2012年10月

庭に出やすくする( Point 2 )

ひとつ目のポイントは「目隠しをして部屋のカーテンを開けっ放しで暮らせるようにする」でした。
次はこれ、「庭に出やすくする」。

リビングから庭に出ようとするときに「よっこらしょ」と声が出るようでは、庭は遠い存在のままです。
その大きな段差を解消してしまいましょう。

例えばウッドデッキ。床と平らなデッキ面が庭へと広がっているわけですから、出安さは抜群ですよね。



Before
ff3e20c5

After
8c5f6153



3ec30cae



 f662684e


室内を移動するのと同じ気安さで庭に行けることが大事です。

意外な方法としては「庭を持ち上げる」というのがあります。これ、ぼくはよく使うやり方で、いつもとても好評をいただいています。

庭全体を持ち上げるのがベストではありますが、それはけっこう大変ですから、部屋の外の「過ごす場所」だけを高くして、部屋から階段なしでそこへ行けるようにするのです。
建物の基礎にある通気口を確保しつつ庭の地面を部屋の床面に近づけると、庭がまるで部屋とつながったような、庭が部屋の一部になったような感覚が得られます。



Before
f90eef17

After
62c7dcfb



acdb62da



 4c9e7441


部屋と庭との段差を解消しましょう。

山手の洋館を思い出してください。リビングと庭との段差がほとんどありませんよね。あれが理想です。

もう少しお手軽は方法として、階段と濡れ縁があります。
古い洋館に比べると、現在の建物は基礎がとても頑丈に背が高くできていますので、一般的に庭への段差は50センチほどあります。
庭が広い場合は部屋からの最初の一歩が広い階段が有効です。最初が広いと足元に目をやらずに外に出られます。
その先に2段あれば、段差が15センチほどの理想的な階段ができます。



1682a77a



f2c529cd



0c9a8148



あまり出幅がない場合には濡れ縁です。
座布団出して、どっかりとあぐらをかける幅の縁側を取り付けてください。縁側は部屋と庭をつなぐ場所ですから、暮らしに庭を取り込むことができます。



ccf71f00



5ebefc42



28f54b71



その場合に、庭の地面から42センチ〜45センチに高さを設定すると、庭のベンチとしても使えます。縁側の外にテーブルを置けば、はい、それで「外の部屋」のでき上がりです。
縁側から庭へ降りる階段もお忘れなく。



af5c07d9



23b7b054



庭を「眺める場所」と限定するのはもったいないです。

庭に出ると、部屋から眺めているときの何倍も感じるものがあります。
庭に出て過ごすことの価値を知ることは、人生を何倍も豊かにします。


もしかしたらあなたは、ホントかいな?って思うかもしれませんけど、これホントですから。
庭に出て過ごすことを知ってしまったら、もうそれ無しではいられなくなります。
庭で過ごすことには、それほど大きなメリットがあるのです。

まあ騙されたと思って、庭に出やすくなるように仕立ててみてください。







この庭への出やすさを考えるときに、いつも浮かぶのはこのこと。

小さい子に、しゃがんで話しかける人のすてきさ。

その人、愛されて育ったんだろうなあってね、感じるんだよなあ。
自分のレベルを相手に会わせて上げ下げできる自由さ、ゆとり。美しい光景です。

相手との段差を解消する最速・最良の方法は、自分が上下すること。

自分の心に高速エレベーターを設置しちゃいましょう。







「レノンの庭」の相談会では、たくさんの新たな出会いがあり、とっても幸せな時間を過ごせました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
気合いを入れ直して、今日からまた設計に没頭します。
出会いに感謝!その感謝の気持ちを、次の庭にそそぎます。

今朝は、何だか清々しくファイトが満ちています。
ウ〜ン、いい朝だ。





目隠しをする( Point 1)

相談会、フェイブック、ラジオに出させていただいたことなどが重なり、新たにこのブログへ来てくださる方が増えました。感謝しております。
その方々へ、ガーデンデザイナーらしく「庭づくり」のことをお伝えすべく、カテゴリ別アーカイブ「10のポイント」をリライトすることにしました。
「幸せへの扉」「庭の言霊」「庭をつくり人」に加えてこれですから、ルーティンの庭の紹介が全然進みませんけど、でもまあ、何となく、今はこういう時期に来ているのかなあって思っています。
書いておきたいこと、自分の中で掘り下げておきたいこと、みなさんに伝えたいことが溢れて止まらなくなっています。
せっかく溢れ出しているんですし、そのうち枯渇するかもしれませんし、だから今はひたすら溢れるにまかせて書きつづけたいと思います。

元は「10のポイント」でしたが、10で済むはずもなく、これからも増え続けていくことは目に見えていますから、10は外しちゃって、タイトルはシンプルに「 Point 」にします。



0189ea6f



これはぼくが庭を設計するときにいつも考える、いくつかの要点をピックアップしたものです。だからこのカテゴリーを読めば、あなたも、今あるあなたの庭を、より素晴らしい場所として思い描くことができるようになります。
もしもあなたが漠然と庭を眺めては「どうにかならないかなあ」と、あるいはそれすら思うことなく、せっかくの庭スペースを放ったらかしてしまっているなら、これから並べるポイントをその庭に当てはめて、じっくりとイメージしてみてください。

ぼくからあなたへのプレゼント。これまで誰も教えてくれなかった「庭づくり」の基本、庭を幸せな場所にするために欠かすことのできない「 Point 」を、ぜひお受け取りください。



01383008



唐突ですけど、ぼくの夢を書いておきます。

日本中のすべての庭から楽しい声が聞こえてくる、いつかそんな日がやってくること。 

庭は幸せを象徴する場所です。
庭はあなたを映し、家族の状態を映し出します。
荒れている庭、楽しさのかけらもない庭、厄介な存在になっている庭、暮らしの外へと追いやられている庭・・・。
ここでひとつとても重要なことをお伝えします。庭に秘められているすごい力、庭の威力についてです。

幸せな人の庭は幸せな輝きに満ちています。
逆もまた真なり。
庭を幸せな場所にすると、それに導かれるように、あなたの人生は幸せへと向かいます。


ではさっそく。

第一章のポイントは「目隠しをする」です。



【 高野邸 】
Before
c19961a6

After
2096c55b
 


新築の庭、ガーデンリフォーム、ほとんどの庭でこのことが最初の課題です。
まずこれをクリアーしない限り、そこにどんな庭を思い描いても、どんなにコストをかけて夢の世界を出現させても、その庭は暮らしの場所として機能しないのです。

目隠し、庭の目隠し・・・庭での目隠しを考える前に、庭に面したリビングの居心地についてイメージしてみましょう。

あなたの家のリビングルーム、レースのカーテンを開けっ放しで暮らせてますか?

なんとなんと、8割以上のお宅でそれができていません 。
ここから始めなければいけません。



【 石川邸 】
Before
a9d1f645

After
f524516f
 


リビングに立って、座って、外を眺めてみてください。
庭のどこからどこまで、どの高さでどんな強さで目隠しがあれば、カーテンを開け放って暮らせるようになるのかを、しっかりと検証してください。

いつもカーテン閉めっぱなしでは、庭は暮らしから除外されてしまいます。
カーテンを開ければ、光も風も庭の風景も、リビングに取り込むことができます。


それを実現するために、室内から検証した目隠しの範囲を妥協することなく隠す。 
「妥協することなく」ですよ。



【 西山邸 】
Before
c106a5e4

After
18d92641
 


この段階ですでに、あなたの中に迷いが生じるかもしれません。もしそうなら、ここから抵抗が始まります。

「そうは言ってもそんなに目隠ししたら部屋が暗くなるよ」と言います。大丈夫、カーテン閉めっぱなしよりも、ちゃんと目隠しを施してカーテン開けられるようにした方が明るくなります。

「外から見えないようにしたら防犯上よくないよ」と言います。敷地の外周に塀をめぐらせるのではなくて、必要な所だけを隠すので、全体的には開放的になります。

「目隠しなんかしたら、コストがかかるでしょ」と言います。そしてついには「そりゃあ理想はそうかもしれないけど、なかなか理想通りにはいかないわよ」と。



【 門馬邸 】
Before
fe5dfbf4

After
657e177f
 


第一章なので、あえてこのことも書いておこうと思います。

庭をイメージするときには、否定的な思考はすべて捨て去ってください。
それは、最初にどこまで楽しい場所としてイメージできるかで、その庭と、その後の暮らしが決まるからです。


それとついでにもうひとつ、

あなたがあなたの幸せな未来をイメージすることを、世界中の誰も邪魔をしません。
あなたの幸せのじゃまをしているのは、世界でたったひとり、あなただけなのです。


という具合に、あなたがこの道から離脱しないようにロープをかけといてと(笑)、で、先に進みます。



【 小椋邸 】
Before
小椋邸ビフォー

After
小椋邸アフター
 


まずリビングのカーテンを開け放てるようにするには・・・と考える。
具体的に何を使って目隠しをするのかということは、どういう庭にするか、庭にどんな楽しみを生み出すかによって違ってきます。
庭に出たとき、庭で過ごすときにも目隠しが必要ですから、そのことと同時に部屋の目隠しも考えて構成していけばいいのです。

どう扱っていいのかわからないままになっている庭、あなたの幸せな暮らしに役立っていない庭、一応庭らしくなっているのに楽しさを感じられない庭がたくさんあります。
この「目隠しをする」というポイントから始めて、ぼくと一緒に、そこを、クラクラするほど幸せな場所として思い描いていきましょう。

妥協はダメですよ。「目眩がするほどの幸福感」までたどり着きましょうね。
それと、くれぐれも、庭をイメージするときにはネガティブ思考は消し去ってくださいね。





今日と明日「レノンの庭」で、あなたのお越しをお待ちしています。
ぼくと一緒に、あなたの理想の庭を、思いっきりイメージしちゃいましょう!



