2018年12月

Graceland Style

見せ場をつくる。

広い庭なら園路を進むにつれて場面が変わり、その幕ごとに目が釘付けとなる一点を仕掛けておく。狭めの庭なら上下左右、それぞれ見る方向に見せ場をつくる。部屋から眺める庭なら窓枠を額縁に見立てて絵になるように、主役の木や花や置物を黄金分割の線上に配置する。
あなたはその庭の戯作者であり演出家であり画家なのです。
感動を生む表現活動を展開してゆくのにふさわしい舞台、あるいはカンヴァスのご用命をお待ちしています。



フォーカルポイント(視線を釘付けにする一点)

31f6010e

4b4b88f4

4b049139

a02c7864



エラ・フィッツジェラルド。
幼少期から晩年まで、苦難の波が押し寄せました。
でも彼女には歌があった。



神様、あの試練が、
もしかして彼女の人生のフォーカルポイントである
歌うことに、
世界中の孤独な師走を送っている男たちを癒し、
励まし、導く母親のような温もりを生み出そうと、
そういう目論見でお与えになったものだとするなら、
神様、主よ、ナザレの偉大な預言者よ、
あなたがその帳尻を合わせるに足る喜びを、
苦悩と寂しさと、埋めても埋めても
底が抜けて空っぽになる現実を楽屋に打ち捨てて、
たまたまの幸運に満ち足りながら、
悲哀をつまみに一杯やろうと集まった
酔っ払いの前で熱唱する彼女に、
しっかりと、きっちりと、
存分な利息付きでもたらしたことを信じます。
アーメン。
エラママ、ありがとう。
ぼくは中二の冬にレコード屋であなたに出会い、
年に何度かまたあなたに会いたくなって、
その都度、丁寧に針を下ろしてきました。
でもあなたは、きっと毎日ぼくに歌いかけてくれていた、
そんな気がするのです。
おかげで今夜もすてきな明日を夢見ながら
庭で月を見上げる時間を過ごせています。
ママ、そちらの暮らしはいかがでしょう。

Jesus, Joy of Man's Desiring.

おやすみなさい。
そして、少し早いけど
メリークリスマス&ハッピー・ニューイヤー。




 

ガーデンセラピー

奇跡の軌跡

スピリチュアルな世界にいるお客様から「庭にやってくる昆虫はね、わたしたちを見護ってくれている御先祖様が励ましに来てくれた姿なのよ」と教えていただきました。



藤沢の枯野にひと房だけ菜の花が。
早すぎる奇跡の開花は、
虫たちへのひと足早いクリスマスプレゼント。

DSC07148



現在は、過去から託された時間。



DSC07147 2



それ以来、蝶や蜂を見るたびに神妙な気持ちになり「ありがとうございます。頑張ります」と。



DSC07155



奇跡の星の奇跡の時間には数多輪廻のトルネードの軌跡が。いつか子供たちを、孫の美空を、暑さ寒さと闘いながらわがチームが生み出した庭で懸命に、賢明に暮らしを営む人たちを、羽を得た天使となって見護る側になる日までこの習慣は続けます。



DSC07143 2



おお、今日は朝から何と神聖にしてロマンティークなことか。今年ぼくを幾度となくすくい上げてくださった日本武尊の思し召しか、はたまた大イベントの下見で空を駆け巡る聖ニコラウスが立ち寄ってくださったのか。

 




神様 雪虫のように小さなわたしの
大きな願いを叶えたまえ
いつも励まし慰めてくださる神様
禍いのほころびを繕ってくださる神様
陽を照射して元気をくださる神様
庭で いつも感謝しています
故に我は主を離さじ
この心と眼を注ぎまつりて


二代目はクリスチャン。ぼくは毎年12月だけのクリスチャン。ストーブの温もりがありがたい庭にて、聖歌を聴きながら、聖書の御言葉を読みふける。

詩篇84「巡礼者の聖なる地へのあこがれ」

主よ、あなたの庭で過ごす一日は千日にまさる恵みです。

そう思うのであらば、今すぐ家に帰りなさい。
汝は妻のために、子供たちのために、自身のために、
その庭を花で埋め尽くすがよい。


 
アッラーに平伏す者も、ゼウスを信仰する者も、アマテラスを拝む者も、ブッディストも、フロイディアンも、リアリストも、ドリーマーも、諸人こぞりて歌い祀れ。主は来ませり、主は来ませり、主は来ませり。
ちなみに、「もろびとこぞりて」の英題は「Joy to the World」。ご先祖様たちがぼくに、あなたに託した思いを要約すれば、きっとそういうことなのであろうと思います。 

