ええか、「人間到る処青山あり」やで。
今日も気張りや!

ぼくはずっとこの言葉を「いろんなところにチャンスは転がっているから、気落ちすることなく頑張れ」と解釈していました。
違いました。
「青山」とは墓地のことで、人生はどこで終わりになるかわからないんだから、悔いなきように今日を励みなさいという意味だそうです。
知ってました?
ま、いずれにしても歩くのみ。



予報では今週後半から急激に冷え込むようで、
これで青かった横浜の木々も一気に色づくことでしょう。

DSC09573

花ばかりが注目されますが、
サクラの紅葉って
秋の陽だまり感があって好きです。

DSC00210

昨日、文庫店の前にある公園のベンチに
寝転がって撮りました。

DSC00206

そのまま30分ほどうとうとしたら、
午後の仕事は絶好調。
頑張るためには
スローダウンも大事ですね。

DSC09576

秋本番の始まり始まり。 





分け入っても分け入っても青い山
種田山頭火


この場合の「青い山」は、深い悩み。
行けども行けどもまとわりつくように現れる悩みを蹴散らしながら、悔いなきように進みましょう。 



山頭火を思い出すと
連動して渡さんの曲が聞こえてくる。
旅に病んで、北の大地で本当に旅立ってしまったが、
あの歌声は、今も枯野を駆け廻っている。




渡さん、ぼくの旅はまだ続いています。
そのうちまた八海山をぶら下げて、
ふらっと伺いますね。