昨日に引き続き、和泉さんちのチャリティーイベントの写真をご覧いただきながら、この庭からいつも感じる不思議な感覚を掘り下げてみたいと思います。



DSC03199



この庭は間違いなく「いい庭」なわけです。
今回のように、これまで何度もこの庭に人が集い、その度に庭も人も輝いてきました。



DSC03183



そうやってたくさんの人を引き寄せてはたのしい時間を生み出している庭の持ち主、和泉さんのパワーと魅力なわけです。



DSC03169



その和泉さんに、そういう良質なエネルギーをもたらしているのがこの庭、という気がするのです。

人が庭を楽しみ、庭がその人の楽しみを増幅するという関係が、相乗効果で人と庭を輝かせている。



DSC03175



これが「共鳴」ということなんですよねえ。
人と人とが共鳴するように、庭と人も共鳴を起こします。



DSC03179



これですこれ、庭との共鳴。
いい庭って、造形的にどうであるか、どんな植物が育っているかというようなことではなくて、人と共鳴するかどうかなんです。



DSC03180



では、そういういい庭、人と共鳴する庭ってどのくらい存在しているでしょうか。



DSC03174



ぼくの感覚だと、フェイスブックを楽しんでいる人と同じくらいの割合かなあって。



DSC03201



フェイスブックをやってる人は、パソコン持っている人のうちの1%に満たない(アメリカではそろそろ1%)そうです。100人に1人以下。
いい庭・・・庭付きの家の100軒に1軒以下。
うん、そんなものでしょう。



DSC03173



パソコンは、今では暮らしに欠かせない存在になっています。若い人だとテレビを持っていなくてもパソコンは持っているという話も聞きます。つまり、そろそろテレビ以上の生活必需品になりつつあるわけです。



DSC03198



10年前はどうだったでしょう。まだそんな感じはなかったですよね。
では20年前は、・・・パソコンを使いこなす人はごく一部の専門家かマニアだけでした。
その世界に詳しい知り合いから「これからはホームページ持ってないと商売にならなくなるよ」と言われ、あわてふためいてホームページビルダーを買ってきて、でも使い方がわからずに断念したのを思い出します。それが20年前です。 



DSC03202



たった20年で、パソコンは持てって当たり前で、それ無しでは暮らしが成り立たなくなりました。
ぼくは、庭もそういう進化を遂げると思っています。そうなってほしいという願いも込めてですけど。 



DSC03204



仮に今から数年後に「庭がない暮らしなんて、悲しすぎやしないか」ぐらいになったとします(そうなりつつはあります)。
そうなったときに、パソコンユーザー内のフェイスブック人工のように、「いい庭」を実現する人が1%かもしれないし、50%かもしれません。



DSC03229



いずれにしても、庭が暮らしに深くかかわっていくという方向へと展開していくことは、まちがいまりません。



DSC03249



世の中がデジタル化すればするほど、反対方向に位置するアナログな庭世界が重要にまってくるのです。



DSC03270



前にもチラッと書きましたが、手塚治虫さんは、このことを描き忘れているんじゃないかなあって思います。もし豊かな自然の中にある未来都市を描いてくれてたら・・・。

科学技術が進歩するほどに、人の心が育たなければならない。
でないと、バランスが崩れます。 



DSC03258



人ひとりのバランスが崩れるのなんてあっという間です。それが続けば社会のバランスが崩れます。



DSC03259



だから庭なんです。

庭は不便で、手間がかかります。何せ屋外ですから。
でもだからこそ、庭が必要なんです。便利さ、快適さを手に入れたら、反対側のことを感じながら暮らさなきゃ。




DSC03260



最新のパソコンを買ったら、次は庭を手に入れる。スマホを買ったら、庭に花を植える。デジタル←→アナログ、左右のバランスを意識しましょう。



DSC03261



実はぼく、今庭に出てパソコン開いてこれを書いています。
いつもは夜なんですけど、今日はたまたま日中にそんな時間を持てました。陽を浴びて、風を感じて、鳥の声を聞きながらパソコンを叩く、この上ない心地いい感覚を楽しんでいます。
これを書き終えたら、芝生の肥料をまいて、花を手入れしてから午後の仕事に出かけようと思います。



DSC03262



この整う感じを、庭をお持ちのすべての人に味わっていただきたいなあ。
もし庭をお持ちじゃない人には、庭のある暮らしをイメージして、そっちに向かって進んでほしいんだよなあ。
ほんと、庭があれば、庭を楽しめば、いろんなことが楽々とやれる良質なパワーをチャージできますよ。



DSC03263



もしあなたが、毎日ばりばりと仕事をしているなら、何か目標や課題に向かって頑張っているなら、そして庭に出て過ごす習慣をお持ちじゃなかったら、ちょっとストップ。庭を意識してみてください。
前のめりに頑張る、抵抗に耐えながら突き進む時に使うエネルギーとは質が違う「心の燃料」を、庭で補給することができますよ。



DSC03264



フェイスブックやってる人に取って、その世界は、毎日自分を引っぱり上げてくれるものになっています。基本的に「いいね!」しかない世界ですから、そこにはポジティブな人たち、前向きに今日を生きようとする人たちが集まっているからです。
そしてみなさん共通して「よりよく生きる」という姿勢を持っています。



DSC03265



庭を楽しむ人たちも、全く同じマインドで庭に出ています。「より良く生きたい」ということを持たずして、庭は輝かないのです。

庭は人のポジティブにだけ反応する場所。



DSC03255
 


いつも輝きながら、そこに集う人を輝かせる和泉さんちの庭をこれをお読みの人全員に、体感してもらいたいなあ。こればっかりは、言葉を尽くしても伝わらないですから。



DSC03212



和泉さんとその一派は、また次のイベントを企てようとしている気配なので、そのときにでもぜひお越し下さい。
それまで待てない、という方は、ご連絡をいただければ、ぼくがお連れしますよ。

いい庭、バランス、自然と呼応して生まれる相乗効果、人と庭が輝くということ、これからますます大事になることなので、一度じっくりと考えイメージしてみてください。
もしかしたらこれがきっかけで、あなたの未来が輝き始めるかもしれませんよ。