2012相談会(四季の森)秋

2012相談会(四季の森)2



お問い合せはこちらまで。


090−3570−3455  いわふち ひでとし

045−834−3069  グレースランド 
 

『 お庭の相談会/レノンの庭 』を開催します。

明日と明後日の2日間、お庭の相談会を開催します。



2012相談会(四季の森)秋



 場所は旭区上白根のフォレオの外売り場にあるうちのお店「レノンの庭」です。
中原街道のズーラシアとららぽーとの中間地点、吉野家の向かいに庭があって、大きなココヤシが植わっています。それが目印。



2012相談会(四季の森)2



普段は留守がちですけど、この2日間はず〜っと店にいます。

庭のこと、外構のこと、植物のことなどのお悩みやご質問をお聞かせください。知識と経験をフル稼働させて、ベストな回答を導き出しますよ。



2012相談会(四季の森)1



新築でまだ手つかずの庭やガーデンリフォームなど、全体的なプランニングをご希望の方は、建築図面か現状の様子がわかる写真をお持ちください。
あれこれとお話をお訊きしながら、ぼくがあなたの理想の庭を絵にします。



DSC02514 2



まずイメージすることです。
ぼくと一緒に、その場所を使って考えうる限りの楽しい庭、幸せな庭をイメージしてみましょう。



b048b8a8



イメージするってすごいことですよ。

人は、自分がイメージした通りに生きてゆく。

これ、ほんと。



0d31c645



絵にすること、思いを描いておくことも大事です。

思い描くことで、その思いは夢として成立します。
思うだけで描くことをしないでいると、夢ではなくて愚痴になります。


せっかくの庭を愚痴の元にするのではなく、幸せの源泉にするために、まずは思いっきり楽しくイメージしちゃいましょう。

「ああこんな庭になったら、毎日楽しくて、幸せで幸せで気絶しちゃうかも」ってくらいの庭を思い描けたら、あなたは・・・気絶します。
これはまだ、あまり知られていない事実なんですけどね、思い描いたことって、実現するんですよ。




e400ac76



天気予報は上々、さわやかな秋の休日です。遊びに出かけるついでにでも、ご家族でお立ち寄りいただければと思います。



acd51fcf



最後にひとつ、ちょっと怖いことを書きますね。

庭はあなたを映し出します。
今ある庭の姿が、現在ただいまのあなたの心の状態なのです。


どうですこれ、こわいでしょう、ぞ〜っとするでしょう。

では、明日と明後日、「レノンの庭」でお待ちしております。ぞ〜っとした人は、必ずお越し下さいね〜。








 

「幸せへの扉」37、気づく

ぼくは毎日庭のことを考えています。四六時中考えています。
それが仕事であり、ぼくの役割なんじゃないかと思っているのです。
なぜそんなふうに思うのか。
だって他にいないでしょ、そんな人。ざっと全国の同業者を見渡してもなかなか見当たらないですから、たぶんそうとうに珍しい存在なんだと思います。
そして自分自身は、庭のことをいくら考え続けても、疲れたり飽きたりすることがありません。
だから思うんです、「これは神様が与えてくれたぼくの役回りなんだ」と。

夢中になれる仕事は天職。神様の配役なので、迷いなく演じ切ったらいい。
それが周囲と違っていても、違っていたらなおさら、それは重要な役回りにあるということなのです。




今日はパンジー・ビオラをご覧いただきます。
1e962ef7-s



迷っちゃてる人、すごく多いです。何で私は人と違うんだろうって。
「危ぶむなかれ、迷わず行けよ、行けばわかるさ」って猪木様もおっしゃっているので(笑)、その迷いは捨てちゃっていいですよ。

迷ってる場合じゃありません。あなただけに与えられたその役に徹して、見事に役割を果たしましょう。

それが有意義な人生ってもんじゃないですかねえ。
世の中において「その他大勢のエキストラ」でいるよりも、奇人・変人と称されるくらいでいいんじゃないかなあ。



17567340



十年一日のごとくに庭のことでいっぱいの、このガチガチ庭頭の中心には「日本中の人に、庭があることの幸せを感じてほしい。すべての庭から笑顔と笑い声が溢れ出る、そんな日がやって来てほしい」という思いがあります。
その思いが強烈な分、なかなかそうならない現実に落胆もするし、焦ることもあります。
どこかの時点で、ドミノ倒しのように、ぼくが思い描く庭文化が一気に実現しないかなあって、妄想することもあります(百匹目のサル現象で、案外簡単にそうなるような気もしています)。
迷わず歩いても、いつも心が平らというわけではありません。

そういう、思いと現状とのギャップから起こる葛藤の中で、ぼくにはひとつの言葉が浮かび、それが年々大きく膨らんできました。

気づいて!



4a6ded0c



気づいてほしいのです。ぼくがすべての人に気づいてほしいと思っているたくさんのことを、ひとつ残らず気づいてほしいのです。

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。

中国のことわざです。

ぼくがどれだけ言葉を尽くし写真を並べて、庭の素晴らしさ、庭がある暮らしがどれほど幸せに満ちているのかを伝えても、それをどこまで受け取ってもらえるかは相手次第。先方がどう感じて、何に気づいてくれるかは、残念なことにもうぼくの範疇ではありません。



5e61ee74



たくさんの人と話し、たくさんの庭を提案していて思います。

気づきやすい人は得をする。

これ、間違いありません。
気がついたことは身になるし、気づかないことはその人には身に付きません。



5c08128d



そして、どうやら世の中は、気づきやすい人と気づきづらい人に分かれているようです。
それはぼくには、幸せな人とそうでもない人ということとダブって感じられます。

気づきやすい人は幸せな人。

気づきの少ない人は、なかなか幸せにはなれないんですよ。

武田双雲さんのこんな言葉があります。

幸せは 獲得するものでもなく
訪れるものでもなく
気づくものである




8dc7316f-1



3年前に手帳にメモしたこの言葉が、ずーと頭に残っています。
幸せとは気づくもの。それに気づけば、幸せになれるのです。

気づく、気づく、気づく・・・これってちょっと考えると、誰でも同じ所に行き着きますよ。

生きてるだけで丸儲け。

でしょ。
生まれて来たこと、呼吸ができていること、今日を生きていられることがシアワセダナ〜って。
これはへ理屈じゃなくて、何度考えてもそこに行き着く「真理」なのです。

幸せ上手な人は、今ある自分に感謝する人。



21f9039b



2011年3月11日の地震の後、ぼくは数日をかけて、これまでつくったお庭を点検に回りました。
幸い被害はゼロ、ヒビひとつ入っていなかったので安心しましたが、途中からは庭の様子よりも、お客様との再会の方が楽しくなりました。
津波と原発のことで落込んでいた気持ちをお互いに持ち上げ合うみたいな、とりあえず笑顔で話せることが、すごくありがたいことに思えたのをおぼえています。

そうやって訪問し、拾い集めた言葉を並べてみます。地震当日の停電、その後続いた計画停電の時のお話しです。
どれもこれも、お客様の「気づき」の言葉です。



39a6116a


 

「真っ暗になると部屋より庭の方がずっと明るくて、外に出たらお月様が出てたのよ。月明かりって昼間みたいに人の陰ができるって知ってました?」・・・月夜の明るさに気づく。




66593f71



「ろうそく点けたら子どもたちがよろこんじゃって。不安になるどころか、おもちゃ箱から電池で光るやつを探し出してきて大騒ぎしてました」・・・子どもの無邪気さに気づく。




2d9beb48


 

