2016年02月

H!nt de Pinto 87

プラスとマイナスは引き合う。
プラス域にあるとき、マイナスの世界がとても魅惑的に感じられることがあります。
好事魔多し。



春の兆しは心うれしく、
冬の名残りは愛おしい。
DSC03567



プラスとマイナスは引き合う。
活動的な人は物静かな人に惹かれ、ネガティブな人はポジな人に惹かれます。
つまりは自分に欠けているものが欲しくて一緒になったのですから、後々性格の不一致を嘆くことは愚か。




昨日、庭用の卓上ストーブと防寒長靴を片付けました。
今年は冷たくて厳しい夜が1日もない、
暖か〜い冬でした。
DSC02115



プラスとマイナスは引き合う。
パートナーが落ち込んでいたら引っ張り上げ、いい気になっていたら戒める。
似た者夫婦だとこれができないんだよなあ。
強気同士とか、内気同時とか、怠け者同士とか。




なんて言ってると、雪が降ったりするんですよね(笑)。
まあ、それもまたよし。
DSC03587


プラスとマイナスは引き合う。
庭はプラスに高ぶった気持ちをマイナスイオンでクールダウンさせ、マイナスに落ち込んだときにはプラスの光を照射して励ましてくれます。
庭はいつも、心をプラマイゼロに調整してくれる。




行きつ戻りつ待つ桜。
b659b8b6



ぼくは朝晩庭に出て、自分をプラスマイナスゼロにリセットしています。
悩み始めるととめどなく、調子にのると暴走してしまうタチなので、この習慣は欠かせないものになっています。
高ぶらず、落ち込まず、前のめりにならず、ふんぞり返らず、軽やかに、心穏やかにスッと立つイメージで。
毎日やってるので、庭の空気を吸い込んだ数秒後にはリセットが完了できるようになりました。

では、今日もスッと立つイメージで。






今日は「レノンの庭」にいます。




 

庭の言霊

春は地に足をつけて。



散歩道は着実に春へと。
冬には澄み渡っていた空気に少しとろみがついてきて、
い〜い感じです。

DSC03510

DSC03515

DSC03517

DSC03518

DSC03479



芽吹きの季節はウキウキとして、どこを見ても美しく、何をやっても楽しくて。
でもあまり浮き足立って転けないように、いつも自分の根っこを意識しながら地に足つけて進みましょう。
春に体調を崩したり、思わぬ怪我をすることって多いですからご注意を。


と言いつつ、ぼくはこの頃5センチほど宙に浮いていますが(笑)。
まあいいですよね少々転けたって、春なんだから。

 

庭の言霊

ここが故郷になってゆく。



bdce2099

710aa47d

641abbf6

4ac27a8d

b2c65c8b



子育て中のご夫婦にお会いするたび、「ここがこの子たちの故郷になってゆくんですから、思いっきり楽しい庭を仕立てて、幸せな記憶をたくさんプレゼントしてあげてくださいね」と話してきました。
幸せを幸せと感じることができないほどのあふれる幸せに包まれて、家族と過ごした庭での時間が、彼らの一生を支える根っこになります。





子育てを終えた今、庭を整えている女房の姿を見ながら思うことは、「いつの間にかここがぼくらの故郷になったんだなあ」ということ。
お互いの実家や旅から帰り着いたときなどは、まず最初に庭の花の様子をチェックして、何とも言えない安らぎに浸っています。
先々どこで暮らすことになっても、この地での幸せな記憶は消えることも色褪せることもないだろうなあと思っています。

あなたの今日が、この上なく幸せなものでありますように。
今の暮らしが、あなたとご家族の心の故郷となっていきますように。



庭の言霊

雨は虹のイントロダクション。



春の嵐は足早に行き、
流れる雲間から
一瞬射し込んだスポットライトが、
道端の菜の花を浮き立たせました。

DSC03611

ほんの数十秒の粋な演出。




今年の春一番は暴風雨となりました。
久しぶりの大量の水分に、庭の花たちが声を上げて大よろこび。



DSC03615



脳の一部が植物化しているらしく、ぼくも雨音や水滴にはいつも気持ちが高ぶります。



DSC03617



雨上がりの清められた後に射し込む光が楽しみで、カメラを携えて仕事場へと向かいました。




 

