2006年12月

ただただ感謝です。皆様よいお年を。

 いやあ、ついに大晦日です。
 今年もまた、たくさんのすてきなご家族と知り合えました。それがこの仕事をしていて一番うれしいことです。すてきな家族、すてきな生き方。庭作りを通して皆様の充実した人生に触れることで、私と妻、わが家がどれだけ元気をもらい楽しい日々を実現できていることか。ただただ感謝です。

a3ac5936.jpg


 それから、このブログもクリック数が15000回を超えまして、何だかこんな理屈っぽくてくどい話に辛抱強くお付合いいただいている常連さん方に、これまたただただ感謝です。無理せずのんびりやるつもりでスタートしたのに、途中からは毎日アップするようになってしまい(紹介したい庭もネタもたまる一方で・・・)、今では生活習慣病になっています。来年どこまでこのペースでやれるかわかりませんけど、とうぶんこの調子で続けるつもりです。引き続きお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 それから、お詫びを一言。プランが年を越してしまった皆様、申し訳ありませんでした。お正月休みにゆっくりと検討していただこうとペースを上げてがんばったのですが、がんばるほど“凝り性”の血が暴れ出して、かえって時間がかかったりして思い通りにいきませんでした。正月休みを数日いただいて、来年さらにパワーアップしてデザインしますのでお許しを。

 それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

進化を予定した庭( 岡林邸 4)

 快適な庭、家族で過ごす庭を成立させるために目隠しは欠かせません。ウッドデッキ側はしっかりめに木工フェンスで、反対側はタカショーのレベアーチトレリスで軽く仕切りました。特にトレリス側のお宅には岡林さん家のお子さんと同じくらいのお嬢ちゃんがいて、仲良しなのでスケスケがいいとのご要望でした。このように遮蔽するということともにお隣との関係性を考慮して目隠しを考えることが、庭以上に大きい“暮らす”という意味での快適さを生みます。

6e83fa7f.jpg

9c03a7aa.jpg


 立水栓はわざと庭の一番奥の角に、こうすることで庭を隅々まで有効に使い、意識する導線が出来上がります。蛇口は子どもたちのリクエスト“ヘラクレスオオカブト”です。

0bf0d0fe.jpg

7b12a758.jpg

406f6b98.jpg


最後にこの庭の中心、大きな砂場です。プランするときに最初に決まっていたのが「庭の真ん中に砂場をつくる」ということでした。男の子はとにかく穴を掘りたいものなのです。これはもう本能なのです。一年中、しょっちゅうこの話題になります。
 男の子は歩きはじめるとすぐに石を拾って投げ、次がドロ団子で、その後砂遊びに夢中になり、それが長い子だと6年生まで続くのです。でもまあ、たいがいは2~3年で砂遊びは終わり、砂場は忘れ去られてしまいます。だからあえて庭の真ん中なのです。そうしておけば砂場の次は花壇、興味が向けば有機栽培の畑、そして究極はバーベキュー炉、家族で火を囲む“いろり”へと進化させることができるのです。子どもの成長、家族の歴史とともに庭の中心が変化していく。それが可能な庭というわけです。

253645cc.jpg

f5120d15.jpg

189b81cf.jpg


 以上、新しい街での暮らしをスタートさせた、幸せにきらめく岡林さんご一家のファミリーガーデンでした。




□ブログランキング参加中

223fa9a9.gif
 走る走る走る

斜めのウッドデッキと縁側( 岡林邸 3)

 岡林邸のウッドデッキです。リビングダイニングの正面、室内からいつも見える場所に落葉樹を植えたくて、隣地との境界線いっぱいから、過ごすのに十分な広さを確保しつつ斜めにしました。そして一段降りてぬれ縁、これで庭で遊びながら腰掛けるのに丁度いい高さになるのです。

5f127e27.jpg

3745d03f.jpg

b7ecfb6e.jpg


 デッキから突き出ている3本の柱は夏場に日よけのシェードセイル(3角形)を取り付けるためのものです。
 デッキの素材は耐久性とともに風合いを重視してレッドシダーで、塗料はキシラデコール、色は建物に合わせて明るめのカスタニを選択しました。

 今のところ生け垣がまだスケスケで高さも足りません。半年もしてこれがしっかり仕立たれば極上の“家族の場所”になります。来年の夏が楽しみです。



□ブログランキング参加中

29ab45ed.gif
 走る走る走る

街並のオーラ(岡林邸 2)

