部屋と庭をなじませる

どこまでが部屋でどこからが庭か、それがわからないほど部屋と庭が融け合っていることが理想です。



8dd2956b

c020272a



庭のような部屋、部屋のような庭。
部屋の一部が庭のような、庭の一部に部屋があるような。



2aabc56e

71add836-s



庭の要素を部屋に持ち込み、部屋の要素を庭へと持ち出して、両方でひとつの世界になるようイメージしてください。