庭のことだま

風を巻き起こせ!

空海は言いました。
凪を嘆くことなかれ。汝が風となれ。



なんで今まで気がつかなかったんだろう。
無風の庭に扇風機を出しました。

DSC06907

快適な擬似的湘南からの風。


DSC06641

ミーは定位置に飛び乗り
日課の風見猫。





むかしむかしのバブル前夜の頃、多くのジャパニーズ・ビジネスマンを鼓舞し、時代の風たらしめた名訓戒がありました。


電通鬼十則

1、仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2、仕事とは先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3、大きな仕事と取組め。小さな仕事は己を小さくする。
4、難しい仕事を狙え。そして成し遂げるところに進歩がある。
5、取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的を完遂するまでは。
6、周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。
7、計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8、自信を持て。自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
9、頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。
10、摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。


例の事件があったので、もうこのような訓示が語られることはなくなるかもしれません(社員手帳への掲載廃止が検討されているとのこと)。
折しも教育勅語を振りかざして意味不明な好き勝手をやった挙句に逮捕された人がいましたが、もしかしたらYutori Jeneration には同じく意味不明な時代錯誤かもしれないと思いつつも、二十歳を過ぎた頃のぼくを熱くたぎらせてくれたバイブルを、同じ年頃となった
岩渕優一朗にだけは伝えておこうと思います。
次の補足を添えて。

夢を持とうが持つまいが、愛する女にめぐり会おうが会うまいが、どんな趣味を持とうが、どのような哲学を持とうが、男なのだから仕事を人生の中心に据え、それを生きがいとし、全力でそれに取り組む日々を送りなさい。
理由はたったひとつ、それが岩渕家の伝統だからだ(きみが後々、この理由がいかに重大かつ偉大なものであるかを知るであろうことを予言しておく)。

息子よ、夏よりも暑苦しく生きよ。
やがてきみの周囲に、竜巻のごとき強烈な風が巻き起こる。
かく言う父はそんな時代を過ごし、ふふ、今は世の奥様方に喜ばれる涼風となり、日々心地よく庭を思い描いているがね。





 

家族の庭のつくり方 87

感動を伝える

発芽、開花、収穫、夕焼け、満月、夏の夜風、友人や家族との満ち足りた時間など、庭での感動を誰かに伝えてください。



十数年間、ほぼすべてのプランに入れている
ジューンベリー。

5c934605

3806c860

a9c18d15

年々この木の魅力に気づく人が増えてきて、
ファミリーガーデンに欠かせない存在となりました。


よろこびは伝えることで増幅される。



大きめの鉢に植えれば
ベランダでも楽しめるので、
リビングが2階にあるお宅にもぜひ。

a275c2b5

f5ae17d3

5e899ef7

家族同様に、いつも近くで感じていたい木です。




そうやって庭の魅力が広まるほどに、街に花が増え、笑顔のエリアが広がってゆきます。
花の数と幸せは比例するのです。





今日は「港南台店」にいます。

早朝から4×100のドラマに感動!
いきなりトップスピードで設計に入れそうです。





 

庭のつれづれ

2017年の夏、峠を越える。

昨日は朝の庭で思い描いた通りにリゾート気分で仕事を始め、しばらくすると、ふと、流しっぱなしの作業用BGMがとてもクリアに聞こえることに気づきました。



恵みのミストシャワーでひと息。

DSC07078



そうか、蝉が鳴いていない。



DSC07087



終日の霧雨、雨音はなし。気温は25度ほどでエアコンは不要。お盆休みが始まり人影もまばらだし、この頃の血圧を下げる食事が功を奏して、以前は断続的にうるさかった耳鳴りもゼロ。



DSC07075



とても静かなのです。



DSC07086



2017年の夏は終わった、そんな気がしました。
梅雨が猛烈に暑くて明けたらそうでもなく、でもまあ数日はクラクラするほどの高温もあったから、まあこんなもんかと。あとは残暑を楽しみつつ秋へと思いを先送りして、などとつらつらと。