 
 
 

何処へ

花がいっぱいだけど椅子がない庭と、心地いい椅子はあるけど花が咲いていない庭、どちらがお好みですか?
手入れの楽しさと、メンテナンスフリーの気楽さは?
孤独を楽しむ庭と孤独を忘れる庭、あなたが必要とするのはどちら?



ああ何いうことか、
なぜ今まで気づかなかったんだろう。
レッド・ガーランドとは、赤い花飾り、
勝者の栄誉を讃えて冠する真っ赤な花輪のことなんですね。

DSC07274 2



正解は前者でも後者でもなくて、明確な回答にあります。
意識の変化による驚くべき庭の変化が、その変化がもたらす暮らしの変化をいつの日か、今はまだ目的地を設定しないままで、地図を見てはため息をついている子羊への福音となりますように。



DSC07223



ぼくは「植物のために庭があるのではなく、人のための庭に植物が必要」と思っています。もちろんこれも唯一の正解というわけではなく、このようにぼくなりの正解を明確に持っていることが正解なのです。



DSC01322



とはいうものの、何十年も庭を想像し創造し続けてたどり着いたことなので、他に正解があるとは思えないのですが、と、断言するくらい明確に。



DSC07232



あなたの理想の庭を言葉で定義してください。できれば三つくらい。
「バラ・ハーブ・友人とお茶会」、「芝刈り・バーベキュー・昼寝」、「駆けまわる子ども・駆けまわる犬・時を駆ける自分」、「畑・物置・物干し場」、「蜂を飼う、七面鳥を飼う、カピバラを飼う」、「腕立て・腹筋・ストレッチ」、「夜風・静寂・マインドフルネス」、「蝋燭・カード・わら人形」など。はたまたストーブを焚いた庭の書斎に腰掛けて、「ビール・ジャズ・村上春樹」とか。



DSC07251



それができたら、あとはご来店いただくだけで理想の庭は実現します。



ビールと村上春樹にはこれ、赤い花冠を。



ボリュームを、
夜風が揺らす葉音と6:4まで絞って。
 ページを繰る手が止まらず寝不足となり、
明日はアルバムタイトル通りに、
クレイジーなリズムを刻む勝者になるかも。




 

庭の法則

ミカンは冬に色づく。

花が少なくなり、木々の赤い実も終わった冬に色づく柑橘類。世の中を見渡して、その時期に不足している事柄を供給することで生き延びる、というニッチ戦略。
ツキノワグマには冬眠前のデザート。シベリアからの渡り鳥には歓迎のオードブル。ホモ・サピエンスには乾燥肌を予防するビタミン補給と、冬枯れのカンヴァスに点描するアクセントとしても。



田舎者の習性で、柑橘類に限らず
手が届くところに実が成っていると、
つい失敬して、
その場で味見しちゃうんですよね。
ダメですかね、これ。

DSC01449

ダメですよね。

5c8c52f2

一応見つからないように辺りを気にしながら、
という、子どもの頃と同じ動作で。

709319e2

五十八歳・・・
やっぱ、ダメですよね。

DSC07049

他にはハーブ類、木イチゴ、サルビアの蜜など、
つい。
そのうちエントロピーのお縄になることでしょう。

今年もあと20日となりました。
逃げろ!


