リビングの外に1メートル50センチの庭スペース(通路?)があって、その向こうは道路。



04909420



1メートル50センチという出幅を、今あなたの足元でイメージしてみてください。
さあ、あなたはそこにどんな庭を思い描くでしょうか。
たった1メートル50センチ。
ぼくはこうイメージしました。


33817f62



そこを庭として成立させるためには3つのことが必要になります。

1、目隠しと立体的な構成によって居心地が良い場所にする。

2、地面を持ち上げることで部屋と庭を近づけて、部屋が外に広がったような感じにし、かつ階段を無くすことで1メートル50センチを最大限に活用する。

3、細長いスペースを、ようかんを切るように分割して、それぞれの場所に意味を持たせる。




a7ff61af

84cbc43e

8e11d5f3



「庭がもっと広かったら・・・」という言葉を聞くたびに、ぼくは即座に「大丈夫ですよ」と返します。

狭くたって大丈夫!

そもそも庭の狭さを嘆いて、そこを素敵な場所としてイメージしないままで暮らすより、その条件での最高の庭をイメージする方がいいに決まっています。 
 
現状を嘆いて夢見ることをあきらめるなんて・・・

庭に限らず身の回りの何もかも、現状を活かすことを考えて暮らす方が健全です。


1メートル50センチの庭スペース(通路?)はこうなりました。



Before
 Before 1

After
 After 1



Before
Before2

After
After2




Before
Before3

After
After3



Before
Before4

After
After4




Before
Before5

After
After5




Before
Before6

After
After6



家を建ててから何年も、カーテンを開けずに、庭で過ごすこともなく暮らしていたそうです。
道路に面した1メートル50センチ・・・無理もないことかもしれません。



663c71f9

5cccfda3



でもこの劇的な変化で暮らしが変わりました。



9ca30006

65acadb8



庭が整うと、暮らしが整います。
庭が楽しくなると、暮らしが楽しくなります。
幸せな庭を思い描けば、人生は確実に幸せ方向へと広がっていきます。




663c71f9

60321bd0



方法は無限大、あきらめてはいけない。

ワタミの渡邉美樹さんが「ぼくの呪文です」とおっしゃっている言葉です。
 


8dc7316f

4a6ded0c

531267c2


 
狭いからって、日当りがよくないからって、土がよくないからって、周囲から丸見えだからって、蚊がいるからって、暑いからって、寒いからって、花を育てるのが苦手だからって、仕事が忙しいからって、子育てが大変だからって、ご主人が話を聞いてくれないからって、お金がないからって、庭が嫌いだからって、生きているのが辛いからって・・・あきらめてはいけません。

これは庭があるのに「庭がある暮らし」をあきらめている人たちの主な理由です。「そう思っていた」というあなた、あきらめてはいけません。どれもこれも庭を楽しまない理由にはならないのです。いやホントに。



4dbb9960

c902c6d5

53fed8df



庭はあなたを映します。



87a0aecc



庭に不満があるとき、あなたは自分自身に不満があるのかもしれませんよ。



e3575b2a



庭が輝いていないとき、あなた自身が輝きを失っているのかもしれません。



695bc453



庭をあなたの姿見だと思って庭を眺め、庭に出て感じてみてください。



113ef075



繰り返します。狭いからって庭をあきらめてはいけません。
ここよりもっと狭いスペースでも平気です。だって我々日本人は、盆栽に宇宙を感じることもできる民族なんですから。

手の平に乗る苔盆栽を愛でる感性があれば、どんなに狭い庭であっても、そこを理想郷に仕立てることができます。



5f939da6

0d640fe8

bcbfba92
 


施工から3年が経過、庭は輝きつづけていました。
そして奥様も。



5f966fcd



この奥様の笑顔(写真中央)、最高&最強です。いつもこの笑顔で迎えてくれる奥様が、ぼくらは大好きです。



8465e25a



あきらめない先に待っているこの笑顔。
庭ってホント、いいものです。いろんな理由を付けてあきらめるなんて、ねえ、もったいないですよね。


木村さんちの本編はこちら→木村邸(2009年4月16日~5月1日)




あきらめの悪いあなたに朗報。いよいよ今日から「お庭の相談会」です。
きっとあなたに輪をかけてあきらめの悪いぼくと一緒に、あなたの理想の庭を思い描きましょう。
庭をイメージすることは、あなたとご家族の幸せな未来をイメージすることですから、そこからあなたが考えたこともないような素晴らしい人生が始まるかもしれません。



2013 春相談会四季の森(表)軽い
2013 春相談会四季の森(裏)軽い
DSC06800

 

では、はりきってスタート!あなたとお会いできることを楽しみにしています。