2017年05月

庭のことだま

トパース色の風。






この曲、別れの詩だということはわかってもどうも難解な、なんで卒業なのに梅雨なんだとか、この切なさよりも幸福感が大きい別れのシチュエーションていったい・・・ と引っかかっていました。
じつはこれ、娘を嫁がせる父親の心境なんだという説がありまして、そう思って聴いたらとても納得。そしてとてもとても、とても・・・・。

娘は一週間後に嫁ぐそうな。
いやはや。



久しぶりの四季の森公園。
強い日差しと湿った空気と
森から吹く涼風のハーモニー。


DSC04748

DSC04763
 
DSC04793

DSC04811

DSC04909

DSC04927

DSC04928

DSC04871
 




今日は「港南台店」にいます。



 

庭のことだま

枯らさないコツは植えないこと。

「どうせ枯らしてしまうから花は植えません」という声をこれまで数百回聞いてきました。
そのロジックだと花よりもその人の生存が危ぶまれるのですが。

疲れないコツは頑張らないこと。
傷つかないコツは信じないこと。
悲しまないコツは愛さないこと。



「レノンの庭」のオリーブが咲きました。

DSC04665

ほとんど気づかれることのない地味な花。

DSC04566

だからこそ愛おしく思えます。

DSC04569

どうかいい花粉に恵まれ結実しますように。

DSC04563
 



追伸
太らないコツは食べないこと。 





今日は「レノンの庭」にいます。




 

庭のことだま

恋は遠い日の花火ではない。

カメラを覗いていると、しばしば花と昆虫が人の姿に見えてきます。
誘惑される側とされる側、どちらも恋に浮かされているように見えます。
そこにあるのはすでに駆け引きを超えた熱。
神様はつくづくすごいシステムをおつくりになりました。



e49eb506-s

18c9991f
 
9fb341a4

61eaa055-s

a86c2c74

20e3befe





今日は久しぶりに「金沢文庫店」。八景島からの風を店に入れながら恋する庭に没頭します。



BGMは Stuff で。



リチャード・ティーのフェンダーローズは
梅雨入り間近の風の音。

 




 

「レノンの庭」の相談会

相対的に捉えるならいつの世も幸せの指定席はたった数%、並はずれた才能と運と努力で勝ち取るもの。
しかしそれは主体的に捉えればいとも簡単に手に入る。
どの時代にも、主体となって幸せへと向かう人の割合が数%なのかもしれません。



チラシ2017春四季の森2



庭を呆然と見つめている時、あなたの思考のプラグは外れて宙に揺れています。ぼくがそれをあなたの主体に繋ぎます。
ユリゲラーによって長く止まったままだった秒針が動き出すように、横たわっていたアトムが充電を終えて目覚めるように、すっかり煤けて打ち捨ててあった焼け木杭に再び恋の炎が灯るように、庭が息づきはじめます。



098e95c6-s



庭から始まる幸せがある。あるいは庭ごときはさっさと理想の空間にして、その先に広がってゆくもの。
百歩譲って、あなたの幸福な人生のレシピに1mgでも庭が隠し味になりますように。せめて、せめて、せめてカーテンを開けて暮らせますように。



2016秋相談会港南台裏3



相対的に捉えるならいつの世も幸せな庭はたった数%、並はずれた才能と運と努力で勝ち取るもの。
しかしそれは主体的に捉えればいとも簡単に手に入る。
宙ぶらりんのそのプラグを、ぼくがあの手この手であなたの主体へと差し込みます。
ユリゲラーによって長く止まったままだった秒針が動き出すように、横たわっていたアトムが充電を終えて目覚めるように、すっかり煤けて打ち捨ててあった焼け木杭に再び恋の炎が灯るように、庭が息づきはじめます。
そこから始まるのは理想の庭がある暮らし。それは百歩譲ったところで全く揺らぐことのない幸せな日々。