DSC07094



そして再び思う存分設計中の仮想庭を歩き回り、座ったり、立ち上がったり、寝転がったりしながら夕方となりました。
なかなかいい調子です。





今朝は盛大な雨。「港南台店」にいます。




ガーデンセラピー 144

『根を意識する』

根っこは地中で、懐疑的に、慎重に、水の在り処を求めて伸びてゆき(ペーハーの違いや腐敗臭を感じとったら Uターン)、光の国に突き出た茎と葉は、全身ポジティブに成長する。



植え替え作業をすると、
よく咲いた草は
根が盛大に広がっていることが実感できます。

DSC05659

DSC07705



明るく暮らすために、根暗な自分を大切に。



DSC028002

DSC06404



根明などというまやかし言葉に、暗闇の世界にある性根を明るく軽薄にしてしまうから転けやすくなるのです。あるいは咲き損なって立ち枯れてゆくのです。



DSC03702

DSC03398



日にいち度は自分の根っこを見つめて沈思黙考を。
夜の庭などで。
ことに、ハイテンションだった夏の日の終わりには、こんなのをバックに流しつつ。









今日から三連休。ぼくはずっと港南台店で、最近お気に入りのご機嫌な作業用BGM、「大人の避暑音楽シリーズ」を流しながら、今取り組んでいるリゾートフルな庭を思い描いて過ごします。
ビーサン、短パン、アロハシャツという、仕事中とは思えない格好でいることはどうかお許しを。





 

庭のつれづれ

夏のど真ん中。

来週になれば海にはクラゲが、その翌週には円海山の頂上付近で、盛大なマツムシの求愛の宴が始まる。
行く夏はいつも俊足。今のうちにスイカと、そうめんと、枝豆&ビールと、線香花火を楽しんでおかなくては。

森を行くと、
なんの具合か蝉が鳴きやんで、
深い静寂に入ることがあります。

DSC06801
 
その深みに意識が吸い込まれて行った先は、
いつも小学生の夏休み。
そろそろドリルをやらなければという
幼心にはやや残酷なプレッシャー。

DSC06808

なんたって、広大な自由の時空に放り出しておいて、
背中に不自由の時限装置を背負わせるという
ダブルバインドは、
やはり子どもにはキツい仕打ちなのです。

DSC06098

まあ、その試練によって鍛えられ
成長してゆくわけですが。
計画的にコツコツやる、
あるいは7月中に仕上げてしまう子には知能が、
明日から、明日から、
必ず明日からはと先送る子どもには情緒が。

DSC06792

後者だったぼくは、
夏の後半には今でも重苦しい影のような、
油断すると泣きたくなるような、
この時期限定の特別な風情を感じます。

DSC06812

Midsummer's Melancholy.
優等生には想像もつかないであろう、
深遠で重厚で濃厚なアブストラクト。
これはこれで、今となっては庭を描くのには欠かせない
貴重な心の原資なのです。





今日は「港南台店」にいます。
 


 
 

H!nt de Pinto 131

ハスは1億年以上も前から生息していた植物だと言われています。そこは白亜紀、ビルの高さに裸子植物が生い茂る陸地には恐竜がうろつき、大空には始祖鳥と翼竜に混ざって体長1メートルのトンボも飛び回っていました。
ぼくら人類の歴史はたった700万年。日本人が食用としてハスの栽培を始めたのはついこないだ、2000年前のことです。


広島は6日。
長崎は今日、9日。
迎え火は13日、送り火は16日。

終戦の日は15日。

夏は祈りの季節。
祈りとは感謝と願い、そして誓うこと。 


DSC067812



それだけ圧倒的な歴史を持っているハスなので、仏教徒がこの花に神々しさを感じたのは当然のことだったでしょう。



DSC06788



しかしお釈迦様も弟子たちも、そんなハスの由来も白亜紀のこともご存知なかったわけでして、ただ日常の中で泥沼から突き出て咲く摩訶不思議な姿の花に神秘を感じて信仰の象徴とした。ということはつまり、仏教は自然界におわす八百万の神を祀る、タオイストたちから発生した宗教だったのだということがわかります。



DSC06797



空にうろこ雲が浮かんでいる。また、秋がやってきた。人間の思惑をよそに、式は堂々とめぐっている。その自然とわれとは一体だ!そう確信できた時の人間が一番強い。「平常心」そのものだからである。

