2017年02月

家族の庭のつくり方 68

素足になる

ターシャ・テューダーのように、庭を素足で歩いてみてください。



犬も人も、芝生の感触が大好き。

8cbd3d72



地に足をつけるとやさしい気持になる。



547068bb



草の柔らかさ、土のぬくもり、小石を踏んだ時の痛さ、木から降りた猿だった頃から昭和時代まで、人は足裏からの情報を心に反映させて暮らしていたのです。



休日に裸足で雑草取りをするのが、この頃のぼくのささやかなるレジャー。作業が済んだら庭の書斎に腰掛けて本を開く。持ち出したパソコンでBGMを選曲するのもお楽しみ。
例えばこれ。カメラ担いでアンダルシアにワープして、何を思うか黙々と庭仕事をしているご婦人に、声をかけようか、このまましばし、遠くから眺めていようかというような。




10代の頃にNHKでやっていた『アンダルシアの虹』という番組がありました。ご存知でしょうか。あの風景が、今でも時々夢に出てきます。






 

庭のことだま

花は理想の自分を目指してきたに違いない。
成り行きや偶然で、あのような姿になるはずがないのだ。



ビオラはここからが本番。
日に日にボリュームを増してゆきます。

DSC04395

DSC04196

a774e32c

a3f7f850



オリンピックで誰でも金メダルが獲れるわけではありませんが、獲った者は例外なく金メダルを目指していたのは間違いのないこと。理想の庭も、最初に夢物語のようにそれを思い描かない限り実現することはないのです。
想像が創造の種。



家族の庭のつくり方 67

風を感じる

庭に吹く風は、南極、モンゴル、プロヴァンス、セーシャル、アマゾン・・・・地球上をくまなく巡ってきた空気の動き。



3edf1101

66b0f1a5



風の歌を聴け。



37f41287

8447b9a8-s



まずはカーテンを開けて暮らすこと、それが庭を手入れの場所から暮らしの場所へと変える第一歩です。それができたら次は庭で過ごすこと。
日に何度か空調の効いた部屋から出て、ロマンチックに地球を感じながら暮らしましょう。





庭の言霊 276

むかしむかし、神様が少女に言いました。

娼婦の子は娼婦に、泥棒の子は泥棒になる。
私はこの世をそのようにつくったのだ。


少女はこう言いました。

なぁるほど、そういう仕組みなんですね。
神様ありがとうございます。

少女はこの上なく幸せな悪魔になりました。



どのような条件下でも、
樹木は自分本来の姿(自然樹形)を目指して成長します。
風雨にさらされようが、枝を折られようが、
その姿勢は揺るがない。
根っから正直で素直な生物です。

DSC02394 (1)

231cfc52

f4ea4aa1-s

DSC03221


 
広さ、日照、土質、風通し、周辺状況、庭の条件は千差万別。
出自、記憶、思い、決心、人間関係、人の状況も千差万別。
やり遂げるべきことはただひとつ。
上へ上へと強引マイウェイ。





今日は「港南台店」にいます。



 

庭の言霊

初期設定は伸びやかに。

荒れた庭を何とかしようと、花を植え、レンガを並べ、雑草を抜き、それを10年以上も続けている人はたくさんいます。しかし奮闘努力の甲斐もなく庭は荒れたまま。
たぶん初期設定の不具合だと思うのですが。
腰が引けた状態での造像力だと時間とコストの無駄づかいに終わってしまうので、未来へのイマジネーションは制約抜きで伸びやかに行ってください。
創造は想像の範囲を超えません。 



石井邸
Plan

石井邸Plan


Before
石井邸Before


After
石井邸After

e8c60569

d916f13b

208892ad

67003902





ぼくは設計をするときに、いつも初期設定を高く設定します。
条件下での最高の庭を思い描いてその世界にお客様を招き入れることができれば、後にどう変更しようが、その庭が最高の人生へと導いてくれることを繰り返し目撃しているからです。

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one




 

H!nt de Pinto 112

気力は眼に出る。
生活は顔色に出る。
年齢は肩に出る。
教養は声に出る。


写真家、土門拳の言葉です。
眼、顔色、肩、声、ご確認を。



庭の取材に来た同年代の、とても仕事ができそうな女性編集者に
「いつか白黒で花の写真集を出したい」と話したら、
ははっ、それはありえないでしょと一蹴されました。

DSC05148

ふふっ、わかってないんだよなあ。

DSC04343

きっとメイプルソープを知らないのでしょう。

DSC00370

白から黒への階調に感じる色こそが、
見る人の心模様なのだよ。

DSC03614
 
澄むほどに鮮やかに。



夫婦仲は庭に出る。
幸福感は庭に出る。
家族の歴史は庭に出る。
人生模様は庭に出る。


ぼくの言葉です。
今一度じっくりと、庭のご確認を。





立木義浩、浅井慎平、加納典明、森山大道、荒木経惟、篠山紀信、杉山吉良、植田正治・・・居並ぶグッとくる写真家の中で、土門拳は別格なのです。
二十歳の頃、魚沼の実家からホンダシビックで、片道4時間の土門拳記念館(山形県酒田市)へと熱に浮かされたように通い詰めました。「筑豊のこどもたち」「江東のこどもたち」「ヒロシマ」「風貌」「古寺巡礼」「女人高野室生寺」、心の印画紙に鮮烈に焼き付いた粒子に、今でも胸が熱くなります。
中庭の流れの中に突っ立ていたイサム・ノグチと顔なじみになれたことも、ぼくのその後をどれほど楽しくしてくれたことか。
今年は何とか機会をつくって、まだあの世界を知らない女房と一緒に、土門とイサムと30年ぶりの再会を果たしたいと考えています。