「主人とふたりでね、テレビが消えたら、なんだかシーンとしちゃって。間が持たなかったもんだから久しぶりにラジオを聴いたんだけど、ランタンとラジオ、昔登った北アルプスの山小屋を思い出して。・・・ちょっといい感じでした」・・・ふたりの想い出に気づく。




c541d881



「停電しているときの方が、何となく豊かな気持ちになるって不思議。そしてね、停電が終わってパッと明るくなると、ありがたいなあって」・・・日常のありがたさに気づく。




cb5ae06b


 

「暖房が切れたらちょっと寒くなってきて、ワンちゃん抱っこしたら暖かい暖かい。子どもも抱っこして、みんなで団子になってました。とってもいい感じでしたよ」・・・命の温もりに気づく。




e9a5e351




「気づき」がない人には、幸せへの扉を開くことはできません。なぜなら気づかない人は、扉の存在にも気づかないのですから。
やはりそうです、気づく人は幸せになれる人、気づかない人は幸せになりづらい人。

「お月様がすっごく明るかったですね」と、何人もの方とそのことを話しました。
停電したときに庭に、夜空に意識が行く所が、うちのお客様らしいなあって思いました。
あの夜、みんな同じ月を見上げていた。いい感じです。



efe61f22



ぼくも妻とふたりで庭に出て、やはり月明かりに感動していました。
芝生に、まるで昼間みたいにクッキリと落ちたふたつの影法師、忘れられないシーンです。

その影法師に目を落としながらわき上がって来た、「生きてるってありがたいなあ」という気持ちを胸に、今日も、幸せの集合体である庭を思い描きます。

目の前に、足元に、たくさんの幸せがあることに気づいてほしい。お願い、気づいてください!

そう思いながら。



fe53892d



庭を楽しむ人は気づきの人。気づきの人は幸せになる人。
庭と、その上に広がる空、宇宙からのたくさんのメッセージに気づきながら暮らせたら、その幸せは揺らぐことがなくなりますよ。

もしもあなたが庭をお持ちじゃなくても大丈夫。
庭は自然のほんの端っこですから。

ぼくはより多くの人に、「庭がある暮らし」を楽しみながら充実の人生を送っていただきたい思っていますが、でもこの「宇宙からのメッセージを受け取る」ということについては庭が必要というわけではありません。

あなたの心が、素直に、おだやかに整っているとき、あなたの受信機能は自然や宇宙にチューニングを合わせることができます。
夕焼けに気づく、風の音を聴く、草花の変化に口元が緩む、雨の日に心が潤う、そういう状態のときに聞こえてくるメッセージに、聞き耳を立ててくださいね。


自然に、宇宙に、心のチューニングを合わせること。あなたが幼い頃、すべての日本人がこれを習慣としていました。
大人たちは、そしてあなたもそれに倣って、朝に晩に、おりに触れ、やたらに手を合わせていたでしょ。あれですよあれ。
あの習慣をぼくらの代で途切れさせたら、きっとバチが当たりますよ。
やってみませんか、夕焼けに気づいたら立ち止まって手を合わせる。
・・・ちょっと怪しいですかね。
大昔から、ほんのついこないだ(東京タワーができた頃)まで、みんな普通にやってたことなんですけどねえ。








 

いわふちゼミ( 赤澤邸 7)

はいはい、ではいよいよ庭部分の解説です。
ここでお話しすることですね、あなたの庭に当てはめながらイメージしてみてください。そこからあなたの人生が、ゲキテキに変わる可能性があります。



Before
ビフォー10

After
アフター10



はーい、では授業を始めまーす。(なぜか今日は授業形式で・・・、すいませんけど、読みづらいかもしれませんけど、本人ノリノリなのでお付き合いくださいませ)

 
このビフォーからアフターへの変化、すごいでしょう。先生もスッゴイなあー!って思うんですけどねえ。
でもこのすごい変化は、偶然にいきなり出現したわけではありませんよ。これはですねえ、いくつかの理屈を組み合わせて、積み重ねて出てきた、必然なんです。偶然じゃなくて必然。
いいですかあ、デザインと言うのは理詰めで描いていくもんなんですよお。
思いつきで線を引く人のことをアーティストって言うんですけどねえ、庭をアーティストのキャンバスとして提供するのはもったいないでしょう。お金まで出してねえ、せっかくの庭を見た目だけの場所にしてしまうなんて、そんな酔狂なことしてる場合じゃないんですよ。庭がどうなるかで、そこに暮らす人の人生が変わっちゃうんだから。でしょ。このゼミで、何度もそのことは話してきましたよね。
いいですかあ、庭を設計するときには、そこに住む人の人生をデザインするつもりで取り組んでくださいねえ!

では、この変化を生み出すために一番重要な要素って、なんだと思いますか?
いいですか〜、指しますよ〜。はい、あなた!
 
「・・・もしかして、・・・目隠しでしょうか」

正解です!すっっっばらしー!!!

目隠しなんですよ、目隠し。
お隣さんの玄関から丸見えじゃあねえ、庭をどうしたところでカーテンも開けられないわけですからね。まして庭で過ごそうと思ったや、ね、目隠しが一番最初に考えるべきことです。

う〜ん、あなたは優秀だなあ!

では次はなんでしょう。目隠しの次に大事なことは、何?

「・・・」

いいですかあ、目隠しはちゃんとするとして、次に考えることは「そこをどう使うか」ってことですよ。どう間取りをするか。
庭スペースを家の外の余った場所って捉えていては、いい庭なんて描けんません。っていうか、そんなのは庭とは呼べないんです。
はい、ノートに書いといてくださーい。試験に出ますよー。

庭は「暮らしの場所」にならなければ庭ではない。

大事ですよーこれ。

ここでね、お客まさに尋ねるんです。
「どんな庭になったら、庭で何をやったら楽しいですか?それもですね、ただの楽しさじゃなくて、ああ、こんな庭になったらもう死んでもいい!って思えるくらいの楽しさをイメージしてください」って。

反応はまちまちです。
瞳を輝かせて、庭へのあふれる夢を語ってくれる人もいれば、ポッカーンとして何も浮かばない人もいます。

夢があふれている人は、その夢を、理に叶った方法で具現化していってください。
何も浮かばない人の場合は、その庭がもしも自分ちの庭だったらどうするかをイメージして、あなた自身がクラクラするほど楽しいと感じる庭を思い描いて、それをお伝えしてください。
熱く熱く語って、そのトキメキを伝えることが大事。
無口じゃだめですよ。伝えることができなきゃどんなに熱心に設計してもその価値が生まれません。
熱く語る、言葉を尽くして、身振り手振りも交えて、口角泡を飛ばして語り尽くしてください。

いいですかあ、あなたはガーデンデザイナーを目指しているんです。
ガーデンデザイナーとは、庭をデザインする人のことです。
庭とは幸せのための場所です。
庭をデザインするということはその庭にかかわる人を幸せにすることです。
ものすごくやり甲斐のある仕事でしょう。だから、真剣に、熱心に、思いを込めて、その人がまだ考えたこともないような幸せに満ちた庭空間を設計して、その庭の幸福感を、一生懸命に伝えてください。それがガーデンデザイナーの仕事なんです。
いいですかあ、これ大事。伝えるということまで含めてデザインですからねえ。


それでは庭に入って行きますよ。
ここまでのポイントは、「目隠し」と、「どう使うか」というふたつでした。
写真を並べます。



DSC_1603



ワンちゃんが道路に出ないように門扉を取り付けてあります。色、素材とも目隠しフェンスとお揃いです。
はい、これノートしといてください。

素材や色を統一することで、庭全体にひとつの世界が生まれます。 

行き当たりばったりに「フェンスはこれがいい。扉はこっちの方がカッコいいわね」という具合に選んでいっちゃうと、全体的にはなかなかうまくまとまりませんから。いいですかあ、統一感ということを常に意識しといてくださいね。



DSC_1642




門扉の中に縁側と植栽エリアがあって、その向こうが「過ごす場所」です。
ここでのポイントです。

過ごす場所を持ち上げて部屋の床面と近づけること。部屋から庭へと出やすくすることが重要。

庭が広ければ、ゆったりした階段を設ければいいんですけどね。今回のように出幅が2mくらいだと、階段つくったらもう出幅の半分使っちゃいます。だからこのようにして、過ごす場所を全体的に持ち上げることがベストです。
こうすれば階段はなしですから、出幅をすべて居場所として使えるでしょ。

はい、いいですかあ。ちょと山手の洋館を思い出してみてください。
どの家も、リビングと庭の段差がほとんどないでしょ。あれが理想なんですよ。
庭に出るのにサッシにつかまって「よっこらしょ」って声が出るようでは、庭は暮らしの場所にはなりえません。

