「逃げる」と「逃げまどう」は違うのだ。
それは直視するか目を背けるかの違い。


自然は逃げまどうだけの者を容赦なく淘汰する。その厳しい掟が何万年も続いた結果、ファイターのみのよって維持される、この強靭なバランスが成立しているのです。



可憐に揺れるコスモスの群生も、
じっと一輪を見つめれば
したたかにたくましい。

DSC09954

DSC01927

DSC02787

SOCなめぐみさんの表情に似て。



「やっぱコスパ」に妙にはまってます。



うちのお客様はめぐみさんタイプがスタンダード。


 
妻をめとらばしっかり者。 




困難を乗り切ることに長けているタイプを「SOCが高い人」と言います。
SOC( Sense of Coherence /首尾一貫する感覚 )、外的変化や突発的な外圧などに対して自分を見失うことがなく、「やるべきことの内、今できることを、できるだけやる」という姿勢を崩さない人のことです。

これと対極にあるのがパニックを起こす人。
アクシデントが発生すると即座に誰かを批難しながら逃げまどうタイプ。
自然界において「逃げる」は重要な生存手段ではありますが、それはあくまでSOCに則った積極的選択としての危機回避なのです。

蝶のように逃げ、蜂のように蜜を集める日々を。






今日は打ち合わせで三浦半島を一周しますので店にはいません。
午前中にトンネル抜けてドンツキの三笠公園を通過した先にある住宅地へ行き、昼は三崎のマグロを喰らい、午後は佐島の丘で良質な波動を浴び、夕方は鎌倉の材木座を歩きます。
コスパも大事ですが、ぼくの日常はプライスレス。