チラシ2017春四季の森3



あなたに会えることを楽しみにしています。
夏が来る前に、カーテンを開け放って、ガラスの曇りを拭き取って、あなたの意識空間が庭へと広がりますように。
季節を感じ取っては先回りをして、家族に笑顔のトラップを仕掛けることが生きがいとなりますように。
いつも幸せへと向かう流星の主体となってきらめきますように。
その果てない夢がちゃんと終わりますように。
あなたと好きな人が百年続きますように。
心から、心から。 

では今日もはりきって、スタート。





 

庭のことだま

春から夏へ、庭は歌舞伎の回り舞台。

大団円のバラたちに拍手喝采の雨音。大向うからの声も絶え間なし。
横浜、2017年5月26日の朝はドラマティック・レインでした。



おもだかや!(猿之助)
DSC044322

なりこまや!(芝翫)
DSC04441

やまとや!(玉三郎)
DSC04485

なかむらや!(勘九郎)
DSC04477

まつしまや!(仁左衛門)
DSC044672

たかしまや!(左團次)
 DSC044842

なりたや!(海老蔵)
DSC04472

たちばなや!(中車)
DSC04521

こうらいや!(幸四郎)
DSC044972

すでに次の役者は袖に控えて準備万端。

三代目勘太郎

DSC04431

寺嶋眞秀
DSC04507





「レノンの庭」の相談会、
今日と明日です。


チラシ2017春四季の森2
DSC04064
チラシ2017春四季の森3
DSC04157
チラシ2017春四季の森1

ぼくと一緒に
劇的な庭を思い描きましょう。









中村屋!




 

庭のことだま

美が幸運を招く、というシステム。



DSC05148



幸運な者たちによって自然界のバランスは維持されています。
自然と調和しながら生存するために、心身に磨きをかけましょう。





明日明後日、
「レノンの庭」で相談会を開催します。

チラシ2017春四季の森2
DSC04021
チラシ2017春四季の森3
DSC04310
チラシ2017春四季の森1

美意識とは人生観のこと。
ぼくと一緒に
あなたの美しい庭を思い描きましょう。
どうせなら、感動で泣けるほど美しい庭を。
言うなればソフィー・マルソーのような庭を。

午後は混雑が予想されますので
できれば午前中に。
朝8時からスタンバイしています。 





 

後藤さんちのオープンガーデン その3

女房が何かの課題にぶち当たって、ひっくり返ったカメみたいになっている時に「〇〇さんだったらどうするか考えてみたら」と言うことがあります。



DSC04247

DSC04262

DSC04212



〇〇さんは三人いて、ぼくの女神様的な方と、ぼくらが尊敬してやまない菩薩様と、そしてこの庭で毎年感動させてくださる後藤さんの奥様です。



DSC04217

DSC04019

DSC04328



「〇〇さんならどう捉え、どう考え、どう判断して、どのような行動をとるだろう」というロジックはとても大事。人は窮地に立った途端に自分を見失って的確な判断ができなくなってしまいますから、自分が憧れ尊敬している人ならどうするだろうかという思考回路に切り替えるわけです。



DSC04261

DSC04277

DSC04363



賢者に倣えばそのフィールドに近づいていける。ピンチの時こそそのチャンス。



DSC04016

DSC04017

DSC03985



「学ぶ」の語源は「真似る」だと言いますし、何の分野であれ、修行はひたすら師匠のコピーをすることが基本ですから。



DSC04295

DSC04270

DSC04318



で、ぼくはどうしているかというと、その三人の女性を輝かせているそれぞれの旦那様ならどうするだろうかと考えるようにしています。



DSC04371

DSC04361

DSC04015



後藤さん、今年も感動をありがとうございました。



DSC04326

DSC04267

DSC04369



例年にも増して庭に力強さを感じ、存分にエナジーチャージさせていただき、これで一気に夏を駆け抜けることができます。



DSC04287

DSC03987

DSC04323



庭に元気付けられながら庭を思い描く日々に、いい具合に拍車がかかりました。



DSC04378

DSC04379

DSC04386



庭ですよ庭、花いっぱいの庭があれば人生は上々。





今日は「港南台店」にいます。



 