こういう発想、大事ですよー。階段ありきじゃなくて、階段なくすにはどうしたいいかを考えてひねり出すんです。
ワタミの渡邉美樹さんのおっしゃってます。

方法は無限大、あきらめてはいけない。

制約を前にしたときに、思考停止にならないようにしましょうね。
制約というのは、次を生み出すための前提条件なんですからねえ。



DSC_1660



美しいでしょう!
これ午前10時ころの光の状態。太陽が建物を越して、光が庭に降ってきました。
休日にとりあえずビールを持ってきてここでブランチ、というイメージ。

これも大事ですよお、シーンとしてイメージすること。それも時間によって、季節によってという具合に、タイムマシーンに乗ったつもりで思い描いてください。

もうひとつ、太陽の位置がいつどこに来るかも大事な要素ですよ。

方角を考え、光の動きを意識してシーンを思い描く 。
朝日は?昼は?午後は?夕焼けは?
太陽を庭に取り入れることを忘れてはいけません。



DSC_1681



この場所をそうやって思い描いたときに、そのシーンにはこれがありました。
テーブル兼用のバーベキュー炉と、ゆったりとした気分でくつろげる座り心地のいいイス。
そのシーンを、至福の時を、キッチリと具現化していくように組み立てていってください。

いいですかあ、ここで絶対に妥協しないこと。細部に至るまで手を抜かないでくださいねえ。
たとえば「予算が・・・」ということで、座り心地の悪いイスになってしまったり「テーブルはそのうち買えばいい」と後回しにしないことです。

意地でも理想のシーンをつくり切ること!
妥協して中途半端なままだと、結局すべてが無駄になる可能性もあります。


庭のことってホンワカと捉えがちですけどね、こういう要所要所では、キッチリと最後までやり切る胆力、情熱、こだわりも必要なんですよお。 



DSC_1605



はい、これは椅子に座って撮った写真。
先生は設計しているときに、何度もここにこうして座ったんですよお。

設計段階で、その思い描いている仮想庭で、こうして椅子に座ったり庭を歩き回ってみてくださいね。

設計図が100分の1だったら自分が100分の1になって、その庭で過ごしてみる。それも朝、昼、晩、夜、春夏秋冬、そこで何が見えて、何をして、何を感じるのかを、じっくりと時間をかけてイメージしてください。

そのプロセス抜きでは、いっくらカッコいい設計をしたとしても、その庭が感動を生むことは望めませんよ。
設計しながら、自分がその仮想庭に、どこまで深く細部までのめり込めるのかが勝負なんです。
イマジネーションをフルに発揮して&鬼のような集中力で取り組んでくださいねえ。

っと、今日の講義はここまで。
今日もいい勉強になりましたねえ!
いいですかあ、繰り返しになりますけど、庭をイメージするってことは、幸せな暮らしをイメージするってことですからねえ。
一生懸命に勉強して、たくさんの幸せを生み出す人になってくださいねえ。

はい、では、さようなら!
がんばれ!






今日の講義内容を、あなたの庭に当てはめてみてイメージしてみてください。
そこからあなたの人生が、ゲキテキに変わる可能性があります。

イメージすること、とにかく新たなイメージをすることです。そのイメージの美しさや正しさよりも、「今とは違う」というところに最大の価値があるのです。
生み出せば1、生まれなければ0。
仕事も暮らしも、1の連続がいい。
細胞レベルから宇宙まで、新たな世界を生み出し続けることを止めた時に、輝きは失われるのです。

今日、あなたがどんな光を放つのか、見てみたいなあ。
え、ぼく?ぼくの光も見たいですか?
むりむり、眩しすぎて見られないと思いますよ。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



 

「幸せへの扉」36、論争はしない

前項、前々項と「記憶」について書いてきました。

ぼくは週に一度くらいの割合で、朝から晩までクレイジー・ケン・バンド(CKB)を流しながら仕事をします。
音楽ってすごいなあって思うんですよ。その音で、歌詞で、記憶の引き出しがバンバン開きますからね。
CKB聴くとよみがえってくるあの頃のこと。

11年前の春、漂流の末に流れ着くようにして横浜に来て、
知り合いもなく仕事のあてもないままで、ほぼ成り行きで店を開き、思いがけず行列してくださったお客様に対応すべく、妻とふたりで夢中で働いていました。
その頃聴いていたのがCKB。
ぼくも妻も、毎日理想と夢ばかりを話していました。それは、お互いの気持ちの中にわき上がる不安を、そうすることで押さえ込もうとしていたのかもしれません。
夢を語るっていいですよね、お金かからないし、とりあえず元気が出るし。

幼い日の記憶とともに、成人して夢中で戦っていた日々の記憶もまた、今日を支えてくれます。



槌矢邸
槌矢邸
 


では次の扉を開きます。

うちに設計依頼をしてくださるお客様の何割かがぼくよりも年上の、いわゆる団塊世代の方たちです。
その年代の人って、独特の楽しさをお持ちなんですよね。
暮らしや仕事や人生について一家言持っていて、また会話が巧みでおもしろく、話題の範囲も広くて、
いつも楽しい時間といい刺激をいただいています。
全共闘云々から始まって、政治、環境、教育、社会問題、映画、音楽、美術、演劇、趣味のこと・・・尽きることがなくて、なかなか庭の話に入れないこともしばしばです。
先日も「ダヴィンチコード」のことから黄金分割とフィボナッチ数列 の話題(大好きな分野です)で延々盛り上がってしまい、「それでは、庭のことはまた後日ということで、次の打ち合わせに行く時間なので失礼します」ということがありました。

そのご主人が、急に、しみじみと言った言葉かあります。

女房とは一切論争をしない。お互いに注意し合って、どっちかが理屈っぽくなって来たら「はいそこまで!」って声をかけて、話題を変えるか風呂にでも入ってひと呼吸入れるんだよ。



猪俣邸
猪俣邸
 


わかります、とっても。
何がいけないって、女房との論争ほど不毛なことはありませんからね。結果がよかったことは、これまでただの一度もありません。

団塊世代の別のご主人からは、こんなお話も聞けました。

ぼくらの世代ってさ、昔はみんな論争ばかりしてたんだけど、あれこそ社会悪だったよ。反体制を叫ぶんじゃなくて、みんなが落語でもやってたらさ、世の中もっとよくなったに違いないよ。



古澤邸
古澤邸
 


そう、団塊世代は論争の世代。寄れば触れば大激論で、弁が立つこと、大声でアジテートする者がカッコよかった、そういう時代だったのです。
で、その人たちがたどり着いた結論が「論争をしない」ということ。

会社ならまだしも、家庭においての論争はまったく無意味です。それどころか危険です。

その無意味さに気付かず、何度も危険な目にあって、やがて夫婦は論争を回避することをおぼえます。



後藤邸
後藤邸
 


夫婦間の論争・・・というか闘争・・・まあ夫婦喧嘩ってことですけど、だいたい奥様が先に噴火しますよね。で、ご主人には意味不明な、まったく理屈に合わない溶岩が迫ってきます。
その灼熱の溶岩流は、ご主人が会社で使っている理屈などではせき止めることができません。まったく無理。
奥様の大噴火に手も足も出ないご主人にできることは、噴火がおさまるまで非難することだけです。
噴煙に向かって「そもそもなんで噴火するんだ!」って言ってみたところで火山は聞く耳持たないですしね。ダメですよ噴火口を手で押さえちゃ。そんな無茶したら、次はあなたの真下から吹き出しますよ。

活火山状態の女房と論争をしてはいけません。一切の反論もいけません。「ごめん」とだけ言って(意味がわからなくても「ごめん」と言って)ゆっくりと後ずさりましょう。危険ですから、事態が収束するまで、決して噴火口に近づいてはいけません。



矢嶋邸
矢嶋邸
 


ぼくも妻もひと回り上の団塊世代をカッコいい!と思い、その轍を辿るようにして育って来たので、基本的に論争が大好きです。
でも今は、自戒の念を込めてこう思っています。

言葉を大事に使いながら、論争を避けながら、心静かに暮らしたい。

以前は、年取って無口になって空気みたいになる夫婦よりも、いつまでも賑やかに言葉を交わしている方がいいと思っていました。
でも今は違います。
いち日が言葉のないままで、おだやかに過ぎていく。そのおだやかな空気と自分たちが、溶け合って見分けがつかないような、すべてが空気みたいな、そういうのが理想です。
言葉であれこれと定義するよりも、言葉に縛られない世界の方が、はるかにたくさんのことを感じられるということに気付いたからです。

言葉は大事。でも、もっと大事なことは言葉にはならない。

言葉の世界がすべてなのではなく、無限に広い世界のほんの一部を表現できるのが言葉なんだと、ぼくは庭で過ごしているときにそのことを強く感じます。
それをひっくり返して、言葉によって世界を捉えようとするときに、人は迷い、つまずき、悩み始めるのです。

