こうして小物をアップで撮影すると センスい~! 庭で過ごしながら自らが細部に入っていく感じ、古いですけどミクロの決死隊みたいな感覚をお持ちだということがわかります。ご主人か奥様か、どちらかが細密なロマンチスト、A型の魚座なのではないかと推察いたします。

 では話の続きです。

92ab7375.jpg


 松葉づえでの姫路旅行。見ず知らずの人達が声をかけてきてくれる関西の人情といいますか風土に感激したという話の続きです。なぜ関東にはそれがないのか、あるいはなぜ関西にはそれがあるのか、それというのは大変そうな他人に声をかけるという行為です。関東にも昔(三丁目の夕日の頃)はそれがあったのでしょう。サキと菊次郎を観てもそんな感じがあります。ですから関東関西関係なく、昔の日本にはそれがあったけど、今は関東にはそれがなくなってしまった、という解釈が正解なのでしょう。

3ee9f0a5.jpg


 では、そう解釈するとして、なぜ関東ではそれが消えてしまったのかといえば、関西には関西人しか住んでいないけど、関東には関西人も東北人も住んでいる。東京には沖縄の人も北海道の人も秋田や岩手の人も多く住んでいるということです。首都だからです。だから共通の作法や文化が育ちにくいし継承されづらい。となりのひとがどのような価値観や習慣で生きているか見当がつかないのでできるだけ刺激しないように、かかわりを持たずに生活する、そういう暮らし方が東京のスタイルになってしまったのです。私などは東京のそのクールな感じが心地よくてふるさとを出たクチなので、今更それを批判的に語る資格はありませんけど、この歳になって松葉づえ生活という状況になると、「関西の方が人の心は豊かだなあ」と。

2c4b73ce.jpg


 これは関西に軸足を置いて考えるとこうなります。さっき、関西には関西人しか住んでいないといいましたが、関西に住むには関西の作法、しきたりを身に着けなければならないという感じ、不文律が昔から息づいているので、たとえ九州の人でも大阪に出てきてしばらく暮らしたら言葉も習慣も関西流になります。そうならざるを得ない。大阪で博多弁を通している人って少ないんじゃないかなあ、そんな気がします。

efd1fa09.jpg


 そこに住むためには先住民に許可される必要があるといいますか、受け入れられなくてはならない、クオリファイですね。話は転がってあらぬ方向へ向かいますけど、いつものことなので。明日に続きます。

0d8bd31e.jpg