 2人の男の子が主役のファミリーガーデン、ビフォー・アフターです。

Before
a97cb9b2.jpg

After
224be828.jpg



Before
4e176b15.jpg

After
85ea03a6.jpg



Before
aa452a98.jpg

After
01908945.jpg


 両隣りのお宅も同じで、引き渡しの時に庭には芝生が張ってありました。今回たまたま芝生ではないプランに決まったので全部はぎ取ってから施工したのですが、ご多分に漏れず芝の下地は水はけが悪くて最悪な状態でした。工務店さんとしては土のままではほこりも立つしとりあえず芝生でということかもしれないのですけど、せっかく張るならあとひと手間加えればそのまま何年でも芝生を楽しめるのに、少し残念です。余談ですけど。

 数十棟が新しく建った分譲地で、どのお宅もまだ庭は手つかずです。これから5年10年と経つうちに各家がそれぞれの家族に合った庭をつくり、木が育って花が咲いて、イイ感じの街になっていくことでしょう。ここは、そんな予感を感じさせるしっかりした計画で出来上がっている分譲地なのです。実はこのことが非常に重要なことでして、街並計画、その出来不出来が住む人たちの人生に大きくかかわってくることなのだということを感じています。無計画に出来上がった雑然とした街並、住む人と無関係な様々な欲望や都合が絡み合った混沌とした街並、人工的で情緒のかけらも無い街並、路地裏や井戸端的な場所(コモンスペース)が無い味気ない街並、そういう場所で幸福な家庭やコミュニティーを維持するのは相当な努力がいります。というか、無理なのかもしれません。
 嫌な事件が報道されるときに、その舞台となっている街並を意識して観察してみて下さい。あの事件、この事件、どれもまるでその街が起こした事件のように思えるほどどの街からもいやなオーラを感じます。こんな話をするとインチキ霊感師みたいですけど、仕事柄いろんな街とそこに暮らす人たちを見てきたからでしょうか、確かにそう感じるのです。だから、知り合いが家を探しているという時に、私も妻も必ずこのことを考えてアドバイスします(最近も2度ありました)。幸せ実現が容易な街と困難な街、新築や引っ越しをお考えの方は、一度そんなこともイメージしてみて下さい。これはほんとに大事なことなのです。

 よく計画された新しい街でいち早く庭をカスタマイズした岡林さん、このご一家が発する幸福の光が他の家からの光と混ざり合って、上空から見るとこの街全体から美しいオーラが出ている、そんな感じまで成熟した時、ここはここで育った子どもたちにとってかけがえの無いふるさとになるのです。
 そうやってイイ感じに出来上がった街、うちの近くだと庄戸、桂台、野七里、舞岡、日限山、そうなりつつあるのが港南台です。街並が発する幸福のオーラを意識しながら散歩してみてはいかがでしょうか。



□ブログランキング参加中

ffdb51ce.gif
 走る走る走る

子供が主役の庭(岡林邸 1)

 2人のかわいい小学生の男の子が主役、そんな岡林さん家です。奥様が当ブログ3月9日のカテゴリ/新築住宅の庭『キッズガーデン“砂場のある庭”』を読んで下さって、「砂場が庭のまん中にある庭を」ということで打合わせがスタート。他にウッドデッキと目隠しと立水栓と落葉樹と・・・。そんな要素を入れた“ガーデニングの庭”と“芝生の庭”の2プランを提案しました。

