眺める庭から過ごす庭へ。

庭をゆく風は地球を隅々まで何周もしてきた空気の流れ、見上げる空は紛れもなく宇宙空間です。
それを浴びながら時を過ごせば、心身が自然の営みと同期し自然体へと整えられてゆきます。 

 荒武邸

046b4613


畑邸

11fd8451


森邸

38c4e067


後藤邸 

38896b12





庭で過ごしていると、
とても些細なことに心が動く
感動体質になってゆきます。
光の揺らぎ、昆虫の羽ばたき、花びらの雨粒などにも。


DSC06858

風物詩となった24時間テレビを
オープニングからフィナーレまで
飛び飛びで10回ほど観て、
10回泣けました。

DSC06914

なんと、宮迫の「また会う日まで」にまで、
という有様。
ここまでくると感動体質というより・・・ヤバいですよね。

DSC07096


愛は地球を救う、のかどうかがそもそもの疑問なわけですが、
そもそも地球を救うより人類をと、
混迷を続ける日本の庭事情をと、
小保方晴子と乙武洋匡とベッキーの救済をと、
いやいやそれ以前に自分を救わなければと思ったりする57歳の夏。
毎年繰り返すそんなウダウダも
サライの空に跡形もなく消えてゆくのでした。
どこか昭和っぽいこの感じを大切にしながら、
孫の代まで続いてほしいイベントです。
頑張る、負けない、素直、
受け入れ立ち上がる、
そして人を愛すること。
いくぶん汚れっちまったぼくは、
今年もひれ伏すように感動しました。





今日は「金沢文庫店」にいます。