夜の住宅地を歩いていて、いつも残念に思うことがあります。それは庭が暗いこと。それとカーテンや雨戸が早々に閉じられてしまうこと。



一柳邸
85fea564



ぼくは夕食後に毎晩庭に出て過ごしています。たまには庭で夕食ということもあります。
この習慣の始まりは東日本大震災でした。



畑邸
5ecfce1d



計画停電第一夜、リビングでロウソクを灯して夕飯を食べ始めたときに、妻が「ねえねえ、外の方が明るいよ!」って。
辺り一帯街頭も消えているのでそんなはずはないと思いつつ庭を見ると、確かに明るい。
庭に出てみてビックリ!満月の月明かりで驚くほど明るいんです。月明かりで、ぼくと妻の2人の影法師が芝生にクッキリ出ていました。



日置邸
7b9a1e54



ぼくはその影法師に感動しながら思いました、これは神様が「君は庭を提案する人なんだから、夜、庭に出て過ごしなさい」と言っているんだって、そう感じました。

月明かりで現れた影法師からのメッセージに従って、ぼくま毎晩庭に出て過ごすようになりました。



小枝邸
小枝邸



毎晩庭で何をしているのかというと、パソコン持っていって翌日のブログの原稿を書いて、フェイスブックをチェックして、それから本を読みます。
夜の庭・・・月明かり、星空、流れる雲、季節で変わる空気と、夜の音・・・。
ページをめくる手が止まって、・・・寝落ち、至福の時です。

この夜の庭での時間が習慣化して、ずいぶんたくさん本が読めたし、何よりも自分が整う感覚を実感しています。

夜の庭で過ごす習慣は、心身をいい具合に調整してくれます。



西山邸
ee3b2af5



よく、宇宙ステーションにいるみたいだなあって思います。
庭の夜風、その空気は鎌倉の山を越えて太平洋までつながっています。さらに地球の裏側まで、上空は宇宙までつながっているのですからね。
そういう感覚を持てる「外の部屋」、いいでしょう、そういうの。



川村邸
6be1e9cd



ライティングを施して、夜も庭ですごせるようにすると、庭の価値、存在感、楽しみは、何倍にも膨らみます。
お客様からも「夜の方がはるかにきれいだし楽しい」という声をたくさんいただいていますし、ぼくもまた、そう思っているひとりです。
バーベキューやってても、日が暮れてからが盛り上がりますしね。



本間邸
05eefe10



夜の庭を楽しまない手はありません。
夜の庭は星空に突き出した特別室。夜の庭は宇宙ステーション。
夜庭に出る習慣で、暮らしが宇宙とつながります。




高橋邸
高橋邸4



もうひとつすてきなことは、ライトアップされた庭がリビングから見えるということ。
夜になってもカーテンを閉めたくないほど美しい庭があったら、室内の雰囲気がすばらしくゴージャスになりますよね。

夜はいつもカーテン閉めっぱなしなのか、ライティングされた庭を眺めながら過ごすのかで、人生のクオリティーが違ってきます。



門馬邸
0e89bc85



たった何灯かの照明器具で、夜も庭がある暮らしが実現できます。
とても簡単なことですから、ぜひそんなふうにイメージしてみてください。

夜も庭はそこに存在しています。
夕暮れ、夜、深夜、夜明け前、それぞれに違う表情を見せる庭が、すべてあなたのものであるということに気づいてください。
そして夜の庭を、思う存分楽しんでください。




c4eb5656



夜の庭を楽しむ暮らし、ぜったいお勧めです!






昨夜は完成したお庭の撮影に行きました。
昼とはまた違う夜の庭の美しさに浸りながら、ファインダーを覗く。
夕暮れから夜へと変化し続ける光と呼応しながら、一枚、一枚、丁寧にシャッターを切ってゆく。
思いが、思い以上の世界を生み出しました。
感慨、感動、こればっかりは設計したものの特権。

その庭(谷口邸)のアップは一ヶ月後くらいになるかなあ。はやく皆様にご覧いただきたい。

自分の仕事に感動できるって、ホント、幸せです。