PlanA
c26e1d3d.jpg


PlanB
51b0aeb8.jpg


 このA・Bをごらんいただいた結果Aの方をベースに考えるということになりまして、さらに検討・調整してできあがったのが次のPlanCです。

PlanC
c42dfa6f.jpg


 男の子をお持ちの若いご夫婦が放つ独特のきらめき、お父さんはいつか来る思春期を見据えながら子供達のリーダーとして生活全般に力が入り、お母さんは自分とは種類の違う男の子のパワーにとまどい、疲れぎみながらも一生懸命に子供達(リーダーも含めて)の世話を焼く。そして奥様の家事育児の疲労を気づかいつつ自分も限界いっぱいまで仕事と子育てに没頭するご主人。この感じが私には眩しく輝いて見えます。ご夫婦ともども大変な時期だと思いますけどそれもお子さんが中学生になるまでです。「がんばれ~!」。で、男の子が中学生になるとどうなるかと言いますと、蛹が羽化するように全く違う人になります。殻を自分で破って羽化するときのもがきも凄まじい。でも終わってみればかわいいものです。問題は羽化した後はたいがい親と遊んでくれなくなるということ、これが、特にお母さんにはきついようです。が、それも順調な成長過程、その時を悠然とむかえられるためにも、男の子が幼虫のうちに思う存分、飽きるまで、疲れ果てるまで遊びましょう。庭がその舞台になればいいなあ、親と一緒に庭で遊んで育った子供はどんな道に進もうとも“おもしろい”、これはこの仕事で得た実感なのです。
 きらめき真っ最中の岡林さんご一家をイメージしつつ、こんなことを考えながら設計しました。
 明日はビフォー・アフターです。




□ブログランキング参加中

b3ec5ea4.gif
 走る走る走る

こういう場所で暮らしたいのです( 山中邸 4)

685104e3.jpg

bb146ff9.jpg

c4ccd492.jpg


 ご覧のように雑木林と眺望を同時に感じられる立地で、しかも正面の下の方は遊水池になっていて家は建たないとのこと。うらやましい限りなのです。なかなかありませんよこういう場所。奥さまに「湯河原温泉みたいですねえ」と言うと「ほんとに。別荘地で暮らしてるみたいなんですよぉ」とのお返事。同じ暮らすならこういう場所でと誰もが思うのでは。ほんとうらやましい。
 目線の高さで横に走る電線が気になると言えば気になりますが、手前に株立ちの木を植えれば解消されます。今回のリフォーム、お客さまは満足して下さいましたけど、私なら・・・、やっぱ“バーベキューと昼寝の庭”にしたいなあ。



□ブログランキング参加中

b2e9e2dc.gif
 走る走る走る

ブラジル産天然石( 山中邸 3)

 山中邸の石材です。既存の庭石と白御影のピンコロと乱張り、そして砂利は伊勢砂利を使用しました。

a5b1a21c.jpg

82e7498a.jpg

f9554ad3.jpg

82b1b181.jpg


 乱張り材を何にするかで迷いました。和風だからといって鉄平石では暗くなるし、丹波や根府川では落ちつき過ぎるし、ジュラストーンは問題外だし・・・。いろいろとうちの店に置いてあるサンプルを見比べた結果、(株)東京水産流通グループのブラジル産天然石『エスティアストーン』のグリーンに決定。少ないサンプルと写真での選択だったので一抹の不安がありましたが、出来上がってみたら色のばらつきも良好で、イメージしていた以上の仕上り感にホッとしました。
 今回のように和だからといって国産の石に限定せずに探すと、思いがけずGoodな仕上りを得られます。選択を誤ると悲惨ですけど。一昔前は選択肢が少なくて、こんな選び方は出来ませんでした。それどころか、まず入手可能な石を探すことから設計が始まっていたのですから。これも輸入業者各位の努力と不景気による石材値崩れの賜物、世界中の石が比較的安価に手に入る今の状況に感謝です。


(株)東京水産流通グループ 走る 世界中の石や建材が紹介されてます。


07a3c913.gif
 走る こちらもよろしくお願いします。アッそうそう、メリークリスマスびっくり みなさま楽しいイブを過ごしましたか?わが家はカオリちゃん手作りのケーキとわたくし作のケンタッキー風フライドチキンで油と糖分を過剰摂取しました。おかげで今朝はやや体調不良で・・・。さあ今年もあと一週間、ラストスパートです!

宙に浮くワインボトル

 山中邸の途中ですけど今日はイブなので皆様にプレゼントを。といっても写真で“感じ”をお伝えするだけですけど。

 忘年会でやるビンゴの景品を探しにみなとみらいに行きまして、観覧車の隣にあるワールドポーターズビブレの4階、ウエストリームという雑貨屋さんで見つけた不思議なチェーン、こういうの見るともうたまりません。即購入。

