工事が完了してから撮影にうかがうまでに、2ヶ月ほど時間がありました。その間に劇的に育った植物が、鉢植えのコリウスでした。

DSC_0099

見事でしょう!
鉢が見えないほどに成長して、テラスをゴージャスに彩っていました。

DSC_0108

ガーデニングエリアにもコリウスが茂っていたので、よっぽど気に入ってるんだなあと思いお聞きすると、そういうことではなくて、コリウスの鉢植えにワンちゃんがぶつかって枝が折れてしまって、その折れた枝を挿し木にして植えたらどんどん増えていったのだそうです。

DSC_0105

DSC_0102

折れた枝をペットボトルにさして置いとくと、ご覧のように根が出て、それを地に植えると簡単に根付くそうです。

DSC_0106

DSC_0107
 
折れた枝を挿し木するという、奥様の優しい気持に応えるように、元気に根を出すコリウス。うれしい現象でした。
気持が優しい人の庭では植物は必ず元気です。植物の生長には、水と光と養分と空気と、そして優しさが必要なのです。
優しさを数値化することはできませんけど、庭を見ると、ぼくにはその度合いはわかります。
明日はコリウスの枝を折ったワンちゃん「セツ」をご紹介します。




妻が冬の定番パンジーとビオラを大量に買い込んできました。またわが家の庭に花が増えます。
ありがたいなあ。花の数と幸福は比例するのですから。

今日は11月22日、いい夫婦の日ですね。庭を花だらけにしてくれる妻に感謝です。
いい夫婦かあ。うん、けっこういい夫婦になってきたかなあって思います。これからも、もっといい夫婦を目指して、肩と肩をぶつけながら歩いていきます。

この場を借りて、妻に、ぼくが大好きな曲をプレゼントします。


いい夫婦。ジョンとヨーコ、ぼくらの両親、そして北原照久・旬子夫妻。
北原さんご夫妻から誘っていただいて、一緒にジュリーのコンサートに行けたこと、今年の大きな、うれしいうれしい出来事でした。感謝です。その感謝の分、これからもしっかりといい夫婦を目指します。