体の疲れは爽快感。

庭仕事に夢中になって、それで心が疲れることはありません。



庭の手入れをすると、
人は空を見上げるようになります。

DSC00222

DSC00232

DSC00233

部屋にこもっていたら、
ともすると
自分が宇宙に芽生えた生命体であることを忘れがち。
ぼくもあなたも奇跡に次ぐ奇跡の存在。
「生きてるだけで丸儲け」どころか
「生まれただけで丸儲け」なのです。
さあ、今日をどう過ごしましょうか。




脳研究の池谷裕二さんによると、脳のポテンシャルを考えれば「頭が疲れた」ということはありえなくて、たいがいは目の疲れを脳の疲れと思っているのだそうです。

「庭仕事が大変で」という場合、大変さは作業量ではなく、庭の設定の不備にあります。
あるいは少々暮らしの疲れがたまっているのかもしれません。
もしもそう感じたら、ホットワインと本を持って庭に出て、ゆったりと腰掛けて、一休み一休み。



これを小さめに流しながら、
短編をひとつ読みきってみてください。

 

ロバート・ハリスと篠原勝之がこの頃のお気に入り。
喜びも怒りも哀しみも楽しさも、孤独も、
すべて抱えて、
颯爽と
ロマンチックな今日を生きている人です。

ぼくもまた、そうありたいものだと。