 



 

家族の庭のつくり方 59

バラを育てる

以前は「究極はバラ」でした。今では「バラが基本」となりました。



春は絢爛豪華に、
冬はじっくりと咲いてくれるのが魅力。

DSC01743

DSC04225

0639fbac



これほど気持ちを引っ張り上げてくれる花はない。 



DSC04305

DSC03869

DSC04277



冬の街並みにこれだけバラが増えてきたのですから、もう「大変そう」とか「難しそうだからあ」と言っていたら後手を踏んでしまいます。愛の国発・幸福行きに乗り遅れないために、とにかく植えてください。
たったそれだけのことから始まる世界がどれほどのものであるか、いかに気持ちが上向き心が整うことか、まだご存知ないすべての人に味わっていただきたいのです。





ごめん きみにバラの花園を約束したおぼえはないよ
晴れの日ばかりじゃないし 雨だって必要だ
自分だけで生きてるわけじゃないんだから
わかるだろ
もうそんな不機嫌な顔はかんべんしてくれよ
わるいけど バラの花園を約束したおぼえはないから

いつかダイヤの指輪をプレゼントするって約束できるけど
できるよそんな約束 簡単だよ約束なんて
世界を銀の皿に乗せて献上することだって約束できる
ただしクローバーの茎にバラは咲かないだろ
だから少しは笑ってくれないだろうか
バラがたくさん咲くように 一緒に楽しく過ごそうよ

ごめんね きみにバラの花園を約束したおぼえはない
晴れの日ばかりじゃないし 雨だって必要だろ だろ!

歌いもするし 望みとあらば月だって取ってくる
だけどそんなに気に入らないんだったら
お望み通りに出て行けばいいじゃないか
ただし世の中そんなに甘くないぜ
ぼくみたいに便利にきみを助ける男はそうはいない
わかるかな バラを咲かすにはきみの笑顔が必要なんだ
だから少しは微笑んで 愉快に暮らそうよ
愛はそんなに憂鬱なものじゃない
せっかく一緒にいるんだから楽しく過ごそうじゃないか


なんだかウキウキ楽しそうな曲だなあと聴いていたんですけど、よくよく歌詞を読んだら痴話喧嘩の歌でした。何処も同じ、どこのご家庭でもありますよね、こゆこと。
You don't find roses growin' on stalks of clover.  確かに、クローバーの茎にバラは咲かない。照る日曇る日嵐の日だってございますしょうが、花も嵐も踏み越えて、もめた時には早めに機嫌なおして花咲く日々を。




 

庭のつれづれ

秋きわまりける。

ウェザーリポートはもう冬なれど、横浜の葉はあと数日が秋本番。
慌ただしき師走、はらはらと舞う葉っぱの競演をお見逃しなく。 



DSC00474

DSC00358

DSC00164

DSC00379

DSC00374





 

H!nt de Pinto 130

もしも暮らしがエントロピーの魔の手に捕まりそうになった時には、まずは庭を整えてみてください。逆説的に言うなら、庭をパラダイスにすることによって魔の手は他へと向かうのです。悪魔も年の瀬で、荒れた庭を駆け回らなければならずサンタクロース並みに忙しいですから。
やり方は次の通りです。



那須塩原で見つけた理想の庭。

DSC00335

DSC00332 2

DSC00334 2



1、理想の庭を思い描く。
2、カーテンを開けて暮らすのだと決意し、そのために必要な箇所に妥協することなく目隠しをする。
3、歩く場所と、過ごす場所と、植える場所を明確に区分けする。
4、庭への段差を解消して出やすくする。階段、濡れ縁、庭を持ち上げるなど。
5、出た場所に居心地のいい立体構成を施し、そこを室内よりも快適な「外の部屋」にする。
6、夜も過ごせるように照明とコンセントを設置する。庭の楽しみは夜が本番。
7、お気に入りの飲み物を用意して、BGMを流す装置と、読みかけの本を持って庭へ出る。


駐車場からすでにラバー・ソウルの
B面4曲目 In My Life が流れ、
パンとコーヒーと森の香りで
夢の世界にいるようでした。

DSC00339 3

DSC00337 2

DSC00340 3



多くの人にとって1が最初にして最大のハードル。でもその高さは膝丈くらいなので、誰でも軽々と跨げるはず。それさえ越えればあとは It's automatic 、側にいるだけで、その目に見つめられるだけでドキドキ止まらない、No とは言えない I just can't help 。2〜7まで出来上がったらバラの苗を買いに出かけましょう。するとまたもや It's automatic 、抱きしめられると君とParadise にいるみたい。キラキラまぶしくて目をつぶるとすぐ I feel so good It's automatic 。
「最初の一歩」とは言い得て妙なり。
なかなか踏み出せない、あるいはハードルの位置がわからないという方はご来店ください。ぼくが手を取って、あなたを、あなたの理想の庭までお連れしますので。



