いちいちドラマチックな年明けなり。

初詣の清々しさが体内にまだ存分に残っているので、何を見ても、何を食べても感動しやすい体質になっています。やることなすこといちいちドラマチックに感じられて、箱根駅伝のダイジェストに涙し、故郷から持ち帰ったお酒を口に含んでは涙し、録画しといたさんま&しのぶの夫婦漫才に盛大に泣き笑いする有様(単に老化現象かもしれませんが)。



昨日の朝焼け、美しかったなあ。

DSC08385

DSC08392

DSC08393

DSC08398

DSC08400

DSC08404

シャッターを切りながら、
脳内にはイッツ・オートマチックにこの曲が。



最高にイカしたプロフェッショナルなおっさん達が奏でる
ご機嫌なフュージョンの名曲、 Asayake に導かれ、
いつもより1時間早く出勤しました。




それはいいとして、実は連日、些細な忘れ物が続いています。メモ帳、コンパクトカメラ、メガネ、店の鍵、幸せの鍵、幸運の扉を開く鍵・・・どれもすぐに見つかってことなきを得ているものの、きっとこれは何かのメッセージに違いないと。積み上がっている設計の山に意欲満々で、新年のスタートダッシュでアクセル踏みすぎなのかもしれません(あるいは単にボケてきたのか)。
ここはひとつ、軽くブレーキを踏んでスローダウンしようと思います。浮き足立ってズッコケないように。何たって好事魔多し、工事中につき騒音多し、好人の後塵を拝するは有り難きこと多しというわけで、気を落ち着けて、地に足つけて、マイペースマイペース。 
そうだ、料理でもしてみましょうかねえ。店では設計、家では料理がマイペースなのでした。音楽流しつつ、昭和時代からの言い伝えである「おせちに飽きたらカレーもね」に従って、お得意の、大量の炒め玉ねぎを溶かし込んだ辛口ビーフカレーでも。


キッチンのBGMはご機嫌に
ホレス・シルヴァーの Blowin' The Blues Away で。
これ、10代の頃からデート前とか、
初めての山にアタックする前夜とか、
二十歳の夏に八海山の麓で開催された、
ニコン協賛の外国人モデル多数による野外ヌード撮影会の朝とか、
ここぞという時の定番なのでありんす。
格好のホーン・セクションと呼応するホレス節を追ううちに
まな板が鍵盤となり、ヘンケルのナイフ持つ右手にもこみち降臨。
ノリノリでオニオンをスライス&ローストして、
隠し味はガーリックと醤油とインスタントコーヒーを小さじ1。







おやおや2曲並べたら、こりゃあスローダウンの兆しは有馬温泉ですなあ。そうか!そもそもぼくのマイ・ペースはハイ・ペースなのでありました。
今朝の庭は異様に暖かい風が吹いています。これもまたもやメッセージなり。突っ走ってズッコケたって、自分が痛いだけなんやからええやんか、ということで、今日も早めに店へと向かうことと致し候。





今日は金沢文庫店にいます。ノリノリで。