大原さんちに植えた樹木をご覧いただきます。




シマトネリコ
DSC_1627



丸く積んだレンガ塀の外側に植えました。庭からは塀越しに見えています。



DSC_1619



この木が、道路側からのレンガのやや唐突なボリューム感を和らげてくれるのと、庭側からは、塀の背景にこれがあることで、庭と外界をつないで馴染ませる役割を果たしてくれます。
それともうひとつ、この木が成長するほど、高い位置にある公園からの目隠しになります。

さらにさらに、シマトネリコの葉っぱは常緑樹の中でも際立って爽やかな艶のある色で、逆光で眺めると輝くように見えます。



DSC_1631



その演出効果も期待してこの位置、東南の角に植えました。

木に役割を与える。

こんなふうに考えながら樹種と配置を決めていくと、樹木の生長とともに、庭が豊かに進化していきます。




ジューンベリー
DSC_1618



ベンチの脇にジューンベリー、これはもうぼくの設計では定番になりました。
春に花が咲いて、実が付いて、柔らかい緑色の葉っぱが夏の涼しい景色を提供してくれます。秋は紅葉して、冬はしなやかな枝についた芽が春に向かって膨らんでいくワクワク感、文句なしに一番近くで感じていたい木です。



DSC_1629



これが花と実です。



c7d9e933

34092501



そしてお楽しみは、ジューンベリー酒。



5b06d429



いいでしょう、いつも見える、手が届くところにこういう木があったら。家族が増えたみたいな感覚になりますよ。




ブルーエンジェル
DSC_1621



テラスへ上がる階段の脇、レンガ塀と木製パネルの境目にコニファーのブルーエンジェルを1本。
これがあることで、レンガ塀が風景にとけ込むのと、門構えみたいな効果もあって、テラスがスペシャルな場所に感じられるようになります。



DSC_1630



他の植物の緑色とは違うこの青白い葉が、庭のアクセントになっています。




ツリバナ
DSC_1622



この木、実がおもしろいんですよ。
花と実をご覧ください。



image-2imageimage-1



紅葉も美しいし、ジューンベリーと同じく、愛着がわく木です。



DSC_1628



こういう、いわゆる雑木を植えることで、自然を感じながらの暮らしになります。
ひと昔前にはマツやウメなどの、主役級の庭木の添え物として扱われていたのに、今では雑木のナチュラル感の方が重宝されるようになってきました。

よりナチュラルに、より自然を感じながら暮らしたいという感覚が定着してきました。
それは、いよいよ庭が、暮らしに欠かすことのできない場所になってきたということです。 

ツリバナ、いいでしょう!あなたの庭にもぜひ。




レモン
DSC_1623



木製パネルの外側に、果樹では一番人気のレモンを植えました。
最初にご覧いただいたシマトネリコと同じく、背景としての緑という役割があります。



DSC_1624



撮影時、花が咲いていました(ちょっと遅い)。
3年ほどして幹の直径が4センチ以上にまで育つと、途端にたくさん実を付けるようになります。



0bb80f1b

5a89068a



枝で完熟させたレモンの味は最高ですよ。スーパーに売ってるものとは違う果物って気がするほどです。
これもみなさんに味わっていただきたい。
レモンを植えるときにはできるだけ大きく育った木(1メートル50センチ以上)をお勧めします。木が成熟しないと実が付かないからです。
園芸店に売っている鉢植えの苗木に実が付いているのは、生産農家のテクニックの為せる技で、それを植えても翌年から同じように実が付くことはありません。
あまり小さいのを植えちゃうと、実を収穫するのが10年後とか、遥か先のことになっちゃいますから要注意です。


以上5本の木を植えました。どれもこれも魅力的な木ばかり。
これらの木が成長すればするほど、この庭は味わいと楽しさを増していきます。 
 
わが家のジューンベリーは、ぼくが座る定位置の目の前に植わっています。
今年は秋の台風の塩害で葉が傷んじゃって、紅葉がもうひとつでした。
まあそんな年もあります。そういうことも含めてとても愛着を感じています。
いいもんですよ、毎日木と向き合って、家族のように木に話しかけながら庭で過ごすって。

 

 

昨夜は、妻とロシアのバレー公演に行ってきました。帰り道、感動の余韻に浸りながら「次は歌舞伎に行ってみようか」と妻。
芸術の域まで高まった芸能は、何というか、命の洗濯というか、とにかくいいものですね。
今朝もまだその余韻が残っていて、無性に設計脳がはしゃいでいます。
今日は「レノンの庭」で、その脳みそを踊らせます。