庭のことだま

楽園とは理想の庭のこと。

モネはなかなか世間からの賞賛が得られない人生でしたが、彼には、描き出す世界をいつも賛美し支えてくれる家族と数人の友人がいました。
50歳で購入したジヴェルニーの家の庭に溢れるほど花を植えて楽しみ、3年後に売りに出された隣家の土地を手に入れてからは、憑かれたようにそこに造園を始めるのです。「私が評価されないのは当然だ。なぜなら私が夢見ている世界のことを、まだこの世の誰も目にしたことがないのだから」と、それまで目を閉じて思い描いてきた理想郷をリアルに出現させて、それをカンヴァスに描こうという壮大な試み。水を引いてきて池を作り、橋をかけ、土を耕し、植物を配置し育ててゆく、夢を語りながら汗を流すその日々が、どれほど幸せに満ちたものであったろうかと想像するのです。



レンズを覗いていたら
一瞬 ルノワールが降りてきた気がした。

DSC09174

全くもって気のせいなのだが、
顔を上げた時に、茂みの奥に消えていった老人が
モネだったことは、
気のせいと言い切れない。

DSC09171

イーゼルを抱えて歩く
背中の丸まった大きなその後ろ姿を、
これまで何度も夢で見てきたので
間違うはずがないのだ。

DSC09163

だからどうということではなく、
憑依や幻想や、そういうことじゃなくて、
ただ、ルノワールもモネも、
きっとこんな朝の光が
大好きだったんだろうなあと。

DSC09168

その些細な感動を伝えたくて仕方ない、
愛する人に、愛して欲しい人に、
突き詰めれば彼らの尽きない創造欲求の源泉は、
そういうことだったのではないかと。

DSC09170

ロートレック、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌ・・・
彼らは世間的な不遇の代償として、
光を情動で感知する
至福の能力を得ていたのかもしれない。

DSC09176

幸福感を命の理由とするなら、
確かに、その価値はある。

DSC09234

些細な命は、朝のほんの一瞬の、
あるいは赤い夕暮れ時の、
あるいは夜の庭の遠くで光る江の島灯台の、
些細な光に導かれて咲くものなのだ。
これでいいのだ。





今日は「港南台店」にいます。

昨日と一転して、今日は夏日になるそうな。 





 

Graceland Style

シーンを思い描く。

語らい、食事、収穫、バラの香りに包まれる週末、朝日と夜風を楽しむ特別席、庭の未来を映画の予告編のように思い描いてください。



荒武さんち

8c0cf3d6

564b67c9

7d330ae2


大内さんち

76fe7f5b

0ab1b193

d6116263-s


後藤さんち

90d44bd2-s

877bc82a-s

2e60ec27


わが家

 
0d604ef2

6ae3a520

f1a01641




夢を実現にするにはシナリオを書くこと。それを脳内で映像化しているうちに、いつの間にか夢は目標に変わります。目標になればあとは簡単、そこに向かって進むだけ。  





今日は「港南台店」にいます。



 

庭のつれづれ

実はとても意地が悪い庭の性質。

人が苦難に直面した時に励まし導いてくれる庭ですが、その人が逃げ腰になった途端に、庭は息を潜めて存在を消す性質を持っています。


ダーウィンの「種の起源」によれば、
強さとは牙や爪や腕力ではなく、
しなやかさというしたたかさ。

DSC09159



そうなってしまうと庭は雑草だらけの荒れ放題となり、カーテンは閉め切りとなり、苦難はますます大きくなるばかり。



DSC09173



それを阻止するためにはとにかく花を植えること。



DSC09285



辛くても寂しくても苦しくても、コンチクショウと叫びながらでも、これでもかこれでもかと花を咲かせることです。



DSC08991



消極的になった者から身を隠し離れてゆくこの性質は、健康、お金、家庭円満、そして世界平和にも共通することなので、くれぐれもご注意ください。



DSC08993



庭ですよ庭、花いっぱいの庭があれば人生は上々に展開します。




しなやかでしたたかな指。



この指に二度触れたことがあるというのが自慢。
ものすごく細くて、長くて、やさしくて、
コスモスの花束のようでした。





今日は「港南台店」にいます。





 

H!nt de Pinto 135

悩まない技術として、二者択一で考えるということがあります。

眺める庭と過ごす庭、どっちがいいですか?

バラとクレマチスだったらどっちを選びますか?

人工芝と天然の芝生とどちらの庭がお好みですか?

