2012年08月

水越浩幸という人 ☆☆☆☆☆

出会いってすばらしいことですよね。
庭の仕事をしながら、たくさんの人と出会って、その出会いによって導かれるようにして今日があります。

11年前、運命に身を任せるようにして流れ着いた横浜。そのときわが夫婦には、この地にひとりの知り合いもいませんでした。
それが今では、数えきれないほどのたくさんのすばらしい人たちに囲まれながら、日々幸せに暮らすことができています。

出会いに、運命に、ただただ感謝!

北原照久さんのすばらしい言葉があります。

遠回りをしてきたから、たくさんのいい人と出会えた。

まさにその思いの中にいます。


そういう出会いの中で、何人か、とても特殊な能力を持った人がいます。
筆頭は北原さん。おもちゃを集め続けて、いい言葉を話し続けて、たくさんの人の人生に輝きをもたらしています。
よくよく考えると、そんな人って、世界中探してもいないわけです。

他にも、ヨットで地球を3周した人、ボディービルダーの中華屋さん、宇宙旅行のコーディネーター、言葉で人々を感動させる書家、ハッピープレゼンター・・・。
みなさん特異な才能をお持ちというか、共通して、自身を思いっきり燃焼させている人たちです。
その燃焼の美しい炎を間近で感じることが、ぼくのエネルギーになり、その炎の灯りが、自分が進むべき道を示す目印にもなっています。

あこがれる人に向かって、歩を進めていけばいい。

そう思っているのです。 


出会いによって導かれる。
最近導かれて始めたのが facebook です。
そこへと導いてくれた人が、今日ご紹介する水越浩幸さん。


268702_453095228063889_1570123258_n



この人もまた、特異な才能を持った人です。
その才能とは、

出会った人すべてと、いきなり大親友になれる才能。



426994_452267614813317_918214988_n



なかなかお目にかかれませんよ、こういう人。
何でそんなことができるのかと、とても興味がわきます。
何でかなあ・・・。人当たりは抜群にいいし、おもしろい顔してるし、純粋で、やさしくて、自分の世界を楽しみ尽くしている、山下清みたいな人。テーマ曲の「野に咲く花のように」が聞こえてくるような。
・・・ちょっと違うなあ。そうそう植村直己みたいな人です。



486504_367395586667405_2120480207_n



先日「植村直己冒険館」に行きました。そこで感じたのは、植村さんの誰をも魅了するあの人なつっこい笑顔が、植村直己を世界一の冒険家にしたんだなあということでした。
それに通ずる笑顔を、水越さんは持っています。うん、そういう人。
だからたくさんの人が、彼のもとへと集まってきます。



382260_278617692178311_1898132576_n




おっと、もうひとつ、水越さんはパソコンにやたら強い。ソーシャルメディア(???)の冒険家、水越浩幸。





【 水越浩幸 】

東京の100年続く印刷会社の3代目。

趣味:朝、出かけるときに奥様とハグすること。

好きな言葉:「 喜べば 喜びごとが 喜んで 喜び集めて 喜びにくる 」

生活信条:出かけるときに奥様とハグする。

宗教観:八百万の神

日課:奥様とハグする。



そういう人です。
その水越さんが、友人たちと、念願だったCDデビューを果たしました。



551106_458717494168329_95257671_n



いわゆる「親父バンド」ってことになるのかな?いやいやもっとプロっぽいのか、実のところぼくはよくわかっていませんが、とにかく音楽の世界に夢を持っていた人たちが集まって、その夢がカタチになったというわけです。

すばらしいじゃないですか、友と肩を組みながら、夢に向かって歩いて行く。

ちょっと脱線して、植村直己さんのことですけど、日本人初のエベレスト登頂を果たしたときのこんなエピソードがあります。
頂上まであと10mのところで、植村さんは立ち止まって動かない。後方の先輩登山家に、一番乗りを譲ろうとしていたのでした。
追いついた先輩は、そんな植村さんと肩を組んで、一緒にその10mを歩いたといいます。

夢はひとりでは実現できない。
その言葉以上に、一緒に夢を追える友がいることの幸せ。


友と一緒にその夢を実現できたら、人生は上々の出来ですよね。

いいんだよなあ仲間って。



540293_453779771328768_1102875014_n



水越さんとその仲間たちが、夢をカタチにしたCDのキャンペーンが、明日、明後日の2日間行われます。
これがまた困ったことに、パソコンに疎いぼくにはさっぱりわからないのですが、アマゾンでどうのこうので、メディラスファミリーでオリコン1位になるとか・・・。

まあ、わかる人にはわかることだと思いますので、下をクリックしてみてください。


CD発売記念アマゾンキャンペーン


どんな曲が入っているのかは次をクリック。



 

夢追い人たちの言葉とメロディーと歌声、沁みるなあ。

ぼくもかつて、ず〜っとかつて、シンガーソングライターを夢見たことがありました。だから、自分の中の夢追い人スイッチが、パチッとONになります。

夢追い人の姿に刺激されて、自分の中に埋もれていた夢が蠢き出す。
夢追う人を応援すると、自分も夢追い人になれる。


だから、ね、応援しましょ!
もしかしたら熟睡中かもしれない、あなたの中の「夢追い人」を呼び覚ますために。 









 

「幸せへの扉」11、シンプルに暮らす

「着るものなんてね、よそ行きと、普段着と、パジャマと、それぞれ上下3着あればいいでしょ。一度に一着しか着ないんだし。あとね、何でもいちいち必要かどうかを考えて、必要なかったら捨てる。買い物はよく吟味して。私はそういう主義。お気に入りだけを大事に大事に使っていたら、収納なんてそんなにいらないわよ」。

これは新築をされるお客様の、住宅メーカーとの打合せに同席したときに、奥様から出た言葉です。
ウォークインクローゼットの広さをどうするか。広くした方がいいですよと勧める営業さんに、奥様はもっと狭くていいから、その分となりの寝室を広くしたいと考えて、そうおっしゃったのでした。
今から15年前のことです。