DSC00344 3

DSC00343

DSC00341

那須高原はすっかり冬でした。
五月末、バラの季節に
また行ってみようと思います。




聖者ジョンが歌い、楽聖ポールと、
お人好しにして心やさしきジョージがハーモニーする。
バッハのチャンバロ風にエフェクトしたキーボードの
やさしくも深みのある音は、
バッハの左手にあこがれたポールの右手から。
リンゴは?
いつものように、哲学者然と正確な時を刻んでいる。
たった8年間の活動で世界を変えてしまった彼らは、
その偉大な革命を、
四つの個性によるハーモニーで成したのでありました。


 

 
 

それさえもおそらくは平穏な日々

ノアとココと猫のミー、妻ひとり小太り、朝晩庭に出てはバランス調整しつつ息をつないでいる血圧高めのぼく。多少の波風は立つものの、五人の、おおむね平穏な日々です。
そこに娘のところからマリンとムギがやってきて(なんの都合か時々数日間お泊まりに来る)、室内は犬の群れがバラバラバラと肉球鳴らして駆け回るドッグラン状態に。これもまた良し、楽しい光景。



DSC00179

DSC00211

DSC00189

DSC00268



そこにもうひとり、ノアの子供のゲンが里帰りで参入。自宅がリフォーム中で、断続的にうちで過ごすとのこと。ゲンは元気のゲン、こうして元気でいてくれて、しかもわが家より上質な暮らしをしていることがうかがえる躾と気質の良さに「ゲンちゃん、良かったなあ〜」と数年ぶりの再会をよろこんだのでした。


DSC00092

DSC00350



ノア、ココ、ミー、マリン、ムギ、ゲン、全員ぼくのことをおやつの供給源だと理解しておりとてもなついてきて、日によっては6匹がベッドに上がってくるものだから、身動き取れずに熟睡できず寝不足になったりもしますが、それもまた楽しからずや。



DSC00357

DSC00351



大家族で育った身としては、こういうカオスがとってもいい感じなのであります。ただ問題は名前が混乱してしまうという、あの、老人に特有の症状が出てしまうこと。ノアとココは大丈夫なんですが、ミーをムギと呼び、マリンをムギと呼び、ムギをゲンと呼び、ゲンをマリン、ムギ、じゃなくてゲンと呼ぶ始末。先日帰宅すると孫の美空が来ていて、犬たちに囲まれてご機嫌さんでした。ぼくはミソちゃんにむかって「ああ〜ムギちゃ〜ん来てくれたのお〜」と。一瞬沈黙のあと、娘が「お、おとうさん、大丈夫?」と、真顔でぼくの脳のことを案じていました。



DSC00360

DSC00364



ミーは新入りたちにギャンギャンかまわれるので(特にマリンが苦手)、気配を消してアジトに立てこもっています。でも時々自分からちょっかい出しては鬼ゴットを楽しむ迷惑顔の名脇役。ゲンのことはしっかり覚えているらしく、いつものクールさと違う、どことなくはしゃいでいる様子に和みました。ミーよ、ゲンちゃんに会えて良かったな。



DSC07575



バラバラバラ、ギャンギャンギャン、バラバラバラ、ギャンギャンギャン、バラバラバラ・・・賑やかな師走の平穏な日常。




 

黄金比とカノン進行

ダ・ヴィンチを始めとするルネサンスの美術職人たちにとって「美」は科学的現象であり、彼らは心に影響を与えるその得体の知れないエッセンスの正体を解析し数値化する、神の領域に踏み入ろうとする研究に取り憑かれました。その結果得られた神秘の比率が、自然界を支配すると言われているフィボナッチ数列から導き出される1:1.618、黄金比です。職人たちはその比率と遠近法のふたつの「美のカノン(規定)」に従い、次々とカンヴァスに計算された美しさを描いてゆきました。
1:1.618、設計しながこの割合は常に頭にあり、線を引くときの手癖のようになっていて、だからぼくは安定的に自然なバランスの庭を生み出せているのです。



上下左右共に 1:1.618
 
1:1.618



ただしそれに終始すると、カノン進行の曲が取っつきやすいのに飽きられるのも早いことに似て、主張がなく趣きに欠ける仕上がりになってしまうため、あえて局所的に1:1(自然界に存在しない不自然さ)、上下左右を均等にして意思表示のインパクトを出します。



