2017年04月

ガーデンセラピー 138

『エクスキューズを封印する』

毎日何組かのご夫婦が店を遠巻きにしながら、結構大きなボリュームで、うちの庭は狭いからね、そりゃあお金があったらね、蚊がいるから無理無理、老後の楽しみにしようか、子どもたちが小さい頃は庭も楽しかったけど、どうせ手入れはしないし枯らしちゃうでしょ、などなどと話して去ってゆきます。



仕事柄なのか、カメラを持ち歩いているからか、
あるいは自然豊かな地で生まれ育ったおかげか、
ぼくには人並み以上に花の声が聞こえるようです。
タオイスト坂村真民は
「花は嘆かずに、ただひたすらに咲いている」と言っていますが、
確かに、生育過程で
ああだこうだと言い過ぎる花は、
盛大に咲けないまま終わる傾向があります。

DSC03021

DSC02841

横浜に来て最初に住んだマンションの前のゲンペイモモが
今年も見事に咲きました。
年に一度の雄弁な姿。



ふふっ、試しにその口を閉じてみなさい。いとも簡単に、奇跡に次ぐ奇跡が起こるから。



DSC030262

DSC03025


 
身体は食べたものでつくられ、心は聞いた言葉でつくられ、未来は発した言葉でつくられます。



DSC02847

DSC02976



口を衝いて出る「できない理由」は強烈な願望の裏返し。「やらない言い訳」は願望達成方法の裏返し。
そのカードをひっくり返さない手はありません。






 

庭のことだま

人は草原のトムソンガゼルではない。森の木々に隠れて暮らす猿なのだ。

使われていない庭、雑草取りばかりしている庭は「平面的な地面」と認識されていることが多いものです。
そこを「立体的な生活空間」にするかがぼくの通常業務のひとつ。例えば庭の中央に「この木なんの木」が植わっていたら、その木陰で過ごしたくなりますよね。
のっぺりとした庭を、あの手この手で。



樋口邸 Before

樋口邸Before


After

樋口邸After



藤原邸 Before

藤原邸Before


After

藤原邸After



栗原邸 Before

栗原邸Before


After

栗原邸After



高橋邸 Before

高橋邸Before


After

高橋邸After

 



人はとかく二次元で思考するが、天使は立体的に思考する。
アントニ・ガウディー 

行き詰まったらニューロンの組み方を3Dにしてみてください。
「アクシデントは進路変更を促すメッセージである」とか、「いわれなき批判は幸運の前兆である」とか、「強いられる苦労の先には奇跡が待ち構えている」とか、「別れはより素晴らしい出会いの準備なのだ」とか。
アクシデントも批判も苦労も別れも、立体思考で捉えればさほど落ち込むことはなくなります。 





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

「自分大好き」が開花の条件。

評価などおかまいなしに、ひたすら思うまま筆を走らせたアンリ・ルソーの才能は、パブロ・ピカソによって見出されました。
ピカソの才能は、ピカソ自身によって見出されました。
自己肯定感が揺らいでいると、なかなか花開くことはできないものです。



小さく地味な花なのに
自信満々なユキヤナギ。

 
DSC02642

DSC04066

DSC04021

DSC04050








庭のことだま

我が世の春。


Almost heaven.

DSC04485

DSC02856

DSC04450

DSC05008

DSC029992

DSC03062



風も日差しも文句なし。どこもかしこも花だらけで、情熱を込める仕事まである。
おまけに冷蔵庫にはビールが冷えている。
どうしても顔がゆるゆるに笑ってしまうここ数日。
ゴージャスな我が世の春を謳歌しながら、今日も思いの丈を込めて「家族の庭」を思い描きます。





今日は「レノンの庭」にいます。
 



庭のことだま

野に遊べ。

都会での子育ては空き地や野原が不足気味。庭を有効に使って、生態系や自然のあれこれを体感させてあげてください。
虫と花の関係、天候や季節の変化、植物の成長など、そこはインスピレーションの宝庫です。 



DSC025652

DSC01173

DSC02694

DSC06238

8d34da7c

DSC06887

a930cb4b

130aaf9b





すっかり暖かくなって、大人の遊び心も活性化してきました。
昨日は早朝から昼まで打ち合わせで横須賀へ行き、午後は港南台店で設計。芝生の張り方やバラの植え替え方法、レンガを積む際のモルタルの調合、
コンポストの使い方、BBQ炉の作り方、モグラ対策、庭に野良猫が寄り付かない秘策はないか、などの問い合わせが次々と。設計は進まなかったもののとても楽しい時間を過ごしました。
ちなみに、猫が寄り付かない秘策は「庭で犬を飼うか、餌付けをして家猫として飼う」とお答えしました。

今日は「港南台店」にいます。





 

ガーデンセラピー 137

『庭を浴びる』

部屋から眺めているのと、そこに出て過ごすのとでは庭の感じ方は全く違うものです。



94896e20

23f0ecb7



庭を浴びると全身のミトコンドリアが活気付く。



DSC04272

DSC04560



そこに降る光は太陽からの贈り物。吹く風は地球を隅々まで渡ってきた空気。見上げる空は紛れもなく宇宙空間。植物は地球と最も相性良く繁栄してきた生命群。



DSC07042

DSC05685



人類は旧人類までさかのぼれば50万年の歴史があり、つい50年前までは毎日自然を浴びながら暮らしてきました。



DSC00222

DSC00232



ぼくは朝晩必ず、庭でピテカントロプス的に時を過ごしています。





 