6897861d



ぼくには衝撃でした、「それぞれ上下3着あればいいでしょ」って。
当時のぼくは、暮らすということは物を集めていくことだと思っていましたので。
新潟の実家がそうなんです。田舎の古い家なので、生活エリアと同じほど広い面積を占めている納屋や物置には、ありとあらゆる物がつまっています。
そうやって、冠婚葬祭など、何があっても間に合うように物を集め、体裁を整えていくことが暮らすことだと、漠然とそう思っていたのです。



c75b9d87



あれから15年、現在そのお住まいは、奥様の言葉通りにとてもシンプルに、美しく整っています。

考え方次第、意識の持ち方次第で、シンプルライフは実現します。

そのお宅は庭もまたシンプルで、芝生をベースにして、
ハナミズキが一本とその根元にユキヤナギが植わっているという仕立て。そこにいくつかの素焼きの鉢を置いて、欠かすことなく季節の花を咲かせています。



3bc76fb4



その芝生と
の手入れがちょっと感動的なほど見事で、ぼくはその様子に、奥様のシンプルライフのコツを見る思いがしました。

シンプルに暮らすには、手間を惜しまないことが必要。

芝生を美しく育てるには時間も手間もかかります。花を咲かせることもそうです。
手間ひまかけたことが見てとれる庭から、奥様の理想の暮らしへの、情熱的とも言える姿勢が感じられたのです。



2c556b3f



ぼくはあこがれます、そういう暮らし。
余計な物はすべて見えない場所に納められ、モデルハウスやリゾートホテルのように、いつも美しく整えられた部屋。

よく片付けられて、風通しがいい部屋にはいい風が吹き込みます。
その風に乗って、いい運気も舞い込んできます。


これ、よく言われることですよね。
このことは、実感としてわかってるんです。よーくわかってるんですけど、・・・白状します、実はぼく、片付けが苦手なんです。

クローゼットには、たぶん二度と着ないと思われる服が詰め込まれていて、いつも妻に叱られているし、リビングは余計な物だらけだし。
一応掃除は好きな方なんですけど、「美しいシンプルライフ」まではなかなかたどり着けません。



b396074c



でも意欲はあります。美しく暮らしたいという欲求は、消えることはありません。
だから、いつもある程度までは行くんです。それをどうやって伸ばしていくかが今後の課題。

ぼくは、シンプルに暮らしている賢人たちの顔を思い浮かべてみました。
庭を楽しむ賢人たちには、そういうスタイルで暮らしている人がたくさんいます。

何人かの賢人たちの暮らしのシーンを思い起こすと、その人たちって似ているんですよね、感じが。
行動というか人柄というか、印象がとても似ています。
あなたも周囲のそういう人「シンプルライフ族」を思い浮かべてみてください。きっと同じことを感じるはずです。
ひと言でいうと、ややこしい人がいない。みなさん身なりも思考も行動も、スッキリしていますよね。

シンプルに美しく暮らしている人は、人柄もシンプルで美しい。

そういうことですよ。
ぼくがそこにたどり着けないのは、内面的にシンプルじゃないから。

こりゃあ自己改造しかありませんね。このややこしい自分自身を、シンプルで美しい人に改造しない限りそういう暮らしは実現しない。
・・・という、まあ当然のところにたどり着きました。



26bbbe50



今日の扉は「シンプルに美しく暮らす」です。
それは単に物を減らすとか、部屋を模様替えするとかいうことでは実現しません。頑張ってモデルハウスのような部屋にしたとしても、きっとすぐに、また元に戻ってしまいます。

結論。

自分自身がシンプルで美しい人になる!

これしかない!

「過去と他人は変えられないが、未来と自分なら変えられる」という言葉もあります。
頑張ります。



447d69ca



何だか今日のは、ぼく自身の大きな課題が露呈した扉でした。
さっそく今日から、自分改造に着手します。







シンプルな思考、シンプルな行動、シンプルな暮らし方、シンプルな・・・。ほーら、もうややこしい自分が大活躍し始めました。
いったいどうしたらいいのでしょう、このごちゃごちゃ頭。

などと頭を振りながら facebook を開いたら、シンプルで美しく暮らすお手本のような人、ハッピープレゼンター小菅昭子の記事が飛び込んできました。


理想の自分を生きていこう!


誰かが期待する自分ではなく、

本当に望む自分を、100%、責任を持って、快活に生きていこう。


誰のためでもなく、自分の清々しい人生のために。


そんな生き方こそが、世の中への貢献なのです☆






オォ、波動が上がる。
頭がシンプルに整いました。

さっ、今日も設計設計!










「幸せへの扉」10、幸せな生活感があふれている

庭のある暮らしを楽しみ、すばらしい家庭を実現されている賢人たちから学んだ「幸せへの扉」。
今日の扉は「幸せな生活感があふれている」です。

幸せな人の暮らしには、幸せな生活感があふれている。

この言ってしまえば当たり前なことが、ぼくには扉に見えました。



庭の打合せ中にリビングの壁に発見した、少年の絵。
この絵から表札づくりが始まりました。 
493c99e1



生活感というと、その枕詞で「荒んだ」とか「わびしい」といったマイナスイメージの言葉が付くものなので、「幸せな生活感」という言い方は不自然なのかもしれません。
しかし、感じるんです。幸せなご家族の暮らしには、必ずこの「幸せな生活感」があふれていることを。



絵をトレースして原稿をデザイン。
d717b488



まだお子さんが小さくて、部屋中がおもちゃと洗濯物でいっぱいとか、高級ホテルのように整然と美しく仕立てられたお宅とか、ご夫婦の年代や暮らしの状況によって、打合せにうかがったときのリビングルームの様子は様々です。
様々ではありますが、ぼくがそこに感じる共通点が「幸せな生活感」。
おもちゃだらけであっても荒れた感じはしないし、ホテルやモデルハウスのように整っていても冷たい感じはしないし、そこには共通して、何とも言えない温かな幸福感が満ちています。



完成しました。
d925a106



それを感じさせるのは、旅行土産の小物、笑顔のフォトスタンド、お子さんが描いた絵やお習字など。

幸せ家族の暮らしには、家族の笑顔がギュッとつまった物が点在しています。



意地悪なバッタ。
69406c8c



奥様手作りのソファーカバー、ご主人のCDやDVDのコレクション、コツコツと買い集めた食器や調度品、お子さんが自慢げに見せてくれるカードゲームの束などからも、それを感じます。

