庭のことだま

春は順調にはかどっている。

次々に咲くその勢いにつられて歩みも早くなるのです。スピードが上がるとひたいに来る風が
気持ちよく、どんより複雑系の前頭葉がスッキリと整理整頓されて、いい感じいい感じ。この調子でゴールデンウィークの相談会まで突っ走ります。
花のペースに乗せられて、春はハイスペックいわふちに。



DSC02743

DSC02795

DSC028012

DSC02809

DSC02788

DSC02806





今日は「レノンの庭」にいます。



 
 

庭のことだま

恵みの雨。

春の雨は、新芽をくるむ産着のようなやわらかさ。



小雨交じりの開花宣言から低温の日が続き、
ようやく満開になったと思ったら
土曜日曜とまたもや雨。

DSC02961

こんな年はめずらしいですよね。

DSC029662

ここのところ加速を続けているぼくとしては、
「ちょっと潤いなさい」という
メッセージと解釈することにし、
昨日はショパンの右手キラキラ音と
シトシトの雨音を楽しみながら、
ゆったり気分で設計に入りました。



ゆるゆるとやるつもりが
すぐに心地よくペースが上がっていって、
気がつけば雨上がりの夕方。
充実の時間でした。

DSC02969

越後ではそろそろ苗代の支度が始まります。

DSC029602

農道沿いにふきのとうが並ぶ頃。

DSC02965

故郷の記憶はありがたし。
越後三山、魚野川、
濡れて透けた花びらの色で
魚沼の雪解けを思い出しました。

DSC04270

あと半月ほどで、
でっかいダンボールで山菜が届きます。



 
 

H!nt de Pinto 117

ノリノリな人っていますよね、いつもエネルギッシュに、次々と新しいことにチャレンジしながらクリアしてゆく人。ぼくもそうでありたいなあと思うわけです。

足踏みしていたら進まないのは当たり前。



春本番。
ぼくと一緒に
あなたの理想の庭を思い描きましょう。

DSC02730

庭に関しては理想の高さが勝負。
満点の庭をイメージできたら、
あとはオートマチックにそれが現実化してゆきます。
とても不思議な現象ですが、本当です。

イメージ段階で「そこそこでいいや」と思ったら、
そこそこにさえたどり着けない。
これも本当です。




軽やかに踏み出す人は「失敗したって大したことじゃない。成功しようが失敗しようがまた次へと進むのだから」と思っています。
その都度の結果よりも、意識は到達距離。制限時間内にどこまでたどり着けるか。 





今日は「レノンの庭」にいます。





 

 

庭のことだま

時期が来れば咲くのです。
その日を信じてこつこつと。

港南台店、新山下店に続く3店舗目として旭区四季の森公園入り口に「レノンの庭」をオープンした春、「今日から設計するすべての庭に、縁が繋がったすべてのご家族に花と実りがありますように」と、願いと決意を込めて植えたジューンベリー。
9回目の開花です。



DSC02926



照る日曇る日、嵐の時もありましたが、その間に生み出した庭は千数百。
よく頑張った!感動した!と、花がほめてくれました。



DSC02934



ひと時そんな感慨を味わってから、ふと、「いかん、このペースだったらあと8300年生きねば思いは遂げられぬ」と気づく。



DSC02950



いやいや、きっと時が満ちれば何かが起こるに違いない。



DSC02884



これからも咲き急ぐことなくこつこつと、理想の庭を思い描きます。





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

未来はいつも奇人変人によって切り拓かれてきた。

何かに秀でているとは平均的ではないということ 。好きな作家もミュージシャンも、よくよく観察すれば変わり者だらけです(多くの場合、ご本人は自分をごく普通だと思っているのですが)。だから人との違いを気にするのではなく、そこを気にかけて伸ばしてゆけばいいのではないかと。
ちなみに、ぼくはいたってノーマルです。



雑草の中のホトケノザ

DSC02667

夕日に浮き立つホトケノザ

DSC02669

ビオラを眺めるホトケノザ

DSC02678

ナズナに寄り添うホトケノザ

719387e9

霜降る朝のホトケノザ

DSC01926

いつもコントラストに身を置くことが
仏様の常套手段。
野の仏、笑ったような、笑わぬような。





今日は「レノンの庭」にいます。





 

庭の法則 71

『庭の法則 71』

行動量と愛情量は比例する。

時間を使い手をかけるほどに強まってゆく思いに、庭は必ず応えてくれます。だから庭と相思相愛になることはたやすく、そのコツを知れば人ともまた。
愛情は求めればいつも足らず、与えれば膨らんで戻ってくるもの。そして与えるとは行動の理由に「愛」を置くこと。それができれば、家事も仕事も庭の手入れも行動量に従って愛情量が増え、フィードバックも倍増して、相思相愛の花が咲きます。
あれこれと思うばかりで動かずにいたら、立ち枯れるのを待つばかり。



庭を花でいっぱいにしている人たちの共通点は、
「いつもせわしなく動き回っている」ということ。
みなさん、なんでもテキパキとこなすタイプです。

21914874

バラ好きな人は特に。

DSC05166

その様子に刺激されて、
ぼくもぼーっとすることがなくなりました。

e06b0ab4-s

あとたった6週で夢の世界。

ab71c694 のコピー

その間に、あれが咲いてこれが咲いて、

DSC01768

あそこに行ってあれもやってと、

DSC05496

春は毎年濃密に過ぎてゆく。

baf1a56e

スケジュールを見ると気後れしそうなので、
常に今日の予定で頭を満たすことにしています。

1634212f

今日もテキパキとせわしなく。





こんなにもバラに魅了されるのは、バラがぼくを愛してくれたからじゃない。バラのことをたくさん世話したからなんだ。 
サン・テグジュペリ
 




今日は「港南台店」にいます。 




 
 

