2014年09月

ガーデンセラピー 16

『植物に歩調を合わせる』

種や苗から花を咲かせるには時間がかかります。野菜を収穫するにも数ヶ月の時間を要します。
毎日を24時間のタイムスケジュールに従って行動している人にとって、その時間はとても長く感じるものです。



ff926255



植物時計が自然の時間。



438c817d



草花が持っているゆったりとした時間の流れを感じ取って、それに自分の時計を合わせていってください。



4604babe



地球上で人間だけが、もっと速く、もっと効率的に、もっともっとと時計の速度を上げながら暮らしています。



a30249b5



まるで静止しているようでありながら、実は決して止まることなく動き成長している植物たちと歩調が合ったとき、あなたの心身は癒され、あなたの中の「自然な自分」が輝き出します。
だからゆっくりと、ゆっくりと、あせらずに、着実に。
急いだことでの失敗は数あれど、ゆっくりすぎて失敗することってほとんどありませんから。




 

ストレスの正体を突き止めよ

どこかで吠え続けている犬の声が気になって(犬好きなもので「何でいつまでも吠えているんだろう」と気がかりになります)、設計に集中できないことがあります。
そんなときには作業を中断してその犬を探しに行きます。
犬の姿を見つけて声をかけてあげると、あ〜ら不思議、さっきまで耳障りに響いていた声が愛おしく感じられるようになって、気分がググッと上向いて、その声をBGMにしながらいい具合に設計がはかどります。

実態が見えないと、不安やマイナスの感情が膨らむ。



フラッと遠藤さんちにうかがったら
相変わらず庭が輝いていました。
さすが、毎日庭に出ている人の庭はい〜い感じです。
うれしくなって撮影させていただきました。
奥様は「今の時期は花が少なくて・・・
もっとたくさん咲いているときに写しにきてよ」
と言いながら、
ニッコニコで秋の植替えを楽しみにされていました。
今を楽しみつつ次の季節を思い描く、
未来へ未来へと意識が先回りする、
これが庭を輝かせる人の共通点です。

DSC08975



犬の声ならその姿を確認することで解決するんですけど、ストレスの対象が見当違いの場合にはそう単純ではありません。



DSC08950



「雑草だらけの庭が嫌でカーテンを開けたくない」という相談に対して「では雑草をなくしちゃいましょう」ということで除草をし、もう二度と生えてこないように庭中にレンガやタイルを敷き詰めたとします。
その人のストレスは消えることはなく、こんどは「カーテンを開けても花が咲いていなくてつまらなくて」となります。
で、花を植えます。
すると今度は「ただ眺めているばかりではつまらないから庭に出たいんだけど、段差が大きくて」と。
すんなりと庭へ行ける階段をつけ、ついでにゆったりと過ごせるベンチとテーブルを設置すると、次は「あんまり日に当たりたくないし、蚊がいるから庭に出たくないんです」となります。
どこまで行っても不満は解消されず、その人にとって庭はストレスを感じる場所のまま。
時々こういうケースに遭遇します。



DSC08956



これはつまり、最初からその人が感じているストレスの原因は雑草ではなく、花が咲いていないことでも、段差が大きいことでも、日焼けや蚊のことでもなく、庭とは全く違うところにあるということなのです。
例えば最近夫婦仲が思わしくないとか、本当は働きに出たいと思いつつ専業主婦を続けているとか、介護や子育てに疲れ切っているとか、庭以外での不満が「庭が◯◯だから」ということにすり替えられている場合が多い。
それに対していくら庭を改善したところで、まったく効果はありません。



DSC08938



そのストレスの正体を突き止めよ!
でないと、何をやっても解放されない。




DSC08945



自分が抱えているストレスの本質を見極められる人は幸いです。それを解消しながら健やかに暮らしていけます。
それが苦手な人は、ヘタをするとそのまま見当違いの無駄な努力を繰り返しながら「人生ってうまくいかないものだ」とぼやき続けることになります。

心静かに、論理的に、何が不満なのか、何に不安を感じているのか、何がどうなれば幸せを感じられるのかを解明することが大事。

それがはっきりすれば、ストレスを消すのはいとも簡単なことです。



DSC08949



興味深いことに「◯◯のせいで・・・」「◯◯が◯◯だから・・・」と言い続けている人の庭は、たいがい荒れていて殺風景なんですよね。

庭は愚痴には共鳴しない。

愚痴らないで花を植える、文句を言わずに雑草を抜く、そういう軽やかに、さらさらと淀むことなく動く人に庭は反応します。



DSC08974



庭にストレスを感じているあなた、よくよく考えてください。
そのストレスのもとは庭以外にあるのかもしれません。
庭だけではありません。そのつい口をついて出る不満の正体は、本質とは違うことに向けられているものなのかもしれませんから。



DSC08941



せっかくの今日という日をイライラで塗りつぶさないために、にこやかに、心おだやかに暮らすために、そのストレスの正体を突き止めましょう。







 

円は循環のカタチ

ぼくは庭を設計するときに、まず最初に円を描きます。
敷地のどこに円を配置するか、ということからその庭世界が形作られていくのです。



8e59c03d



円は円卓会議の円であり、家庭円満の円。



ca8af18f



円形って不思議な図形で、例えば地面に棒で丸を描くと子どもはその中には入って行きますよね。四角や三角よりも、丸の方が人を呼び込む力が強いように感じます。
なぜ円形を見るとその中に身を置きたくなるのか。
ぼくはその答えを知っています。来る日も来る日も円を描いて、その円の中で過ごす人たちが感じる世界を想像していると、はっきりとその理由が見えてきます。



f3961733



円の中にいると心地よくなるのは地球が丸いから。

丸い星の上で、丸いが故に循環している空気や水や大地の中に、その循環の一部として生息しているぼくらにとって、丸は安らぎや心地よさや良好なコミュニケーションを生むカタチなのです。



