2017年09月

世紀のデスマッチ

ロケットマン vs トランプマンの金網デスマッチというのはどうだろう、と唐突に降ってきたアイデアが止まらなくなり、果てしなく広がり、お得意の妄想世界において、その猪木 vs アリ戦以来のビッグイベントのポスターまで刷り上がってしまった。



今年も楽しませていただきました。

DSC09124



12月24日、PM 7:00 ゴング。決戦の地は格闘技の聖地である後楽園ホール(あまり大きな会場だと観客同士のいざこざが暴動化する恐れがあるので)。もちろんシングルマッチでセコンドはつかないこととする。レフリーはユセフ・トルコかジョー樋口か山本小鉄。もしも両選手の了承が得られなければ、ロシアの柔道家にして政治家もやっている、強面のウラジーミルを招聘すれば文句はあるまい。全席指定でリングサイド席の料金は10億。座席はいつも通りのパイプ椅子だが、各国要人と大富豪が集結するだろうから上等なシャンパンはつく。ただしディナーショーではないし、ケータリングもない。相当に残酷な、あるいはとてつもなく滑稽な試合が予想されるので、吹き出してタキシードやドレスを汚さないための配慮なのだ。



DSC08920



この世紀の一戦の放映料はフランスの国家予算程度にはなる。それを、仮にロケットマンが敗れた場合の人民の救済に当てればいい。トランプマンが負けた場合は誰も困らないし、さしたる混乱も起こらないだろうし、もしかしたらその日が「合衆国が知性を取り戻した日」という祝日になるかもしれないし、反トランプのスピーチで涙したガガのストレスが消えて難病から回復できるかもしれないしと、いいことだらけだから問題はないだろう。



DSC08705



古来より、猿はそのようにして群れを維持してきた。間違っても敵対する群れの女子供を怯えさせたり危害を加えることなどせずに、ボス同士の対マンで決着をつけてきた。小学生レベルのなじり合い、威嚇の応酬などというやり口は猿以下の、正確に言えば猿の中で最低のみっともない行いである。



DSC08894



(両選手の言を借りて)チビで無能な若造と、口汚い老いぼれの実力は五分と見た。凶器はプロレス黄金期の慣わしを踏襲してフォークと栓抜きまでとするが、演出上の配慮からイチゴシロップの毒霧は可。
さあさあご両人、両手のすべての指が折れるまで殴り合うがいい。足腰立たなくなるまで蹴り続けるがいい。デスマッチなのだから、徹底的に、息の根が止まるまで、人民のプライドか両者共通の深刻なオイディプスコンプレックかわからないが、政治的、社会的にはムで始まりダで終わる、あるいはアで始まりホで終わる、難しい日本語で表現するとクルクルパーな威信にかけて、徹底的に戦い抜くのだ。



DSC08773



どんな試合展開になろうと、どっちが勝とうと、結果として双方共に核のスイッチを押すことができなくなるし、その必要もなくなり、数万人か数十万人の清らなかにして正常な命が、たった二人の変わった髪型の変人によって奪われるという喜劇のような悲劇を回避できる。



DSC09131



そして試合の翌朝はクリスマス。世界中のサンタクロースによって届られたプレゼントで何億人もの子供たちが笑顔になって、家族も笑顔になって、地球は穏やかな幸せの光で何ルクスか明るくなることだろう。
めでたしめでたし。



DSC08940

曼珠沙華が地上に現れるのは
ほんの二週間ほどで、
葉っぱも持たない彼らは咲き終えたら
跡形もなく消えてしまいます。
一年のうち350日を地中で過ごす、
花というより地底生物なのです。
もしも戦争が起こって人類が絶滅しても
全く意に介さずに、突然現れては咲き、
二週間で消えることを毎年繰り返すことでしょう。
それはそれで、平和な秋の風景です。





今日は「港南台店」にいます。




 
 

庭のつれづれ

明日に向かって食え!