言葉を使うと前進できるが、言葉に振り回されると足踏みしてしまう。



田中邸
田中邸
 


連れ合いと何十年も一緒にいたら、言葉はたったひとつでいいんじゃないかなあ。それも最後にたった一回だけ、微笑みながらじっと目を見て、「ありがとう」って。
ねえ、理想でしょ。
我が妻は関西人なもので、その言葉の速射砲の弾丸をかわしながら暮らしているものですから、少々極端になっているかもしれませんが。

まっ、とにかく、論争は無意味です。
言葉を相手を打ち負かすための「武器」ではなく、心を伝える「言霊」として使いながら暮らしましょうね。

冒頭の「理想と夢」を語っていた時期には、いくら言葉を使っても論争にはならなかった。
仕事が軌道に乗り、食うに足りる暮らしになって、余裕が生まれて、脳内のその余裕に愚痴や不満が入り込むと、言葉が武器化しちゃうんですかねえ。・・・反省しきりです。



飯高邸
飯高邸
 


CKB聴きながら、ひたすら夢中で働いていたあの頃は、言葉は夢を語るためのものだった。大変だったけど幸せだったんだよなあ。
いやいや、もちろん今も幸せいっぱいですけどね。

言葉よりも生きることに一生懸命な状態が、健全な姿なんだよなあ。

論争はしない。この扉、まだの人は早く開けちゃった方がいいですよ〜。








秋の3連休、行楽地は大賑わいだったようです。
新潟では越後三山の頂上付近が紅葉する時期。一週間後は中腹まで降りて来て、さらに一週間で裾野が赤く染まる頃、今度は山頂が白くなります。
その翌週には里に初雪が降って、一夜にして山の色は消え、モノトーンの数ヶ月が始まります。
ついこないだまで暑い暑いと言っていたことがウソみたいです。

てなことも感じつつ、仕事が溜まりに溜まっていますので、年末に向かってアクセル踏み込みます。
分け入っても分け入っても青い山。
清々しい秋晴れの朝、今日も、生きることに一生懸命です。









 

ガーデニングアリア( 赤澤邸 6)

多くの人が庭をどうしようかとイメージするときに、どこに花壇を作ろうかと考えるようです。
花壇、レンガを積んで仕切って、そこに草花を植えるイメージです。

ぼくの設計にはほとんど花壇は登場してきません。
それはなぜか。

ちょっと違う考え方の方が、より草花を楽しめるからです。

過ごす場所と通路以外を、すべてガーデニングアリアと捉える。
花壇に花を閉じ込めるよりも、その方が自由に伸び伸びと楽しめます。

では赤澤さんちのガーデニングアリアをご覧いただきます。



DSC_1636



玄関ポーチの奥、物干し場、駐車場へとつながっているの通路の周辺も、草花を植える場所になっています。
そこから庭方向へと歩いていきます。



DSC_1637

DSC_1638



振り返ります。ここまでの通路が、すべてガーデニングエリアです。



DSC_1588



突き当たりの右側の空きスペースは、踏み込めるように石で足場をつくって、全体に手が届くようにして菜園にしてあります。



DSC_1639
 
DSC_1706

DSC_1707



次に庭に入る門扉の手前のビフォー・アフターをご覧ください。ここも花壇を作らずに通路以外が植える場所」という仕立て方です。



Before
ビフォー23

After
アフター23
 


ここは水場でもあります。



DSC_1684



これは群馬のメーカー「宝泉」の製品で、蛇口がふたつあるタイプ。下の蛇口にはホースをつなぎっぱなしにできますから、毎日の野菜や草花への水やりがとても楽です。
 



DSC_1685
 


この小鳥の蛇口、すっごくいい感じでしょう! 



DSC_1686



このメーカーの水栓は、使いやすさ、耐久性、デザインともに上出来で気に入っていて、もう10年以上使い続けています。

門扉の中の縁側の前もガーデニングアリアです。



DSC_1682



木製パネルを背景に気が植わっていて、その足元が植栽ゾーン。ここは「室内からの風景として」ということも含めて構成してあります。
この木が育って、パネルにはツル性植物が茂って、地面にはたくさんの花が揺れているという、先々のそんな風景をイメージしています。


こうして花壇をつくるのではなくて、通路以外はすべて植える場所にするという仕立て方で、家の外周全体に、ふんだんに草花を楽しめるようになります。

花を植える場所を花壇に限定せず、花壇なしで、お花畑の中に家が建っているようにイメージしてください。

お花畑の中に建つ家、それって夢の世界でしょ。
でもそういうイメージを持つだけで、けっこう簡単に実現できますよ。

イメージするだけで夢が実現する。
案外そういうことってたくさんあります。


これも庭が教えてくれること。イメージするかしないかで、世界が全く違ってくるのです。

イメージするということが持つ大きな可能性に気付いてほしんだなあ。

イメージするにはコツがあります。これすっごく大事なことですから、メモしといてください。

イマジネーションは、肯定的な気持ちにしか宿りません。

ほんとですよ。
否定的な世界を小説で描こうとするときであっても、小説家の気持ちは肯定的です。否定的な人は否定的は世界まで否定してしまうので、否定的な物語は描けないのです。
演劇でも同じで、否定的な人には否定的な人格を演じることはできません。
仮に否定的な表現者が否定的なものを表現しようとするとどうなるか。・・・自殺しかありませんよね。否定的な自分が否定的な自分を否定することになりますかね。むりむり、どう考えても生きていられなくなります。

ポジティブシンキングってこと、もう聞き飽きたかもしれません。
ぼく自身はどう考えてもポジの人ではないですし、何でもかんでも肯定的で明るく前向きに考えればいいってもんじゃないよ、とも思っています。
人が全員明るく前向きだったら、それが標準になるわけでして、おしなべてポジティブであれば、そこに「もっと前向きに考えなよ」ということもないわけです。
そういう世界って・・・味気ないでしょ。何だかと手の人間臭のない世界になってしまいますよね。
実際、「ポジティブ病」みたいにポジポジ言い過ぎなんですよ。まあネガティブ病よりはいいですけどね。ネガティブ病は本当の病気になりますから。

ポジティブの大事さは、ポジポジ明るく振舞うするこよりも、ポジでいることでイマジネーションが働くということにあります。そしてそのイマジネーションがすばらしい人生を形作ってゆく。
ウソだと思ったら、世界の偉人たちの名言を集めてみてください。
ハッキリと、ポジティブです。

イメージすることが大事。
イメージするにはポジティブな心が必要。



話を戻します。
花壇に花を閉じ込めないで、自由自在に植える場所を確保することで、お花畑の中に建っている家が実現できます。
新築時には、あるいはリフォームするときには、心をポジにして、新たな世界をワクワクしながらイメージしてください。

これ、家や庭だけのことではありません。





秋の連休で、まるで相談会真っ最中みたいにお客様がいらっしゃいます。
ぼくは一日中、ほぼ同じことを繰り返し話しています。

その庭がどうなったら、最高に幸せに暮らせるかをイメージしてください。
最高にですよ最高に。
こんな庭になったら幸せでクラクラしちゃう!ってくらいの幸せな庭をイメージしてください。


みなさん、最初は戸惑うようです。「この人、なんで庭ごときにそんなにリキ入ってるんだろう」って。
でも一通りのやり取りが終わると、みなさん必ず瞳がワクワク色になっています。

庭って、大多数の人にとって厄介な場所、あるいはどうでもいい場所として捉えられているんですよね。
ないよりはあった方がいいけど。でもあったらあったで手間がかかって大変、みたいな感じ。
その感覚を、オセロで大勝ちするみたいにきれいにひっくり返すことを、朝から晩まで繰り返しています。
この連戦連勝のオセロゲーム、もちろん楽しいです。で、ぼくが勝ち続けるほど、楽しく思えば思うほど、暮らしを楽しく彩る庭が生まれるわけですからね。楽しさにプラスしてよろこびがあるわけですから、もう最高。

今現在の庭を、「まあないよりはあった方がいいかなあ。でも、別にないならないで、その方が気が楽かなあ」って思っているあなたに伝えたい。
それってね、「まあ早死にするより長生きした方がいいかなあ。でも、早死にしたらしたで、その方が気が楽かなあ」と言っているのに等しいのですよ。


庭ってそういう場所なんです。つまり庭は、人生と同等、人生を映す鏡なのです。
「この人、なんで庭ごときにそんなにリキ入ってるんだろう」って、やっぱりそう思いますよね。さもありなん。
それでもぼくは、相談を受けたすべての庭の理想型を、目眩がするほど幸せなカタチを提案し続けます。

こんな言い方どうかと思いますけどね、でもあえて言いますが、ぼくと出会った人は幸運です♪


さあてと、今日は何勝できるかなあ。
朝から3時半まで「レノンの庭」で、雨音を楽しみながら、あなたとの対局をお待ちしております。ぜひお越し下さい。






 

オープンスタイル( 赤澤邸 5)

