部屋からの庭風景をご覧いただきます。



DSC_2118

DSC_2122

DSC_2119



奥様がおっしゃいました。

光の移ろいがすごくきれい。朝から晩まで刻々と庭の表情が変化するんですよ。

朝は左側の低い位置からの光で、昼は真上から、そして光源は右へと移動しつつ徐々にオレンジ色になっていきます。庭が日時計みたいに感じられます。

カーテンを開けて暮らすと、光の美しさに気づきます。
それは太陽からのメッセージです。
お日さまと歩調が合う暮らし、最高ですよね。




DSC_2123



もうひとつ、奥様からのうれしいお言葉がありました。

いわふちさんが「庭に出て過ごすようになりますよ」って言ってた意味を実感しています。こうなってたら、誰だって出たくなりますよ。



DSC_2125



目隠し、高さ、いろんな構成によって「部屋と庭とをつなぐ」ことで、庭が暮らしの場所になり、庭がある暮らしが始まります。



DSC_2126



あなたの家のリビングは庭とつながっているでしょうか。
もしカーテンが閉まりがちで、庭に出づらく、出ても楽しくない状況であれば、ちょっと気合いを入れてそれを改善しちゃいましょう。

お日さまと歩調を合わせて、庭を感じて、庭に出て過ごす暮らしが実現すれば、・・・確実に幸せです。

あなたとご家族の幸せのために、いっちょ気合いを入れてイメージしてみましょう! 
ポイントは「目隠し」「出やすさ」「居心地」の3つです。



DSC_2190


 
気合いが入らない人、なかなかイメージが広がらない人はぼくにご一報を。
ぼくは、そんなあなたのために存在しています(笑)。

いや、マジで、あなたの家のリビングを庭とつなげてみてください。人生が変わりますよ。







苦手なことにチャレンジすると、人生の幅が広がります。
というメンター本田健さんの言葉に従って、昨夜はダンスレッスンにチャレンジ!
最初はまったく思い通りに動かなかった身体が、レッスン終了時にはややぼくの言うことを聞いてくれるようになっていました。
思いがけない楽しさの発見でした。

・・・なんだ、そうなのか。

苦手なことの中に、可能性が眠っているんですね。
だったらぼくは、可能性のかたまりです。