ここ一年ほど、腸内フローラのガーデニングを意識して、野菜と各種発酵食品とキノコ類と海藻を食べるよう心がけています。あまりストイックになるのもストレスになるので、時々は外食で、とんでもなく悪そうなものも食べるようにしています。
どちらもとてもおいしい。
おいしいと感じる時に腸内でセロトニン(幸せホルモン)が産生されるそうな。



ええか、生きるために食べるんやで。食べるために生きたらあかんよ。
ソクラテス
 


セセリチョウ御一行様、キバナコスモスの宴。
 
DSC09076

夢中で食事をしている姿は
見ているだけで栄養補給できる気がします。

DSC09083
 
家から子どもたちがいなくなり、
ガツガツ食う姿を見ることがなくなりました。

DSC09093

まあ、自分は毎食ガツガツ食っていますが。

DSC09101

そろそろ故郷から新米が届く頃。

DSC09107

炊きたてのコシヒカリと野沢菜 、
考えただけでセロトニンとよだれが吹き出します。

 



 

庭のつれづれ

上を向いてから歩こう。

見上げた瞬間に吹く風の清らかさ。
思わず深呼吸をして秋を体内に取り込む。 
おっ、稲刈りシーズン限定の草の香りがした。ふるさとの香りだ。



この時期、ススキと空は呼応する。

DSC08975

空気と光の具合の良さに、何の不満も浮かばない。

DSC01691

しいて言えば空腹止まぬ腹具合。

DSC08999

三幸苑(金沢文庫)のタンメンを、つい「大盛りで!」と。

DSC08979

ついつい「半餃子も」と。

DSC09336

いい季節です。



一年中同じような手順で仕事をしているわけですが、春から初夏と秋の今頃は格別に充実感の高まりを感じます。出会う人出会う人が一生の友人となるような方ばかりで、庭の提案もいつもの自画自賛を通り越して、皆さんが興奮気味に、感動的によろこんでくださいます。
気候がいいと、何もかもがいい具合に転がる気がします。この調子この調子。今日から着手する新たな庭の構想は、ついさっきまで見ていた夢の中で既に完成していて、あとはそれを線で描くだけ。好調な時は何をやるんでも余裕のよっちゃん。
設計完了までこの感じを保っていたいので、もう一度空を見上げて、入念に深呼吸をしてから出かけます。
上を向いてから歩こう。







 

庭のつれづれ

雑草取りや芝刈りが幸せに感じる時、あなたは正真正銘の幸せの中にあるのです。

初孫誕生から3週間が経過し、両家のお婆さんはわが世の春を楽しみまくって、あれやこれやと世話を焼いている様子。爺さんには全くお声がかからず出る幕もなく、時々空を見上げては気合を入れて仕事に集中する日々が続いています。
うちの婆さんの報告によれば「美空ちゃんは元気だけど詩織は目の下にクマつくってた。ガハハハ・・・・」 とのこと。
女子はいいなあ、ぼくも参加したいなあと思いながらも、新たな命に刺激されてか、子育て中や介護中や、新婚さんや、熟年を迎え庭をきっかけに自らのさらなる成長を遂げようと思い立った人たちからの依頼に、なんだかとても心地よく燃えていて、「まあ出しゃばることもないか。今のところは元気なお婆さんたちに頑張ってもらって、わしは全力で仕事をするぞなもし」と自分に都合よく決着をつけて設計に没頭しています。

人生に何度かある幸せな苦労を、娘よ、思う存分味わい尽くすのだぞ。その、君史上初であろう寝不足のモウロウも、1分置きにやってくる「生きてるかな?」という心労も、過ぎてみれば夢のごとき、宝石のごとき幸福な一瞬なのだから。
美空ちゃんのことは安心している。見るからに強運な子である。が、しか〜し、どんな美人になっておるのか、進化の過程の写真くらい送ってよこすのは娘としてのお作法であるぞ。まあいい、そんなことは二の次三の次、お婆さんたちのおせっかい合戦も四の次五の次として、新米夫婦の時間を精一杯頑張るのだぞ。
おっと、余計なことを言ってしまって申し訳ない。