94746bf7.jpg


 お値段は6,090円(ワインは別、チェーンだけです)一瞬迷いましたが「ここで買わなかったら一生後悔するぞ!」と自分に檄を飛ばしてレジへ。ウキウキと持って帰ってさっそくわが家の380円のハナマサワインを浮かせてみました。イイ感じです。イイネ!イイネ!イ~~~~ネ!これは景品にはしません。今年も一年がんばった私へのクリスマスプレゼントです。そして皆様にもこの不思議な感じをプレゼント、ということで今日はワインを浮かせる魔法のチェーンでした。(まだいくつか在庫はあるようでした)それでは「メリークリスマ~ス!グラス



8bd648a5.gif
 走る

芝生よさらば( 山中邸 2)

 落ちついた熟年ご夫婦のガーデンリフォーム、ビフォー・アフターです。

Before
3a382575.jpg

After
660e8519.jpg



Before
ccb2f97b.jpg

After
644ab150.jpg


 写真ではわかりづらいのですが、芝生はかなり弱っていました。原因は水はけの悪さです。横浜の海側はどこもかしこも粘土質で水はけが悪く、芝を張って数年経ったら元気がなくなったり消えてしまうということによく出くわします。張った直後と翌年くらいは芝に付いていた土の養分と生産時の勢いでよく育ちますが、3年目には元気がなくなって、エアレーションや施肥でもなかなか回復しません。これを防ぐためには張る前に芝生用の土壌改良が必要なのです。そのやり方はカテゴリ/現場ツイストの8月31日と9月1日『芝生の張り方』をご覧下さい。これから庭に芝生をと考えている人はぜひ。

 で、ビフォー・アフターですが、これで芝生の雑草取りからは解放です。それとご覧のように植栽スペースが明確になることでガーデニングへの意欲は増します。さっそく奥様がビオラや今まで鉢で育てていた植物を植えていました。



ec3807e3.gif
 走る

熟年ご夫婦の庭( 山中邸 1)

 落ちついた熟年ご夫婦のガーデンリフォームです。

 こちらのお庭、左側から覆いかぶさるように雑木林があり正面は眺望が開けているといううらやましい限りの立地です。私ならハーブと野菜と果樹を育てながら夕食は庭でトーチを焚いて。そして週末はバーベキュー、満腹になったら木陰で昼寝をするという食欲メインの悦楽ガーデンをイメージするのですが、ご夫婦はそういった感じの提案にはあまりのってきませんでした。そういう感じはとうに満喫してきて、今はもっと落ちついた静かな生活を送られているようです。充実した現在の生活の中で“雑草取りが大変”、“元気のなくなった芝生をやめて石や砂利の庭にしたい”という2点で相談に来られたのでした。

8393727e.jpg


 洋風ではなく、でもあまりさびた感じの和でもなく、庭で過ごすことよりも、ガーデニングは楽しみつつ手のかからない庭、そんなご要望でした。
 既存の庭石を据え直し、乱張り・砂利・畑というふうに区分けして、少しだけ図形っぽい線を入れることでモダン和風的な活力を与えました。この、場に活力を与えるために円や直線や角度を見せる手法は、600年前につくられた庭でも現代のランドスケープデザインでも使われていることで、何らかのインスピレーションを生み出す効果があるのです。でもここで意識すべきは図形を手段として使うということです。ともすると図形が主になって・・・おっといけない、また悪い癖で延々と理屈が続いてしまいそうなので、年末で忙しいし今日は止めときましょう。
〈かおり〉そうそう、早いこと設計やってちょうだい!仕事がたまりまくってまっせ~!!



a99dfa76.gif
 走る

ザ・ビートルズ LOVE

 秋から話題になっていたアルバムが発売になりました。レコードに針を置いた瞬間から(CDなのでそれはウソですけど、そんな気分でした)ビックリとニンマリの連続で、 ホエ~!ウヒョ~!イヤ~やるもんだ!そうきたか~!やっぱエエワ~!と歓声を上げながら最後まで一気に。続けて2度3度と聴くうちに何とも満ち足りた気分になりました。

9479c801.jpg

05c54eff.jpg

af481ca6.jpg


 ビートルズについて“ビートルズがいわふちひでとしに与えた多大なる影響”てなことを語り出すと延々続いてしまうので省略するとして、もうすぐクリスマスです。いつも読んでいただいている奥様方、もしご主人が40代後半から50代でしたら、迷わずこのCDをクリスマスプレゼントにしてください。そうすれば慌ただしいこの年の瀬、世の中にしあわせなおじさんが増えるのです。



0f699c47.gif
 走る
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 庭のつれづれ
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