お気に入りのものに囲まれて暮らしています。

それが「幸せな生活感」です。



やさしいカブトムシ。
首の線を描き忘れたことを、少年はとても気にしていました。
「大丈夫、そこがいいんだよ。首の線がないカブトムシを、君はきっともう一生描かないだろ。
だからこれはとても貴重な絵なんだ」と話したら、にっこり笑ってくれました。
e6375ac9



これ、簡単に真似できそうでいて、実はなかなか難しい。
主婦のみなさんはご存知の通り、それは、掃除との追っかけっこなのです。

荒れていくスピードよりも速く掃除をすることが「幸せな生活感」を生むコツ。

「すべての事象は必ず秩序を失ってゆく」というエントロピー増大の法則に逆らって、逆らい続けていくこと。それ抜きには賢者の生活は実現できないのです。掃除好きが大前提。



アシナガバチは正義の味方
少年の頭の中では、この絵に壮大なドラマがありました。
 
fb5e94f0



掃除好き、それに加えて、「変化させ続ける」ということも必要です。
お気に入りのものに囲まれているとしても、そこに変化がないと、そのお気に入り感も色あせていくものです。

身の回りにお気に入りの物を集めるのではなくて、トキメキを集めるという感覚。

そう思えばいいのです。
トキメク物を置いて、それにトキメキを感じなくなったらまた別のトキメキに置き換える。



いい出来映えに、みんな大よろこび。
少年は、はにかみながら照れ笑い。
 
a6f35944



実はこれってすべて、庭を美しく維持するためのコツと同じなんですよ。

お気に入りの草花や小物で構成して、荒れていくよりも速く手入れをして、トキメキが消える前に先回りして模様替えをする。これが庭を美しく維持するコツ。

同じ、全く同じ。
だからでしょう、

庭を美しく維持している人のリビングは必ず美しく、庭にも室内にも「幸せな生活感」があふれています。



少年は、この表札以降、表現者への道をまっしぐら。
芝生で編んだタペストリーを見せにきてくれ、その見事さに驚かされました。
中学生になった今は、写真に夢中だといいます。 
a5ec0ab4



庭だけが美しいってケース、ほとんど出会ったことがありません。逆はありますが、リビングが美しいのに庭がどうも・・・。
でも大丈夫。その場合は必ず後日庭が追いついていきます。遅かれ早かれ、庭とリビングは歩調が合ってくるのです。

慌てることはありません。
じっくりと、じっくりと。
あなたの理想の庭をイメージし、それを熟成させていってください。



純粋で、物事を興味津々に、真っすぐに見つめることができる少年です。
304c4f24



もしもあなたが、暮らしの場所にトキメキを感じないとすると、それが今のあなたの状態です。
庭もリビングも、あなたの内面を見事に映し出す場所なのですから。




庭につくった砂場にも夢中になってくれました。
集中力、夢中力、想像力、表現力抜群!
将来どんな表現者になるのか、今から楽しみです。 
2f0ca7a1



リビングも庭も、毎日そこにいるとついつい見慣れて、感覚が麻痺してしまうものです。
ときどき意識を研ぎすまして、冷静に、客観的に、見慣れたその場所を見つめ直してみましょう。

さあて、あなたはそこにトキメキを感じるでしょうか。







庭をどうにかしようというお客様は、例外無く、幸せへと歩を進めている人たちです。
「幸せに暮らしたい」ということを、積極的にイメージする人にだけ、庭は興味の対象となる場所なのです。
って思うと、この、持ち主からそっぽを向かれている庭の多さは・・・。

はっきりと、宣言するように、「もっと幸せになりたい!」と思うこと。
それ以前に、自分の幸せって何なのかを、スラスラと書けるくらいまで明確にすること。

はい、まずは幸せ宣言してください。
次に紙を持ってきて、あなたが思う幸せを、3つ書いてください。

だまされたと思ってやってみてください。
雑草だらけで、暮らしの中の厄介な場所になっている庭が、蚊がいるから、暑いからと視野から外していた庭が、大好きな場所へと変貌していきますよ。
そしてそこに、あなたは、たくさんの扉を発見することでしょう。








「幸せへの扉」9、エレベーターのスイッチを押す

今日の扉は「エレベーターのスイッチを押す」です。
これは作家で作詞家の吉元由美さんから学んだことです。
そして、庭を楽しむ人たちに共通することでもあります。



ピエール ドゥ ロンサール
ピエール ドゥ ロンサール
 


賢人は、自分の立つフィールドを自由自在に上げ下げできる。まるでエレベーターのスイッチを押すように。



アイスバーグ
アイスバーグ
 


人は状況によって、心の居場所(階)がまちまちです。感動や高揚感に包まれて高い階にいるときもあれば、心静かに地上階にいたり、ひっそりと、身を隠すように地下にいることもあります。
それは日によっても変わるし、一日の中でもアップダウンがあります。

同じ階にいる人とはすぐに意気投合できますが、階が違うと、なかなかすんなりとは近づかないものです。
階がちがうことで、時にはさしたる理由もなく「嫌い」という判断をしてしまうこともありますし、その人の存在がストレスになることもあります。これは毎日一緒にいる家族であっても言えることです。



アンジェラ
アンジェラ
 


でもきっと経験があると思うんですが、凄く嫌いだった人と、何かのきっかけで大の仲良しになることってありますよね。家族だったら、あんなに大げんかしたのに、いつのまにか何ごともなかったようになっている。
それ、違っていた階が一致したんです。

相手とのそりが合わないという感覚は、大概の場合、自分とその人との、その時点での階の違い。


これ、心して、いつも意識していたいことです。
たまたまそのときの階が違っているということだけで、すばらしい出会いを逃してしまいますからね。
「今は階が違うからシックリ来ないだけで、同じ階にいたら大好きになるなるかもしれない」という意識を持っていないと、出会いの機会を自ら大幅に狭めてしまいます。



オドラータ
オドラータ
 


「階の違い」、そういう考え方があるということを理解すること、これが基本です。
では基本がわかったところで、次はどうすればいいか。

応用編です。

自分が相手のいる階に行けばいい。

最上階から地下まで、あなたの方が移動すれば、すべての人と同じフィールドで向き合うことができます。これができるようになれば、人と会うことが大好きになります。



イングリッド バーグマン
イングリッド バーグマン
 


心にエレベーターが装備されていないと、キツいと思うんですよ。
嫌いな人の割合がとても多くなるし、自分の状態によって、同じ人を大好きなったり大嫌いになったりしますから。