尾関宗園著「平常心」最終頁の一文 。
中学一年の夏、中二病発症の前に腎臓病になりまして、一年間の運動禁止を言い渡されました。体育の授業は体育座りで見学し、部活は美術部へと転部。そこで出会った顧問の先生がなんだかとても気にかけてくれて、ある日「いわふち、これ読んどけ」と手渡されたのがこの本でした。
ページを開いてから読み終えて顔を上げるまでの一時間ほどの間に、地球の様子が一変したことを覚えています。慢性的な微熱と腹痛で、半分死んでいるような日々だった自分の中心に、とてつもないパワーが注入されたようで。立て続けに繰り返し読み、さらに写経方式で一冊を丸暗記したのでした。
その後は狂ったように絵を描き、美術書をこれまた狂ったように読み漁り、医者から止められていた運動も、夜中に家を抜け出して密かなジョギングを続けていたら病気は半年で全快となり、禁じられていた反動でむやみに動き回りたくなり越後の山を片っ端から制覇。イマジネーションを描き、山を歩きまわり、読を読むという今のぼくの原型となる金型は、多感な時期の病気と出会いでできたんだなあと思うと、これはなかなかしゃれたシナリオではないですか、神様仏様。 



DSC06738



庭に出ましょう。
盛大に花を咲かせた庭で時を過ごし、その土で育てた野菜を食べ、雲に来し方を映し出し、風に行く末を問い、足元の芝生に意識を向けて。



DSC06794



不自然に転けてしまわないように、自然の動きに歩調を合わせながら暮らしましょう。



ハスの古名はハチス(蜂の巣)。

DSC06763



ドブに落ちても根のある奴は
いつかはハチスの花と咲く




車寅次郎という昭和の自然体。
不器用であっても、
ハチャメチャであっても、
自然体でいる人は周囲に愛されますよね。
自然に、自然に、自然に。
あなたの今日が、不自然の落し穴に足を取られることなく
健やかに暮れてゆきますようにと、
涼風の庭にてお祈りいたします。





今日は「港南台店」にいます。 
 




 

家族の庭のつくり方 86

写真を撮る

時間によって、天候によって、季節によって変化し続ける庭の一瞬を切り取りましょう。



アルバムをめくりながら
お客様がご家族の来し方を語ってくれることがあります。
とても楽しく貴重な時間です。


ca05e534

e84d1666

c2b6b0a1



写真が庭と家族の歴史になってゆく。



森川さんちもそうでした。

2fe2a917

c558a373

1654041a

数年前にリニューアルした庭を舞台に、
幸せな記憶が積み重なっています。




撮った写真はデジタルフォトフレームに入れてスライドショーにするか、SNSにアップしてください。
誰かと感動を共有した時に、写真は記憶を語り始めますよ。




すっかりデジタル化が定着して、焼いた写真を整理するということがなくなりました。
昭和時代には引き出物の定番だったナカバヤシのふえるアルバムとか、懐かしいですよね。その前は三角のコーナーシールを使って、一枚一枚に見入りながら丁寧に貼っていったものです。






今日は「港南台店」にいます。





 

2017年の夜風ランキング第1位。

昨日は台風の影響か、いきなり真夏の暑さとなりました。いきなりは続くもので、朝から、以前より調子が良くなかった港南台店のエアコンからいきなり熱風が吹き出しまして、そのうち正常に戻るだろう放置して設計に熱中していたら、どうも目がショボショボし、頭がクラクラする。午前10時に温度計を確認したところ何と42℃。「このまま仕事に熱中してたら熱中症で死んでしまう」と、店を脱出して早めに午後の予定だった三浦半島へと向かうことに。クルマのエアコンにより幸いにして一命を取りとめました。

いきなり続きで思いがけずできた空き時間は、いつものようにカメラ片手のお散歩タイム。
お客様に会う前なのでなるべく汗をかかないようにと涼しげな森を探し出して歩き始めたものの、行けども行けども、どこもかしこもただ真夏。灼熱の世界で唯一咲いていたユリに数回シャッターを切っただけで早々に引き返し、横須賀のドブ板横丁にあるレトロなレストランへ。名物の牛乳付き横須賀海軍カレーを食べ、食後のコーヒーをできるだけゆっくりとすすりながら、読みかけだった本を30ページほどめくってから予定の打ち合わせへと向かいました。