1:1

1:1



全体的な比率を2:8までデフォルメすれば、異次元空間にいるような非日常の世界となる。これはリゾート感の演出に重宝する手法です。



1:8 

1:8



さらに超絶応用編として天地をひっくり返すと世界は一変。店舗やイベントの仮設庭園、商業施設の庭づくりに使う奥の手です。



空が湖面になる

湖面になる



仕掛けをもう一歩進めて、上下はそのままに、左右を1:1にしてみます。すると世界は視覚から心の内へと広がってゆき、そこには河口湖の水面を見つめて物思う人の心情が浮かんでくるのです。



物思う



おしまい。
秋から冬へ、こういうことをつらつら考えるのが楽しくて仕方ない今日この頃。


 

 

庭のことだま

Don't think, feel!

「感じる庭」を提供するために考え続ける日々。時々思考回路を遮断し惚けて歩く。
ナザレのそのお方は慕ってくる男に言いました。ナタナエルよ、書を捨てよ。一緒に庭へ出ようではないか。
なんとなんと驚くことに、ブルース・リーとイエス・キリストと寺山修司は同じことを言っているのでありました。



仕事途中に大船植物園へ、
寄り道・脇道・回り道。

DSC07254

DSC07255 2

DSC07327

 DSC07226

DSC07228

DSC07331

DSC07321

DSC07316

DSC07324

DSC07303

DSC07277

DSC07329

そろそろ庭をクリスマスバージョンに。




歌い出しに、音量を最大にしないと聞き取れないささやき「ハッピークリスマス、キョウコ。ハッピークリスマス、ジュリアン」のキョウコとは、ヨーコの前夫アンソンー・コックスとの娘の名前。ジュリアンはジョンの・・・ご存知ですよね。「ヘイ・ジュード」のジュードはジュリアン・レノンの愛称で、パパの親友ポールは彼をとても可愛がっていました。
 ハッピークリスマス。幸せって・・・泣けるんだよなあ。


 


書を捨てよ、庭へ出ようではないか。庭で大いに泣こうではないか。





Graceland Style

植物の色で彩る。

植え替え時には花の色を意識してください。庭木は四季折々の色の変化をイメージして選んでください。
空の青や芝生の緑をカンヴァスに、植物が織りなす色を配した庭は暮らしを彩ってくれます。



潮に打たれてしまったから今年は無理かも、
と思いきや、
悲観を打ち消し燃え上がるモミジたち。
国破れて山河あり。
2018年、人は自然の猛威にへろへろなれど、
山河の住人たちは負けじ魂を発色させている。
元気が出るなあ。

DSC07236

一説には、落葉樹の紅葉は害虫への警告だそうな。

DSC07238

冬の間に枝に卵を産み付ける輩が多いので、
葉が落ちる前に、鮮烈に一発かましとくわけですね。

DSC07242

紅葉警告説、これはれっきとした植物学者の弁。
根拠も述べていました。

DSC07244

「だってね、それ以外にあんなに色づく
理由が思いつかないでしょ。
受粉には関係ないし、果実のアピールでもないし・・・」
と。

DSC07349

「わたしはこんなに勢いがある。
下手に近寄ると痛い目を見るぜって言ってるんですよ。
人間にもいますよね、そういうタイプ」
とも。

DSC07339

研究者はしばしば対象を擬人化して思考します。



今日はこれから那須まで設計前の現地測量に。準備万端、測量道具よりもカメラ機材の方が多い。
久々の長距離ドライブを楽しんできます。 



 
記事検索
ギャラリー
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 何処へ
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 家族の庭のつくり方 59
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • それさえもおそらくは平穏な日々
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 黄金比とカノン進行
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 家康ダリア
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 闘争と逃走のエチカ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • まほろば
  • まほろば
  • まほろば
  • まほろば
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 家族の庭のつくり方 58
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 檸檬
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 家族の庭のつくり方 57
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 妻の爆買い
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭の法則
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • 家族の庭のつくり方 56
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • ガーデンセラピー
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • All my loving
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 天蓋の空
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • 家族の庭のつくり方 55
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • Rainy Days And Mondays
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