細胞の基本的な性質として「すべての細胞が、どの臓器の細胞にでも変化できる」ということがあります。それを分子生物学の福岡伸一教授は「分裂直後の産まれたての細胞は、とても柔軟で万能なジグソーパズルのピースのようなものです。自分が当てはめられる隙間の上下左右のでこぼこを察知して、自分のシルエット変化させて見事にそこにはまり込み、しかも斜めまで含めた8方向のピースの性質に馴染もうと努力をする。その結果、そこが脳であれば脳細胞になり、腸であれば腸の細胞として命を全うするのです」と説明しています。

人体は、環境に適合する性質を持った生命の集合体。



群生している花を観察すると、
驚くことに
一本たりとも調子の悪いものが見当たらない。
相乗効果なのか、共鳴なのか、
命が群れなすことの威力は絶大です。


DSC02653



じつは昨年末から右肩が痛くて、いわゆる五十肩というやつでして、それをどのように治そうかとあれこれ試していたのです。
最初は「温める」。思い起こせば四十肩、四十五肩など何度か同じような症状があり、それはいつも冬から春にかけてでした。だから冷えが原因なのではないかと。しばらく厚着をしてむやみに長風呂をしてみたものの改善はなく、次に考えたのが「ストレッチ」。肘の内側を伸ばすことと肩甲骨を回せばいいのだという情報に従ってしばらく続けたら、いやはやさらに悪化。腕を水平よりも上にすると激痛が走り、普通にしていても、水島上等兵のオウムが肩にしがみついているような重さを感じる事態となってしまいました。
そんな折、夜の庭で開いた本に出てきた福岡ハカセの解説に、これだ!と。肩以外の部位のコンディションを整えれば、それにつられて肩も健全さを取り戻すのではないかと考えたわけです。
ぼくの密かな趣味は「自分を使った人体実験」、というわけで、本日より右肩以外の身体改造実験に着手します。

朱に交われば赤くなる。



DSC02658



右肩以外の筋トレ&ストレッチ&軽い有酸素運動&腸内環境を整える食事&早寝早起き。
こうして並べてみると、おやおや、普段心がけていたはずのことばかり。ということは、生活習慣の乱れが右肩に出たのかもしれません。

身体の不調は暮らし方への警告。



DSC025962



暖かくなるにつれて日増しに問い合わせや相談が増えてきました。GWの相談会までには万全の体調を取り戻すべく、人体実験の始まり始まり(ジタバタしていないで早く医者に行けという声もありますが)。





今日は「港南台店」にいます。