新築の庭をプランするときや、今ある庭をどうリフォームしようかと考えるときに大切なことがあります。

庭ができあがったら、そこがスタート地点。

案外このことが抜け落ちちゃうんですよね。



今日はわが家の庭のいち日をご覧ください。 
DSC03146

DSC_2246

DSC_2249



どんな庭をつくるかということに意識が集中してしまい、それができあがってからどう過ごすのか、どんな楽しみが待っているのかというところまでイマジネーションが広がらない。
そうやってできあがった庭がたどる運命は退化です。
せっかくカッコよく仕立てたのに、一年後にはすっかり色あせた雰囲気になってしまう庭の何と多いことか。

完成後に年々輝きを増していく庭を思い描けるかどうかで、その庭が進化するのか退化するのかが決まります。



ココちゃん
DSC03122

ゲンさん
DSC03129

レオくん
DSC03128



「退化する庭」のために土地とお金を費やしたのに、早々に庭への興味をなくしてしまう人が大勢います。
その損失は、額面よりも人生上の豊かさの損失です。

庭を植物を含めた物質で構築された場所と捉えるか、人が時間を過ごすための場所として捉えるかで、人生の質にかかわる損得が発生します。

ぼくは実際に庭のある暮らしを楽しんでいる人たちを見て、庭ってすごい場所、ものすごい可能性と威力を持った場所になるうることを実感しています。



ミーちゃん
DSC03152

DSC03138

DSC03145



哲学的な黄金律を書いておきます。これを知っているかどうか、このことを信じられるかどうかで、あなたの人生は大きく変わります。

人はイメージした通りに生きる。



DSC_2258

DSC03147

DSC_2255




そして庭もまた、イメージしだい。



秋のバラの香りと犬臭さが混じっている庭です。
どちらも幸せな香り。 
DSC03087

DSC03334

DSC_2270



数年後が価値を失ってしまうなら、それはそうなるようにイメージしていたのではなくて、数年後をイメージしていなかったからです。

今後その庭でどんなドラマが展開されるのかを思い描く、シナリオライターになってください。



犬に育てられたミーは完全に犬化していて、いつもいい味出してます。
DSC03319

DSC03323

DSC03313



家族にはライフサイクルがあって、いつまでも今のままではありません。
今は子育てに夢中な夫婦も、10年したら子どもの思春期に悩まされ、さらに10年後には子どもが独立して、夫婦2人の暮らしになるかもしれません。
やがて孫が遊びにくるのが待ち遠しい日がやって来るかもしれないし、同居して2世帯3世帯の賑やかな暮らしになるかもしれません。
その間に、病気や親の介護や仕事の浮き沈みとか様々な苦難もやってくるでしょうが、それも含めて、そこにいつも花咲く庭があるというイメージを持ってください。



DSC03538

DSC03132

DSC03537



思いっきり幸せな未来を思い描いて、その思いを込めた庭があれば、庭がその幸せを見つめ護ってくれます。



こいつらが一番庭を楽しんでるかも。
DSC03340

DSC03345

DSC03337
 


ほんとにほんとに、いい庭があれば人生は上々。



DSC03135

DSC03277

DSC03156
ここからがぼくの、夜の庭タイム。
ブログの原稿を書いて、フェイスブックをチェックして、本を読んで、
至福の時です。 


庭は将来的に、必ずあなたが思い描いた通りになると信じてください。
思わなければ価値が薄れていきやがて存在感も失せてしまうのだということも。






今日は日中は設計に集中して、夜は妻とデートで、上野までクラシックバレーを観に行きます。久しぶりに、ちゃんとした恰好をしなければ。