庭のことだま

あの手この手で。

ゴージャスな百花繚乱の中では、白を基調にすっきり上品にという戦略で。



バラの季節に
エレガントさで勝負しているエゴノキの花。

DSC03944

その様子が好きで、
これまで五百本以上をプランに入れてきました。

DSC03904

DSC03940

剪定せずにおいた方が花は盛大なので、
のびのびと成長できる位置に植えたい木です。

DSC03816

DSC03938

名前の由来は
実を口に入れるとエグい味がするからとのこと。

2_04egonoki

昆虫が野鳥から身を隠して蜜を吸えるように、
枝を横に広げて下向きに咲きます。

DSC03925

DSC03793





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

花を抜きにして幸せを築くことはむずかしい。

花いっぱいで不幸になることも。



通勤途中やどこに向かう時でも、
行けども行けどもバラが呼びかけくるので
ついつい足を止めてはカメラを取り出す。

DSC03712

DSC05780

DSC040232

スケジュールに余裕が必要な季節です。

DSC05511

DSC05364

DSC04027

街に年々花数が増えてゆく実感。 

DSC04009

DSC03678

DSC03667

みんさん順調に幸せを育んでいるようです。





 

H!nt de Pinto 121

合理主義者は庭と縁遠い。

庭は、芝生を茂らせては刈るような非合理的な営みの場。
手入れをしたくないから人工芝で、雑草取りをしたくないから庭をコンクリートで埋めてしまおうという発想だと、楽にはなりますが、楽しくはなりません。



まっすぐ歩くと通路だが、
曲って歩くと庭になる。

3714e0cd

91ac23ac

844eff39

b2dd1c01





人工芝はちょっと・・・と思いつつも、その進化はものすごいものがあります。
先日、出産を控えたの若いご夫婦が自分たちで敷いたという人工芝の庭があまりに美しく感じられ、しばし見とれてしまいました。風合いも本物っぽく耐久性も8年まで伸びているそうです。
8年もしたら、今は雑草取りなんかに時間を使いたくないと思っているお二人に、ガーデニングの楽しみが芽生えて、本物の芝生の魅力にとりつかれることでしょう。 
10年後の今頃の季節、分厚く育った芝生と野菜とバラの花が溢れている、幸せに満ちた庭風景が目に浮かびます。 




きみの扉へと続く長く曲がりくねった道・・・
今日はこの人で。



 
フランク・シナトラから
「次は彼の時代だ」と言われた男。
コパカバーナもいいけど、
スローな曲だと
ジェントル&ロマンチック。
ジェントルも、ロマンチックも、
非合理的な魅力。







 
 

庭のことだま

虫嫌いシンドローム

蚊ごときで庭の楽しみを棒にふるなんて 。



今年もそろそろ。

b2f81323
 


あきらめシンドローム

できない理由を並べていたら笑顔が消えてゆくばかり。



個性的な花に出会うと伝わって来る
植えた人のイキイキ。


DSC03392

アヤメ 


感動シンドローム

興味が尽きず、動きが止まらず、とても涙もろくなる。



花の数と幸せは比例する。
バラの場合は倍加する。 

DSC05502

ロンサール 



ガーデンシンドロームあれこれ。
何れにしても、庭は心に作用し人を映し出す。


 


今日は「港南台店」にいます。






 

H!nt de Pinto 120

一年草の植替え時期です。
作業をするときに、次の3つのことを意識してください。

1、空きスペース
それぞれが順調に育つことを想定して、間合いをはかって植えてください。




DSC02576



2、土壌改良
古い土に培養土や堆肥を鋤き込んで、栄養、微生物、空気、水はけを復活させてください。



DSC02684



3、適材適所
ペチュニアは日向に、インパチェンスは半日陰に、野菜は朝日が当たる場所に。




DSC02915



こうして並べてみると、植物と人の生育条件はとても似ていますね。
あっ、もうひとつありました。

4、思い描く
花いっぱいの数ヶ月後をイメージしてください。
イメージできればできたも同然。



49a104c1





今日は「港南台店」にいます。




 

家族の庭くり方 79

季節を先取りする

冬には春を、春には夏を、次の季節を心待ちにすることがガーデニングのコツ。



ユキヤナギ(春)

DSC02635


アジサイ(春〜夏)

DSC06849


ヒマワリ(夏)

DSC07920


コスモス(夏〜秋)

DSC09953



植えた花がいっぱいに咲くのは数ヶ月後。



ヒガンバナ(秋)

DSC09492


コウテイダリア(秋〜冬)

DSC01378


バラ(冬)

DSC01737


ビオラ(冬〜春)