父は今頃になって思いもよらなかった感情が噴き出してきて困っている。あ、いや、大したことではないのだが。


人とバッタの脳の大きさは格段に違いますが、
愛情という快感の度合いは変わりないのではないかと。
想像するに、ぼくら人間と違い、
ジェラスもアンビバレンスも
カタストロフィー理論による混沌もない彼らは、

きっと全身全霊で求め合い、
ありったけの命を使って与え合っているのではないかと。
それともうひとつ、確信的に思うことがあります。
ロマンティシズムは脳の大きさに関連する思考ではなく、
生物的にピュアにして基本的な、
「愛情」という、脳内のケミストリーにより発するのだと。

DSC09459

そうじゃなければ、わざわざこんな場所でって、
・・・ねえ。
どれだけロマンティークを求めているのかって話ですよ。
 
 



マリッジブルーという、幸福から発生する反作用のような症状。
それは娘を送り出す父親にもあるのだということは
聞き及んでいたものの、
式の日まで、そしてついこないだまで、
ぼくには一切そういうことがなかったのです。
もうひたすら幸せで、感謝で。
ところがとても意外なことに
孫が生まれた今頃になって、
じわっと、しみじみと、ため息が出る有様でして・・・。




ふとした瞬間に、
それまでさんざん聴いてきた曲の歌詞が
胸に刺さることがあります。
女房と出会い、ついにぼくの前にもヨーコが現れたのだと、
何もかもが眩しく輝いて
目を開けていられないほどだったあの頃、
いつもカーステレオから流れていた
ムーンライダースのこの曲が沁みてきて、
うるんだ Half moon 夜の庭。
これもまた、過ぎてみれば
幸福な笑い話となることはわかってはいるものの。
この気持ち、わかるかな〜、
女子にはわかんねえだろうなあ〜。





今日は「金沢文庫店」にいます。



 

 

家族の庭のつくり方 89

女性脳を活用する

新築の場合、建物は男性主導で出来上がってゆくことが多いのですが、そのまま庭へと移行するとなかなかうまくまとまりません。男性脳だと理詰めになるあまり、整然とするばかりで楽しさに欠ける場所になってしまいがちなのです。



333c6f41

cd1f6c91

8e88d4a7



庭と女性の輝きには相関関係がある。



9f66575b

eb3d9772

cb408a00



打ち合わせをしている時にご主人から奥様へ、「きみの理想の庭がぼくの理想の庭だよ」と言う趣旨の言葉が出ると、そこには確実に素晴らしい庭空間が出現します。





ちなみにぼくは、男性脳で組み立てた理詰めの仮想庭に登場させた女性(主にそのお宅の奥様、時々はソフィー)が、映画のシーンのように輝き出すまで、何度でも理屈をチャラにしシナリオを書き換える作業が常。それを繰り返すうちに、気がつけば設計中は中性的というかジェンダーレスというか。運良く自分の中に多分に存在していた女々しさが、とても役立っています。
ガーデンデザインを生業とするには男性は女性的(感覚的)であること、女性は男性的(論理的)であることが必須。
男勝りな女性、女まさりな男性の皆様、その特性を活かしてガーデンデザイナーとう道もあります。





 

秋の競演

春はジンチョウゲ、秋はキンモクセイが一斉に香り出す日が毎年のお楽しみ。
早朝の庭で「今日だ」と察知し、港南台店近くにある撮影ポイントに行くと、そこは濃厚な香りに包まれていて・・・んっ何か違うような。レンズを通して見上げたらキンモクセイとギンナンの競演。両者の芳香がブレンドされて、まあ、悪くはないけど、微妙な。それが鼻の奥にこびりつき、昨日はいち日その香りに酔いながらの設計作業でした。
キンモクセイの次は柿が色づき、コスモスが勢いづき、ススキとセイタカが争いつつそよぎ、コウテイダリアが天高く咲き、モミジが燃え上がる。そしてヒトは迫り来る冬に備えて脂肪を蓄える。
ここからの二ヶ月、秋は加速してゆきます。



