ひとつ目のポイントは「目隠しをして部屋のカーテンを開けっ放しで暮らせるようにする」でした。
次はこれ、「庭に出やすくする」。

リビングから庭に出ようとするときに「よっこらしょ」と声が出るようでは、庭は遠い存在のままです。
その大きな段差を解消してしまいましょう。

例えばウッドデッキ。床と平らなデッキ面が庭へと広がっているわけですから、出安さは抜群ですよね。



Before
ff3e20c5

After
8c5f6153



3ec30cae



 f662684e


室内を移動するのと同じ気安さで庭に行けることが大事です。

意外な方法としては「庭を持ち上げる」というのがあります。これ、ぼくはよく使うやり方で、いつもとても好評をいただいています。

庭全体を持ち上げるのがベストではありますが、それはけっこう大変ですから、部屋の外の「過ごす場所」だけを高くして、部屋から階段なしでそこへ行けるようにするのです。
建物の基礎にある通気口を確保しつつ庭の地面を部屋の床面に近づけると、庭がまるで部屋とつながったような、庭が部屋の一部になったような感覚が得られます。



Before
f90eef17

After
62c7dcfb



acdb62da



 4c9e7441


部屋と庭との段差を解消しましょう。

山手の洋館を思い出してください。リビングと庭との段差がほとんどありませんよね。あれが理想です。

もう少しお手軽は方法として、階段と濡れ縁があります。
古い洋館に比べると、現在の建物は基礎がとても頑丈に背が高くできていますので、一般的に庭への段差は50センチほどあります。
庭が広い場合は部屋からの最初の一歩が広い階段が有効です。最初が広いと足元に目をやらずに外に出られます。
その先に2段あれば、段差が15センチほどの理想的な階段ができます。



1682a77a



f2c529cd



0c9a8148



あまり出幅がない場合には濡れ縁です。
座布団出して、どっかりとあぐらをかける幅の縁側を取り付けてください。縁側は部屋と庭をつなぐ場所ですから、暮らしに庭を取り込むことができます。



ccf71f00



5ebefc42



28f54b71



その場合に、庭の地面から42センチ〜45センチに高さを設定すると、庭のベンチとしても使えます。縁側の外にテーブルを置けば、はい、それで「外の部屋」のでき上がりです。
縁側から庭へ降りる階段もお忘れなく。



af5c07d9



23b7b054



庭を「眺める場所」と限定するのはもったいないです。

庭に出ると、部屋から眺めているときの何倍も感じるものがあります。
庭に出て過ごすことの価値を知ることは、人生を何倍も豊かにします。


もしかしたらあなたは、ホントかいな?って思うかもしれませんけど、これホントですから。
庭に出て過ごすことを知ってしまったら、もうそれ無しではいられなくなります。
庭で過ごすことには、それほど大きなメリットがあるのです。

まあ騙されたと思って、庭に出やすくなるように仕立ててみてください。







この庭への出やすさを考えるときに、いつも浮かぶのはこのこと。

小さい子に、しゃがんで話しかける人のすてきさ。

その人、愛されて育ったんだろうなあってね、感じるんだよなあ。
自分のレベルを相手に会わせて上げ下げできる自由さ、ゆとり。美しい光景です。

相手との段差を解消する最速・最良の方法は、自分が上下すること。

自分の心に高速エレベーターを設置しちゃいましょう。







「レノンの庭」の相談会では、たくさんの新たな出会いがあり、とっても幸せな時間を過ごせました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
気合いを入れ直して、今日からまた設計に没頭します。
出会いに感謝!その感謝の気持ちを、次の庭にそそぎます。

今朝は、何だか清々しくファイトが満ちています。
ウ〜ン、いい朝だ。