庭のことだま

・・・・クリープを入れないコーヒーみたいなもの。

孔子様は言いました。庭に詳しい人よりも、庭が好きな人の方が幸せ。庭が好きな人よりも、庭を楽しんでいる人の方が幸せ。



3d36e438

d957650a



せっかく庭があるんだから、花をいっぱい咲かせて、野菜を育てて、BBQ炉と燻製器とダッチオーブンを揃えて、椅子とテーブルとハンモックも設置して、寝落ちするまで本が読めるように照明器具も用意して。
可能ならプールや露天風呂も。



f96f4725

cf6e2f0e



住宅地を歩いていると、片っ端からピンポンを押してアドバイスの押し売りをしたくなるのです。



a65229c5

23206f86



幸せな家庭は座席数が決まっている相対的なものなのか、あるいは数に制約がなく自分次第な絶対的なものなのか、いずれにしても一つ明らかなことがあります。「美しく楽しく感動的な庭空間を実現している人は、例外なく幸せな暮らしを送っている」ということです。
庭を眺めるだけの場所にしておくなんて・・・。 庭ですよ庭、いい庭があれば人生は大丈夫。何が起ころうと、庭が健康なら心は健康でいられます。
いつも自然と同期していて、家族への思いを胸に手入れをしていて、自分の夢が色あせないために花を植え続け、庭に出て来し方と現在地と行く末を思い、季節を察知しては一歩先へと歩を進める暮らし。庭を楽しむことは、他のどんな工夫や努力よりも早く確実に幸せへと至るのです。






 

家族の庭のつくり方 73

花がらを摘む

咲き終えた花をちぎる作業を「花がら摘み」と言います。



4ac3681d

DSC029182

008b9786



手をかければ応えてくれる。



DSC029092

ff49a399

bdce2099



摘んだ箇所からいくつかの新たな花芽が出て、どんどん花数が増してゆきます。




 

庭のことだま

春は順調にはかどっている。

次々に咲くその勢いにつられて歩みも早くなるのです。スピードが上がるとひたいに来る風が
気持ちよく、どんより複雑系の前頭葉がスッキリと整理整頓されて、いい感じいい感じ。この調子でゴールデンウィークの相談会まで突っ走ります。
花のペースに乗せられて、春はハイスペックいわふちに。



DSC02743

DSC02795

DSC028012

DSC02809

DSC02788

DSC02806





今日は「レノンの庭」にいます。



 
 

庭のことだま

恵みの雨。

春の雨は、新芽をくるむ産着のようなやわらかさ。



小雨交じりの開花宣言から低温の日が続き、
ようやく満開になったと思ったら
土曜日曜とまたもや雨。

DSC02961

こんな年はめずらしいですよね。

DSC029662

ここのところ加速を続けているぼくとしては、
「ちょっと潤いなさい」という
メッセージと解釈することにし、
昨日はショパンの右手キラキラ音と
シトシトの雨音を楽しみながら、
ゆったり気分で設計に入りました。



ゆるゆるとやるつもりが
すぐに心地よくペースが上がっていって、
気がつけば雨上がりの夕方。
充実の時間でした。

DSC02969

越後ではそろそろ苗代の支度が始まります。

DSC029602

農道沿いにふきのとうが並ぶ頃。

DSC02965

故郷の記憶はありがたし。
越後三山、魚野川、
濡れて透けた花びらの色で
魚沼の雪解けを思い出しました。

DSC04270

あと半月ほどで、
でっかいダンボールで山菜が届きます。



 
 

H!nt de Pinto 117

ノリノリな人っていますよね、いつもエネルギッシュに、次々と新しいことにチャレンジしながらクリアしてゆく人。ぼくもそうでありたいなあと思うわけです。

足踏みしていたら進まないのは当たり前。



春本番。
ぼくと一緒に
あなたの理想の庭を思い描きましょう。

DSC02730

庭に関しては理想の高さが勝負。
満点の庭をイメージできたら、
あとはオートマチックにそれが現実化してゆきます。
とても不思議な現象ですが、本当です。

イメージ段階で「そこそこでいいや」と思ったら、
そこそこにさえたどり着けない。
これも本当です。




軽やかに踏み出す人は「失敗したって大したことじゃない。成功しようが失敗しようがまた次へと進むのだから」と思っています。
その都度の結果よりも、意識は到達距離。制限時間内にどこまでたどり着けるか。 





今日は「レノンの庭」にいます。





 

 
記事検索
ギャラリー
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Holidays
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • Overjoyed
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • ポール・セローの言葉
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • My Girl
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • ジューンベリー咲く
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • グレースランド通信 春爛漫号
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • スカイフック
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 花桃
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • ユキヤナギ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • ワクワクの威力
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 雑草曼陀羅
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • 郷愁サプリメント
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • フォークソング世代
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 逢いたい
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 枝変わり
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 悠久の花
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • ひな祭りパーティーだよ
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • 春の嵐
  • カワヅザクラ
  • カワヅザクラ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