庭のことだま

有り余っていることが大事。

遺伝子や脳細胞は実働量よりもはるかに多い余剰を持っていて、その余裕によってぼくらの健康が保たれています。杉などの風媒植物は膨大な数の花粉を飛ばしてようやくいくつかが受粉し実を結ぶことができるし、働き蜂の2〜3割は交代要員や非常時の出動部隊として常にサボっている。ほとんどの生物が、無為な時間、趣味、非効率な行動を抜きにしたら安定できないシステムで生きているのです。
庭で本を読み、食事をし、芝生の手入れをするくらいの余裕を持たないとね。
「余裕」の対義語は「必死」。ストレス、寝不足、ハードルの上げすぎ、必死になって余裕を失ったら命取り。いつも自然が有り余る「余裕の庭」を活用しながら暮らしましょう。 



有り余る光と水と空気。

DSC02461

この世は極楽に違いない。

DSC024402

食料もたんまりあるし、
脂肪も有り余っているし、

DSC02443

音楽や詩まである。

DSC024872

有り難いことに、
愛情を注げる仕事もある。

DSC02593

丁寧に楽しみながら、
いち日でも長く居座りたいものだ。





昨夜は庭で、
Stuff を流しながら2時間ほど本を読んで過ごしました。



江ノ島方向からの夜風がすっかり春で、
心地いいことこの上なし。





今日は「港南台店」にいます。



 
 

庭のことだま

仮面夫婦たれ。

人は調子に乗って気が緩むとついつい仮面を外してしまいます。たまにパチンコに行くとか、贅沢品を買うとか、居酒屋で酔って騒ぐくらいは仕方ないにしても、家庭でだらしなくされたら家族はたまったものではありません。
親しき仲にペルソナ(表向きの人格)を。
良妻賢母、理想の夫、お茶目な顔、思慮深い顔、時に若々しく、時に好々爺。局面に応じてクレバーに仮面を取っ替え引っ替えすることが、同居人への礼儀であり、円満な家庭を維持するためのお作法です。会社での仮面がキツい人ほど家では外して過ごしたいのでしょうが、家庭と会社とどちらが大事か、どっちが人生の基本となる場所なのかと考えれば、家でこそ理想の仮面を外してはいけないのです。
愛情表現とは気づかいの仮面、相手にとっての善き人でいること。為すべきは相手の利益になる自分でいること。



花はあの手この手でパートナーを魅了するペルソナ。
モクレンは虫が鳥から身を隠しながら、
安心して蜜を吸える形をしています。

DSC02557

DSC02559

DSC02558

5cf1d86c-s





「酔うと人が変わる」 のではなくて、それがその人の本当の姿です。本性むき出しのままで人間関係を結ぶことはできません。
加藤諦三 





今日は「港南台店」にいます。
 




 

庭のことだま

まわれまわれ二色の独楽よ。

57歳、いつのまにやらすっかりひとり上手で、庭での孤独タイムが最高のお楽しみになっています。
朝はむやみに希望が湧き、昼はウキウキと気分が上がり、夜は安らぎと感謝の時間。



レノンの庭のジューンベリーが
芽吹きました。

DSC02724

「おいおい、まだ早いよ」と、
ちょっと焦るような。

DSC02716

どうやらぼくの方が、地球の回転に
遅れを取っているようです。

DSC02718

こりゃいかん。
少し速度を上げなければ。

DSC02721

咲くことなどないのだろうと思っていた
ワイヤープランツが、
思いがけず、3ミリの花を見せてくれた、
雨上がりの朝の徒然。


DSC02722

まわれまわれ 二色の独楽よ
まわりながら動かぬ様に
はかない はかない 独楽がある
まわれよ 止まるな いつまでも





 今日は午後、「レノンの庭」にいます。
午前中は設計前の現地調査に大磯までドライブ。仕事とは無関係に、カメラの準備は万全!




 

家族の庭くり方 72

夢を語る

人は苗を植えるときに、数ヶ月後の庭風景をイメージしています。



最も簡単な幸福術は花を植えること。

DSC01431

DSC06763

DSC05095



ガーデニングは花咲く未来を思い描く作業。



これでもかこれでもかと咲かせ続けること。

DSC06784

DSC08394

DSC05504

花の数と幸せは比例します。



庭にいると不思議と頭の中には夢が満ちてきて、集えば誰でもそれを口にする。
庭を楽しむことは、暮らしを理想の世界へと導いてくれます。





今日は「港南台店」にいます。




 

家族の庭くり方 71

友人を招く

庭を花いっぱいにして、たくさんの友人を招き入れてください。



後藤さんちのオープンガーデン。
今年も楽しみです。

d15a9f4b

53c32fbd

d3eee85f



人が集うと庭がよろこぶ。



開催は5月の中頃、
行ってみたい方は
その頃に店に問い合わせていただければ
ご案内いたしますよ。

24aa1a0b

8542e27f

d367818f-s

バラの香りに包まれる感動を、
ぜひご一緒に。



来客は、庭に幸福感を育てます。





今日は「港南台店」にいます。






 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 後藤さんちのオープンガーデン その1
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • H!nt de Pinto 121
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 120
  • H!nt de Pinto 120
  • H!nt de Pinto 120
  • H!nt de Pinto 120
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 家族の庭くり方 79
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • 家族の庭くり方 78
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • うれしいお便り
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • 家族の庭くり方 77
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭の法則 73
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