静かでのどかな高台の住宅地、野七里の一番奥で、となりは公園、すぐ近くに見える雑木林は鎌倉の自然保護区につながっているといううらやましい場所です。そこに広々とした二世帯住宅を建てられた本間さん、最初若夫婦のご主人からの依頼で2つ、生け垣や庭木を多用したセミオープンのプランと、オープンな芝生の前庭プランをつくりました。

Plan A
42f97efc.jpg


Plan B
7d6fc2a2.jpg


 これをもとにご家族で検討していただき、その後何度か打合せをして行くうち、もの静かであまり前面に出てこられなかったお父様から「こういうふうにしたいんだ」と色鉛筆で丁寧に仕上げたお父様作の図面が出てきました。ブロックとフェンスを使ったオーソドックスな外構で、それを拝見したときに「何て野七里らしい、普通な幸福感に満ちているんだろう」と目が覚める感じで、私プランが“滑っていた”ことを恥ずかしく思いました。こちらの設計上の理屈や提案などよりも、自分と家族の生活を「こんなふうにしたいんだ」というお父様の気持の方がはるかに大きいのだと感じたのです。そしてすぐに軌道修正。その、お父様のプランをもとにして仕上げたのがこれです。

Plan C
dbfc0879.jpg


 植栽はじっくり考えて徐々に植えていきたいということで、この時点では入れていません。
 外構工事を終えてしばらくすると、お父様から、今度は庭と植栽のイメージを描いたラフプランが示され、それを微調整して造園工事もやらせていただき、結果、とても野七里らしい、本間さんご一家らしい、ナチュラルな幸福感に包まれた庭と外構が出来上がりました。
 お客さまそれぞれが守ろうとしているもの、大事に思っているイメージをカタチにすることというのは多様であり、こちらの提案をする以前に、そのあいまいな、漠然とした“感じ”を見極めなければならない。それから設計が始まるのだということを再認識でき、いい勉強になりました。
 明日はビフォー・アフターです。



5a449462.gif
 走る 走る 走る 走る 走る 走る 走る