こうも暑い日が続くと、さすがに疲労がたまってきますよね。

そして疲れてくると、ついつい愚痴が出る。

愚痴っている自分を嫌だ嫌だと思いつつ、そんな不出来な自分を愚痴っている、という愚痴のスパイラルにはまっています(笑)。

今日はそんなことについて。




蝶はこんなにゴージャスな羽をまとっているのに
まったく暑苦しく見えません。
神様のデザイン力は卓越しています。
a349fc63



体温を超える温度の中を歩く人の顔は、ものすごく不機嫌そうで、気付けばぼくも額にしわを寄せて口はへの字。

でもそれはまだいい方で、中には意識不明寸前みたいな表情の人もいます。


この「暑くなると顔が不機嫌になる」とうのは防衛本能。

過酷な状況下で頑張るためには「怒り」が打ってつけですから。

怒りはとても便利で手軽な気力の発動機なのです。


追い込まれたら怒りのスイッチを入れよ!




52541c65



ところが困ったことが起こります。

ただ怒ることってできないわけでして、その発動機を起動させるには敵を設定しなければならないシステムになっています。

家族、上司や同僚、政治家、アスファルト、エアコンの室外機、お天気お姉さん、太陽・・・・、無意識レベルで、ありとあらゆることを仮想敵にして不機嫌顔をつくり出す。

でもそうやって、心の中に敵を置くことが愚かな行為であることは、あなたもよくご存知ですよね。


だから怒りを使ってパワーを出すのは多用しない方が賢明。

あまりに簡単な方法ゆえに、それに頼ることが癖になると愚痴と批判のかたまりみたいな人になっちゃいますから。




DSC03715



店から道行く人を眺めていると、100人に1人くらいの割合で涼やかに微笑んで通り過ぎる人がいて、「いいなあ~、これが賢さってことなんだよな~」と感心させられます。


涼しい顔で暑さを乗り切る、という方法もある。


まず表情が先にありき。

灼熱の街をひとり涼しげな表情で歩いたら、間違いなくいいことが起こりますよね。


今日も真夏日の予報。

これ、試してみてはいかがでしょう。




DSC08229



愚痴や怒りはその対象に問題があるのではなくて、多くの場合、寝不足や空腹や疲労にあります。
 

疲れたら休む。

この単純なことが、夏はとっても重要。 
 

上手に心身をケアしながら、いい顔で、あなた自身が涼風になるイメージで。
 






昨夜はブルームーンでしたね。
庭に出ると、芝生のムーンランプと月が垂直に並んでいました。



DSC04912



さっそくエルビスを検索。
ブルームーン⇒ブルームーン・オブ・ケンタッキー⇒今夜はひとりかい⇒好きにならずにいられない⇒・・・・
止まらなくなって、2時間ほどエルビスざんまい。
い〜い夜でした。