お客様は米軍基地勤務の映画に出てくるようなカッコいいご夫婦。お会いするたびに心地いいアメリカンな暮らしぶりと、ジェントルでアットホームな歓待に、この上なく良質な刺激をいただいています。
昨日も、暑かろうが寒かろうが関係なくお互いを肯定し合いつつ高め合う、例のアメリカスタイルの会話に半ば酔うように聞き入りながら(半分は英語なので半分しか理解できていないのですが)、ぼくの設計も日米半々の言葉で散々ほめちぎられつつ打ち合わせが終了し、施工の運びとなってめでたしめでたし。三浦半島に、またひとつ幸せな庭が誕生します。

気分良く帰宅し庭に出ると、昼間の熱風と打って変わって江ノ島方向からの涼風が。熱せられた陸地に起こる上昇気流でできた新空域に海上の冷たい空気が引きずり込まれる、教科書通りの海風現象です。
地球はうまいことできてるなあと。苦あれば楽ありだなあと。

いやはや昨夜の庭の心地よさは、2017年の夜風ランキング第1位でした。
さてと、今日はのエアコンの機嫌はどうなっているやら・・・・




気温が上がるほどに涼しげな顔をするヤマユリ。

DSC069642

DSC06068

他の花たヘタって消えてしまう時期に、
その姿は、蝉時雨の道をお座敷へと向かう
京都の芸子さんのよう。
途中で寄った甘味処で、
冷やし飴を「おいしおすなあ」と味わってから、
内心キリッと、見た目フワッといざ出陣。
ダイヤモンドは傷つかない。
腹が座れば怖いものなし。
腹が減ったら不味いものなし。
どんなに暑苦しいお旦那衆にも
白粉からにじませる平然と毅然の微笑みで、
「そないなこと言うて、ほんま、好かんタコやわ〜」と返せる
高度なプロフェッショナル、仕事の流儀。
東男に京女。
東の都の小さな池のほとりに咲いたユリの花は、
実のところは京の都にほど近い、
芦屋生まれの才女なり。
芦屋、芦屋、芦屋のお作法で挑む東男どもとの戦には、
あっしゃあ京女やけど、何か?
と東西入り混じった啖呵を切って煙にまくのが常套手段。
さてこの御仁、細川のお殿様が申す通りに
類稀なる機を見るに敏な女将が鉄の女となるか、
はたまたジャンヌ・ダルクとなるか、
いかなる戦を繰り広げるのかが次の季節のお楽しみ。
霊気の歪みか、はたまた異常気象の弊害か、
気が滅入ることばかりなりのご時世なれど、
面白きこともなき世を面白く、
住みなすものは心なりけり。
まあね、都政がどうのこうのより、
カケだのモリだのと
蕎麦っ喰いでもさすがに食傷気味となる国政よりも、
わが青春の味、
井ノ上ラーメンの焼失の方が深刻なのだ。
かつてラーメン屋の全国チェーンを企てた
春日部の地上げ屋社長にプロデュースを指名され、
その社長が
「この味なら世界制覇がきる」と絶賛したことから
通いつめて、ついにはレシピをご教授いただいた、
シャイで生真面目な店主の行く末と、
超不器用な彼を導き支え続けた気っ風のいい先代のおかみさんが、
今回の火元と報じられたことをどのように受け取っているのかと、
それが気がかりで気がかりで。
されどしかして気を取り直すきっかっけは、
またもや出会った素晴らしきご夫婦の、
日米半々の愛ある日常会話の響き。
混迷も、政争も、面白きことも無き世も、
イカした夫婦の会話の前には雲散霧消するのでした。
仲良きとこは幸福に生きる能力なり。
いわんや10月になればそこに出現する、
幸福に満ちた庭においてをや。



では、今日も頑張りましょう。
熱風が吹き出てこなければ「港南台店」にいます。 




 

