ぼくの故郷は新潟県魚沼市、女房は兵庫県姫路市です。



DSC08292

DSC08294



そこには幸いにして、親が元気で暮らしています。



DSC08295

DSC08297



帰郷するのは年に数度、



DSC08299

DSC08302



その度に故郷という帰れる場所があることのありがたさを感じます。



DSC08304

DSC08305



故郷は時間が止まったように、何もかもが昔のままであり、



DSC08307

DSC08308



そこには幼かった日の自分が、姪っ子甥っ子の姿となって遊び回っています。



DSC08309

DSC08311



たったひとつの変化は、親が歳をとっていること。



DSC08314

DSC08323



ついつい、あと何回会えるだろうか、あと何日一緒に過ごせるだろうかなどと思ってしまいます。



DSC08327

DSC08329



そんな沈みそうになる思いを振り切るように、積もる話に花を咲かせるひと時。



DSC08333

DSC08335



感謝や、誓いや、祈りや、



DSC08336

DSC08337



さまざまな思いが凝縮された故郷での時間。



DSC08354

DSC08357



また都会に帰って、時計を早回しするような日々が始まっても、



DSC08359

DSC08373



時々故郷に思いを馳せることができることの幸せ。



DSC08386

DSC08399



自分たちの根っこを育んでくれた人と風景を確認しつつ、姫路から新潟へ移動します。