今日から新シリーズです。今回の仲野さんちは4年前に一度ガーデンリフォームをさせていただいて、それ以来のお友達付き合い。関西出身のご夫婦で、ご主人は優しくまじめな万年好青年という感じで、奥様はうちのと同じく関西のパキパキした感じで、とにかく明るい人でして、違うところは神戸っぽい優雅さをお持ちだということ。わが妻は優雅よりも度胸と愛嬌で勝負する漁師町出身なもんですから、東男の私としては(新潟ですけど)同じ京女でもいろいろなんだということを知った出会いでした。
 そして今回、道路側の最終枡がある空きスペース上に突き出す形でウッドデッキをつくることに。現状を楽しみつつ、いつもさらなる楽しさをイメージしているお二人に敬服しました。
 そんなわけでプラン図には今回のデッキは入っていませんが、完了写真には写っています。

 ビフォーは庭の半分がウッドデッキで、残り半分が芝生。ガーデンリフォームのベースとしてはとても考えやすい状態になっていました。あとは 空間構成 と何かしらの 楽しみ を加えればOK!

Plan A
e9209c5b.jpg

 Plan A は炉をつくって『週末はバーベキュー』、まくら木スタンドとコニファーでガーデンパーティーをやるときの居心地を良くしました。

 Plan B はバーベキュー限定ではなく、『ガーデニング&リラックス ティータイム』というイメージで、パーゴラや木製パネルで Plan A よりさらにしっかりと空間構成して 庭を濃く しました。


Plan B
57747384.jpg


 家族会議の結果 Plan B を選択。4年経って振り変えると、4年間の庭を楽しにできた様子や今回のデッキ追加など、その時点で 悦楽の庭暮し がしっかりとイメージできていた選択だったのだと思いました。「イメージできれば出来たも同然」、4年前にご夫婦に生まれたイマジネーションは、この4年間をイメージ通りの豊かな日々にしたのです。その感じは後日、庭の写真をご覧頂ければそれが伝わることでしょう。庭空間がイキイキしています。

 明日はビフォー・アフターです。