今日は庭をひと休みして、いまはまっているラジオ番組のご紹介をしたいと思います。
ありがたいことに北原照久さんからコメントをいただいていまして、そこで教えていただいた番組、ラジオ日本の『きのうの続きのつづき』。放送時間は火曜から金曜のPM8:45~9:00です。今週ゲストが和民の渡邊美樹さんで、わたし渡邊さんの本が好きで読みまくっていたこともあって、この15分の北原さんと渡邊さんのはなしが楽しい楽しい。今日と明日の2日間、渡邊さんなので、皆様も可能な方は一度聞いてみてください。と言いつつ、困ったことに横浜って場所によってラジオの電波が入りづらいんですよねえ。1422ラジオ日本、入るでしょうか。かくいう我が家もほとんど入らなくて、やむなくクルマで電波が入る場所に移動して聞いています。
きのうはその時間に通りがかった磯子のヨットハーバーに駐車して聞きました。で、『きのうの続きのつづき』の前の番組、8:35~8:45の『よこはまものがたり』、これがまたいい。横浜を舞台にしたショートストーリーなんですけど、音楽もムード満点で。このふたつの番組、横浜に来た旅行客のような気分になれるといいますか、港ヨコハマで繰り広げられるドラマの、自分が主人公になったような気分が心地よく、一日の疲れを癒してくれます。このふたつの番組の25分間、「いいもの見つけた」という感じ。

もうひとつ見つけたいいものがあります。それは番組の中で北原さんから渡邊さんに「渡邊さんはロマンチストだからこれ!」とプレゼントされた曲、チェット・ベイカーのイッツ・オールウェイズ・ユー。チェット・ベイカー、名前は知ってたんですけど今までちゃんと聞いたことがなくて、もう一発で「まいった」でした。その足で関内の石丸電機に行ってCDを購入、夕べも今日もずっとそれを聞いてます。あの「いいもの見つけた」の25分間がずっとつづいている感じです。

チェット・ベイカー・シングス
e0d08d14.jpg


夜明け/Day break
8268c077.jpg


ジャズのCDは内容がイメージしづらくて買う時に一か八かみたいなところがありますよね、この2枚は大丈夫、大当たりでした。特に『チェット・ベイカー・シングス』は、そうしょっちゅうは巡り会えない本物の名盤だと感じました。チェット・ベイカー、ヨコハマの夜を演出してくれる音楽として、直球ど真ん中です。