ぎっくり腰の治療に、整体師の赤沢啓子さんのところに行ってきました。

ギクッとやってから今日で4日目かな。痛みは半減したものの、まだ普通の恰好で歩くことができなくて、イタタタ・・・と声を出しながら仕事している状態です。
妻の、「赤沢先生にちゃんと診てもらった方がいいよ、専門家なんだから」という言葉に促され、内心「そうじゃなくても先生の治療は痛いからなあ・・・」という恐怖もありながら、でもまあやはり行った方がいいだろうと決心しての訪問でした。

赤沢先生の治療は、一般的な整体とは違います。体を押したりひねったりしてボキボキッとか、そういうことは一切やりません。では何が痛いのかというと、綿棒で全身のツボを押すのです。
体の裏表、そして手足から顔まで。そのツボに問題があるときに激痛が走ります。
まったく力を入れているふうはないし、使うのが綿棒ですからね。でも痛い。

うちのスタッフは全員先生のお世話になっています。今回のぼくのように、ぎっくり腰とか、どこか不調があるわけじゃなくても、一度施術をしてもらうと、その効果は驚くばかりで、スタッフたちもそれを実感していて、メンテナンスの日を楽しみにするようになっています。

別に具合が悪いわけじゃないのにどんな効果を感じるのか、そこが不思議で面白いところなんですけど、ひと言でいうと「運気が開ける」という効果なんですね。
ぼくはそこが気に入っているんです。具合が悪い人を治療するマイナス域〜プラマイゼロの世界にとどまらずに、何ともなさそうな人を、大きくプラス域まで持ち上げるというスタンス。
これはぼくが提案する庭と同じこと。
多くの人は、「一応ちゃんと庭はあるし、花も咲いているし」と思って暮らしています。でもそこでとどまっていてはもったいないですよって、いつもそう思いながら提案をしています。
赤沢先生の整体術が「運気を開く」のと同じく、ぼくの庭も「運気を開く庭」なのです。


先生はよく、いつも変わらぬハツラツとした声で、「血行が良くなると、運気が上がるのよ」と言います。
やってもらうと、実感するんですよそれ。まず軽く全体の歪みを整えて、全身のツボを綿棒で(容赦なく)刺激して、終わると、背筋が伸びていて元の猫背に戻らなくなっています。体は軽くなるし、気分もいいし、施術後の妻と女性スタッフは、顔色が良くなって、表情がハツラツとして、美人になっています。
確かに、これなら運気が上がるなあと納得なのです。


で、さきほどの治療はというと、これが驚きでした。
先生は痛い腰を触らずに、腰以外の場所、手足やお腹を綿棒で押して、「はいオッケー!」と。
ベッドから降りると、腰の痛みは・・・消えていました。
もう魔法にかかったようでした。

血行だそうです。腰の痛みも全身の血行をよくすることで取れてしまう。
痛みがあると、そこをかばって動きが悪くなるし、呼吸も浅くなる。だから治りが悪くなるということのようです。

先生は言います。

血の巡りが悪いと、呼吸が浅くなって、体が歪んで、運気が下がってゆく。
血行をよくするためには、体を温めることと、運動をすること。


それを心がけて、毎日絶好調でいきましょう! 

それにしても、痛いところを触らずに痛みを取るとは凄すぎます。しかも綿棒使って。
なんの世界でも、達人っているんですよねえ。



近々また北海道に行って、馬の整体をやるそうです。



別にどこも痛くないけど、もしかしたら、本当の自分はもっと輝いているのかもしれない。そう思った人は、整体師の赤沢啓子さんのところへ行ってみるといいですよ。

別にこれと言った不満はないけど、もしかしたらこの庭、もっと楽しむことができるかもしれない。そう思う人は、ぜひ「GW・お庭の相談会」にお越し下さい。



DSC09985

DSC09986



相談予約はお電話で。

045−834−3069(グレースランド)

090−3570−3455(いわふち ひでとし) 


ホームページの「お問い合せ」でも受け付けています。↓ クリック

グレースランドのホームページ




さてと、腰の痛みが消えたところで、設計設計!