と、こんな具合に選択肢を二つ並べて選んでいけば、目的地へと向かう速度が加速します。



ハナアブは瞬時の判断を連続させて飛び回っています。
蜜を吸っている数秒間を除けば、
ほとんど止まっているということがありません。

DSC093112

レンズでその動きを追っていたら
祖父のことを思い出しました。
働き者と言うか何というか、
見ている方が疲れるほど動き続ける人でした。
しかも上機嫌で。
あれを飄々と言うのでしょう。

DSC09236

その姿を見上げながら育ったことが、
ぼくの大きな財産となっています。

DSC09274

さて、お爺さんになったぼくは・・・
祖父のレベルには程遠いものの
結構な密度で判断と行動を続ける日々。
昔はくどくどねちねちだったのに、
気づけば、悩むということがほぼなくなりました。

DSC09244

課題の明確化、判断と行動、選択と集中。
途切れることなく。

DSC09283

庭にやってく昆虫は、
あの世で案じてくれている人が姿を変えて
様子を見にきているのだ、という話があります。
ぼくの周りに、
いつもやたらと虫が集まってくるのは
そういうことなのかもしれません。

DSC092662

ありがたやありがたや。




もっと曖昧で観念的な事柄でも、シンプルに行く手を左右に分岐させれば進路が定まり、さらに追い打ちで問いを数回重ねると、今日やるべきことがはっきりします。

あなたは幸せでしょうか、不幸でしょうか。

もっと幸せになりたいか、今の幸せを保持したいか、どっちでしょう。

ではその願いを叶えるために不足していることは何でしょう。

その不足を補うために何をすればいいと思いますか。

そうですよね。
じゃあそれをいつやるか。今でしょ!となります。

行きつ戻りつ悩んでいる時というのは、思考のピントがズレている状態。なぜそうなるかというと、思考よりも不安や恐れが上回っているから。あるいは危機に追い込まれない限り動かないという消極的防衛が常態化しているということ(着る服があるうちは洗濯をしない、みたいな)。
住宅地を歩いて観察すると、悩み多き庭が9割ほど。何とかしたいけど・・・という混沌から脱するために、庭があるから毎日が楽しくて楽しくてとなるために、二者選択と客観的質問によって、思考機能を回復させてください。
庭が整えば暮らしが整い、悩むことが少なくなり、判断と行動が素早くなり、選択と集中が冴えてきますよ。





 

Graceland Style

夜を楽しむ習慣。

夜の庭はまるで宇宙ステーション。
静寂と夜風を楽しむことを習慣にすれば、そこは人生に欠かせない場所になります。 



片桐邸

4c820bcd

29d5b2ae


中山邸

ced4c50a

21e65484


天野邸

c508464c

23206f86





ぼくはかれこれ6年半、毎晩欠かさず庭で時を過ごしています。きっかけは東日本大震災の計画停電の夜の出来事でした。
キャンドルを灯して夕飯を食べ始めようとした時に、女房が「あれ、庭の方が明るいよ」と。ご近所一帯が停電区域だったのでそんなはずはないと思いつつも、見ると確かに外の方が明るい。
出てみたら満月でした。驚くことに、月明かりで芝生にぼくらの影がくっきりと映し出されていました。
津波の映像と報道に打ちのめされて、つつけば涙が出る状態だったぼくにとって、数十年ぶりに月明かりに心打たれたその瞬間は、月からの有り難く重要なメッセージなのだと思えて、その翌日から庭で時を過ごすようになった次第です。
すっかり習慣化した夜風を楽しむひと時で、
いち日を振り返り、このブログを打ち込み、本を読み、少々のアルコールと音楽に酔い、明日をイメージする。その心身への効用は計り知れず、おかげでとても充実した日々を送ることができています。
設計においても必ず照明器具を配置するようになり、お客様にも「庭は夜が一番ですよ」と伝えるようになりました。
今夜も心地いい疲労を夜風に溶かしつつ、充実の今日を振り返り返っています。マツムシの声と、遠くで十秒に一度輝く江の島灯台の灯りにエールを送られながら。



その昔、タモリの「今夜は最高!」という番組がありましたよね。
第一回ゲストが、当時お嫁さんにしたい女優 NO.1の
竹下景子だったことを、なぜか鮮明に記憶しています。
その番組のオープニングに使われていた曲がこれ。



バド・パウエルのクレオパトラの夢。
当時のぼくにとってジャズはとても遠い世界の音だったのに、
何だか衝撃的にカッコよく感じられて、
それからレコードを買い漁って
ジャズにのめり込んでいったのでした。
チャーリー・パーカー、マイルス・デイビス、レッド・ガーランド、
そして今でも設計のBGMの定番になっているキース・ジャレット。
今夜はこのまま、バドの粗雑で艶かしい指使いに酔いながら、
睡魔に押さえ込まれるまで村上春樹をめくることとします。
今年こそノーベル文学賞を、という願いを込めて。