自分がいる階だけで過ごしていませんか?
自由自在に階を移れる、心のエレベーターを装備しましょう。




サマースノー
サマースノー
 


特に地下にいる人を何とかしてあげたいと思うとき、まず自分がそこに降りていかなければ、結局は何の力にもなれません。そこまで行って、地下でその人に寄り添って、もしもできることならその人の手を取って地上階まで連れてくる。

ぼくがかつて地下の床にへたり込んでいたときに、すぐに降りてきてくれた友人のことが忘れられません。それと、長いことじっとそこにいてくれて、ゆっくりと手を引いて地上階へと連れて行ってくれた妻のことを。
ぼくは一生感謝します。そしてぼくもまた、友人に、妻に、そうでありたいと。
人と人って、そういうもんですよね。



ジャルダン ドゥ フランス
ジャルダン ドゥ フランス
 


さあ、次は超応用編。

相手を自分の階に呼び寄せる。

これが得意な人っているんですよ。
ぼくはそう言う人を「花のような人」と呼んでいます。

オープンガーデンなど、花咲く庭に人が集うとき、不思議なもので招く側も招かれる側も心は同じフィールドにいます。
ついさっきまで夫婦喧嘩していた人も、寝不足だったりして体調がすぐれない人も、何か深い悩みの中にいる人も、引っ込み思案な人も、押し出しの強い人も、その庭に足を踏み入れた途端に気持ちが和らいで、華やいで、自然と笑顔いっぱいの顔になって、初対面であっても旧知の仲のように話が弾んでいます。

どんな状況にある人も惹き付け共鳴を起こさせる、これが花の最大の魅力。

花以外で、何か思い当たりますかね、そういう効果を持った何か。
花は昆虫を魅了するだけでなく、人の心も惹き付ける、地球上においての特別な存在なのです。
その花の魅力を持った人、「花のような人」の階には、いつも笑顔の輪ができています。



チャールストン
チャールストン
 


その「花のような人」は、ずっとその階にいるのかというと、違います。
よーく観察すると、その人が、自分の階を起点として、ものすごいスピードで各階を上下しているのです。最上階から地下まで、目まぐるしく移動し続けています。
あまりにそのスピードが速くて、周囲の人はあまり気付かないんですが。

高速エレベーターで上がったり下がったりできる人がいます。それは、気遣いの人。
そういう人の階に、たくさんの人が集まります。




コレッタ
コレッタ
 


心のエレベーターを使って、「上にまいりまーす。下にまいりまーす。次は3階に止まりまーす」と、軽やかに階を移動しながら暮らしましょう。
必ず人が好きになって、たくさんの出会いがあって、いいことが起こり続けるに違いありません。

出会うことが好きな人は、出会いによって導かれ、充実の人生を実現していきます。

もしあなたが人に会うことが苦手なら、会いたい人よりも会いたくない人の方が多かったら、ぜひ、心のエレベーターを取り付けてください。







「花のような人」をイメージするとき、ぼくの頭にはモデルの久保京子さんが浮かびます。
あるダンスパーティー、田舎から遊びに来ていた母親を連れて行ったときに、華やかな会場に気後れしている田舎者の母を、たまたまとなりに立っていたというだけで、あっという間に和ませて、ダンスの輪に引き入れてくれたのが久保さんでした。
もちろん初対面で、それは瞬時の出来事でした。
母は後日「あの背の高いきれいな女の人は、感じがいいねえ」と、とても印象に残ったようです。
見ず知らずの田舎のおばあちゃんの手を引いて、一瞬で笑顔の輪に入れてしまう久保京子さん。感謝とともに、ぼくには生涯忘れられないシーンです。
久保京子さんの超高速エレベーター、感動的でした。





頑張った人会

荒武さんちに続いて、今度は和泉さんちでベーベキュー。



DSC00308



こうしてお客様の庭で遊びまくれることの有り難さ。



DSC00312



乾杯後、いきなりトップスポードで食べまくり。



DSC00313



庭で火を囲むと気持ちの解除スイッチが入ることの不思議。



DSC00319



誰言うとなく「頑張った人会」。



DSC00329



毎日頑張っている人ばかり。



DSC00338



頑張っている人はみんな、はじける笑顔。



DSC00344



頑張っている人のお話しは、すべて笑い話。



DSC00351



庭も空も、頑張った人を祝福。



DSC00352



よく冷えたシャンパンで、再々度乾杯。



DSC00353



どうよ、この笑顔。



DSC00358



頑張っている人たちと共鳴して、庭の波動はピーク。



DSC00359



気付いた。頑張るって、楽しむこと。



DSC00361



山頭火が浮かびました。

真っすぐな道で、さびしい。 



DSC00363



北原照久さんの言葉が浮かびました。

遠回りをしたから、たくさんのいい人と出会えた。



DSC00364



いい庭です。本当にいい庭です。
庭で集う、庭で語らう、庭で笑う、庭で感動する。



みなさーん、これでまた頑張れますね。









 
 

100日経過/幸せの小舟

お盆で姫路に来ています。
田舎ののどから空気と、ゆっくりと過ぎる時間で、心の底から平和な気持ちになっています。
「夢はたったひとつさ そう おだやかになれること」というテミヤンの「幸せの小舟」がリフレイン。



 



そんな気分がとても貴重なことに思えて、ビールの量を少なめにして、子犬たちの写真の整理をしました。
生後100日目の子どもたちです。



DSC_1897

相変わらずノアさん(母親)の厳しい躾けが続いています。
DSC_1928

4匹を相手に、一歩も引かないお母さんの姿は凄さを通り越して美しいのです。
DSC_1968

子どもたちのパワーは果てしなく、起きている間は遊びまくり。
「起きてるイコール遊ぶ」、これもまた眩しく美しい姿です。
DSC_1922

長女、ココちゃん。超美人で頭がいい、優等生です。
DSC_1903

DSC_1952

DSC00254

DSC00461

DSC00478

長男、リキ。ドッシリとした性格、たくましい。
和泉さんちの家族になりました。大活躍しています。
DSC_1911

DSC_1943

DSC_1995

DSC00277

次男、ゲンさん。こいつは手こずらせます。
でもいろんな才能を秘めている、チャンピオン犬タイプ。
DSC_1908

DSC00385

DSC00392

三男、レオくん。おっとりしています。ノアさんの小さい頃とそっくりです。
DSC_1902

DSC_1914

DSC00397

DSC00429



生後3ヶ月ちょっとで、体重は2キロを越え、親の半分になりました。



DSC00256



みんな順調に育ってくれて、ほんと、うれしいです。
帰宅すると、この子犬たちとノアとついでにネコのミーが、一斉に玄関まで駆けてきて出迎えてくれます。
最高ですよ、そのときのパラパラパラ・・・という足音。