庭の言霊

春に向かって腰掛けよ。



昨日はいきなりポカポカの春になりました。
これからひと月ほど繰り返される三寒四温で、
新芽やつぼみや地中の蛹が揺り起こされます。
目覚めの季節の到来です。 

DSC03605
 


列車で進行方向に背を向けて座るのと進行方向に向くのとでは、車窓の印象がまったく違いますよね。
過ぎ去る景色からは行く季節の情緒が感じられ、向き直って来る季節を迎える態勢をとると、それに加えて期待が膨らみ心身が一気に活性化します。
 
心の座席を春向きにしておきましょう。






さあてと、この時期に植えておきたい花は・・・・。
今日はそんなイメージを膨らませながら「レノンの庭」にいます。




やっぱラナンキュラスかな?
77685edf

花言葉は、「光り輝く人格」。








 

H!nt de Pinto 86

「人生上のすべての悩みは人言関係から生じている」第三の心理学者、アルフレッド・アドラーの言葉です。
これ、納得ですよね。
ことにパートナーとの関係において。

日々庭を通してすてきなご夫婦と出会えることが、この仕事のうれしいところです。
同時に、その方々がいかにしてそういう関係へと至ったかの物語を垣間見れることも、とてもありがたいなあと、そのかげでぼくらへなちょこ夫婦が、どれほど励まされ導かれてきたことかと。



カメラを覗いていると、
葉っぱの様子が家族の姿に思えてきます。
DSC01795



アンビバレンス。
おのおのがた、決して油断めされるな。



DSC02994



何がダメだったのかを検証してそれを繰り返さないようにする。
仕事だと簡単にできるこのことを、家庭にも取り入れてみたらいいと思う。



DSC02995



男性も家事や育児を楽しむというのがここ10年のトレンド。
男子厨房に入り浸り。




DSC02952



女性は男性をほめまくり、男性は調子に乗って馬車馬のごとく働くというのがここ500年のトレンド。
内助の功とは調教上手ということ。




DSC03018



「航海に出るために欠かせないのは家庭のマイレージを貯めておくこと。笑顔で送り出してもらえるために、日頃の皿洗いやゴミ出しがどれだけ重要なことか」 海洋冒険家、白石康次郎の言葉です。






今日は「金沢文庫店」にいます。

そうそう、春一番が吹くらしいですよ。





 

庭の言霊

口を閉じてアクセルを踏め!
弱音や愚痴は燃費を下げるだけ。




ストレスは貴重な心的エネルギー。
口から発散させずに身体で燃焼させましょう。

DSC06439
 


最近よく女房が、「ああ今日もよく頑張った!わたしはやるだけやったよ」って言うんですよね。
とても生き生きしています。 

さっ、今日も突っ走りましょ!




 

庭の言霊

上手にできないとしても、あまり意味を感じないことであっても、やらないよりやった方がいいと思うことはやったほうがいい。



幸運の女神は準備されたところに舞い降りる。
パスツール

DSC02145



設計作業で行き詰まった時、とりあえずやっといた方がよさそうなことを散りばめていくうちに、突然のConnecting the Dots で、まるでオートマチックのように新たな線が描かれていくことがあります。
そのエキサイティングな瞬間を、ぼくは「レノン降臨」と呼んでいます。

結果に直結しないことでも今やれることを淡々と。
そのうち何かが起こりますよ。 





ぼくの「やらないよりやっといた方がいこと」のひとつがこれ。
ストレッチと(ダンスが苦手な人向けの)ダンスレッスンです。
全身がシャキッと整いますよ!
よかっらたらあなたもご一緒に。

12711156_949990481722525_4666620524366977798_o


2/12(金) 神奈川県立青少年センター 練習室
※練習室は3Fにあります
19:00~21:00
参加費 2,000円
講師:宮本英喜(LIBLANCE)

