8月31日です。自然というのはよくできているもので、朝の空気が微かに秋を感じさせ、セミの声に混ざって、コオロギが鳴いています。
日本中の子どもたちにとって、やや残酷な気持ちになる日でもありますね。宿題が・・・。

2012年の夏は、けっこうよかったですよね。とても夏らしい夏でした。
ここんところ異常気象が続いていたので、この夏の普通っぽさがありがたいことに感じられます。 

さて、あなたはこの夏、いかがでしたでしょうか。
ぼくは、春から続く設計の山に向かって突っ走って、走り抜けたような夏でした。
遠出は一回だけ。お盆に妻の実家の姫路に1泊、翌日父を連れ出して、城崎温泉に一泊、つかの間の夏休みでした。



姫路に着くなり、駅のポスターに目が行きました。
・・・関西やなあ〜。 
DSC00479



実家のお宮さん、魚吹八幡神社にお参り。
DSC00484



清々しい気持で散歩していたら、超アバンギャルドな建物に遭遇。
関西やな〜。
DSC00493
これペイントした人、すっごく楽しかっただろうなあって、しばし見とれていました。



その建物の向かいにある畑に、黄色いハイビスカスが、・・・と思ったらオクラの花でした。
DSC00487
花も実も、健康につやつやしています。



姫路に来るたびに感じる、ゆったるとした時間の流れ。

ゆったりと、のんびりと、健康に。

実家近くのスーパーで、地の物を買い込んで来ました。ごく普通のスーパーなのに、魚がやたらに新鮮です。肉も野菜も、どうも関東に比べると鮮度がいいような・・・。これっていつも感じるんですよねえ。

妻と父とぼくの3人で賑やかに夕食し、いつもよりも多めにお酒をいただいて、倒れ込むように熟睡しました。

翌日姫路(瀬戸内海)から、日本海までドライブして、関西の奥座敷、城崎温泉に行きました。



老舗旅館の西村屋さんに到着。
エントランスにクルマを入れたところから始まる、気持のこもった、かゆいところもないのに掻いてほしくなるような接客に、唸ってしまいました。レベル高!
関西やな〜。 
DSC00501

DSC00508



お部屋も最高。部屋から眺める庭もまた、さすがに、
関西やなあ〜。
DSC00577
理詰めでありながら、とても自然にまとまっている。木の仕立てや石の扱い、全体のイキイキとした雰囲気。やはり関西は、庭へのこだわりや思いの強さが違います。
庭が生きていました。



さっそく庭を散策。
DSC00509

DSC00510

DSC00516

DSC00524

DSC00526
い〜い感じです。



とりあえずビールをいただいて、ゆっくりと温泉につかってから夕食。
これがまた、いやはや、
DSC00534

DSC00533
どれもこれも、拍手したいほど、見事!な味でした。
関西やな〜。



夜は、盆踊りがあるというので、ぷらぷらと温泉街を散策してみました。
DSC00548

DSC00560

DSC00564

DSC00569
夏の夜風、盆踊り、スマートボール、温泉街の香り。



翌朝は、宿の近くの城崎マリーンパークに行き、昼まで過ごしました。
DSC00584

DSC00585

DSC00589



妻は、大の水族館好きなのです。
DSC00598

DSC00605

DSC00602



いい旅でした。
駆け抜ける夏の、つかの間の休息。


いったん姫路まで戻ってから、新幹線で横浜へ。
新横浜に着くと、その2泊3日が夢だったような感覚になっていました。
旅行から戻るや、もう仕事がしたくなっている自分って・・・。まあ、エナジーチャージができたって事ですね。







明日も「幸せへの扉」はひと休みして、姫路から城崎へと向かう途中で見つけた「植村直己冒険館」について書きます。

朝は秋風を感じたのに、日中はまだまだ真夏の陽射しです。がんばりましょう!

さっ、設計設計!