今日と明日、樹木をご覧いただきます。

ジューンベリー
DSC_0079

道路側の駐車場の脇、庭の入り口に、石で花壇を積んで植えました。
花の時期、その後のかわいらしい実が付いたときに、ご近所の話題になることでしょう。


エゴノキ
DSC_0080

縁側、室内、デッキから見える位置に落葉樹。季節感と風や日差しを感じさせてくれます。

DSC_0109

ウッドデッキにいるときの目隠しも兼ねています。

DSC_0081



ニンジンボク
DSC_0094

最高でも3メートル止まりの落葉低木で、葉っぱがチョウセンニンジンの葉に似ていることからニンジンボクと呼ばれているそうです。

DSC_0095

こういうシソのような花が咲きますが、ジミです。はっきりと、この木は脇役。

ninjinboku2

最近ですね、脇役も必要なんだなあって思うようになりました。わが家におけるぼくのような存在。あの加山雄三さんも言っていました。
「光進丸ではぼくが船長だから一番偉いけど、家に帰ると妻が艦隊を指揮する提督だから、妻が一番偉い」
若大将ですらそう言うんだから・・・。ぼくは家では(妻に仕える執事のように)脇役に徹するのです。

主役乱立になりがちな庭木の中で、名バイプレーヤーが庭全体に趣を醸し出します。

以前、お世話になっている植木屋さんに「いわふちさんの設計は主役の木ばっかりだねえ」と言われたことがあります。わかっているんです。わかっているんですけど、ついつい主役級の樹木だけを使うことになってしまうのです。雑木林を作るのなら別ですが、庭木は一旦植えると家族同様の長い付き合いになりますから、お気に入りの、主役を張れる木だけを選んでしまう傾向にありました。
「脇役もいいなあ」という最近の心境の変化は、家での執事が板についてきたのか・・・、いやいや、思考に趣が出てきたということですかね。



今日もやってます、「レノンの庭」の相談会。

秋相談会 四季の森 

昨日は一日中大雨で、さすがにご来場が少なかったのですが、それでも雨の中来て下さった数組のご家族と、庭のことをあれこれ話すことができました。
今日もまだ天気はぐずついていますけど、台風は行ってしまったので、ワクワクしながら皆様のお越しをお待ちしております。

庭のこと、考えましょう!ぼくと一緒に、
あなたの理想の庭をイメージしてみましょう!