道路から見て右側が駐車スペースになっています。

滝沢邸B

今回はそこを、あえて「駐車場」ではなく「駐車スペース」と呼びたい。フロントヤードの半分以上を占めるクルマ2台分の広さを、どうにかして庭として成立させたいという狙いがあったからです。

DSC_0091

DSC_0089

駐車場を「庭の駐車スペース」にするために、昨日ご紹介した木製パネルを設置し、その根元と建物の基礎の前に植え込みスペースを確保して、パネルに這い上がるクライミングローズとアイビー(ヘデラバリエガータ)を植えました。

DSC_0172

そして土間コンクリートは分割して、スリットにタマリュウを植え、センターに木を植えました。

DSC_0093

コンクリートの仕上げは洗い出しにして、

DSC_0094

これで、ね、「駐車場」が「駐車スペース」に、「外構」が「前庭」になったでしょ。

DSC_0090

あと2ヶ月、バラが絡み上がって、木(モクレン)が茂って、素焼きの鉢がいくつか置かれて、この前庭は完成します。


港南台は花盛り。モクレンやハナミズキやツツジなどの街路樹、住宅地の庭や玄関先も花だらけで、今朝もその美しさをただ通り過ぎるのが惜しくて、クルマを降りて散歩しました。
花の数とその街の幸福感は比例しますよね。見るものには「美しい」というひと言のその風景も、そうやって花満開になる日をイメージしてそれを植えた人、育てた人がいて出現したわけですから、花だらけの風景の街にはそういう「花満開をイメージした人」が集まっていると言えます。花が咲き誇る日をイメージする人は、間違いなく幸せになる能力を持った人ですから、だから、
花の数とその街、そこで暮らす人たちの幸福感は、比例するのです。

あなたの家の庭や玄関先、花満開ですか?もしも花が咲いていなくて、芝生が雑草だらけだったら、ちょっと庭に出て、雑草とって、花を買って来て植えてみましょう。庭が整うと、暮らしもリフレッシュしますよ。
ちょっと厳しく聞こえるかもしれませんが、
庭は暮らしを映します。そして、庭はあなたの心を現しています。