45a4f401.jpg

38288fef.jpg

382067ff.jpg


『ロハスなくらし』で思い出すのが、2年前にガーデンリフォームさせていただいたKさんご夫妻。庭に亡くなったワンちゃんのお墓をつくりたいということから始まったリフォームでした。
打合わせにうかがうと庭の畑に直径1メートル、高さ80センチほどに育ったモロヘイヤの茂みがあって、聞くと毎朝その新芽をザル一杯摘んで味噌汁やおひたしで食べているとのこと。それをひと夏続けたらものすごく体調が良くなったそうです。私もどっさりとちょうだいして帰り、さっそくおひたしに。目がさめるほど味が濃くて美味しかったです。一坪ほどの畑で他にも季節ごとに野菜をつくっていて、その脇にあるウッドデッキのパーゴラにはたくさんゴーヤがぶら下がっていました。

167c9ba1.jpg

5b61f126.jpg


元気でにこやかなKさんご夫婦に野菜づくりのこつをお聞きすると、即「土づくり」というお答え。台所から出る野菜屑は全てたい肥にして庭で使っているそうです。他にも魚の煮汁がいいそうでして、自家製の煮干しをつくる際のゆで汁を畑にまいていて、それが野菜の味を濃くするのだとおっしゃっていました。

3f86d812.jpg

570f27c3.jpg


この感じ、いいんだなあ。台所仕事をしながら意識は畑に、さらに数カ月後の収穫に向いているという暮らしぶり。栄養たっぷりな土から育った野菜の滋養以上に、そういう意識がご家族を健康で明るくしているのだと実感。
これがロハス。小さな庭と家族の健康を思う気持があれば、それだけでロハスライフが実現するのです。

6fdb6bf9.jpg

e0d0de6f.jpg