明日2月23日(木)、67回目のテミヤンライブです。



temiyan



もうすぐ震災から一年ですね。
テミヤンのスマイル、聴かせてくれると思います。







今日はテミヤンライブのお知らせついでに、最近見つけた2つのことを書こうと思います。

俳優の渡辺謙さんと放送作家の小山薫堂さんが呼びかけて「前を向くカレンダー」というものが発売になりました。


kizuna311 #50 「前を向くカレンダー」

 

 
 


インターネットで購入できますし、ぼくのようにアナログな人は大きめの本屋さんに売っていますので、ぜひ。
2100円は2冊分の価格で、被災地以外で販売して、1冊購入でもう1冊が被災地へ送られるそうです。
123の支援メッセージ、胸が熱くなります。そして人の思い、言葉のチカラ、人間ってすばらしいなあと感じることができます。


もうひとつ、「風の子守唄〜あしたの君へ〜」という曲を聴きました。
作詞/谷村新司、作曲/石井竜也で、ふたりで歌っている復興支援ソングです。

その曲の中で、グッと胸に来た歌詞がありましたので、書き留めておこうと思います。

夜明け前の闇には 大切な意味がある
心の旅支度 息を吐き切るとき

明けない夜はない。夜明け前の闇が一番深い。その夜明け前の闇に、実は意味があるって、この1年間を振り返ると、胸にしみる言葉です。
被災した人たちが、闇の中で何を感じたのか、何を掴んで立ち上がろうとしているのかはきっとぼくには計り知ることは出来ませんけど、ぼくらもまたこの1年で感じたこと、掴んだことがたくさんありました。
心の旅支度、息を吐き切るとき、辛いときにはそこにこそ意味があるんだと、心の隅にそういう考え方を持っていることが、立ち上がる気力に繋がるなあと思いメモしました。




では、いつものように「北原照久ミュージアム」です。



DSC_0922



無関心、無感動、無責任、無表情、無愛想。無のつく言葉には、夢や希望が入る隙間がないんだよなあ。
無をつけない人どうしだと、お互いの人生が楽しさと感動でいっぱいになるよ。



DSC_0930



金田正一さんが言っていました、「長生きの秘訣があってね、それは子どもっぽいこと。裕次郎もヒバリちゃんも仲良かったけど、ふたりとも早く大人になり過ぎたんだよ。いつまでも子どもっぽいことが長生きの秘訣だよ」。
子どもっぽくワクワクして、いつも新鮮なおどろきを感じて、そういう気持ちを持ち続けるとが大事ですね。幼児性が大事、幼稚性じゃなくてね。




DSC_0957



「幸せの太鼓」という映画を観ました。ハンデを持った人たちが太鼓を練習して全国をまわるドキュメンたりーです。ラストシーンはただただ感動でした。
ぼくらは健常者なのに不平不満を言ってしまう。文句言ってないで何かに打ち込みましょう。
そして楽しむこと。楽しいから打ち込めるし、続けることが出来る。




DSC_0984



今日はバーナード・ショーの言葉です。
「老いたから遊ばなくなるのではなく、遊ばなくなるから老いるのだ。」
もっともっと、いろんなことを楽しんで遊びましょう。何にでも興味を持って、ときめいて。



DSC_1014



テーマ「あなたの一番の願いは」

ぼくの願いはずっと言い続けているけど、70歳までにすべてのコレクションを表に出したい。倉庫にあとミュージアム10個所分のが眠っているんですよ。
でも、一番の願いは、ひどい天災が起きないでほしいですね。




DSC_1018



しゃがんでみてください。視線を低くするだけでときめきますよ。



DSC_1023



こないだの満月、きれいだったね。空に穴があいてるみたいだった。
宇宙飛行士の山崎夫妻から聞いたんだけど、宇宙ではほんとに穴があいたみたいに月は真っ白なんだって。

月を入れて寝るとする/山頭火

名月や 池をめぐりて夜もすがら/松尾芭蕉

名月を とってくれよと泣く子かな/小林一茶

菜の花や 月は東に日は西に/与謝蕪村

イラッとするときってあるでしょ。イラッとしたらこういう句や言葉を噛み締める。
ため息つきたくなったら、グッとこらえて、もっと大きく息を吸い込んで深呼吸する。「ため息は、命を削るカンナかな」って言うからね。



DSC_1067



今日の言葉

あいさつは、されているうちは半人前。
先にできたら一人前。




DSC_1079



テーマ「心残りなことは?」

全然ないね。できることはすべてやってきたから。



DSC_1099



人間は何に感動したかを他人に伝える義務がある。
言葉は無力ではない、言葉を失った人が無力なのだ。

これは長野にある無門館の館長の言葉です。感動を言葉で伝えてゆく、大事です。




それじゃ、明日6時半に横浜人形の家でお会いしましょう。