガーデニング用品、バーベキュー用品、掃除道具の収納場所を決めておきましょう。



木製物置は手入れが肝心。
2〜3年毎のペンキ塗りで、

10年以上不具合なく使えます。
手入れをするほど風合いが増して
愛着もわきますよ。

c136f236

741850aa

c99dd109


 
整理整頓を。



0a3b82ec

f213d5d6

91b89523



日々使うものだけを入れるようにしないと大きなゴミ箱になってしまうので要注意。詰め込むだけ詰め込みほとんど使わないまま、10年後に中身ごと物置を処分するというケースはよくあります。








記事検索
ギャラリー
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • まほろば
  • まほろば
  • まほろば
  • まほろば
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 天蓋の空
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