玄関アプローチです。



Before
ビフォー22

After
アフター22



この変化は一目瞭然、門扉を取っ払いました。

あと細かいところですけど、最初の段の位置を見比べてください。ね、違うでしょ。
こうすることで、そうとう歩きやすくなるんですよ。
ついでに階段全体の割り付けを調整して段数を増やし、1段当りの蹴込み(段差)を小さくしてあります。

入って行きます。



DSC_1629

DSC_1670

DSC_1669

DSC_1631

DSC_1632



スタスタと、軽やかに登りながら、玄関ポーチに至ります。


門扉を取ってしまったことについてなんですけど、前項のフェンスと同様に「なくてもいいもの」と判断しました。引き算です。
そもそもこの家のインターフォンは玄関ドアの脇にあり、門扉がここにあるのは不自然でした。
インターホンは門扉の外にないと変ですからね。でしょ、門扉を開けずにピンポン押せないと変ですよね。
そういう設定であったこともあり、じゃあいっそなくしてしまいましょう、ということにしたのです。



ポーチを通り抜けるとガーデニングエリアになっています。
DSC_1633



現在横浜の住宅地では、新築の外構で最初から門扉がない、いわゆるオープンスタイルが8割です。10年前は5割くらいで20年前は2割ほどでした。

オープンスタイルが多くなってきた理由は大きくふたつ。
ひとつ目は門扉がない方が安く済むから。門扉自体とそれに付随する塀などで30万〜50万円くらいかかりますからね。
もうひとつは、門扉が門扉として機能していない、ただの飾りになっている家が多いことに、みなさんが気付き始めているからだと考えられます。
例えば数日間旅行に出かけるときに、玄関ドアは鍵をかけますが、道路沿いの門扉に施錠しないで出かける人が大半なんですね。鍵をかけたことがない門扉、つまりただの飾りということになります。
ひと昔前はそういうことを考えないままに、「玄関には門扉を取り付けるもんだ」と思い込んでいた節があります。そういうことへの意識、感覚がちょっと向上してきたのかなと。



そこを通って、家の脇の物干し場へと歩いていけます。
DSC_1634



構成的に門扉が必要な場合もあるし、門扉には門扉の意味、役割、魅力があります。
でも必要ないとか理屈に合わない場合は、ない方がいいのです。

理に叶わない構成は、不自然さを生みます。
理屈っぽく考え、理詰めの線を引くことが、自然な仕上がりを生み出します。


理屈が理屈を越えるというか、理屈っぽくなくなるまで理屈をこねるということ。誰に理屈を言うわけじゃなくて、自分の頭の中でこねくり回すわけですから、いわば一人遊びのような世界なわけでして、面白いんですよこれが。
ああでもないこうでもないと、さんざんこねくり回しているうちに、だんだん点(要素)が増えていって、ある瞬間にそれが線としてつながって「はい、問題解決!」となる。
この、ああでもないこうでもないの時間が大好きなんです。
よかったー!クドい性格で。

 


物干し場の向こうは駐車場、そして勝手口があります。
こにように回遊できるようにすることで、通路脇の草花の手入れも行き届くし、敷地全体を無駄なく使うことになり、全体にイキイキとした空間になります。
 
DSC_1635



では次に、階段の仕立て直しについてです。
段の位置と高さを調整したことによって、とても歩きやすくなりました。
これ、大事。

玄関アプローチを快適に、軽やかに、楽しいく歩けるようにすると、日に何度も、そこを通るたびに気持ちが上向きます。

家と外(社会)の行き来のたびに楽しい気分になるって、ねえ、いいでしょそういうの。



この玄関正面のパネルもポイント。
意味合いとしては門構えであり、家の印象を生み出すインパクトです。
色使いもうまくはまりました。
 
DSC_1626



こういうことは設計者の意図、設計に込めた思いであり仕掛けなわけです。お客様には(クドくなるので)あまり深く解説しませんが、こういう仕掛けが積み重なって、それで「いい感じ」とか「気分がいい」となるわけです。

快適さや楽しさの裏に隠れているたくさんの仕掛けが、作り手の楽しみ。

ぼくは毎日、いろんな仕掛けをクドクドと考えつつ、ひとりニマニマしながら設計作業しています。






今日は引き続き、赤澤さんちの草花をご覧いただきながら「庭の言霊」を。



DSC_1691



言葉は、言の葉っぱと書く。

大昔から、人は植物に不思議な力を感じてきました。

大昔から、人は植物と会話しながら暮らしてきました。

言の葉、言葉という言葉はその証し。

あなたのおじいさんも、そのまたおじいさんも、そのまたおじいさんも、葉っぱの声を聞き、花と会話し、自然の声に導かれながら、感動的で有意義な人生を送ったに違いありません。
でなけりゃ、たぶんあなたはここにいないのです。
だからあなたも、葉っぱの声を聞きながら、その人生を、有意義なものにしてください。
葉っぱの声、聞こえていますか?



DSC_1715




骨格が整うと身体が整う 

身体が整うと心が整う 

心が整うと運気が上がる


庭が整うと暮らしが整う 

暮らしが整うと心が整う 

心が整うと運気が上がる



DSC01937



庭の言葉は自然からのメッセージ。それに従えば人生はどんどん好転します。
なぜなら、あなたも自然の一部だから。



DSC01941



自然に導かれるようになると起こる変化のひとつ、雨で気が滅入ることがなくなります。



DSC_1700


 

昨日は facebook で見つけてしまった「テミヤンの刺身&昼酒」に誘惑され、早めに帰宅して庭に出ました。昼酒の前に(自分への言い訳で)庭の芝刈りをし、枯れ葉と雑草も除去。
ひと仕事終えてビールを1杯(ほんとは3杯)飲んだら、そのまま庭で落ちてしまいました。イスに腰掛けたままで、白くなった矢吹ジョーみたいな恰好で1時間ほど熟睡。
ここんとこ、ウトウトするには最高の気候です。
夜の部もそうで、夜風を楽しみつつパソコンやってるうちに眠くなってきて、なかなか読書までたどり着けずに意識不明になっています。
別に疲れが溜まってるわけでもなく、ただただ心地がよくて眠くなるって、すごく贅沢な気分です。
いいですよ、秋の夜の庭。

さっ、今日も自然を感じながら、自然と歩調を合わせながら、夜のお楽しみまで突っ走ります。
あなたも自然を意識して、交信して、今日いち日を味わい尽くしてくださいね!

あなたの今日が、シアワセダナ〜って言える、素晴らしいいち日でありますように。






お知らせです。

和泉さんち(ギャラリー赤いポスト)で、震災復興チャリティーのホームコンサートが開催されます。急ですけど、明日。



和泉様コンサート1
和泉様コンサート2




毎回満員で、今回も早々にチケットは完売ですが、立ち見なら何とでもなりますし、庭を眺めるだけでももんのすごくいい気持ちになりますよ♪
お近くの方はぜひいらしてください。



和泉様コンサート3



ついでに「赤いポスト」次回イベントのお知らせを。



和泉様コンサート4



こちらも楽しいですよー。



ef070a81

fb0e483d

17567340

5d457ad9

bfb096af



それにしてもこの庭、大活躍です。いい庭には、いい人が集うんだよなあ。 
 


 

「幸せへの扉」35、記憶の引き出し 2

園芸療法というものがあります。
庭仕事や草花に親しむことによって病や不調を改善へと向かわせようという試みで、老人ホームや養護施設などで行われています。

園芸療法による効用の鍵は「記憶」。
植物によって、幼い頃、元気だったころの記憶を呼び覚ますことで、心身を活性化させるのです。




6
6−2



これはアロマセラピーも同じですよね。
ぼくは凝り性なので、以前夢中になり、部屋には数十種類のエッセンシャルオイルとアロマポット、ビーカーと試験管、アロマキャンドルやお香、フィトンチット成分を濃縮したという怪しげな液体まで取り揃えて、さながら実験室のようになったことがありました。
さんざん本を読みあさって、自分を使った人体実験を繰り返して、そしてたどり着いたのがこれ。

子どものころに嗅いだ香りが記憶を引っぱり出してくれることで、安らいだり、元気が出たり、熟睡できたりする。



片桐邸 昼3
片桐邸 夜



導き出されたひとつの結論です。

高価なエッシェンシャルオイル以上の効果が、庭にいることで得られます。

もちろんアロマは楽しみつつ、庭に出ることにもそういう効用があるのだということも意識してください。
ぼくにはローズとラベンダーはマストアイテム。他に、ちょっと強烈ですけどイランイランが大好きです。
イランイランは月下美人の香り。妻と出会った最初の夏に、近所で月下美人が咲いたというので見に行ったときの香りです。まだ恋愛真っ最中で「世界はふたりのためにあるんだ」くらいに思っていたあの日の記憶を呼び覚ましてくれる、想い出の香りなのです。
え!いま?さすがに「世界はふたりのためにある」なんて思いませんけど、「世界のためにふたりがいる」くらいには思っています。どうもふたりとも、革命家(夢想家)体質なもんですから(笑)。



