庭の設計は一つとして同じ条件のものはなく、そこに生み出そうとする庭の概念やテーマも違い、試験問題のように明確な正解が用意されているものでもなく、だからその都度、取り掛かる時にはプレッシャーというか気負いというか、ちょっとした緊張状態になります。



森を行けば、
発想の種が次々と。

クワ

DSC04812




そのまま取り掛かると調子が出るまで時間をロスしてしまうので、まずは丁寧にコーヒーを入れてから、こんなことを自分に言うことが習慣となりました。

そんなの簡単、お茶の子さいさい。

このひと言で設計の要点がシンプルに見えてきます。
心配事やら、筋肉痛やら、空腹やら、知能が高い割に論理性に欠ける女房のお言葉やらの雑念も、仕事にポイントを絞ってピントを合わせれば消えてゆくからあ〜ら不思議。



ミモザ

DSC04725



次にこう言います。

楽しみにお待ちかねだ。

これで脳がアクセルを踏んだように本格始動を始め、要点がつながってサクサクと線を描き始めます。
期待されることと、感謝されるであろうと思うことが最良の燃料。


ヤマザクラ

DSC04774



次はこう言います。

私は類い稀なる幸運と強運と才能の持ち主である。

まあぼくだけじゃなくて誰でもそうなわけですが、あえてそれを確認することで、連なり重なり合っていた線が立ち上がってきて、図面上に花咲き風吹き光が注ぐ、仮想の庭空間が出現してきます。
ミューズとレノンが手をつないで降りてくる、その瞬間がエクスタシー。



ムギ

DSC04784




時々行き詰まるとこう言います。

答えは自然の中にある。

カメラを持って散歩に出かけ、しばらく歩けば必ず新たなアイデアや課題の画期的解決策が浮かんできて、急いで設計に戻ります。
早足で帰らないと、馬車はカボチャに、馬はネズミになってしまいます。



タンポポ

DSC03616






では、今日も「そんなの簡単、お茶の子さいさい」から。





文学も絵画も音楽も、単純化するほどに本質が際立ってくることの不思議。
いやさ、本質を求めるほどに複雑化し、混沌としてゆくことの方が不思議。
力道山刺されたる街でぶつぶつと呟くラッパ吹きに言わせれば、人間は愛すべき神経症の猿。


ヘビ男たちのモダンキュービズム







今日は港南台店で、シンプルに、複雑化によって単純を表現する作業に従事してます。