グズグズと明けない梅雨と台風で「今年の夏はどうなってるんだー」と思っていたけど、ようやく夏がやってきました。円海山の昆虫たちも出遅れた分を取り戻そうとしているかのように活発に動き回っています。

 夏といえばセミ。山全体が音響装置になったように鳴いています。

ebba6c6d.jpg


 そしてシオカラトンボ。お盆を過ぎると赤とんぼにバトンタッチします。

dc76da2e.jpg


 コナラの樹液に集まるチョウチョとカナブン。食事に夢中でカメラが接近してもまったく逃げようとしませんでした。

55abb1c0.jpg


 ヒグラシがクモにやられているところです。こんなのも夏の生命力を感じます。

0f04e5c5.jpg


 チョウチョが羽を広げてお尻を突き出していました。普通蝶は羽を閉じて止まるもの。何やってるのかと思ったらオスを誘っているのでした。残念ながら写真に撮れなかったのですが、このあとすぐにオスがやってきて交尾開始!・・・夏だなあ。

225fb251.jpg


 子供たちは部活やら宿題やら友だちと買い物に行くやらで大人とはなかなか遊んでくれません。いいのかなあ、せっかくの夏休みなのに。まあいいや、大人になっても夏休みは昆虫を観察して過ごすものなのだ~!

 それにしても暑いですねェ。でもそれもあと1週間程度です。暑さを楽しみながら乗り切りましょう。そうそう、円海山の森の中は住宅地より5度くらい温度が低くて快適です。これは単に木陰だからということでななくて、樹木による微気候(びきこう)効果でして、明後日から始める高塚邸の中でそのことと、ヒートアイランド現象について少しお話ししようと思っています。

ブログランキング参加中!
 投票クリックお願いします。
(1日ワンクリックフみ有効です)
ブログ村散歩も楽しいですよ。


鐘 7143587c.gif