DSC090112

DSC09025

DSC09033

DSC09029

DSC09021

DSC09034

横浜全域で、
まるで LINE で申し合わせたかのように開花するキンモクセイ。
一体全体、どういうシステムになっているのでしょう。
 





今日は「金沢文庫店」にいます。
 




 

庭のつれづれ

雨の日と日曜日は、いつも静かに整うのです。

秋風の誘惑に誘われて設計依頼をしてくださった皆様、どうかゆったりとした気分で、穏やかに、のんびりと仕上がりをお待ちくださいね。ぼくはそんなあなたのすてきな笑顔をイメージしつつ、ひとつひとつの庭をじっくりと、丹念に、思いの丈を込めて描いていきます。
と、設計にとても時間がかかってしまうことの入念な言い訳をしながら、内心「待ちくたびれてしまわないでくださいね」と案じているのです。「秋風?こっちは春風に誘われてお願いしたのにまだですか!」というツッコミが聞こえてきそうですが、「はい、ええ、ええ、ですよね。はい、そのお気持ちはよく、ええええ、おおっそうですか。はい〜どうも申し訳ありま、え、え、え、え、それはもうよおく、はい、はい。鋭意奮闘しておりますのでどうかもうしばらくの、ええ、なーるほどですね、はい、ご辛抱をと、ええ、もちろんですとも。はい、ええええ確かにその通りなんですけど、あ、いや、そういうことではなくてですね、あっ、そういうことなんですけど、はい、どうも、はい、はい」としか返答できないわけでして・・・・
とにかく急ぎます。もちろん丹念に、思いを込めて、ひとつひとつの庭を丁寧に。



晴れてよし、降ってまたよし彼岸花。

DSC08842

開花日に直撃した台風で傷んでしまい
今年はハズレかと思いきや、
平気の平左で
二の手三の手と立ち上がってくる。

DSC08856

ああ、そのしぶとさという美しさよ。

DSC08848

われも行く、心の命ずるままに。

DSC08829

冬が来る前に、
もう一度あの人と、
あの人にも、あの人とも巡り会いたいので。



この状況をアルフレッド・アドラーなら「あんさん、どこまでが自分の問題で、どっからが相手の問題なんかを整理せなあかんよ。課題の分離っちゅうてな、そこいらへんが曖昧になるさかいに追い詰められるんやで。どないに急かされようと気にせんと、あんたはあんたの課題にベストを尽くしなはれ。ええか、商いはスピード勝負やさかい急ぐんは大事やけどな、それで質が落ちてもうたら暖簾に傷がつきまっせ」と言うことでしょう。

アドラーはん、ようわかっとります。焦らず騒がず、小さいことからコツコツと、わてのセオリーに従ごうて、おのれを信じて、強引マイウェイで行きまっさ。 




今日は「港南台店」にいます。
 



庭のつれづれ

口は幸いの元。

愚痴を言えばそのように、不満を並べればそのように、発した言葉に導かれるように暮らしが展開してゆくことの不思議。口は災いの元とはよく言ったものです。
その性質を逆利用すれば、口は幸いの元に。



蜜を求めて飛び回る昆虫たちは、
一様に無口。

DSC09974

それが暮らしのコツのような。

DSC06926

それが愛情表現のコツのような。 

DSC07679

それが家庭円満と
世界が平和であるためのコツのような。

DSC086102

I don't wanna tslk about it, how you broke my heart.

いっそ言葉なんぞは捨ててしまった方がいいと思うのだが、
女房殿よ。

if I stay here just a little bit longer,
if I stay here, won't you listen to my heart,oh my heart.