DSC04318



庭を楽しむ人たちは、未来予想が習慣化するので幸せになりやすいのです。





今日は「港南台店」にいます。




庭のことだま

ゴール前がトップスピードという咲き方。



DSC05660

DSC03144

DSC035542

DSC04438




そういうイメージを持っていれば咲き急ぐこともなく、根の成長が止まることもなく。





「老後」という言葉を聞くことが少なくなりました。
現在57歳。昭和の感覚で言ったらまぎれもなく老人の域ですが(磯野波平は54歳ですから)、でもまったくそんな気がしないわけでして、それどころか「そろそろ本編を始めようか」といった感じなわけです。
昭和時代にあった「庭は老後の楽しみ」という捉え方も、いつの間にかすっかり消えました。
「思想的表現」→「ステイタス」→「粋人の空間」→「暮らしのお作法」→「有意義な暇つぶしの場所」→「畑」→「物干し場」→「いかにして雑草取りを楽にするか悩む暮らしのお荷物的空き地」と推移してきた日本の庭文化も、そろそろ本編の始まりです。
感動的なシナリオはすでに書き上げてあります。





今日は「港南台店」にいます。



 

庭のことだま

故郷へ帰るという進化もある。

魚類、両生類、爬虫類、哺乳類、海から陸へと進化は進みました。生存競争が激化する哺乳類のフィールドから、再び豊かで平和な海へと帰って行った一群は、幸福な繁栄を続けてクジラになりました。



月見草は夕暮れ時に開き始める小さな花で、月明かりに浮き立つ白い色で夜の昆虫をおびき寄せ受粉します。

DSC03702

そして明け方近くになると花びらをピンクに変えてゆき、朝日にしぼんで落ちてしまう一夜花(残念ながらまだ出会ったことがありません)。

DSC03515

よく見かける月見草は昼夜を逆転させた昼咲きの者たちです。

DSC036962

自然が薄くなり夜行性昆虫が少なくなったせいか、夜型の月見草はほとんどいなくなってしまいました。

DSC03511

日当たりが大好きな昼型月見草は故郷の帰って栄えたクジラ。やはり太陽に向かって咲くのが本来の姿なのだと、そう思いつつも、真夜中に月を見上げる小さな白い花を一度は見てみたいものだと。

DSC03528

どこかにありませんかね、月見草の丘。
そこに行って日没から夜明けまで、スナフキン的に過ごしてみたい。





今日は「港南台店」にいます。



 

家族の庭くり方 78

リゾート感を演出する

庭は日常に非日常をもたらしてくれます。



ドラセナ

6171028c


デイゴ

73bf6869


ココスヤシ

bdc4ea02-s


ユーカリポポラス

ユーカリポポラス



庭の仕立ては、軽井沢、バリ、シチリア、何でもあり。



79122e9a

be159a12

DSC01695

DSC06887



いつでも高原や南の島にいる気分になれたら、日々リフレッシュ。



ちなみにわが家の庭のリゾート感は江の島灯台の明かりが見えること(遠くの山影ぎりぎりに小さくですが)。
毎晩その10秒ごとの光を確認しつつ湘南の風を感じています。
それともうひとつ、女房がポリネシアンチックなこと。






今日は「港南台店」にいます。






 

うれしいお便り

十年前にガーデンリフォームをさせていただいた瀧本さんから、庭の写真が届きました。



2017マイガーデン



最初目にした時は瀧本さんちと気づかず、しばしうっとりと、素敵な人が暮らしているお宅なんだろうなあと。



2017マイガーデン-3



よくよく見れば、んっ!見覚えがある。



2017マイガーデン-2



この十年という時間がいかに充実した分厚いものだったかが感じられて、自分の十年間の記憶とセットで感動が湧き上がってきたのでした。



2017マイガーデン-1



庭に積み重なってゆくドラマはうれしいこともあれば悲しいことも。それらが全部が微粒子になって土を肥やし、風と光になって花を咲かせる。



2017マイガーデン-4



庭がある暮らしっていいもんですね、とあらためて。

瀧本さん、ありがとうございました。
バラの頃に写真を撮りに伺います。





今日は「港南台店」にいます。



 

家族の庭くり方 77

ほめ合う

庭仲間やご近所さんとお互いをほめ合えば、相乗的に庭の輝きが増してゆきます。



バラ好きの奥様方は、
気にかけて、手をかけて、
言葉をかけるとよく咲くことを
知っています。

DSC035022

DSC01743

DSC01786



ほめ言葉は最高の肥料。



だからでしょうか、
皆さん、子育てやご主人育てにも長けています。

b086747b

36f5e2b2

860f4576



庭の美しさが連鎖してゆく街に、お作法のように飛び交う笑顔とほめ言葉。





今日は「港南台店」にいます。




 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