7
7−2



恋愛の記憶、それはそれで大事にするとして、もっと大事なのは幼い日の記憶です。
まだ愛情という言葉を知らない頃、実はあふれる愛情に包まれ育まれていたあの日の自分を思い出すことが、どれほど人を元気にしてくれることか。
夢破れ、志しは折れ、疲れ果ててしまったときに、最後に自分を支えてくれるのはその愛された記憶だということを知る日が、きっと誰にでも訪れます。

自分が立っていられるのは、幼い日に、自分を愛し育ててくれた人たちがいたから。
そのときに育った根っこがあるから、倒れずにいられる。




藤原邸13−1
藤原邸13−2



自分を支えてくれる記憶を引き出すスイッチを、普段から用意しておきましょう。
ぼくの場合、香りでいうと土と草イキレの香り、花火の煙、仏壇の線香とトクホン(膏薬)がセットで、温泉場の香り、籾殻を焼く煙の香り。
視覚的には流れる雲、キラキラと光る水面、ホタルの光、四季折々の田んぼの風景。
音だと、雨蛙の大合唱、トタン屋根を打つ雨音、潮騒、せせらぎ。
音楽だと、これ、NHKラジオの「昼の憩い」のテーマ曲です。いつ聴いても記憶の世界へとワープします。







記憶の引き出しを引っぱり出しながら、元気に、豊かな気持ちで暮らしましょうね。
同時に、あなたのまわりのすべての子どもたちに、すてきな記憶をプレゼントしましょう。
花いっぱいで、土や風や空や光に触れながらの楽しい時間が、彼等の最大の資産となるのです。

たくさん自然を感じて育った子どもには、大人になるとやってくる嵐に耐える、たくましい根っこが育ちます。



8
8−3



って考えると、子育てには庭が必要ですねえ! 
庭は自然を感じることができる外の部屋。大人も子どもも庭に出て、自然と交信しながら暮らしましょうね。


もしも心が疲れたら、幼い日の記憶につながる音、香り、味、触感、風景などをどんどん活用して、元気いっぱいな自分へとリカバリーにながら暮らしましょう。
「自分を信じることが大事」って言うでしょ。
ここですよここ、この局面で自分を信じるんです。

自分を信じるとは、自分を可愛がり育ててくれた、たくさんの人たちの愛情の大きさを信じること。

愛されて育った自分の根っこを信じきれば、また平気で葉を茂らせることができます。
大丈夫、あなたは存分に愛されて育ちました。
でしょ。






 

パンドラの箱( 赤澤邸 4)

外構部分を玄関側からぐるっとご覧いただきます。



DSC_1580



外構(建物の外まわり)って、家にどんな洋服を着せるかってこと、そう捉えるといいんです。
特に新築の場合、建物の打ち合わせはみなさん考えに考え、迷いに迷って、入念に進めます、が、そこで力つきたようになってしまいます。
残念ながら建築屋さんからも「では次に、家の外まわりについて」という展開はなく、予算も尽きてきたし、まあこんな感じにしときましょうってことになります。 



DSC_1582



せれってつまり、スタイルもルックスも性格もいい家を建てたのに、洋服はまあ適当でいいやってこと。悲しいでしょ、それ。



DSC_1625



何を着るかって大事。
多少体型が理想と違っていても、たとえ性格がよくなくてもです、着る服でそれをカバーできますし、美しい着こなしによって体型も性格も良くなってゆくってこともありますからね。 



DSC_1624



外構も含めた家全体の印象が、いわばそこに暮らす家族の印象になるわけです。できることならいい印象を振りまきながら暮らしていきたいものです。
これが必ず、自分たちの幸せへとつながっていきますしね。間違いないですよ、嫌な感じでいるより、いい感じの方がいいに決まってます。

家の周囲がいつも花いっぱいで、爽やかな緑が風にそよいでいる家の家族・・・どう考えても、そこには幸せな暮らしが展開されます。 



DSC_1621



一般的にあまり意識されていない「建物にどんな服を着せるか」ということが、実はあなたとあなたの大事なご家族の幸せに影響することなんだと、そんなふうに考えてみることもいいんじゃないかなあ。

まあ、こういうことってイマジネーションの世界ことなので、気にしなきゃしないで済んじゃうことなんですけどね。実社会とは違うもうひとつの世界のことなのです。
だからですね、外構なんてね、別にどうなっていても暮らしや幸せに影響なんてないって、そういう感覚が、まあ一般的なわけですから。こんあことは気にしなきゃいいんです。

っと、これ読んじゃったから、あなたは気にしちゃいますよね。

はいっ!あなたは今、パンドラの箱を開けてしまいました。 



DSC_1620




でもその箱から飛び出してくるのは「苦悩や災難」ではなくて「楽しさと幸福な暮らし」ですからご安心ください。

世間的には「そんなことしたら木はでっかくなるし、雑草取ったりしなきゃなんないし、お花を買うお金だってバカにならないわよ」というパンドラの箱であっても、あなたにとっては、今開いたのは幸せへとつながる扉なのです。
そう、パンドラの箱じゃなくて幸せへの扉。


before 19
 ビフォー20
入り口の傾斜がキツくてクルマを入れ辛かったので、コンクリートを取り壊してレンガで緩やかに調整しました。

After 19
アフター20
 



気付かなければ気付かないで何ともなかったことなのに、気付いてしまったから、それを手に入れたい、実現したくてウズウズしてしまう。
そんなあなたは健康です。
心が子どもみたいに躍動しているから、新しいおもちゃの発見にワクワクするのです。



Before 20
ビフォー21
フェンスをなくしてブロックを積み足し、建物側を平らにして物干し場にしました。
これまでは庭が物干し場。庭を過ごす場所にするためにこっちに移動したわけです。
洋服で言えば、ポケットの位置を変えたということです。

After 20
アフター21



頭の中が「お子ちゃま成分」でいっぱいのあなた、気がついちゃったんだからもうしょうがないです。さっ、外に出て、道路からあなたの家を眺めてみましょう。

あなたはその家に、どんな服を着せたいですか?



極力アルミ製品は使いたくなかったので、アイアンウッドの柱に物干金具を取り付けました。
DSC_1622



そのときに、ひとつコツがあります。
必要ない物は取っ払うということ。赤沢さんちの場合はフェンスがそうでした。

そう思って街並を眺めてみると、たくさんあるんですよ必要のないフェンス。
機能的に必要なくても、それに意味を与えるってやり方もありなんですけどね。フェンスに植物を絡めるとか釣り鉢をするとか。
そういうことも含めて、フェンスだけじゃなく「これって必要?」という視点で眺めてみてください。

まず引き算で考える。シンプルになった場所に、トキメキを足し算してゆく。

これがコツ。
暮らし全般、何でもそうですよね。よーく考えると必要ない物に囲まれているものなのです。
見慣れた現状を吟味して、そういうのをできるだけ排除してしまうと、スッキリとしていい風が吹き抜ける感じ、いい運気が舞い込む感じになりますよ。

シンプルって、何もないことじゃなくて、理に叶っているということ。
シンプルな環境で、シンプルな心でいたら、自然とそこにトキメキが舞い込んできます。



道路側を生け垣にして、洗濯物が見えないようにしてあります。
DSC_1623



話飛びます。飛びます♪飛びます♪

言葉もそう、シンプルな方がいいです。
言わなくてもいいこと、言わない方がいいことを言ってしまって、自分で自分の首を絞めるってありますよね。
人が負のスパイラルに入る一番の要因が、これなんですよ〜。

言葉は気持ちを伝えるために使うものです。
でもね、気持ちと違う言葉がね、どうしても出てしまうでしょ。だから・・・

基本、無口でいた方がいい。
思いがあふれたときに言葉を発する方がいい。
伝えたい気持ちが満ちてきたときに、その気持ちを素直に言葉にする方がいい。




DSC_1695



でないと、言葉が原因で相手とのバランスが崩れますからね。相手かまわず、呼吸をするようにしゃべっている人は、・・・世界とのバランスが崩れます。
あと、自分が発した言葉に自分が引きずられたり振り回されたり。
異論反論おありでしょうが、ぼくはこれ、かなり強く思うことです。無口な方がいいって。

言葉もまずは引き算で。シーンと無口な状態で、トキメキを言葉にしながら暮らしたい。



DSC_1699



無口なことと暗いことってダブるでしょ。
いいじゃないですか暗くたって。暗い方がいいんじゃなくて、暗くたっていいってこと。
明るかろうが暗かろうが、あなたがあなたらしくあることの方が一万倍大事なのです。
でしょ、明るくいるために、言わなくてもいいことを言っては悪い波動を振りまいているよりは、言葉足らずと言われるデクノボウでいたほうがいいですよ。
と、これはデクノボウのひとり言ですけどね。


アァ、急に、思いっきり飛んじゃいました。

話戻して、っと。

建物にどんな服を着せるのかで暮らしが違ってくるということ、意識してみてくださいね。
まだあまり多くの人が意識していないことなので、これ、大チャンスですよ。

花が咲いて、木が揺れて、道行く人の口角が2ミリ上がる家に住んでいあたら、確実に運気が上昇してゆきます。

世の中に先んじて、家の周囲から幸せを膨らませちゃいましょう!