07346034



そう考えると、庭だけじゃなくて家も円形だといいと思うんですね。丸い家、丸い部屋、丸いテーブル、丸いソファー。
いいでしょ、そういうの。円の中で暮らせば家庭円満間違いなしですよね。



d4a1418b



例えばこんな部屋があります。



7d3632f5

f960d183

f7183210



海に突き出した円形の部屋で円卓を囲んで座っていると、海や空と同化し地球と共鳴している気分になります。
だからでしょうか、この家の住人も、集う人たちも、みんな夢を語る人ばかり。

地球と共鳴するとき、人は夢追い人となる。



4e3277a3



円、丸、この循環のカタチを意識して暮らせば、きっと円熟の人生になります。
現実的に丸い家はむずかしいとしても、心はいつも円形を意識して、まーるい気持ちで過ごしたいもです。


725ea3ee



ついつい角ばってしまう自分を戒めながら、できるだけぼくの丸で女房と子どもたち、庭のプランを心待ちにしてくれている人たちを包み込んでしまいたいなあと、そう思っているしだいです。






 

ガーデンセラピー 15

『季節を知る』

庭は生活空間の中で、最も季節を感じられる場所です。



fd404d5d



季節の移ろいと歩調を合わせることで暮らしに自然のリズムが生まれ、心身が良好に保たれます。



9fa6fc6b



四季のある国の人は、季節に従って暮らすことで幸せになる。

季節と暮らしにズレが生じないように、くれぐれもご注意ください。
永々と受け継がれてきた遺伝子によって、あなたの心身はそのようにプログラミングされているのですから。



7d634b92



冬来たりなば春遠からじ。
これは今の季節を味わい明日への希望を持つということ。



4791c525



今の季節を楽しみながら、春来たりなば・・・夏来たりなば・・・秋来たりなば・・・と、いつも次の季節に光が射すイメージを持って、自分の四季を美しく刻んでいきましょう。









 

ガーデンセラピー 14

『夢を語る』

庭は人を饒舌にします。
心が花に安らぎ、風に踊り、光に高揚して口を開かせるのです。



cd1f6c91



そこでは不思議と否定的な言葉が出てきません。
楽しくなつかしく来し方を振り返り、やがて未来に向けた話題になっていきます。



0cf4da50



庭にいると、心の奥にしまい込んであった夢が口をついて出てくる。

庭は人に夢を語らせます。



5be53ef3



夢を語れば人生が輝く。
家族や友人と庭に集って、幸せな未来を語り合いましょう。






 

この夏いちばん輝いていた庭

とうとう9月になってしまいましたねえ。
頭の中には若大将の「湘南引き潮」が流れています。 







2014年の夏が終わろうとしています。



DSC07605



今日はこの夏いちばん輝いていた庭の写真を並べます。
8月5日、河口湖の湖上祭で訪れた「北原照久ミュージアム・Hatty Dais Cafe」には、なんとまだたくさんのアジサイが咲いていました。



DSC07677

DSC07654



標高の高い湖畔なので気温が低いことと大きく茂った木々が落とす日陰によって、まるで奇跡のようにアジサイが咲き乱れている風景は、灼熱の横浜からやってきたぼくには夢の世界に迷い込んだように感じられました。



DSC07682

DSC07689



アジサイだけではありません。他にもたくさんの花が咲いていて、ミュージアムのエントランスはまるで結婚式場のようです。



DSC07685

DSC07687

DSC07670

DSC07673



これは河口湖の気候に加えて、ガーデナーの努力の賜物。
夏は花が少なくなる季節なので、意識的に植えて、育てて、手入れを怠らないようにしない限りこうはなりません。



DSC07681

DSC00516

DSC07688



うれしかったなあ~。
ガーデナーの情熱を感じるんだな~。
ガーデニングを楽しんでいる方には、きっとこの夏の花園にいる興奮が伝わることと思います。
丹精すれば必ず応えてくれるのが花なんですよねえ。



DSC07669

DSC07611

DSC07684



花咲く日の風景、それを目にした人たちの笑顔を思い浮かべることが庭仕事の情熱となる。



DSC07686



庭はこうじゃなきゃ!
ぼくは幸せな気持に包まれながら、いつまでもファインダーを覗いていました。



DSC07672

DSC07675



情熱が咲かせる花からは、安らぎと同時に元気が得られます。
夢の世界に酔いしれながら、ぼくは早く家に帰って庭に出たくなっていました。



DSC07615



もてなしの心、訪れる人をおどろかせたいいたずら心、花を見るときの笑顔が大好きなやさしい心が咲かせた花に囲まれて、湖から吹くさわやかな風を感じて、この夏最高の満ち足りた時間を過ごすことができました。



DSC07683

DSC07609



花ってすごい。
花咲く庭は、そこを訪れる人を一人残らず幸せへといざなう。




DSC07719



夜は湖上の空に咲く大輪の花に酔いしれ、ついでにおいしい料理とビールとワインにも酔いしれ、お酒を飲まないダンサー宮本さんに運転してもらって夢見心地のまま横浜まで辿り着きました。



DSC00514
飲ん兵衛夫婦を搬送していただき、いつもありがとうございます。



花の数と幸せは比例する。



DSC07842



数限りない花に囲まれ、この上ない幸せを感じた庭。
来年の夏もまた、家族と、友人たちと連れ立って訪れたい場所です。
あなたもぜひご一緒に。






 
記事検索
ギャラリー
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • カワヅザクラ
  • カワヅザクラ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