DSC_2008



全員3回目のワクチンが終わって、一匹ずつトレージングに通い始めました。

わが家は今、この子たちのおかげで、「幸せの小舟」です。




明日は妻とお父さんと一緒に、城崎温泉に行きます。
夏の、つかの間の休日。思いっきりゆったりと過ごしてきます。



 
 

 

コレクションは幸せのタペストリー( 酒巻邸 20)

「幸せへの扉」のリライトをイントロダクションから8まで書きました。
さっそくたくさんの方から好評をいただきまして、facebook では「いいね!」が日増しに増えていて、有頂天になっています。
そう、ぼくはすぐにいい気になるタイプ。

いい気になるといい気が出る。

いいんです。いい気になって、思いっきりいい気を出して、それが推進力になるのですから。まあ時々いい気になり過ぎて転けるのも、ご愛嬌ということで。

ルーティンであるお庭の紹介もやりたいし、その他の話題も書きたいしで、できることならいち日に10回アップしたいです。
でも、それやり出したら設計が・・・。そうじゃなくても上がりが遅いと社内から非難囂々だし、首を伸ばし切ってお待ちいただいているお客樣方に申し訳なさすぎるので、グッとこらえて、いち日1回のペースを守りながら進めます。

というわけで、今日は久々、酒巻さんちの庭をご覧いただきます。
庭といっても、今日は庭は出てきません。

まずはこれ。玄関側の通路に置いてあった椅子です。



DSC_1736



最初は小学校の払い下げの椅子を白く塗ったものなのかと思っていました。
ところが、これ、ご主人がつくったものだそうです。

椅子をつくるって、建築家がよくやりますよね。フランク・ロイド・ライトとか。
クリエイティブな人にとって、椅子って魅力的なんでしょうね。
詳しくお訊きする機会がなかったんですが、ご主人もものづくりの工場を経営されているそうですので、きっとライトのように、椅子にときめいたのでしょう。

それにしても、実に見事な出来映えです。 日曜大工の域は遥かに越えています。

奥様とその話しをしていたら、「部屋の中には自転車が置いておるんですよ。それも主人作」。
さっそくそれを拝見するため、部屋へと入って行きました。

「フェルメール&ラブリー」な部屋の一番奥、ピアノの脇に買い物かご付きの自転車(三輪車)がありました。



DSC_1762


 

ぼくがイメージしたよりも実用的なその姿に驚きつつ、見事な出来映えに見とれてしまいました。
実用的なかご付き3輪ママチャリなのは、きっと奥様が乗ることを想定して制作したのでしょう。
わかるんだよなあ、その感じ。男ってそういうものなんですよねえ。

たいがいの男は、四六時中、女房がよろこぶ顔を思い浮かべながら過ごしているのです。

奥樣方、これ、ホントですよ。
家では無口で、口べたで、仏頂面しているご主人は、実はあなたの笑顔が何よりもうれしいのです。

ぼくから、すべての奥樣方にお願い。

夫婦も年季が入ってくると、不満もあるでしょうし、口をついて出る愚痴や文句もわかりますけど、ご主人に、笑顔のプレゼントを欠かさないでくださいね。

なんだかんだ言って、いつもとなりで、あなたの笑顔を楽しみにしている人なんですから。他にいないでしょそんな存在。
えっ、子どもがいるって!?そんなもんね、あーた、彼氏や彼女ができたら、よその星の人くらい遠い存在になりますよ。いやほんと、そんなもんですって。

その日がきて、ふと、連れ合いとふたりっきりなことに気付く。

ふたりっきりの暮らしがやって来たとき、お互いの顔のしわが、眉間にあるのか目尻にあるのかが問題。

それが、その後の人生の幸福度を決める、大事な大事なポイントなのですよ。


椅子、自転車、ご主人の手作りコレクションに見とれていたら、奥様が「洗面室には私のコレクションがあるのよ。見て見て」と。
そこはピーターラビットの世界でした。



DSC_1768

DSC_1769

DSC_1770

DSC_1771



楽しい!

ステキなご夫婦です。

さらにさらに、茶室の水屋に器のコレクションが。



DSC_1772

DSC_1773



暮らしを楽しく組み立てる能力って、あるんですよねえ。

椅子や自転車を手作りしたくなるご主人の創造欲、奥様が夢の世界を具現化させた洗面室、趣味を楽しむうちに増えていった茶器、どれもこれも、おふたりの笑顔の時間が積み重なったものです。

いいんだなあこういうご夫婦、こういう暮らし。
楽しさの中に、何とも言えない暖かい味わいがあります。
いろんなことを乗り越えながら、おふたりで幸せを紡いできたんだなあと感じました。

コレクションは、幸せな時間を紡いだタペストリー。

これまでたくさんのお宅で、様々なコレクションを拝見してきました。
ミニチュアボトル、絵画、クリスマスの小物、写真、レコード、DVD、木彫、焼き物、 旅の思い出の品々・・・。

幸せな時間が積み重なった家、暮らし、それを体感できることも、この仕事のうれしいところです。

出会いの数だけ幸せがある。ガーデンデザイナーは、幸せコレクター。

ってところですね。有り難し!