 レッド・ガーランドもそうなんですけど、
テクニックとは別の時空で響いてくる何か、
情念とか情感とか情熱とか、
そう、情が奏でる音というのはたまらなくいい。
ぼくの設計にも、そんな味わいが出せたらいいなと思っています。 
 


もういっちょ、
日本ジャズ界のクレオパトラ、秋吉敏子が弾くとこうなります。


 

現在87歳にして現役。
ぼくが生まれる6年前に、すでに
伊勢佐木町のクラブ「モカンボ」で演っていたそうで、
巷に伝説が溢れる横浜の、語り草のひとつになっています。




今日は「金沢文庫店」にいます。




 

家族の庭のつくり方 90

リカバリーする

年数が経つと木々は暴れ、土は痩せ、デッキやトレリスは傷んでくるものです。



木製のガーデンファニチャーは
オイルステン系塗料で年に一度。
木製パネル、パーゴラは五年に一度のお手入れを。

98a77aed

天野邸2

今福邸 After


劣化の速度に追い抜かれないように。



cc2ff926

d93cecad

3004f892



不具合を察知したらすぐにメンテナンスを行ってください。壊れる前に補修する、失う前に補っておく、その積み重ねによって庭への愛着が増し、趣が深まっていきますよ。





手がかかる子ほど可愛いと言います。
わが家の子らのようにほぼ放置しておいてもちゃんと育つわけですが、親の特権としての「手をかける幸せ」をもっと楽しめばよかった、という気持ちもあります。仕事仕事で、ふと気づいたらもうみんな大人になっていました。
きっとこういう思いが、孫へ向けられるんでしょうね。




 

庭のつれづれ

思いを伝えるためには、やり過ぎぐらいが丁度いいのだ。

エネルギーがオーバーフローして叫びたくなることがある。
駆け出したくなることがある。
今日もぼくのミトコンドリアは元気である。
情熱とは熱情の表出である。



蝶たちは今が盛りと蜜を求めて飛び回っています。
さすがにトンボは少なくなったなあと、
短かった夏の記憶を辿りつつ歩いていたら、 
公園の陽だまりで激しく飛び回る一群を発見。
 
DSC08310
 
交尾でもなく、

DSC08265

食事でもなく、

DSC08203
 
ただむやみに曲芸飛行を続けています。

DSC08261

見つめているうちに
目からそのパワーが注入されたようで、

DSC08266

小走りに店へと向かって設計を開始しました。





 

Graceland Style

朝日を浴びる暮らし。

起き抜けに庭に出る習慣は健康の源。
朝の空気と光でセロトニンが分泌され、連動して夜にはメラトニンが吹き出して、熟睡と心身の修復が行われます。



10月の主役、コスモス。

DSC09051

DSC09039

撮影散歩は朝が一番。
澄んだ空気と新鮮な光で
花がとてもイキイキしています。

DSC09036

DSC09066

人も同じ。
日の出とともに活動を開始する人は元気です。





今日は「港南台店」にいます。
 




 

世紀のデスマッチ

ロケットマン vs トランプマンの金網デスマッチというのはどうだろう、と唐突に降ってきたアイデアが止まらなくなり、果てしなく広がり、お得意の妄想世界において、その猪木 vs アリ戦以来のビッグイベントのポスターまで刷り上がってしまった。



今年も楽しませていただきました。

DSC09124



12月24日、PM 7:00 ゴング。決戦の地は格闘技の聖地である後楽園ホール(あまり大きな会場だと観客同士のいざこざが暴動化する恐れがあるので)。もちろんシングルマッチでセコンドはつかないこととする。レフリーはユセフ・トルコかジョー樋口か山本小鉄。もしも両選手の了承が得られなければ、ロシアの柔道家にして政治家もやっている、強面のウラジーミルを招聘すれば文句はあるまい。全席指定でリングサイド席の料金は10億。座席はいつも通りのパイプ椅子だが、各国要人と大富豪が集結するだろうから上等なシャンパンはつく。ただしディナーショーではないし、ケータリングもない。相当に残酷な、あるいはとてつもなく滑稽な試合が予想されるので、吹き出してタキシードやドレスを汚さないための配慮なのだ。



DSC08920



この世紀の一戦の放映料はフランスの国家予算程度にはなる。それを、仮にロケットマンが敗れた場合の人民の救済に当てればいい。トランプマンが負けた場合は誰も困らないし、さしたる混乱も起こらないだろうし、もしかしたらその日が「合衆国が知性を取り戻した日」という祝日になるかもしれないし、反トランプのスピーチで涙したガガのストレスが消えて難病から回復できるかもしれないしと、いいことだらけだから問題はないだろう。



