『イーハトーブに暮らす』

荒れ地に暮らしていたら、人生は荒れたものになってゆきます。




水面の乱反射を受けて夢見心地の花たち。
この地に根付いて咲けたことを
幸運に思っているに違いありません。
ぼくら人間は、
自分の意志で水辺に行くことができます。
DSC00065



また見事に仕立て上げた楽園であっても、放置しておけば荒れ果ててしまうもの。




DSC00068


理想郷を思い描くことをやめてはいけない。




DSC00064



現状を嘆く人も、今の幸せを噛み締めている人も、その先にすばらしい世界をイメージし続けることが必要なのです。




DSC00158



イメージできたらできたも同然。

イメージしなければ、暮らしは荒んでゆくばかり。







イーハトーブはユートピアでありながら天国とは違います。

そこには自然があり、命の営みがあり、だから葛藤や苦しさや悲しみもあり、だからこそ感動と愛情に満ちているのだと、ぼくはそんなふうに解釈しています。


ぼくが思う理想の庭(家庭)と宮沢賢治が思い描いた理想郷は、たぶん同じなんじゃないかなあ。


秋の夜長に「よだかの星」を。




 

ぼくはこのお話、何度読んでもじんわりとするんですよね。








今日は「金沢文庫店」にいます。