今日は妻の実家の姫路に来ています。
横浜での日常を離れると感じる、このゆったりとした時間の流れ、いいんだなあ。
その流れに身を委ねながら、今日は祈りの日です。

マムシの毒は我が身を守るためのもの。ふぐの毒は身を捨てて子孫を守るためのもの。
ぼくらふぐの子孫は、決してマムシにならないことを、誓いましょう。


8月15日、祈りと誓いの日。












 

「幸せへの扉」8、波動の法則

朝が勝負!毎朝の習慣で整えた高めた波動を、夜まで維持し、パワーを使い切って落ちるように眠りにつくイメージ。
そんな毎日を目指しながら、気をつけたいことは、波動が下がる場所や人には近づかないこと。そして途中で下がり始めた波動に気付いてリカバリーすること。
ディフェンシブに考えればこういうことになります。

でもねえこれじゃちょっと・・・。常に守りの体制だといつか必ず失点してしまいます。
攻めに転じるために、自ら波動を高めながら前進するために、波動という概念、その性質を理解しておきましょう。

波動については何人ものスピリチアルな先生方が語っています。そしてそこには、いくつかの共通点、「波動の法則」とも言えることがあります。
それを知れば、積極的に波動を活かしながら暮らすことができるのです。



90680480



法則1、同じ波動は引き合う。

これは、自分の波動が低くなっているときには、同じく低い波動の場所に引きつけられ、低い波動の人が目の前に登場してくるし、自分の波動が高いときには、波動が低い場所には近づく気がしなくなり、出会う人も波動が高い人ばかりになるということです。



5b1105a5-1



きっと経験があると思います。
朝のお化粧がどうも決まらない、何となく気が重い日には、出会う人出会う人が自分の気の重さに追い討ちをかけるタイプの人ばかり、ということ。そういうときに限って、予期せぬトラブルや、普段だったら考えられないようなミスをしてしまう。
逆に、朝から気持ちがスッキリと澄んでいて、化粧のノリもよくて、洋服も一発で決まって、これといった理由もないのに妙にウキウキしている日は、ステキな出会いがあったり何をやってもうまくいく。

あなたの波動の高低が、あなたの今日を決めます。




7f25911e



さえないいち日になるのも、会いたくない人に会ってしまうのも、それはあなたの波動が成せること。波動が高まれば、幸運に恵まれ、いい出会いがあり、幸せにあふれた日になるということです。

あなたが出会う人は、あなたの内面を映し出す鏡です。

よく言われる「鏡の法則」とも合致します。

ついでに言うと、庭はもっと大きな鏡、あなたを映し出す姿見です。庭の様子は、あなたそのもの。
このことは、また後日。



3ee09039



法則2、波動は同調したがる。

同調したがるということは、波動が合っていない状態から相手の波動と合致してゆくということ。
自分よりも高い波動の人に近づくと、あなたの波動はその人のレベルまで高まっていって、チューニングがピタッと合ったとき、そこに共鳴が生まれます。
勇気を出して憧れの人に近づいていって、相手が笑顔で握手してくれたとき、感動しますよね。共鳴です。

高い波動の人に近づくことが、自分の波動を上げるコツ。



ジューンベリー3葉っぱ



ただし注意が必要なのは、あなたの波動は、自分よりも低い波動の人とも同調したがるということです。
とても厄介なことには、高い人との同調よりも、低い人との同調の方がはるかに速くて強い。
あるでしょ、あなたの周囲にいる人からの嫌なひと言で、一気に落ち込んでしまって、下手すると何日も気が滅入ってしまうこと。それが負の共鳴です。

もっとゆっくりな負の共鳴もあります。悪い仲間に引き込まれるとか、愚痴の言い合いに終始する友人関係とか。
まあ、愚痴を言える仲間ってステキなことなんですけどね。でも愚痴だけの関係になったら、お互いに相乗効果で良くない状態になりますよね。



c902c6d5



法則3。高い波動が低い波動を支配できる。

これは船井幸雄先生の論です。
支配などというとおだやかではない言い方ですが、ようするに高い波動の人は低い波動の人を引っぱり上げることができるということです。
そしてうまくしたもので、人は自分よりも低い波動の人を引き上げて共鳴を起こすことに、強いよろこびを感じるようにできています。
これ、逆はないんですよ。
友だちを傷つけてしまったり悪い道に引きづり込んで、感動する人はいませんよね。



09c68419



さあ、この3つが主な「波動の法則」です。
見えてくるでしょ、どうしたら波動が高い人になれるのか。

低い波動を慎重に避けながら、高い波動に近づいていって引っぱり上げられればいい。
自分を引き上げてくれる人「メンター(師・指導者・助言者)」を持つことが重要なのです。




4a39216f



それともうひとつ、ついつい忘れがちなこと。

自分よりも低い状態にある人を引っぱり上げることに、一生懸命になれる人でいること。

低い状態とは、悩みの中にいる人、道に迷っている人、何かの理由で自分本来の輝きを失っている人。
あなたがかかわることで、その人の波動を引っぱり上げて同調させることに、よろこびを感じる人。
これが基本にないと、いくら高波動の人に近づいていっても、なかなかその人との同調は実現しません。
たまに見かけるでしょ「成功したい!」って、猛烈に上昇志向を持って突っ走る人。勢いはあっても、波動は低いですよね。「オレがオレが」だと、波動は上がらないのです。

ギブ・アンド・テイクじゃなくてギブ・アンド・ギブの人が、最も高い波動にたどり着けることを、多くのメンターが教えてくれています。



フラミンゴ葉っぱ



はい、あなたは波動の法則を知りました。知っている人は再確認しました。
3回に分けてお伝えした「波動」という概念、さっそく今日からそれを意識して、高めて、「アァ、幸せだなあ」と思える今日を実現しましょう。

ストレス感じることもあるし、何かを頑張るほどにプレッシャーは大きくなるし、なかなか思い通りに行かないことだらけだし、元気をなくす理由などいくらでもあります。誰でもそうなんです。それが日常です。
大切なのは、その状況下で、自分の波動をどこまで高く維持できるかということ。
上限なし。すべてはあなたの自己コントロール、自分の操縦にかかっています。





「幸せへの扉」7、波動を上げる

波動を意識しながら暮らすことが大事。
特に朝、どこまで波動を高められるかで、その日の調子が決まります。



2608ab64



ぼくが波動を意識するうちに、いつのまにか習慣化した朝の儀式のようなことを並べます。イチローのルーティンのようなものです。

◯ 目覚まし時計を使わずに起きる。

◯ 起きたらすぐに庭に出る。

◯ 出勤時、最初に出会った人に、こちらから笑顔で挨拶をする。

◯ 駐車場までの通り道にゴミが落ちていたら拾う。

◯ 会社まで、今日がすばらしい日になるというシュミレーションをしながら運転する。

◯ 出社したらまず掃除。

◯ 掃除しながら、今日出会う人が幸運の女神であるというイメージをする。

◯ よし、今日も絶好調!と声に出す。


これをやらないと、どうも・・・。

女性の場合はお化粧のノリがいいと、波動が上がってゆくってあるみたいですね。あと、思いっきりおしゃれをすると波動が上がるとか。

波動を上げるための朝の儀式を行いましょう。



25c96315

84b9eb7f



繰り返しになりますが、やはり朝が大事なのです。朝どこまで波動を上げることができるかで、その日の調子が左右されます。その日が左右されるということは、人生が左右されるということです。