後藤さんちのオープンガーデン その2

後藤さんとお会いするたびに、とてもいい刺激を頂戴しています。



DSC04324

DSC04338

DSC04013

DSC04260

DSC04278

DSC04253

DSC04297

DSC04272

DSC04325

DSC04303

DSC04329

DSC04245

DSC04292



エネルギー値の高さ、好奇心と探究心の強さ、立ち止まることのない行動力。
それらをフルに使って、ひたすら「楽しさ」を実現させてゆく暮らしぶりに打たれます。



DSC04280

DSC03975

DSC03963

DSC04367

DSC04337

DSC04284

DSC04249

DSC04312

DSC04320

DSC04005

DSC04364

DSC04354



庭は人を映し出す。
さて、わが家の庭は・・・。







 

後藤さんちのオープンガーデン その1

今年も見事に咲きました。



DSC04222

DSC04334

DSC04230

DSC04336

DSC04221

DSC04237

DSC04307

DSC04239

DSC04339

DSC04340

DSC04298

DSC04304

DSC04300

DSC04269

DSC04218

DSC04289

DSC04346

DSC04258

DSC03986

DSC04355

DSC04362
DSC04276

DSC04362


DSC04332

DSC04311

DSC04282



シャッターを押すのが止まらず大量に撮影したので、明日も引き続き。

行ってみたい方は 045-834-3069(グレースランド)まで。





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

涼。

水辺が気持ちいい季節になりました。
忙中閑あり。仕事前に、カメラを抱えて近所のせせらぎコースをひと巡り。



DSC03559

DSC03607

DSC036272

DSC036242

DSC03638

DSC036542

DSC03572

DSC03563

アメンボウも活動開始。




 
今日は「港南台店」にいます。



 

庭のことだま

無為な時間に根が伸びる。

幼少期には無邪気にはしゃぎ駆け回る時間、少年少女になったら友だちとの他愛のない時間、思春期には考えすぎて頭がぼーっとしてしまう時間、青年になったら馬鹿みたいな夢に心躍らせる時間、社会人になったら非生産的な趣味に没頭する時間、中年になったら・・・、熟年になったら・・・、おじいさんおばあさんになったら・・・。
思い出の曲をBGMに、庭の夜風でめくれるページを押さえる瞬間に、ふらふらと遠回りしてきたことが大正解だったと思えるのです。
だから明日も、脇道、寄り道、回り道で。



バラに呼ばれる寄り道が止まりません。

DSC04055

人の行く、裏に道あり花の山。

DSC04064

大人たちの言葉に従って
教科書通りに歩んでいたとしたら、
バラの季節は
春から夏へと移り行く
ただの風景でしかなかったのではないかと。

DSC04178

すんなり進めないほど増して行く受信機能。

DSC04153

根の成長は、
世の中的には不器用と言われる者に顕著なもの。

DSC04172

間違いないのは、
この花にロマンを感じて交配を命じた者も、
その作業に命をかけた者たちも、
異端の者だったということ。

DSC040992

歴史上、
バランスのとれた優等生的変革者は
一人も存在していないのです。

DSC04070

もしもあなたがバラに感動するなら、
油断すると泣けてしまうなら、
チェ・ゲバラ。

DSC04151

あるいは膨大な実験的試みを積み重ねて、
ついにぼくらが音楽と呼ぶ世界を築き上げた
ヨハン・セバスチャンに匹敵する。



何れにしても
生きづらさの正体は生き甲斐の扉。

DSC04081

まっすぐに進めない
その性質を嘆くことなかれ。

DSC040612

異端の者たちよ、
大いに無為な時間を過ごそうではないか。





今日は「港南台店」にいます。





 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