この庭の設計は、ご主人の奥様と娘さんたちへの思いから始まりました。



97361f2f



お隣りの宅地が1メートル高くて、奥は3メートル以上のコンクリートブロック。リビングの外は幅1メートル40センチです。
メジャーが近くにある方は計ってイメージしてみてください、1メートル40センチ。




6ad60e73



奥に進んで、和室前はやや広くなっていますがそれでも1メートル80センチ。上から見下ろすと谷底のような・・・やっぱりそこは庭スペースというよりも通路って感じです。

でもご主人は「この場所をどうしたら楽しくなりますかねえ(無理ですかねえ・・・)」と。


現地を拝見にうかがったとき、笑顔がかわいらしい奥様と、元気いっぱいで人なつっこいお嬢さんがふたりいて、ご主人の「この場所をどうしたら・・・」はこの素敵な3人の女性たちへのプレゼントができたらいいなあという、そんな気持ちなんだということが伝わってきました。

正直に白状すれば、その時点でぼくの頭の中はノーアイデアでした。
でもぼくもご主人と同じく、その3人の女性をよろこばせてみたいという気持ちがわき上がって来て、つい・・・ニッッコリ笑って「大丈夫ですよ!まかせてください!」と、自信満々なふりで帰ってきました。
 

よくあるんですよこういうパターン。何の根拠もあてもないのに、自信満々に「大丈夫ですよ!まかせてください!」と。
これって癖です(笑)。でも本当に大丈夫で、大丈夫と思えば大丈夫になるのです。

さあ、そこからが勝負。
いくつかのラフを描いては消しを繰り返しました。
回答が用意されていない難問に向かっているような・・・回答がないんだから適当なところで妥協すればいいようなものですけど、それじゃあおもしろくないんですよね。
何度も何度も、ああだこうだと、ああでもないこうでもないと理屈とイメージを組み立て直していました。
すると、「その時」がやってきます。

点々相連ねて線を成す。
線々相並べて面を成す。
面々相重ねて体を成す。

混沌としていたいくつもの事柄が、一気につながって庭世界として成立する瞬間。
スティーブ・ジョブズはそれを「 Connecting The Dots 」と呼び、宇多田ヒカルは「ミューズ(詩と音楽の神)が降りてくる」と呼び、ぼくは「レノンが降りてくる」と読んでいます(笑)。

そうやってできあがったのがこのプランです。



f0a1b92c



f3270824



af3ecaf5



fb8c43ee



描き上げたとき、ぼくは小さくガッツポーズをしました。「大丈夫ですよ、まかせてください!」が嘘にならずにホッとした瞬間でした。
プレゼンテーションを終えるとすぐに、ご主人が奥様に「じゃあ、これでお願いしようか。何だかワクワクしてきたよ」って。
ちょっと泣けるほどありがたい言葉でした。 



Before
bd91eb23

After
80c67f7b




Before
9e9d5f4a

After
c8450406




Before
8c03ab4f

After
5c91addb




Before
495b4308

After
1e82f481



人の「思い」はカタチになります。強く思い続ければ、必ずその思いに叶った世界が実現します。

もしもご主人の思いがなかったら、もう少し弱かったら、この庭が出現することはなかったわけです。



db7abc44

e4980782

164e7152



庭に限らず思いや願いが形作った世界は美しいものです。

念ずれば花ひらく。

思いによって開かれてゆく未来・・・いいですよね。 



1d7c1c74

b2dd1c01

80aef00b



テレビ番組でGACKTが「今後のご予定は?」と訊かれて

ぼくの未来ですか、ウ~ン・・・眩しくて見えない。

カッコいい男ですねえ。いいと思うんだなあそういうの。

幸せな未来は、それを思いつづけた人にだけやってきます。
庭はその典型。 


思いがあって、思いつづけて、願いがあって、願いつづけてできあがった庭は、例外なくいい庭。



983ccb71

738a5304

3e34cdab



北海道出身のご主人と山形出身の奥様が出会って、横浜に家を建てて、幸せな暮らしをイメージし続けながら毎日頑張って、素晴らしい家庭を築いて、さらなる幸せを願って生まれた庭です。



e5e9dfeb

f1c2ed65

f9c82f05



「仕事から帰って子どもたちが寝ていると、うちのと庭に出てお酒を飲むんですよ」というご主人の言葉が、最高にうれしかった。
この庭の大成功!を実感しました。



5124e5b4

8ae84559

9d25e1d5



思い続けること、願いつづけることは、幸せを築くのに欠かせないことなんですよねえ。
念ずれば花ひらく。
念じましょう、あなたの幸せな未来を。


大原さんちの本編はこちら→石丸邸(2009年6月13日~7月7日)







「念ずれば花ひらく」は坂村真民の詩です。
大好きなテミヤンの曲「生きてゆくこと」に、その詩を乗っけてみました。





 


今日は相談会の最終日。
庭を思い描くことは、あなたとご家族の幸せな未来を思い描くことです。
ぼくと一緒に、あなたの理想の庭をイメージしてみましょう!
っと、そんなに大げさなことじゃなくて、植物のことや目隠しやデッキのつくり方など、庭のことなら何でもお答えできますので、お気軽にお越し下さい。



2013 春相談会四季の森(表)軽い
2013 春相談会四季の森(裏)軽い
DSC06800



でははりきって、スタート!