DSC01560

おっといけねえ、愚痴っちまった。





今日は「港南台店」にいます。
 











 

A面で恋をして

昨日ご来店された方が、ぼくがホームページとブログで設計の手の内を明かしまくっていることを心配してくださいました。「同業者が読んだら技術を盗まれちゃうんじゃないの」と。
数年に渡ってこのブログを覗いてくれているというその方に、ぼくは笑いながら「全く心配いりませんよ」と言い、その理由を次のように解説しました。



あ〜る日突然、
港南台店がハロウィン仕様になっていてびっくり仰天。


DSC08357



明かしているのはLPレコードのA面だけです。つまりはビートルズのアビーロードのようなもので、A面の長いイントロダクションを聴き終えて裏返した面に、その人を幸せな暮らしへと導く理想の庭が出現する仕組み。



DSC08359



とは言ってもB面を出し惜しんでいるわけではなく、そこには言うに言えない感情と感覚の世界があり、それは当然のことながらぼく独自のもの。ぼくとしては、可能であれば両面を盗んで欲しいと思っていて、こういう庭のスタイルに興味を持った同業者には時間を割いて積極的に伝えてきたものの、やはり無理があるようで、B面の楽曲は思想的にか、はたまた宗教的にか、あるいは感性的になのかは定かではありませんが、あまりお気に召さないような顔をしているし(みなさんそれなりの一家言を持って仕事に当たっているわけです)、A面についてもその論旨に対して、年季が入った人ほど半信半疑のことが多い。



DSC08344



お客様と他業種の人は、目からウロコをポロポロ落としながら、時には感動の雫まで落としながら受け取ってくれるんですけどねえ。



DSC08355



でもこれでいいのです。ぼくの野望はいたって順調ということです。
いつの時代でもユーザーにウケて業界にいぶかしがられるという現象は、分野の最先端を走っているか、あるいは前人未到の地を切り拓いていることの証しなのですから。



DSC08354

気分がググッと上がりました。
忙しさに負けることなく、
いつも遊び半分で仕事を楽しんでいるスタッフに、
心から感謝です。



心配してくれたその方は、面白そうな映画の予告編を観たような顔になっていて、ぼくはきっとその作品の主人公になったような顔をしていて、お互いになんだか気分がよくなり話題は国際問題へと転じ、「ミサイルと脳が肥大化してしまった猿、すなわちヒトについての考察」から「猿の惑星」へと転り、さらにさらに「卒業」「明日に向かって撃て!」「いちご白書」「燃えよドラゴン」と、70年代映画談義に花が咲いたのでした。めでたしめでたし。

もしもあなたの意識が庭へと向く日がやってきたら、花咲く庭を舞台にしたシネマティークな人生が思い浮かんだら、まずは Come Togethre から始まるA面をじっくりとお楽しみ下さい。
そして盤をひっくり返す時にはぼくにご連絡を。

お若い皆様、昔のCDは両面から音が出たのですぞ。









今日は「金沢文庫店」にいます。




 

Graceland Style

花を咲かせる。

これでもかこれでもかと花を植え、育ててください。
花の数と幸せは比例します。



いやはや驚きました。
真冬の主役ガーデンシクラメンが
もう売り出されています。
園芸農家の商売熱心、研究熱心さに感服しつつ、
年々販売時期が早まる傾向に、
お客様の季節感がズレはしないかと
少々気がかりではあります。
まあ、季節の先回りはガーデニングの基本なので、
 時流に乗って買いまくりますが。

DSC01440

DSC02844

DSC01985

DSC01427

秋来りなば冬想い、
先々に光を求める者に幸多し。

 


人は花苗を植え世話をしながら、無意識に数ヶ月後の花咲く暮らしをイメージしているものです。
日常の事柄で、他に「幸せな未来を思い描く」という作業はそうそうあるものではありません。
「美しく」と思えばそのように、「楽しく」と思えばそのように、暮らしのベクトルは思い描いた方向へと向く。だから、花の数と幸せは比例するのです。 



2017年9月21日、
花を育てる前向きなあなたへ、
弱音を吐かない強気なあなたへ、
丁寧に時を過ごす真面目なあなたへ、
そして月日を追い抜く自由さを守るあなたへ、
その美しい資質によって
今日も見事に開花しますようにと願いを込めて、
心地よい秋風が渡る朝にふさわしいこの曲を。



Never-never land への航行を続ける帆に、
全ての言葉が Symphony となる
Fantasy の風が吹きますように。
ぼくも必ず咲きますという Kesshin を込めて。