家族の庭のつくり方 85

庭を書斎にする

家族や友人と集うことの楽しさもさることながら、ひとりきりで時を過ごすのが、庭の大きなお楽しみ。



a66aad59

9c378e5c

DSC03876

DSC03950



庭での読書は極上の時間。



DSC08246

DSC08237

DSC00069

DSC05006

DSC05647



朝は鳥の声を聞きながら、昼はそよぐ花に包まれながら、夜は星空の下でページをめくれば、深く深く行間へと入ってゆけます。





本日並べた本は名作揃い。
「なかなか当たりが少なくて」とお嘆きの方に、ぼくの当たり本獲得術を伝授いたしましょう。

大型書店をうろついていると、やや遠くから背表紙が光って見える本があります。

ジャンルは関係なし、書評も売れ行きも。つまりは出会い頭の恋。
その本にどっぷりと恋してしまえば、あとはアバタモエクボなのです。



恋多きいわふちは昨日も。
設計をしながら、唐突に
「私のフランソワーズ」というフレースが浮かび、
これはお告げに違いないと思い
フランソワーズ・アルディーと打ち込んでみました。
すると・・・



ソレイユ・・・フランス語で太陽。
数十年ぶりの再会に仕事の手は止まりしばし夢の中へ。
妄想を得意分野とするぼくは、
右手をフランソワーズと恋人つなぎにして、
もう片方にはカメラを握って、
三浦半島にあるお花畑、ソレイユの丘を歩くのでした。



最近よく思うんですけど、
ふと笑顔が止んだ静寂の時の瞳と口元に、
その女性の魅力が凝縮されますよね。
って、
ぼくも正真正銘のおっさんになってきたようです。

では〆に、
素敵なおばさまになられたフランソワーズの、
この上なく魅惑的な歌声を。



Pourquoi vous? なぜ?

映画のように、
彼女の恋と、情熱と、正義と、波乱と、
たくさんの涙と、
それを上回る幸福な笑顔に彩られた
充実の人生が思い浮かびます。
ぼくのフランソワーズ。
これで数日間は
恋するおっさんで、ご機嫌に過ごせます。





今日は午前中「港南台店」、午後は打ち合わせで三浦半島の先の方まで。
帰りに、かつての栄華を偲ばせる情緒漂う三崎の街を散歩して、ついでに極上マグロに恋してこようと思います。



 

庭のことだま

じじいになったら本音を語れ。

おばあさんは知恵袋、おじいさんは堪忍袋を持っている。
男たちよ、戦い済んで日が暮れたら堪忍袋を紐解いて、思う存分小言幸兵衛の余生を送るのだ。
夕日を睨みつけながら、誰かが「本当に大切なこと」を言わねばならんのだ。
あらゆる方向から男について考えるに、それ以外にじいさんの役割などないのだ。



親を知らない蝶たちなのに、
なぜ親と同じ花の蜜を吸い
同じ木に産卵するのでしょう。

DSC09625

人は親からさんざん小言を言われても
一様に聞く耳を持たず、
結果、親と同じ失敗を繰り返し、
嘆きと痛みの末に、ようやくその言葉の意味を知る。
曰く「お客さんより贅沢をするんじゃない」。
曰く「お前が握りこぶして始めたことは
続いたためしがない」。
曰く「仕事をしていれば大丈夫だ」。
曰く「お前より母ちゃんの方が大事に決まってるだろ」。
曰く「食うための仕事をするな。
世間様に食わせてもらえる仕事をしろ」。
曰く「カラカラと音を立てて
トイレットペーパー引くんじゃない」。

DSC08746

既定路線通りもがき苦しみ、 
その後に母となった者の言葉は愛に満ち、
父の言葉は真実が重く輝くわけですが、
残念なことには
子はまだ親の言葉に込められた意味を
察知するだけの経験則を持っておらず、
痛みというものがどれほど痛いのかについては
まだ未知の領域なのです。


DSC06124

ああそれなのにそれなのに、
なぜこのように可憐な姿の蝶たちは、
親を知らない蝶たちは、
甘える相手もいない蝶たちは、
微細な遺伝子情報を頼りに生きることができるのでしょう。
そして見事なことに、
今日も満ち足りているのでしょうか。