◆18:30より受付開始いたします。
◆動きやすい服装でご参加ください。
◆床でのストレッチも行います。
ヨガマットや大判のタオルなど、ご自由にご持参ください。
◆室内履き(スニーカーなど)をご持参ください。

神奈川県立青少年センター
横浜市西区紅葉ケ丘9番地の1
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f602/p7333.html

JR根岸線、横浜市営地下鉄線で「桜木町駅」下車 徒歩10分
京浜急行線「日ノ出町駅」下車 徒歩10分
みなとみらい線「みなとみらい駅」下車 徒歩15分

【次回】
2/24(水)19:00~ 関内ホール リハーサル室4



 

庭の言霊

寄り添ってみたらいいんじゃない。



隙あらば膝に飛び乗ってくるココ。
天才的な幸せ上手。

DSC02316



「家事が楽しい」と感じる時、人は家族と寄り添って暮らしています。
「仕事が楽しい」と感じる時、人は社会と寄り添って暮らしています。
「庭が楽しい」と感じる時、人は自然と寄り添って暮らしています。
「◯◯が大変」じゃなくて「◯◯のおかげで楽しい」と思える時、人は間違いなく幸せの中にいます。

無意識に、瞬発的に、寄り添いたい対象に背を向けてしまうことってありますよね。
たぶん拒否された時の痛みを味わいたくないからという防衛本能だと思うんですけど、そこから抜け出さないと、ひたすら否定的な言葉でやりたいことを遠ざけ続ける人生になってしまいます。

庭を好きになれない理由を並べ立てる人は、ほんとは庭なしではいられない人。
これはぼくが日々実感していることです。
ちょっと踏ん張って、素直になって欲しいなあと思うんですけど、それができるのは本人だけなんですよねえ。

大変に感じること、つい拒否してしまうことなどに素直に寄り添うことで、一瞬にして、マイナスがプラスへと転じるかも。
パラダイムシフトは自分の態度次第。





H!nt de Pinto 85

庭の設計においてワクワク感というのは、何物にも勝る最良の心的燃料なわけですが、残念なことにそれはあまり長く続かないという性質を持っています。
放っておいたら跡形もなく消えてしまうワクワクの、ぼく流の捕まえ方がありますので、活用できそうな場面が来たら思い出してください。



光の具合が
明らかに冬のものではなくなってきました。
DSC02939



『ワクワクの捕まえ方』

1、ワクワクをワクワク以外の言葉にしておく。
休日のバーベキュー、バラの季節のティータイム、静寂の月夜でページをめくる、など。

2、そのワクワクと合致する写真を集めるか、スケッチブックに描いておく。

3、ワクワクしながら誰かに話しておく。



 ぼくは設計依頼をお受けする時点でこの3つのことをやっておきます。
慢性的に仕事がたまっているのですぐには取りかかれないわけですけど、これをやっておくことで、数ヶ月後であってもワクワクが新鮮なままよみがえってきて、夢中で庭を思い描くことができるのです。

ワクワクは誰にでも訪れるものでありながら、それを庭や暮らしに活かせている人はとても少ないですよね。
ワクワクっとしたら言葉にする、描く、話す、あなたもやってみてください。

ワクワク方向にか舵を切れ!



Bach - Air on the G String
 
春が来るぞ!って感じですよね。




今日は「金沢文庫店」にいます。







 

庭の言霊

あのね、明るきゃいいってもんじゃないよ。



散歩道には
センテンス スプリングがありあまる。

DSC03488



ボジティブ過ぎると思考や感受性や判断力が薄っぺらくなってしまう。



DSC03480



世の中ちょっとポジポジ言い過ぎ。



DSC03491



音楽も小説も演劇も、そして庭も、ネガの反転作業に感動が生まれるんだから。



b36a3b4e



だからいいんじゃない、暗い自分。



fead9773



春だってね、冬の次にやってくるから感動するのです。 



efa8ed2d



ネガネガの自分も大切にしましょう。


ネガフィルムに光りを当てることで、
印画紙にポジ画像が浮かび上がります。

ネガ

ポジ






 
記事検索
ギャラリー
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • カワヅザクラ
  • カワヅザクラ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