DSC08705



古来より、猿はそのようにして群れを維持してきた。間違っても敵対する群れの女子供を怯えさせたり危害を加えることなどせずに、ボス同士の対マンで決着をつけてきた。小学生レベルのなじり合い、威嚇の応酬などというやり口は猿以下の、正確に言えば猿の中で最低のみっともない行いである。



DSC08894



(両選手の言を借りて)チビで無能な若造と、口汚い老いぼれの実力は五分と見た。凶器はプロレス黄金期の慣わしを踏襲してフォークと栓抜きまでとするが、演出上の配慮からイチゴシロップの毒霧は可。
さあさあご両人、両手のすべての指が折れるまで殴り合うがいい。足腰立たなくなるまで蹴り続けるがいい。デスマッチなのだから、徹底的に、息の根が止まるまで、人民のプライドか両者共通の深刻なオイディプスコンプレックかわからないが、政治的、社会的にはムで始まりダで終わる、あるいはアで始まりホで終わる、難しい日本語で表現するとクルクルパーな威信にかけて、徹底的に戦い抜くのだ。



DSC08773



どんな試合展開になろうと、どっちが勝とうと、結果として双方共に核のスイッチを押すことができなくなるし、その必要もなくなり、数万人か数十万人の清らなかにして正常な命が、たった二人の変わった髪型の変人によって奪われるという喜劇のような悲劇を回避できる。



DSC09131



そして試合の翌朝はクリスマス。世界中のサンタクロースによって届られたプレゼントで何億人もの子供たちが笑顔になって、家族も笑顔になって、地球は穏やかな幸せの光で何ルクスか明るくなることだろう。
めでたしめでたし。



DSC08940

曼珠沙華が地上に現れるのは
ほんの二週間ほどで、
葉っぱも持たない彼らは咲き終えたら
跡形もなく消えてしまいます。
一年のうち350日を地中で過ごす、
花というより地底生物なのです。
もしも戦争が起こって人類が絶滅しても
全く意に介さずに、突然現れては咲き、
二週間で消えることを毎年繰り返すことでしょう。
それはそれで、平和な秋の風景です。





今日は「港南台店」にいます。




 
 

庭のつれづれ

明日に向かって食え!

ここ一年ほど、腸内フローラのガーデニングを意識して、野菜と各種発酵食品とキノコ類と海藻を食べるよう心がけています。あまりストイックになるのもストレスになるので、時々は外食で、とんでもなく悪そうなものも食べるようにしています。
どちらもとてもおいしい。
おいしいと感じる時に腸内でセロトニン(幸せホルモン)が産生されるそうな。



ええか、生きるために食べるんやで。食べるために生きたらあかんよ。
ソクラテス
 


セセリチョウ御一行様、キバナコスモスの宴。
 
DSC09076

夢中で食事をしている姿は
見ているだけで栄養補給できる気がします。

DSC09083
 
家から子どもたちがいなくなり、
ガツガツ食う姿を見ることがなくなりました。

DSC09093

まあ、自分は毎食ガツガツ食っていますが。

DSC09101

そろそろ故郷から新米が届く頃。

DSC09107

炊きたてのコシヒカリと野沢菜 、
考えただけでセロトニンとよだれが吹き出します。

 



 

庭のつれづれ

上を向いてから歩こう。

見上げた瞬間に吹く風の清らかさ。
思わず深呼吸をして秋を体内に取り込む。 
おっ、稲刈りシーズン限定の草の香りがした。ふるさとの香りだ。



この時期、ススキと空は呼応する。

DSC08975

空気と光の具合の良さに、何の不満も浮かばない。

DSC01691

しいて言えば空腹止まぬ腹具合。

DSC08999

三幸苑(金沢文庫)のタンメンを、つい「大盛りで!」と。

DSC08979

ついつい「半餃子も」と。

DSC09336

いい季節です。



一年中同じような手順で仕事をしているわけですが、春から初夏と秋の今頃は格別に充実感の高まりを感じます。出会う人出会う人が一生の友人となるような方ばかりで、庭の提案もいつもの自画自賛を通り越して、皆さんが興奮気味に、感動的によろこんでくださいます。
気候がいいと、何もかもがいい具合に転がる気がします。この調子この調子。今日から着手する新たな庭の構想は、ついさっきまで見ていた夢の中で既に完成していて、あとはそれを線で描くだけ。好調な時は何をやるんでも余裕のよっちゃん。
設計完了までこの感じを保っていたいので、もう一度空を見上げて、入念に深呼吸をしてから出かけます。
上を向いてから歩こう。







 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 庭のつれづれ
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