波動を上げる朝の儀式は、人生を好転させ続けるための儀式なのです。

ひとつ、とても厄介なことがあります。

波動は常に下がりたがります。下がり始めたことに気付かないと、どこまでも下がっていきます。



ad8b68f6



これ、経験あると思いますよ。
少し下がると、ボーッとします。瞳の輝きが消え、覇気がなく、笑顔もない状態で過ごすことになります。そこに厄介ごとがやってきて、ますます波動は低くなるのです。

泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目、波動が急降下している状態です。

そうならないために、常に自分の波動をチェックすることが大事。

自分の波動を意識し、確認しながら過ごすこと。



7aec146c
2c05d9ca



一番いい方法は、鏡を見るクセを付けること。ナルシスティックに。
デスクに鏡を置いて、バッグには手鏡を入れて、洗面室で、ショーウィンドーに映った姿もチェックして。

もうひとつ、あはなの波動が下がると、あなたをイライラさせる出来事が起こり始めます。
それを敏感に察知して、すぐに鏡を見て、表情をいい状態に戻す。

波動が下がり始めたら、素早くリカバリーすることを心がけましょう。



8feabcae



夜庭に出て「ああ今日はいいいち日だったなあ。しあわせだなあ〜」と思える日を、増やしていきたいものです。

波動を意識して、朝に目一杯高めて、下がり始めたら素早くリカバリーして暮らす。朝から晩までキラキラと輝く人を目指しましょうね。

あなたが高い波動でいることが、あなたの家族の波動も引っぱり上げますので。



dd2478d0



高波動家族の庭は、一年中、花と笑顔がいっぱいです。

庭もまた、鏡と同じで、あなたを映し出す場所なのです。はい、チェックチェック。









「幸せへの扉」6、波動を知る

「悪所に近づくと波動が下がる」と書きました。
波動!?馴染みがない方には、違和を感じる言葉かもしれません。
ぼくが波動に興味を持ってから、かれこれ20年になります。

目に見えていることなど、現実のほんの表層にすぎない。

見えていることや言葉で表現できることがすべてではないし、それ以外の世界は膨大に存在するのです。
その世界から送られてくるエネルギーが波動であるとも言えます。



1788ad4a



庭で扉を発見するためには、この「波動」という概念が必須なので、ぼくが理解している範囲でそのとを書きたいと思います。
とても大事なことなので、3章を使って書いていきます。



c0d644b1



超ひも理論、すべても物質は素粒子レベルで揺れているといいます。人間の細胞もそうで、ぼくもあなたも振動の集合体だということです。
細かい細かい振動するヒモが集まってあなたができあがっているって、・・・むず痒くなってくるでしょ。
物質の最小単位で揺れているんだから、その集合体から、水面に石を投げ入れたときのような波紋が広がっていてもおかしくないですよね。
波動を解説するための入り口としてはこの話からなんですが、その先を科学的に説明する知識を持ち合わせていないため、一足飛びに、ぼくが考える「波動」を定義することにします。



5f39034f



すべての物質、物や生物から、波動を感じ取ることができます。その強弱を、高い低いで言い表します。強い波動が高い波動です。
例えば山の湧き水は波動が高くて水道水は低い。旬の路地野菜は高くて温室物は低い。そういうことです。



bf0b842c



髪型や服装を気にするように、波動を気にして20年。

ぼくが波動を意識し続けているのには理由があります。庭を設計するときに、自分の波動の高低によって、仕事の進みと仕上がりが大きく違ってくることに気付いているからです。
それは意欲とは全く違うもので、たとえやる気満々であっても、波動が下がっている状態ではそのやる気が空回りするばかりです。いくら唸っても線が引けません。
そんなときにはさらにやる気をアップさせようと気合いをいれるのではなく、波動を上げるための行動に出ます。



12eed167



一番有効なのは、波動が高い場所に身を置くことです。
波動が高い場所には波動が高い人がいますので、そういう人たちと話すとか、その姿を眺めているだけでもこちらの波動が持ち上げられます。
月に一度のテミヤンライブはまさにそれで、ライブ会場で上がった波動は、その後一週間は下がることがありません。
最近始めた Facebook もそうで、そこには高い波動を維持しながら、今をイキイキと過ごしている人たちの写真や言葉が山のようにありますから、ササッとそれを眺めるだけで、自分の波動が上がっていくことを感じます。

波動が高い人に囲まれていると、波動は上がります。



ccf09989



他には、自然が濃く残っている森を歩くのもいいし、花が咲き誇っている庭に出るのもいいです。
例えば5月下旬のバラ咲く庭にいると、ググッと波動が上がっていきます。バラをやっている人はみんなそのことを感じていると思います。

自然の中に身を置くと、波動は上がります。

何となく、波動という概念がつかめたでしょうか。



5a1d7370



もう少し続けてみます。

「波動」を違う言葉にするなら「感じ」です。

「あの人はいい感じだね」とか「この店は感じがいいね」と、そういうときに使う「感じ」が波動です。あるいは「気」。「気分がいい」、「気が合う」、「気合いが入っている」の気も波動と同じようなことです。

いい感じ、いい気分、波動が高いとはそういう状態を言います。

どうでしょう、これでしっくりと理解できたでしょ、波動。



3ea92468



波動という概念を持っているかどうかで、ものの考え方や行動が違ってきます。
意識しましょう、波動。
あなたは今高い波動にあるでしょうか。あなたの周辺の波動はどうでしょうか。



波動が上がる一曲を
 






波動と似たことで、オーラということがあります。

スピリチアルな世界にいる方から「いわふちさんはオーラが見えるでしょ」と言われたことがありました。
ぼくはそれを否定しませんでした。
江原さんや美輪さんのように、オーラを感じてそれを語ることはできませんが、それに近いことはいつも感じているからです。

ぼくは仕事柄、街並のオーラを見ることができます。
これまで、東京、神奈川、千葉、埼玉の数限りない街並を見、そこで暮らす人の庭をつくり続けてきましたから。
あるんですよ、街並が放つオーラ。