DSC01936



まずあなたが幸せになっちゃう。やがてそれに気付いた人たちが、みんな花を咲かせるようになり、街並が輝き出して幸せのオーラに包まれます。そういう街が増えていけば、幸せな国、幸せな世界、幸せな星と・・・。
ずいぶんでかい話になってしまいました。
でもこれ、すっごく大事なこと。

世界平和のために成すべきことは、まずあなたが幸せになることです。



DSC01932



無口がいいって言っておきながら、・・・ちょっとしゃべり過ぎ?・・・ですよね。


 

 
今日もお客様に会える。さっ、庭のこと、熱く熱くしゃべりまくるぞー!








 

「幸せへの扉」34、記憶の引き出し 1

庭を楽しむ賢人たちには、たくさんの共通することがあります。
これもそのひとつ。

幸せな人たちは、楽しい想い出の品に囲まれて暮らしている。

玄関に、廊下に、リビングルームに、旅先で買い求めた置き物、笑顔いっぱいの家族写真、小さいお子さんの画や書などの傑作が、まるでギャラリーのように並んでいます。 



今日は森川さんちの写真を並べます。
030c16de



庭のことを話していても、その庭を舞台をとした幸せなシーンが展開されます。
「引っ越したばかりのころは、庭があるのがうれしくてねえ。お花いっぱい植えてさあ、毎週友だち呼んでバーベキューしてたのよ」と。
生まれ育った家の庭もまた、賢人たちの想い出の宝庫です。縁側、坪庭、畑、大きな柿の木、庭に集う大人たちの笑顔・・・。



旅行好きなご夫婦で、部屋中に旅の想い出が飾られています。
f8acbc42



分厚く積み重なった「幸せな記憶」の上に、今日の暮らしがある。

記憶が土壌になって、そこにまた根が張り双葉が芽吹いて、今日の幸せの花が咲くんですよねえ。
そうやって、楽しい記憶、満ち足りた時の記憶がタペストリーのように織られて行く、そういう人生でありたいものです。



楽しい記憶が結晶したような物に囲まれて、
80ef44da



ぼくは「人は辛いことは忘れ、楽しいことだけを記憶するようにできている」と、以前からそう思っていました。そういう感じ、あるでしょ。
ところがこれ、どうやら違うらしいんですよ。
脳科学者、茂木健一郎さんによると、人は楽しいことも辛いことも、等しく記憶中枢に刻み込まれるのだそうです。



幸せな時間が積み重なったお部屋です。
b85108e9



ではなぜ楽しいことばかりが頭に残っている気がするのか。
それはですね、その記憶を引っぱり出す回数が多いほど、それが強く残り続けるということなのだといいます。
テスト勉強と同じで、繰り返し書いたり読んだりすることで強く暗記される。
つまり、楽しい記憶を引っぱり出しながら暮らすと楽しい記憶だけが強く刻まれ、反対に辛い記憶ばかりを思い出していると、その辛さが強くこびりついてしまう、というこになります。
楽しい想い出ばかりが残っているというあなたは幸いな人です。いつも楽しい方の記憶を引き出しながら暮らす、そういうクセがついているのですから。



フォトスタンドも多数。
17dbe3cb



この茂木さんの説、納得でしょ。
だからなんですよ、幸せな人はますます幸せになってゆくということ。あの不思議な現象はこのことから生じているのです。

いい想い出だけを繰り返し引き出すことが、幸せに暮らすコツ。



その中に、超美人を発見!
8968ad8e



賢人たちの暮らしに楽しい想い出の品々があること、幸せな時が詰まった写真や置き物を眺め、会話の中にも「楽しかったあの日」が出てくることにある意味、これで解明されましたね。
またひとつ、扉を発見できました。



娘さんですか?・・・それ昔の私です、と奥様。
ね、すっごく美しいですよね。 
bb016c2a



あなたが「私は毎日幸せです」と感じているなら、ここから先は読む必要ありませんので、花いっぱいのほかの記事へと移ってください。

「幸せって・・・、う〜ん、なんだっけそれ」という人は、ジックリと腰を据えて読み進んでください。



リフォーム前の庭のベストショットもありました。
花いっぱいです。 
770caa88



離婚に至る夫婦て罵り合うでしょ。
その時に飛び交う言葉の大半は「過去の恨みつらみ」です。
一緒に暮らしながら、きっと最初はどちらかが、やがて双方が、辛い記憶を引き出すことがクセになっちゃったんでしょうね。
そのクセが厄介なんですよ。過去の辛さってのはある種のエネルギーになりますから、うまくいかない現状を耐えるのに、とっても役に立つのです。悪い意味でですけどね。
お互いに過去にさかのぼって、相手の嫌なところ、うまくいなかった出来事、辛かった記憶を山ほど抱えた状態でもめはじめたら、もういけません。
好き好んで離婚する人はいないわけでそれぞれに深い事情があるわけですけど、思考は完全に後ろ向きになっています。恨み言を杖にして立っていようとするその思考のクセを排除しない限り、未来へと向かう話し合いなど成立するはずがないのです。



旅先の写真にも花がいっぱいでした。
0a9cb714



離婚まで至らないとしても、そういう嫌な記憶を引っぱり出しては「こんちくしょう」と思うことでバランスを取ろうとすることって、実は誰にでもあることです。
誰にでもどころか、国同士でもそれが繰り返されているわけです。
敵がいるとファイトがわく、心の中に敵を作ることでエネルギーがわいてくる、悲しいことに、人にはそういう一面が備わっているんですよねえ。
いやほんと、・・・そこからどれだけの悲劇が生まれてきたことか。



完成した庭も花いっぱい。
0749eac9



ダメダメ、それはダメ。
いつも敵をつくって、恨む気持ちからエネルギーを発生させていたら、結果は見えていますよ。

文句を言うことで自分を保つ、批判することで安心する、恨むことで元気を出す、どれもこれも破滅へと向かう考え方です。
はい、それ、キッパリとやめましょう。


楽しい記憶を呼び起こしながら暮らせば幸せは積み重なっていくし、嫌なことばかりを引っぱり出して暮らせば、負のスパイラルへと入って行く。



撮影は早春。数ヶ月後にはさらに花が増えて、土が見えなくなっていました。
65d506a1



はい、では、次の質問にハッキリと答えてください。

批判し、愚痴り、恨み言を積み重ねてゆく人生と、楽しい記憶の上に、さらなる幸せを積み重ねて行く人生と、あなたはどちらを選びますか?



庭にも、想い出の小物がたくさんありました。
782dd9ad



・・・でしょ。

だったらね、約束してください。今から棺桶に入るまで、愚痴と批判と恨み言は封印!クドクドと過去を嘆くことも封印!

グジグジ言ってる人ってね、グジグジ言いながら大概このことから目を背けているんです。

あなたが棺桶に入るまで、そんなに長い時間ではありませんよ。
その時間をどう生きるのかは、すべてあなたの選択次第なのです。


だから、ね、賢人たちに倣って、想い出の写真や小物に囲まれながら、すてきな気持ちで暮らしていきましょ。



これは、えーっと、フィンランドみやげだったかな?
6a2187a0



まずは今日いち日を。
それがうまくできてもできなくても、また明日「今日いち日を」と思ってください。
何日かしたら、案外早くにそういう思考がクセになるはずです。
なぜなら、その方がずっと楽しいしから。
そこまで行けば、もう一生あなたは愚痴らない人になります。
「あんなに辛い人生はもう二度と嫌だよ。だから怖くて、愚痴ったり批判したりできませんって」という気持ちになります。そして見る見る、いろんなことが好転して行きますよ。



これはオランダ。奥様の一番のお気に入りです。
e7687071



さっきまで、幸せってなんだっけ?と思っていたあなた、この扉を開いてください。
今日から、あなたの人生は一変します。







ぼくの手帳の「欲しいものリスト」にデジタルフォトフレームがあります。写真が次々に映し出されるあれ。
20台くらい買って、家中に、仕事場にも、これまでの幸せなシーンを映し出しながら暮らしたら、幸せのスパイラルから外れることはないんじゃないかなあ。











記事検索
ギャラリー
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • カワヅザクラ
  • カワヅザクラ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