DSC09952

ぼくらも自然体でいうられたら、
DNAに素直になり、
勤勉に蜜を探しては吸う活動によって、
細胞内でエネルギーを産生している
ミトコンドリアを活気付かせれながら、
きっと、要らぬ苦労に時を費やすことはなくなるのですが。
その原則を知っていたなら、
知らずとも庭のある暮らしを楽しんでいたなら、
そろそろ芸能的プロレス興行が終わりつつる松井某のように、
むやみに有り余るエネルギーを、見当違いにも
本来愛すべき人への依存的敵意に変換してしまって、
うすらみっともなく
惨めさへと落ちてゆくこともないと思うんですけどねえ。

DSC08618

ああ、わかっちゃいるけどやめられない愚かさよ。
クレンザーで擦っても微かにこびりついている、
怒りやら不安やら焦りやら甘えやらの頑固さよ。
今日も感情の煙幕が心を曇らせてしまう悲しさよ。

DSC00299

いっそ海を渡る蝶のように、
風に乗って旅に出ようかと、思ったり思わなかったり。
思うなら、
思いの丈を原動力に羽ばたけばいいとも思うのだが、
思いはその思いの重しとなって気分だけが重くなり、
面映ゆく無口になるばかりなりなり夜の庭。


DSC09350

「4月になれば彼女は」はS&G。
9月なればぼくは、おじいさんになるという。
このわが人生初のキャスティングに、
やや戸惑い、やや呆然とし、
パンパンになってきた娘の腹を前に多々緊張し、狼狽しつつ、
羽化してくる蝶に、
笑顔で的確なる小言をちりばめる
良き花咲か爺さんを演らねばと。
まだ小僧である金太郎が染五郎に、染五郎が幸四郎に、
ラ・マンチャの男ドン・ジョバンニは
世を偲ぶ仮の姿である幸四郎が
白鸚の名跡を継ぐことに匹敵する緊張感を持って、
何とも落ち着かない夏を過ごしているのです。

DSC00182

願わくば、要らぬ苦労をせぬように。
ささやかで、おだやかで、たおやかな庭のような、
感情よりも感動が勝る人生となるようにと。
そして母となる者には
いつも庭の花に思いを致しながら、
間違っても鬼子母のごとき狂気に陥ることのなきようにと。
そのためには君の両親を反面教師とする勤行を、
一日たりとも怠りなきようにと。
出産というありきたりでありながら命がけの難行を、
君が見事に果たすであろうことを、父は信じている。
ただ、重要なのはその後なのだということを・・・
いや、今は言うまい。
まだぼくはじじいではない。
詩織、
目に入れるのが楽しみなお嬢を、よろしく。





今日は「金沢文庫店」にいます。



本日の出囃子はこれ。
意識の全てがお腹に集中しているであろう
娘へのプレゼント。
ぼくが多感な季節を迎える直前、1971年の、
スカッと爽やかコカコーラのCMソングだ。




誕生も、愛情も、幸福も、
奇跡の命を消費する行為の何もかもに
恋するハーモニーが必要なのだ。
だから、大変だろうけど、
今こそ意識は旦那さんへ。
ここからひと月間の
男の思いを大事にすることが、
ここから数十年の君の幸福な財産を形成する
原資となるのだよ。





今日は「金沢文庫店」にいます。




庭のつれづれ

夢のようだ。

夏休みに入ると毎年思うこと。大人になり宿題がないというのは天国です。



行きたいところに行き、
食べたいものを食べ、
聴きたい音楽を聴き、
好きなだけ本を読み、物思い、
おまけにお気に入りのカメラまで持っている。

DSC06817

気づけば満ち足りた
夢の世界で暮らしているんだなあ。

DSC06828

ここにたどり着くまで少々の努力はしたものの、
それよりも運の良さが大きかった気がします。

DSC06835

要所要所で
驚くような幸運に救われてきました。

DSC06802

アリガタヤアリガタヤ。

DSC06131

もうひとつ、とてもありがたいのは、
今も次々と夢が浮かんでくるということ。

DSC06099

どうやら運は、
夢見がちな者に味方してくれるようです。






今日は「金沢文庫店」にいます。








 
 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • A面で恋をして
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • 美しい空
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • H!nt de Pinto 134
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 不眠に悩む伯爵のための音楽。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • 男活(男性活用術)のすすめ。
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Flower Children
  • Flower Children
  • Flower Children
  • Flower Children
  • Flower Children
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • H!nt de Pinto 133
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