色で言うと、爽やかな透明感がある薄ピンク、それが最高のオーラです。次は夕日のようなオレンジ。それに次いでゴールド。
これらのオーラがある街並には、たくさんの幸せな家族が暮らしています。
そういうオーラを発する街に住めば、周囲の強い幸福感に引っぱり上げられるようにして、わりとたやすく幸せな暮らしが実現するようになります。

逆に言うと「ここで暮らすのはキツいだろうなあ」と感じてしまう街あります。
実際、キツいんですよ、オーラを感じない街で暮らすことは。
頑張っても頑張ってもうまくいかないとき、土地を移ったことで運命が好転してゆく、それも劇的に。ぼくは都内某所から横浜へと居を移してから、クラクラするような幸運が続いています。

もしも新築のための土地探しをされている方は、「街並の感じ」という観点を持ってください。幸せになりやすい感じがする街とそうじゃない街がありますから。

オーラなどというと取っ付きづらいので、街路樹や庭の花が健康に育っている、いつもいい風が吹いている、すれ違う住人の表情がイキイキしている、道路に枯れ葉やゴミが吹き溜まっていない、楽しく美しい庭が数多くある、こういったところを観察して、土地選びの判断材料としてください。

それともうひとつ。今お住まいの自分の家から、爽やかな薄ピンクのオーラが出ることをイメージしてください。






「幸せへの扉」5、悪所に近づかない

早起きして、庭に出て、思いっきり気持ちよく目覚めることからいち日をスタートする。
スキー場でゴンドラに乗って、一気に山頂まで登って、一日中自由自在に滑り降りるイメージで。

そうやって始まった絶好調を夜まで持続させるために、途中で転けないために、とても大事なことがあります。
それが今日の扉「悪所に近づかない」。

悪所という言い方は、江戸時代の遊郭や賭場の周辺をさす言葉。つまり、欲望と危険が潜んでいる場所ということです。



【 天野邸 】Before
40efaf7f-s

Aftrer
efe6c429
 


庭のある暮らしを楽しむ賢人たちは、幸せを築くことに長けた「幸せ達人」でもあります。

幸せな暮らしを実現するためには日々の努力の積み重ねが必要で、その努力によって身に付いた、様々なスキルを身につけた人がそうなれるのだということを、ぼくは賢人たちとの交流から繰り返し感じてきました。

幸せは、漫然と暮らしていて得られるものではありません。



【 日置邸 】Before
1e0051c0

After
 0de0892e



幸せな暮らしを実現するためには、いつもそのことを意識しながら、家事をし、ちゃんとした食事を取り、いい言葉を使い、勤勉に働き、表情や姿勢を確認し、一日一日の充実をはかり、好奇心を失わず、常に感謝し・・・。
どうです、息がつまりそうですか?
でも実際にそうなんですよ。ご本人たちにとってはそれが当たり前になっているので、それほど強く意識しているわけではないでしょうが、ぼくから見ると、それは修行のようですらあります。
そういう日常から得た「幸せへと向かう知恵」が、分厚く身に付いている人たちが「幸せ達人」なのです。

達人ともなれば、もう何が起ころうと、世の中がどう変化しようと、全く揺るがない幸せを手に入れ維持していくことができます。



【 樋口邸 】Before
0a266051

After
 45fc7908



その達人たちに共通することのひとつが「悪所に近づかない」ということ。

幸せな暮らしを実現している人たちは、朝から晩まで、とても慎重に、悪所を避けながら過ごしています。



【 草野邸 】Before
f2a0fcee

After
 bbecb878



悪所とは、いい方を変えれば波動が低い場所。思いつくままに並べてみます。

空気が悪い場所

閉鎖的な場所

不機嫌な人が集まっている場所

欲望が渦巻いている場所

危険が潜んでいる場所

ゴミが散らかっている場所

風景が荒んでいる場所

なぜかイライラしてしまう場所


これらが、低い波動が漂う「悪所」です。

そういう場所を避けながら一日を過ごすことが大事なんです。朝、思いっきり上がった波動も、悪所に入った途端に、一気に下がってしまいますから。



【 西山邸 】Before
88c53c82

After
 67ec4028



と言いつつ、ぼくはけっこう悪所好きです。悪女好きじゃないですよ、悪所好き。
旅に出ると、必ずその街の悪そうな地域をカメラ片手に散策します。
温泉街の外れにあるスナックの看板や、歓楽街の路地裏の、故あってそこに流れ着いたホステスさんが住んでいそうなアパートの灯りとか、なにか胸が苦しくなるような情感を覚えてシャッターを切ります。
まあそれは趣味として楽しめばいいこと。
特に若い頃というのは、そういう雰囲気に惹かれるものですが、50を過ぎた今、ハッキリとわかることがあります。

平静な日々にこそ、幸せが育つ。



【 一柳邸 】Before
3a3a1029

After
 9d2f8a40



悪所に近づかないで、もうひとつ、悪人にも近づかないで、慎重にそれを見極めながら過ごしましょう。

波動が下がる場所と人からは、しっかりと距離を取る。



【 木村邸 】Before
94af6b14

After
11a9d534
 


今日の扉「悪所に近づかない」。

悪所に感じるトキメキと、庭にあるトキメキは、似て非なるもの。
その違いに気付いたときから、あなたは本当の幸せへと向かい始めます。


まっ、とにかく、蚊取り線香焚いて庭に出ましょう。








若き日に刺激を求めて、小舟で大海へとこぎ出したようなぼくの人生は、その希望通りに波瀾万丈な展開をしました。荒波に翻弄されながら必死でこぎ続けた日々がありました。
振り返るとそれは、決して「幸せな暮らし」と呼べるものではありませんでした。

その後、この仕事を通して出会ったたくさんの幸せ達人に、手を取り導かれるようにして、生活が整い、心身が整っていきました。今では全身で、心の底から「しあわせだなあー」と感じられる暮らしが実現しています。
庭を楽しむ賢人たちに引っぱり上げられた人生。
出会いって、有り難い。

ぼくを導いてくれた人たちへの感謝の気持ちをエネルギーにして、心を込めて、日々庭を設計しています。




記事検索
ギャラリー
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • カワヅザクラ
  • カワヅザクラ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