さあてと、今日からまた新しい庭をご紹介します。

庭が完成して、撮影にうかがって、その写真をブログ用に整理しながら「この写真にはこういうコメントを」とか、あれこれ考えるのが楽しい楽しい。そうしながら準備完了して、こうして書き込むときがまた楽しい。皆さんに親友を紹介するような、そのつど新鮮な、活性化した気持ちというか高揚感がいいんだなあ。
庭の設計とブログでのでき上がった庭の紹介。忙しさの中で自分らしさをキープするためのスタイルになっています。いいバランスです。 

ではまいりましょうか。
Beforeはこうです。

Before 1

小池さんちは新築で、建築計画進行中から声をかけていただきましたので、ジックリと、何度もプランを練り直すことができました。
最初にご提案したのがこれです。

Plan A
 小池様 A

駐車スペースが2台分と、アプローチ兼用のサブの駐車スペースと、庭はウッドデッキ&バーベキューテラス&芝生広場という構成です。

駐車場を含めて、庭以外の外構が外構っぽくならないように。庭とリビングが道路側なので、適度な目隠しを施す。この2点を意識してプランしました。あと、庭については「過ごす」ということに重点を置いて組み立ててみました。

同じ考え方で仕立てを変えたのが次のPlan BとPlan Cです。

Plan B
 小池様 B

Plan C
小池様 C
 
家が完成した時点で、ご夫婦ともに庭部分のイメージがピタッときていなくて、とりあえずリビング前以外を施工することになりました。その完成を見て、しばらく暮らしてから、庭部分を再度イメージしてみようという判断です。これって正解。新築の時点で庭をどうイメージするかは、その後の暮らしを形作る大切な局面ですから、今回のようにジックリと考えた方がいいのです。

リビング前を除いたプランがこれです。

Plan D
小池様 D

外構が完成して、新居での暮らしが始まりました。
引っ越しの片付けが完了した頃にご連絡をいただきまして、残りの部分を打ち合わせしてでき上がったプランを明日ご覧いただきます。
ご夫婦がA〜Cをジックリとイメージして、楽しみながら悩んで、そして導きだした最終プランは、「そうか、そう考えればいいんだよなあ」というものでした。