今日は「港南台店」にいます。




 

庭の言霊

庭的予感的中。

朝日の庭に出て「不吉な予感がする」なんてことはまずありません。
光る芝生と花を眺めながら「今日も絶好調!いいことが起こるに違いない」としか思えないものです。
夜は夜で、星を見上げながら「明日があるさ明日がある」と胸に希望が満ちてゆくばかり。
予感はいつも的中します。



アカシアの季節が始まりました。

DSC02377

花言葉は「秘密の恋」だそうでして。

887049dc

secret love・・・・

DSC02374

ああ、春。 

b000970c

明日はまたもや嵐の予感、
っていうか、予報が出ています。




庭の言霊

もっともっと。



ユキヤナギ
あと数日で次々と

DSC02389 (1)

DSC02392

DSC02393



庭の花数が今の倍になったらと想像すると、未来がパーっと明るくなる気がします。
小遣いが倍になったらという想像よりもはるかに効力があります。
花は不思議です。




庭の言霊

惚れっぽさが大事。
惚れ続けることはもっと大事。
惚れて惚れて惚れ抜いて。


好きなことを仕事にした数%の人、たまたま就いた仕事を好きになった数割の人たち、どちらもその後に「好きでい続ける」ことができるかどうかで明暗は分かれます。
好きを育ててゆくために必要なことは、夢中、専念、滅私奉公。
行動が動機を強める唯一の手段です。



庭の植物は常に、
手をかけてくれた人の期待に応えます。
とても正直で、とても律儀です。

田中邸

ccf4aefe


5年後

2599edea

9a50c114

06d980b0

9ebc72ca

7e54a6c8

30e2c0c8

ba6d94f4

67f247a2

b6377abe





君がバラのために失った時間こそが、そのバラを君のかけがえのない存在にしているんだよ。
サン・テグジュペリ 




庭の法則


楽観が花数を増やす。

楽観はアクセルで悲観はブレーキ、どとらも安定走行には欠かせない機能です。
庭に関してはアクセル踏みっぱなしがいいようで、楽観的な人ほど花いっぱいな庭を実現しています。



ふと見ると、三人三様の表情。
 彼らもいろんな思いで暮らしているのでしょう。

DSC05490

最近は仕事仕事でおさびし山に行けていません。

d7ec89d4-s

そろそろ春の息吹を注入せねば。

DSC07462

散歩が嫌いなミーは、
庭で留守番ですが。

80400810





ところが興味深いことに、根っから楽観的というタイプの人は、さほど庭に興味を示さない傾向にあるんですよね。これはつまり、たぶん、庭は悲観から楽観へと向かうハンドルなのではないかと思うわけです。
ぼくのように日々悲観をモグラ叩きしている皆様、心の疲労を感じたら庭に出て、ウィンカーを楽観方向へ。



 

庭の言霊

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。



春が加速を始めました。
菜の花は今か今かと蝶の羽化を待っています。


DSC04484

DSC02415

DSC02416

DSC02418



この頃は夜明けが早くなったので、庭に出た途端に気分上々。
2週間後にはユキヤナギが、その翌週にはモクレンが、その後数日でソメイヨシノが咲き出します。
そのスピードに置いて行かれないように、アクセル踏み気味で。





「枕草子(メモ書きの備忘録)」

春は夜明けの頃がすばらしい。山際がだんだんと白くなってきて、ほんのりと明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている様子はいいものですね。
夏は夜がすばらしい。月が出ていればなおさらのこと、月の無い闇夜でもたくさんの蛍が飛び交っていたり、また一つ二つの蛍がほのかに光って飛んでいくのもいいし、雨もまた。
秋は夕暮れが素晴らしい。夕陽が差してきて今にも山の境に沈もうとする頃、寝所へと向かう鳥が三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐのも味わいがあります。
冬は早朝がいい。雪が降った時は言うまでもありません。霜がとても白いのも、またそうでなくても、寒い時に火など急いで起こして、炭を持って廊下を通っていくのも。

今から千年前、高級官僚のお嬢様だった清 少納言は、とても優雅に、「庭のある暮らし」を楽しんでいました。


 
記事検索
ギャラリー
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 秋に聴きたい美しき曲
  • 秋に聴きたい美しき曲
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 献杯 or 乾杯
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 山越える
  • 山越える
  • 山越える
  • 山越える
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • GRACELAND
  • GRACELAND
  • GRACELAND
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