今日は「港南台店」にいます。  



 


庭のつれづれ

暗闇でこそ見えてくる光明。

気が滅入る出来事に見舞われた時、即座に、全力で、感情の瓦礫をどけて論理的対処法を導き出す。ただそれで気分が晴れるわけではない。
ではどうするか。
夜の庭に出て、気分よりも深い闇の空間に身を置くのです。
明暗とは対比ですから。



光と陰のコントラスト。
白から黒へのグラデーション。
あらゆるものは、色という感情を取り除くと
本質の美が残ります。

DSC080542

DSC081922

DSC08095

DSC06858


例えばテレフォン人生相談の効用。
ああ、ぼくより辛い人がいる。
ぼく以上に愚かな人がいる。
迷路に迷い込みもがいている人がいる。
なんとか立ち上がろうと踏ん張っている人がいる。
そう思うと、
とりあえず「頑張ろう!」という気になります。



これは一昨日放送の神回。
加藤諦三氏、渾身の回答に聞き入りました。

78歳のこの女性は
ゴミ出しをするように、
洗濯をするように、
ただ日課となっている愚痴を言って
「大変でしたねえ。でももう忘れてしまいなさいよ」と
慰めて欲しかっただけなのに、
加藤心理学の根幹である「隠された敵意」を
踏んづけちゃったもんだから、
えらいことになってしまいました。
予想外の展開に茫然自失で「はい、はい」と返事をしていますが、
果たしてどこまでアドバイスの意味が通じたやら・・・

せめて庭の花に意識が行くような、
そんな時間を送ってほしいものです。
もしもぼくならひと通り聞き役になった後で、
家族や友人と時を過ごせる庭を提案するのですが。
あるいはひとり夜の庭で来し方を振り返り、
自分の人生を解き明かすことができる特別席を。
果たしてどこまで提案の意味が通じるかはわかりませんが。

若きフロイディストだった加藤諦三は、
早稲田の教授時代に、革命に燃える学生たち、並びに
ガチガチの保守である他の教授陣との激しい闘争の後に、
自らの苦悩の人生を経て
(一切公表していませんが、相当に辛い家庭生活だったようです)、
依存的敵意、ナルシシスト、劣等感、自己の投影などを柱とした
実践的な心理学で、
多くの悩める人に光明を与えている社会学者です。

もしも何かに悩み、壁にぶち当たって
自力では二進も三進もいかなくなったら、
加藤諦三の本を開いてください。
どの著作でも、どのページでもかまいません。
本流であれ支流であれ、
そこにある加藤テイストの水を喉を鳴らして飲み干せば、
大概の苦悩からは解放されることでしょう。

「困った時の加藤諦三」と、
記憶中枢の棚の隅っこに置いといてください。
その隣には、「庭のことならいわふち」ということも。
もしもあなたの人生に庭が必要な場面が来たら、
必ずぼくに声をかけてくださいね。



おまけ。
加藤諦三の言葉を並べます。

人はあなたの意識に反応するのではなく、無意識に反応するのです。

愚痴や惨めさの誇示は憎しみの表現。
 

困難には正面から向き合うこと。逃げると問題は大きくなるばかり。

病んだ集団は一番優しい人を犠牲にしてその集団を維持します。家庭においてはしばしば子どもが犠牲となります。

憎しみに囚われた時に人は生き方を間違える。

甘えの欲求が満たされずに育つと不機嫌な人生を送ります。

いじめられた時は戦うこと。

愚かな者は自然淘汰される。

周りにどういう人がいるかでその人がわかります。

愛されるより愛すること。

あなたが認めたくないことから逃げないこと。それを認めることですべては解決します。

最後に中2の秋に読んだ「愛すること」の中にあったこれを。ぼくの人生をこのような風変わりで幸せなものにした言葉です。

いつも自分を高い壁の向こうに投げ入れよ。そこはお花畑かもしれないし断崖絶壁かもしれないが、それが自己変革なのだ。





今日は「港南台店」にいます。
 







 
 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 庭のつれづれ
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